私がワンピースで好きだったキャラクター ランキング

映画『ONEPIECE スタンビード』の興行収入の結果が滅茶苦茶良かった事とAmazonプライムでシーズン1以外のTV作品と映画が見られるようになったので、記念にまとめてみた。映画では歴代キャラクターが200名以上も再登場するらしいです。

 

1位:赤犬 サカズキ・・・・・・・現在は海軍総帥の地位に昇格した元海軍3大将の一人。バスターコール事件や頂上戦争などの思想から見ると、「行き過ぎた正義の信念」を貫く目的遂行の為には一般人や味方を巻き添えにして犠牲にしても構わないと考えている無自覚の悪そのものだと言える。社会的立ち位置では正義の人だが、正義思想に囚われ過ぎているあまりに弱者や部下の命さえも顧みない非情さと冷徹さがある事で悪役と多くの読者には認知されている。悪魔の実の能力は「マグマ」。世間では黒ひげ ”マーシャル・D・ティーチ”が『ONEPIECE』内でのラスボスだと予想されているが、個人的には赤犬が作品内のラスボスになるんじゃないか、という気もする。モデルの人は菅原文太。

 

2位:サー・クロコダイル・・・・・・・・・・アラバスタ編でのラスボス。秘密結社バロックワークスを立ち上げ、アラバスタ王国に内乱と革命を持ち込んだ元凶。主人公のモンキー・D・ルフィに約3回勝利するも最期はルフィの大量の血と汗にまみれたパンチ(拳)のラッシュに敗北してインぺルダウンに投獄された。その後はルフィと一時的な共同戦線を組み、頂上戦争に乱入した。悪魔の実の能力は有機物を全て砂に変えてしまう砂の能力。『ドラゴンボール』の立ち位置的にフリーザに例えられる事が多いが、個人的にはベジータポジな気もする。

 

3位:キャプテン・クロ・・・・・・・・・・・・東の海編でのウソップの故郷”シロップ村”に攻め込んできた海賊。政府と賞金稼ぎに追われる生活に疲れて安定した莫大な金と平穏を手に入れる為に資本家の娘を暗殺する計画を考案した。計画を実行する為に3年という月日をかけて屋敷の執事”クラハドール”を演じ続けた。計画実行の際には自分が解散させた海賊を呼んで、その海賊たちに村を襲撃させて娘に遺書をかかせて娘を殺した後で海賊の部下たちも村人も皆殺しにする予定だった。世間的にはキャプテン・クロの名は死んでいて、大佐に出世する事になるモーガンに自分の替え玉(影武者)を公開処刑させる事でクロが死んだと世間に思わせていた。悪魔の実の能力はないものの彼の尋常ではない瞬間移動的な高速移動の戦法はエニエス・ロビーでルフィ達が戦ったCP9の体術に通用するらしい。スピードだけならば、グランドラインでも十分通用するレベルで、あとは無差別に攻撃する手法さえ改良を加えればグランドラインの戦闘にも着いていけると言われている。

 

4位:アーロン・・・・・・・・・・・・東の海編でのラスボス。航海士ナミの故郷を襲撃した後に税金を取る圧政を8年間も敷いた。その税金は人命維持費のようなもので、払えない人間は容赦なく殺されていった。ナミの航海技術と海図の製図法が一流だった事から強制的にアーロン海賊団に加入させた。その際にはナミと1億ベリーの取引で村を引き渡す約束をしていたが、アーロン自身は守る気がなかった。ルフィとの戦闘でルフィにナミを道具だと断言してしまった事でルフィの逆鱗に触れて、アーロンパーク諸共アーロンの計画を崩された。人間を深く憎悪する魚人であり、元々は魚人海賊団の一幹部に過ぎなかった。魚人島での魚人に対する差別がきっかけで人間を深く憎悪するようになり、海軍大将の黄猿にボコボコにされた後はインぺルダウンに投獄されていた。七武海のジンベエが魚人海賊団を抜けて七武海に加入する条件でアーロンは東の海に解放されてココヤシ村の襲撃事件に繋がる。アーロン編の頃にはジンベエとアーロンの実力差は殆どない事にされていたが、東の海での都市伝説や噂であり、実際にはジンベエの賞金額はアーロンの約4倍以上あり、実力についてもジンベエが圧倒的に上回っている。

 

5位:首領・クリーク・・・・・・・・・・・東の海編でのサンジが働いていたバラティエを襲撃した海賊。重武装と騙し討ちが得意な海賊で、作品の世界観には似合わない毒ガスや剣山マントや火炎放射器、ガトリング銃など第一次世界大戦以降の武器や兵装を駆使してルフィを追い詰めた。情のない男で、温情からサンジを殺す事が出来なかった腹心のギンさえもあっさりと切り捨てる冷徹さを持つ。グランドラインに入海した途端に七武海のミホークの目に偶然入り、ミホークの黒刀で大艦隊の大半を失い、自身も含めて海賊団全体が餓死の危険性にあった。ギンは自分の海賊団を餓死させない為にクリーク達をバラティエに呼んだが、クリークは騙し討ちでバラティエを乗っ取ろうと企てた。

 

6位:ドンキホーテ・ドフラミンゴ

 

7位:マゼラン

 

8位:黒ひげ マーシャル・D・ティーチ

 

9位:ゲッコー・モリア

 

10位:ロブ・ルッチ

 

11位:黄猿 ボルサリーノ

 

12位:ビッグ・マム(シャーロット・リンリン)

 

13位:神・エネル

 

14位:カイドウ

 

15位:戦桃丸

カテゴリー: 未分類

なぜ、東京の人口だけ増え続けるのか?

ttps://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62042&pno=1?site=nli

ttps://resemom.jp/article/2019/07/30/51739.html

正直、今の東京だったらテロだとか大量殺人なんかを起こすのも簡単そうだな、とか思ったり。

来年の東京オリンピックがどうなるのかは知りませんが、大失敗してくれることを心の底から祈っています。

ちなみにGoogle先生によれば、東京の人口が927.3万人、ニューヨークの人口が858.2万人だそうです。

この結果を見ると、日本人はどれだけ押しくら饅頭が好きなんだろう、と思う訳なのですが、日本は首都機能を分散していませんからね。

アメリカは上手い事、首都機能を分散していますからね。まぁ、シリコンバレーで車上生活を送っている数千万単位の年収を稼いでいるエンジニアなんかも多いらしいですが。

 

 

>なぜ、東京だけ人口が増え続けるのか?

そこに良い仕事があるからでしょうね。頭脳労働が出来る地域と言うと、関東一帯ぐらいなもんで、大阪や愛知は求人が多いものの肉体労働の製造や建設、現場インフラ(水道や鉄道工事)ばかりですからね。

それ以外の田舎になってくると、飲食・小売・介護・建設・工場・警備・清掃・運送・公務員・地銀・信用金庫・インフラぐらいしかない訳で、消去法で考えると地銀や信用金庫、市役所公務員とかしかない訳で、新卒枠を逃したら、それ以外を選ぶしかない訳ですが、そういう職業を選択するぐらいなら東京の中小企業でリーマンやったり営業やる方が遥かにマシですからね。

2ちゃんとかだと、介護や工場や施設警備なんかが隠れホワイト扱いされていますが、田舎の肉体労働や中小企業なんて人間扱いしていない企業とかしかない訳で、それもそういうのを搾取している派遣企業や下請け業者なんかもゴロゴロしている訳で、東京に就職した方がマシに決まってますから。

田舎の工場や田舎の建設なんて大手企業なんかでも大概内容と休日数がクソな訳で、東京の中小企業とか営業でリーマンやってる方が遥かにマシかと思います。まぁ、田舎に転勤になった場合は御愁傷さまの訳ですが。

 

>なぜ、関東圏と沖縄、九州で子供が生まれ易いのか?

関東圏の場合は高年収かつ頭脳労働、専門職の仕事が腐るほど転がっていて、女も高年収の男目当てに上京するからでしょうね。肉体労働は総じて年収300万以下が当たり前だったりする訳で、仕事内容も休日数も仕事の時間数も大概クソな訳ですから。

愛知なんかも仕事や求人はゴロゴロ転がってますが、製造と工場だらけだし、大阪は建設とかインフラ工事関係の求人ばかりなので、大阪や愛知なんかも若者は離れていくのが当たり前になっていくかと思います。

製造や建設、介護、飲食なんかで働けば分かるかと思いますが、人間が一生働くような場所じゃありませんから、あんなところ。

仮にそんなところで定年近くまで働いたとして、あなたは子供を産みたいと思いますか?

つまり、東京と関東圏だけ子供がパカパカ生まれるのはそういう事です。

頭脳労働だとかデスクワークだとか上級国民は今の人生が楽しくてイージーモードに感じていて、幸せだから、子供を作り続ける訳で、そういう労働をしていない労働者は子供にまでクソみたいな肉体労働や現場作業なんてやらせたくないから、意図的に女と出会おうとしないし子供も産まない。

資本主義なんていうのは労働者だの人材でさえも資源として食い物にする化け物経済システムの訳なんだから、子供なんて作らない方が不幸にならない人の数は必然的に減るでしょうね。

不幸になる奴は上級国民だとか頭脳労働で頑張ってきた連中の子供に下降していく訳で、今後はAIやロボットが資本家や企業の為に頭脳労働も総じて駆逐する訳だから、頭脳労働者や専門職の子供も必ず幸せにならないでしょうね。

AIが一般的になると投資家や資本家、経営者の解雇からスタートするらしいですが、実際には頭脳労働職の解雇から始まって、次に肉体労働職、非正規職の解雇が連鎖的に行われる訳ですから、今度は頭脳労働者の子供が不幸になり、子供を作らなくなり、少子化は加速して国家が滅亡する事になる訳です。

 

沖縄や九州で子供が生まれ易いのは温暖な地域で三世帯以上家族体制だからって理由もあるんじゃないですかね?

まぁ、今の日本でパカパカ子供が生まれまくってるのは九州と沖縄、東京、埼玉や千葉、神奈川などの関東圏一帯なんじゃないかと思います。

カテゴリー: 未分類

なぜ、中高年の脅迫と凶悪犯罪が激増しているのか?

ttps://www.fnn.jp/posts/00422187CX/201908091847_CX_CX(スクエニ)

ttps://www.asahi.com/articles/ASM883D6LM88OIPE00C.html(愛知県庁)

ttps://www.sankei.com/affairs/news/190726/afr1907260002-n1.html(介護施設)

ttps://www.fnn.jp/posts/00421542CX/201907281842_CX_CX(川口税務署)

 

>なぜ、京アニ事件以降、脅迫と凶悪犯罪が増加しているのか?

精神的にも肉体的にも経済的にも追い詰められている中高年が増えているからでしょうね。あと、50代~60代と言えば、格差社会の二極化を体現したような世代で、バブルで都合よく就職できた人は甘い蜜を吸え続けているでしょうけど、そうじゃない人は無職や底辺職などで苦しんでいるのが普通ですからね。40代についてはほぼ全体が就職氷河期の世代の訳なので、この人たちが50代になった時には治安は更に悪化するだろう、とも言われています。

2010年代以降には8050問題という新しい社会問題が生まれていて、無職やひきこもりだった50代だとか60代の人が80代以上の親が死んだり寝たきりになった状態に入ると生命線が断たれるので、凶悪犯罪や脅迫を起こすしかない状態になる訳です。

関東や大阪であれば、ホームレスも可能でしょうが、それ以外の地域ではホームレスはほぼ不可能でしょうし、生活保護を申請する知識や手段、方法がなかったり、そもそも生活保護の申請が厳しくなり過ぎてきているので、凶悪犯罪や脅迫を起こすしかないという訳です。

まぁ、脅迫一連の中には会社員の人も居ますが、情報を更に探ってみると、建設や介護や工場、飲食・小売、運送などのブラック業界と呼ばれている底辺職や肉体労働か派遣や契約社員などの非正規の雇用形態だったりする訳なので、将来的に不安定な職業に就いている人が起こしているケースも多いようです。

建設に関しては日給制ですし、派遣や契約社員などは時給制の訳で、工場やサービス業などは3交代やシフト制、土日がなかったりする訳なので、現代の労働基準で言えば、奴隷労働のようなもんでしょうね。

ただ、世の中の8割9割の仕事はそういうので成り立っていて、今話題のディープラーニング技術だのICT技術だのプログラミング言語、AIなどのシステム技術が頭脳労働やデスクワーク、事務総合職など文系の花形職業だった金融や公務員、法務総務関係の職業や仕事などを駆逐しまくっているのも事実です。

だから、結果的には低賃金に下がり続ける肉体労働やら底辺職と呼ばれている業界だとか仕事ぐらいしか地方や都会には残っていないという訳です。

実際にそういう職業や業界で働いてみれば分かるかと思いますが、人を殺したくなる気持ちも分からなくもないです。

まぁ、世間の人が言うほど工場だとか介護だとか建設みたいな仕事は楽じゃないし、やりがいはないし、賃金は低過ぎるし、毎日毎日ストレスで禿げそうになるし、人も会社も潰したくはなる。

2ちゃんねるやインターネットでは「煙草や酒は悪だ!」とか「喫煙者や飲酒者はゴミクズだ!」とレッテルを貼る人が大量に居ますが、肉体労働だとかストレスの溜まる環境の仕事をやっていれば、煙草や酒の禁断症状が出てくる理由が痛いほど分かるんじゃないかと思います。

煙草や酒やギャンブル、ソシャゲ、甘味のあるお菓子やタブレットなどは肉体労働者や底辺労働者にとってはなくてはならない娯楽かつストレス解消剤の訳で、そういうものがなくなれば、ますます治安は悪化する結果になるでしょうね。

放火された京アニのアニメ業界もいわゆる底辺職だとか不人気職業とか言われる業界ですが、漫画家やアニメーター、声優が工場作業員や介護スタッフなどと違うところは「やりがい」の点かと思います。

まぁ、本人にやる気があって好きでやってる仕事とそうでもない仕事では仕事に対する充実感が違いますからね。

アニメーターなんかも底辺職だとか不人気職業とか言われていますが、会社に雇われる本人に働くモチベーションがあるだけ工場だとか建設とかで働いている多くの人のモチベーションとは違うだろうなぁ、とも思うんですよね。

工場だとか建設で働いている人たちの多くは嫌々働いている訳ですから。

本来は工場だとか介護だとか建設みたいな労働者側も働きたくない業界だとか産業からAIやロボットなどで自動化に切り替えていくべきなんですが、田舎は相変わらず手作業な訳ですし、経済的な費用対効果の面で人件費の方が安いから、設備投資や機械導入の話なんてありませんからね。

今の日本は国家自体が斜陽経済で、ITとAIが融合した技術が金融だとか事務総合とかの雇用を奪い始めているに至っていて、肉体労働とか不人気職業の雇用需要ばかりが駄々漏れしている具合の訳ですが、日本人が応募する訳がないんですよね。

そこで、アホな日本政府とクズな経団連は肉体労働だとか非正規雇用を約25%以上の外国人と移民で穴埋めしようと画策している訳ですが、経済が下がり続ける国にIQの高い外国人が来るはずがないでしょうから、日本の治安はそういう層も絡まって、一層悪化の一途を辿る事になるでしょうね。

もちろん、相変わらず中高年の凶悪犯罪だとか脅迫は後が絶たなくなるかと思います。

2010年代に入ってから、生活保護と専業主婦の数が過去最多になったそうですが、生活保護の申請を許諾するケースも減り続けている訳なので、中高年だとかニートの凶悪犯罪や脅迫は更に増加するだろうな、と思います。

日本政府は就職氷河期世代以上の年齢の人を数百万人の規模で正社員化する計画を出しましたが、飲食・小売・介護・建設・工場・運送・警備・清掃などの不人気業界や底辺産業に就職したがる人は居ないでしょうし、そういう人手不足の業界でさえも応募資格年齢を35歳基準で区切っている訳なので、成功するはずがないでしょうね。

不人気職業や底辺職の分際で応募資格を35歳で区切る時点で狂ってるとも思うんですよね。

そのくせ、企業側は終身雇用制で雇う気はサラサラもない訳ですから。

そもそも人間が働きたいと思うような業界とか産業は金融とか公務員とかデスクワークとかが普通であって、50代や60代になってまで屋外や屋内で肉体労働や手作業するような仕事なんかをやりたいと思うはずがないでしょうね。

そんな仕事をやり続けていても社会と政府に対する恨みと怒りと憎しみは増長する一方の訳で、人を殺したいと考える願望、資本主義に対する革命や戦争に対する野望も募る一方という訳です。

労働者側の気持ちとしては管理職とかデスクワークをやりたいと考える訳ですが、現実や社会側はAIだとか機械に管理職やデスクワークとかをやらせた方が作業効率が高く、費用対効果の面も高い訳なので、人のリストラを推し進める訳です。

そして、賃金が悪化していく肉体労働や底辺職の求人ばかりは駄々漏れする一方の訳なんですが、大抵の人は肉体労働や底辺職で働くのが嫌だから、一時的に働くその日暮らしの生活になるか無職に落ち着く訳です。

そして、いよいよ金がなくなると、生活保護などを申請する訳ですが、今の時勢でそれを行ったところで却下される訳だから、凶悪犯罪を起こすしかないという訳です。

日本のメディアは全く報道しないようですが、海外のメディアでは生活支援目的に軽犯罪を起こす日本の高齢者が社会問題になっている事を報じていました。

具体的にはBBCやCNN、ABCなどの海外メディアです。

 

おそらくは少子化のメカニズムもそんな感じかとは思います。ニートだとかひきこもりのような前例は昭和時代の頃には無かった訳で、あったとしても日本では上級国民や貴族の家で起こるのが普通であって、労働者層の家庭でニートやひきこもりの事例が起こる事はなかった。

現代日本で仮に子供を産んだとしても、その子供が約80万人以上のニートやひきこもりになる可能性は高い訳です。

たとえ、労働者になれたとしても底辺職や非正規労働の実態が酷過ぎる訳なので、凶悪犯罪などのコースと無縁だともいえない訳です。

現代の日本や資本主義の先進国で少子化が進んでいる大きな理由はエリート職だとか頭脳労働と呼ばれている雇用がAIやITなどの新技術に奪われ続けて、肉体労働や非正規雇用などの底辺職の雇用ばかりが激増していく現象があるので、自分の子供が自分の人生よりも悲惨なコースを歩むかもしれないリスクを考えられるようになったからでしょうね。

そうした環境から子供の人生を考慮した結果、子供を産まない方が幸せだと考える反出生主義の若者も増えているんだとは思います。

多分、現代の社会が逆の状態であれば、多子化の時代になっていたかと思います。

機械やAIやコンピューターが肉体労働やルーチンワーク(単純作業)に特化した職業や雇用をこなせる状況になっていた場合は頭脳労働の雇用は少数ながらも余る訳なので、人間が少子化に走る事もなかったという事です。

頭脳労働の作業に機械やロボットが介入すると、必然的に人間の労働者に求められる会社からのスキルだとか技術のハードルは跳ね上がる訳なので、頭脳労働への就職が困難になるでしょうね。

平成時代の頃は文系と理系に優劣差というものは存在しなかった訳ですが、IT技術が一般にも広まった現代では理系がエリートという風潮がごく当たり前になっていて、プログラミングだのAIだのの技術が金融や公務員とかの作業を簡略化あるいは効率化させてくれているおかげで、文系そのものの存在価値は無きに等しい状況になっていますからね。

 

私の妄想ですが、多分、現代社会は底辺職や肉体労働にロボットやAIが介入した方がマシな社会になってたんじゃないか、とは思います。

まぁ、アメリカや日本では清掃業や警備業、工場が自動化されまくっている背景があるので一概にエリート職や高賃金労働のみが機械に雇用を奪われている訳じゃありませんけどね。

ただ、企業や雇用主が労働において肉体労働の作業などを機械に任せる状態にしておいた方が現代はもう少し生き易い社会になっていただろうな、とも思うんですよね。

 

 

>凶悪犯罪は日本だけで増加しているのか?

最近はアメリカなんかでも銃乱射事件が多発していきているような気はします。

まぁ、理由は経済的な貧困が理由なんでしょうね。

大抵の犯罪は経済的な貧困が理由かと思います。

犯罪には特殊性癖を満たす為に殺人などを起こす人も居る訳なんですが、8割9割の殺人や犯罪の理由は貧困だとか過酷な労働が原因でしょうね。

多分、そういうのも資本主義が産み出した膿みたいなもんなんだろうな、と思います。

多分、今後20年ぐらいは貧困が理由の凶悪犯罪みたいなのはどこの資本主義国家でも多発するでしょうし、不人気職業や底辺職に外国人労働者を放り込もうとする資本主義国家の闇が存在する訳なのですが、テロも増えるだろうな、と思うんですよね。

それからは20世紀から続いてきた資本主義ビジネスに反発する新共産主義運動みたいなものが資本主義のあちこちの国で起こって、増えすぎた世界人口の水と食糧を巡っての第三次世界大戦みたいなもんが2050年までには起こるんじゃないかと思います。

多分、肉体労働だとか人間並の運動能力を身に着けたロボットが当たり前になるのはその戦争後の事になって、ロボットの技術なんかは戦争が起こる事で世界に浸透していきそうな気はするんですよね。

 

少子化については個人の幸福目的の若者が増加した事が原因と指摘する人が多いんですが、私は過酷な労働の求人が激増した事とニートやひきこもり、サブプライムローン問題などの前例が出た事で、将来的なリスク回避の路線から子供を意図的に産まない人が全世界規模で起こってるんだと思いますけどね。

今の日本だけに限りませんが、自分の年収や職業よりも上になる子供が自分とその妻から生まれる事を想像するのが難しいですし、現在の労働市場では理数系大卒の人は正社員とか普通の職業に就ける訳だけど、それ以外の人は失業確定の産業か肉体労働や不人気職業などの底辺職に追い込まれる事が目に見えてる訳ですからね。

21世紀の頃まで資本主義国で少子化が進まなかった理由としてはインターネットが全世界に普及しなかった事と機械が奪う職業や産業が頭脳労働やデスクワークばかりではなかったからでしょうね。

あと、現代ほど理数系に偏重した世の中でもなかった訳で、中卒レベルの人でも大手企業の終身雇用で60代まで働くのが当たり前で、経済成長も国家レベルで続いていたから、自分の子供が自分よりも高い年収と職業に就ける事を想像する事が簡単だった訳です。

あとは昔の娯楽や性欲解消にゲームだとかインターネットなんて物がなかったから、どうしても生身の女(男)が必要だった事も挙げられるかとは思います。

あと、昔は料理や家事や洗濯などは自動化やサービス化が進んでいなかったので、女(男)は家庭においてはどうしても必要な存在だった訳です。

しかし、現代は料理は全国チェーン向けの外食店なんかがありふれていて、洗濯と乾燥は最近の洗濯機とかコインランドリーがやってくれて、介護サービスなんかも民間企業が行ってくれて、買い物なんかも代行者だとかAmazonみたいなECサイトがほとんど勝手にやってくれる訳です。

最近ではチケットや切符の販売なんかも電子マネーだとかSuicaだとかそういうもんでやってくれるようになった訳ですが、駅の販売員や映画館の販売員なんかも要らなくなりましたからね。

ただ、逆を言うと、そういう仕事をなくしてしまうと、発達障害やアスペルガー症候群の疑いなんかがある人が働ける口なんかがなくなる訳なので、そういう人にとっては自分の存在価値が否定されるようなもんで、嫌でしょうね。

現代の先進国では発達障害やアスペルガー症候群、パニック障害などの精神病も注目されるようになりましたが、21世紀に入るまではそういう精神病は特に問題視されなかった訳で、そういう可能性のある人でも主婦やら正規労働者で普通に働ける口はあった訳です。

しかし、21世紀以降は機械とコンピューターとインターネットがありとあらゆる単純作業とデスクワークの正社員を駆逐しまくった結果、コミュニケーション能力が必要で高度な営業職とさっき話した過酷な肉体労働の産業と職業程度しか残らなくなった訳なので、21世紀に入ってからは精神障害者あるいは精神病院や自治体に相談を持ちかけている人の数も増加しまくっているという訳です。

これも資本主義の弊害でしょうね。

おそらく子供を産みたがらない人の意見としては自分の子供が精神疾患を持つ人になる可能性があるかもしれないと考えて産みたくないという人も居るんじゃないかと思います。

アスペルガー症候群だとか発達障害なんかは偉人や芸術家なんかに多いらしいですが、少子化かつ不景気の時代で芸術やエンターテイメント、創作娯楽なんかが売れる訳がないですからね。

現代は20世紀に比べると娯楽や創作物の数がべらぼうに多い訳ですが、その内の作品のいくつが金になっているのか分からないし、当てたところで一生食える訳でもないですからね。

現代の創作物は小規模なストーリーがある作品と古くからの人気作品ばかりになっている訳ですが、不況と少子化が続いているから、成人した人が子供の頃に流行っていた創作物のリメイクやリマスターが流行るんでしょうね。

小規模なストーリーが繰り広げられる作品の原作は素人が考案したWEB小説とかラノベだったりする訳ですが、最近は異世界転生モノかTSF(性別転換)モノか主人公が敵を笑いながら皆殺しにするサイコバトルマニア(野郎)のアニメばっかな気はします。

異世界転生モノが陰キャの若者に流行る理由としては、現代の資本主義社会が夢も希望もない クソみたいな社会だからでしょうね。

性別転換モノや美少女キャラクターのアニメとかが流行る理由は「男を辞めたい男が多いこと」と「彼女が欲しい男が多いこと」でしょうね。

正直、俺も男を辞めたいです。

まぁ、結婚願望と子供を作りたい希望は女性よりも男性の方が高いかと思います。

しかし、女性の方は結婚願望とか子供を作りたい願望はそれほど高くないでしょうね。

 

共産主義の方が資本主義よりももっとクソなのかもしれませんが、現代の資本主義もAIやロボットやコンピューターとの熾烈な労働競争で労働者がノイローゼになりかけているので、資本主義そのものも末期状態な気はします。

 

 

そうやって、なんでもかんでも自動化と簡略化しまくった結果に賃金は下がり、仕事の密度は濃くなって、家事だとか家庭生活においては家族の存在必要性がなくなったという訳です。

だから、少子化だとか人手不足だとかそんなもんで騒がれるようになるのも当たり前っつったら、当たり前でしょうね。

 

 

>煙草と酒は増税対象にすべきではない

これは私の持論なんですが、煙草や酒は増税対象にすべきではないと思うんですよね。

貧困な人や肉体労働者が健康になって長寿になると、結果的に高齢化が加速して社会保障費などを圧迫する事になるし、煙草や酒の事業を行っている企業の倒産や人の解雇が進んで経済が悪化する訳です。

煙草や酒で肉体労働者や貧困な人が早死にした方が実際のところは社会や上級国民、一部のエリート層にとっては助かる事にもなる訳です。

まぁ、宮崎駿監督などのクリエイターや芸術家、大学教授なんかにも喫煙者が居る訳ですが、そういう人たちが80代になっても死なないところを見ると、煙草や酒の健康に対する害なんかは大した問題じゃないのかもしれないです。

結局、早死にする人たちの特徴を見てみると、不摂生な生活を送っている人よりもストレスを抱え込んだ人と睡眠不足の人の方が早死にしてるっぽいので、煙草や酒をやってるところで、早死には大した問題じゃないのかもしれません。

カテゴリー: 未分類

PSVitaと3DS、完全終了

ttps://blog.nicovideo.jp/niconews/114427.html

ニコニコ動画が完全に見られなくなるそうな。確か、3DS向けのニコニコアプリも見られなくなる予定ですね。これに付随してくるのがYoutubeアプリで、Vitaではとっくに終了していますが、3DSでも公式が終了をアナウンスしたようです。

まぁ、3DSはブラウザでもYoutubeが見られなくなっているので、ニコニコまで見られなくなると、タブレットやスマホの動画プレイヤー代わりにも出来なくなるでしょうね。

 

>なぜ、3DSやVitaで動画アプリや動画が見られなくなるのか?

PSVitaは生産自体が終了。ちなみにPSP-3000の公式の修理受付が2019年の9月という事でお通夜モード。

3DSはニンテンドースイッチライトの販売で、携帯ゲーム機としての需要が見込めないと判断されたからでしょうね。

ただ、最近は例の『ドラクエ5』の映画がずっこけた影響と『スマブラSP』にドラクエの勇者がプレイアブルキャラ化した影響で、DS版の『ドラクエ5』がアマプレのランキング1位になったり、過去のDSや3DS版のドラクエシリーズがランクインしたりしているそうです。

映画『ドラクエ5』は具体的には『スタンド・バイ・ミー ドラえもん』と『勇者ヨシヒコ』の悪い部分(メタ臭いところ)をごちゃ混ぜにしたような中途半端なギャグな感じが酷過ぎて、酷評されまくってるらしいです。

まぁ、『スタンド・バイ・ミー ドラえもん』と『ドラクエ5』の映画は全く関係ないですが、CGのモデリングなんかを見てると、あの『ドラえもん』を思い出す感じだったので、映画は地雷だろうな、とは思ってました。

 

『ドラクエ5』の映画が酷過ぎる影響で、DS版ソフトの需要が上がっているらしいので、ひょんな事で過去のDSソフトや3DSソフトをプレイしなければならない状況が生まれるかもしれないので、3DSやDSで遊ばないという事はないのかもしれません。

まぁ、PSVitaの場合はゲーム機として遊ぶよりもニコニコやYoutubeの方でお世話になりまくってたので、ブラウザやWi-Fiサービスが完全終了したら、Vitaの場合は過去のゲームを遊ぶ為に押入れから引っ張り出すという事はないのかもしれません。

しかし、DSやら3DSとかはニンテンドースイッチでは遊べないリメイクソフトだとかシリーズの詰め合わせソフトなんかもそこそこあったので、そういうのを懐かしくなったり、『ドラクエ5』の映画の駄作みたいなのが出てきた時に本家を遊びたくなるような事も生まれるのかもしれません。

 

ところで、なんで最近は90年代や80年代のゲームの実写映画化がブームになっているのか? と言うと、ゲームで遊んでいた人達が30代や20代になってきて、ゲームが趣味だった人の方が金持ってる事が多くなってきたからでしょうね。

今の職業で金を稼ぎまくってるのって、ゲームクリエイターとかIT関係の職業の人で、営業だとか金融だとかそういう産業の人の方が廃業に追い込まれたり貧乏になってきている訳ですから。

最近は『ソニック』『ロックマン』『メタルギア』『ポケモン』『ドラクエ5』などが実写映画化されたりしているみたいですが、基本的にCGばかりですね。

まぁ、アメリカぐらいしか金を落とさないんでしょうけど。

 

3DSじゃないDS系は大体ドラクエシリーズが現役って人が多いんじゃないかなぁ、って思います。

ドラクエシリーズはバーチャルコンソールやゲームアーカイブスがありませんし、携帯機で遊ぶ事を限定すると、DS版か3DS版かスマホ版ぐらいしかないんですが、値段の安さとデータの保存性を考えるとコンシュマーゲーム機のDS版や3DS版に軍配が上がりますからね。

逆にFFシリーズはシリーズを特定のメーカーのゲーム機で揃える場合はソニーのPSPやPS3一択という具合になります。

しかし、ドラクエの場合はナンバリングタイトルが大体任天堂ハードに集中しているので、ドラクエを遊びたい場合は大体任天堂ハードかスマホを買うしかなくなる。

PS2時代はソニーのゲーム機でもリメイクとか出してたようですが、DSやWiiの時代になると、FFがソニー、ドラクエが任天堂って具合で、FFは任天堂にもリメイクソフトを出してたから、FFはソニー派でもないという具合の訳です。

3DSより前のハードのDSで遊ぶ価値のあるゲームと言えば、『ロックマンゼロコレクション』なんかもあります。

GBAで発売された『ロックマンゼロ』のシリーズが詰め合わせになったソフトですね。

まぁ、あとは『星のカービィ スーパーデラックス』のリメイクソフトなんかもありますが、原作ソフトがバーチャルコンソールやミニスーファミにもあるので、DS版に拘る必要もないという感じでしょうか。

 

 

>なぜ、『ドラクエ5』のDS版が今頃アマゾンのランキングで1位になるのか?

例の映画の内容が酷過ぎて、未プレイだった人が好奇心とかで遊ぶようになったという感じらしいです。あとは『スマブラSP』の影響もあるんじゃないでしょうか?

『ドラクエ』でネタとか話題になるのは大体『5』とか『8』とか『3』辺りかと思いますが、20代は『8』、30代は『5』がドンピシャ世代でしょうから。

『ドラクエ5』は『勇者ヨシヒコ』の主人公のコスチュームの元になった作品ですが、映画『ドラクエ5』の監督は『勇者ヨシヒコ』の監督じゃないそうです。

メタい内容と聞いてたから、『勇者ヨシヒコ』の関係者が映画に携わってたのか? と思ってたら、そうでもないそうです。

DS版の『ドラクエ5』がアマゾンのランキングで選ばれた理由としては、スマホ版以外ですぐに手軽に遊べるリメイクソフトがDS版しかないからでしょうね。

『ドラクエ5』はSFC版とPS2版があるんですが、最初のリメイクになったPS2版はそもそもPS2のハードを持っていない人の方が多いでしょうし、携帯ゲーム以外でゲームをするような人も10年前に比べるとかなり減っているから、手軽に遊べるDS版かスマホ版になるんでしょうね。

DS版の『ドラクエ5』は3DSでもプレイ出来る訳ですから、3DSユーザーでも購入可能な訳ですから。

あと、ドラクエシリーズはオンライン前提の『9』『10』『11』以外のソフトは中古でもかなりな高価格なので、今遊んでもシナリオやシステム的に見劣りしないのもあるんでしょうし、旧ハードのDSやいずれ旧ハードになる3DSでいつまでも現役で遊べるソフトになるだろうから、高価格なんだろうな、と思います。

ドラクエはFFと違って、リメイクとか遊べるハードの数の少なさとかもあるから、中古の価格が高いのかもしれません。

ドラクエ以外のシリーズは大体詰め合わせパックとか過去ソフトのコレクションソフトなんかがあるんですが、ドラクエは原作そのものの移植があり得ない上にそれぞれのナンバリングタイトルが詰め合わせとかコレクションになる事もなくて、版権関係が相当ややこしいから、流通も少ないんだろうなぁ、って思います。

『9』以降はオンライン前提にしている為か、版権管理がコンパクトになったせいか、『9』以降のソフトの中古価格はポケモンと似たような感じになってきていますが、相変わらずストーリーやシステムが大きく反映する『1』~『8』のドラクエソフトの中古価格は2500円以上が相場のソフトが多いです。

『スマブラSP』でドラクエ勇者の参戦が絶望的だと思われていた理由も大体は版権関係と版権に関わる金の問題と海外での知名度の低さだった訳ですが、最近は版権関係はそれほど複雑じゃなくて、むしろFFとかスクウェア側の方がややこしくなってる感じみたいです。

 

まぁ、『ドラクエ』と言うと、昔は『ポケモン』と『マリオ』『ドラクエ3』が日本のゲームの社会現象を巻き起こしたゲームとして話題になり、小中学生の間では大体この3タイトルが話題になるのが日常だった訳ですが、最近の小中学生は『ドラクエ』の話題はあんまりしなくなってきていて、『FF』なんかも話題がされなくなり始めているらしいので、『ドラクエ』も『FF』も日本を代表するゲームタイトルじゃなくなってきているのかもしれません。

今の『ドラクエ』と『FF』はおっさん連中には通用するネタなんですが、現代の小中学生にはあんまり話題にならないゲームにはなってきている感じです。

 

管理人は『ドラクエ』をプレイした事があるのか? と言うと、『8』とか『7』辺りは若干プレイした記憶はあった気がします。

多分、『7』とか『8』は30代~20代にドンピシャじゃないかなぁ、と思います。

私の世代的には本当は『5』とか『6』が世代でなければおかしいんですが、ドラクエ自体あんまり興味がなくて、どっちかっていうと、FF派でした。

ただ、外伝系は割と好きで、テリーとかトルネコとかはちょいちょい遊んでたような記憶もあります。

まぁ、小中学生の時はRPG自体があんまり好きじゃありませんでしたからね。

RPGが好きになったきっかけは『FFⅦ』とかポケモンとかで、それまでのドラクエに関してはバトル鉛筆とかキャラ名とかの知識程度しかありませんでした。

どこの小学校でも同じかもしれませんが、基本的にFFが陰キャとかオタク向けで、ドラクエが陽キャとかクラスの人気者向けのゲームタイトルという具合でした。

好きなRPGで対立していた時代に全てのクラスメートが同じRPGをプレイするという現象を生み出したのは間違いなくポケモンでしょうね。

ポケモンが登場するまでのクラスのRPGは大体ドラクエ派とFF派に分かれてました。

で、FFが好きな奴は根暗で、ドラクエが好きな奴は陽キャという具合でしたね。

まぁ、その当時はFFが『FF6』以降、根暗な主人公とシリアスなストーリーと世紀末的な世界観を描いていた時代だったので、FF好きは陰キャという扱いが普通だった気がします。

ドラクエは多分、『ドラゴンボール』の影響もあって、ドラクエが好きな人は大体体育会系とか陽キャの人が多かった印象があります。

そうやって、ドラクエとFFで対立していた中にRPGブームに介入してきたのが『ポケモン』で、中学校に進学する頃にはスクウェアとエニックスが合併して、エニックスが同人っぽい漫画本を描けなくなったという時代に突入していました。

あと、スクウェアが映画でずっこけて、ディズニーとゲームでコラボするという時代でもありました。

 

カテゴリー: 未分類

スマブラSPに出てくる登場キャラクターまとめ No.2

01:マリオ・・・・・・・・『ドンキーコング』

02:クッパ・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ』

03:ピーチ・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ』

03’:デイジー・・・・・・・・・・『スーパーマリオランド』

04:ルイージ・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ2』

05:ロゼッタ・・・・・・・・・・・『スーパーマリオギャラクシー』

06:クッパ.Jr・・・・・・・・・・・『スーパーマリオサンシャイン』

06-A:イギー・・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-B:ルドウィッグ・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-C:ウェンディ・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-D:モートン・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-E:ラリー・・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-F:ロイ・・・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

06-G:レミー・・・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ3』

07:パックンフラワー・・・・・・・・・『スーパーマリオブラザーズ』

08:ドクターマリオ・・・・・・・・『ドクターマリオ』

09:ワリオ・・・・・・・・・・・・・『スーパーマリオランド2』

10:ヨッシー・・・・・・・・・・・・『スーパーマリオワールド』

11:ドンキーコング・・・・・・・・・・『スーパードンキーコング』

12:ディディーコング・・・・・・・・・・『スーパードンキーコング』

13:キングクルール・・・・・・・・・・・『スーパードンキーコング』

14:リンク・・・・・・・・・・・『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』

15:ゼルダ・・・・・・・・・・・『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』

16:シーク・・・・・・・・・・『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』

17:ガノンドロフ・・・・・・・・『ゼルダの伝説 時のオカリナ』

18:こどもリンク・・・・・・・・『ゼルダの伝説 時のオカリナ』

19:トゥーンリンク・・・・・・・・『ゼルダの伝説 風のタクト』

20:サムス・・・・・・・・・・・『メトロイド』

20’:ダークサムス・・・・・・・・・『メトロイドプライム』

21:ゼロスーツサムス・・・・・・・・・『メトロイドプライム』

22:リドリー・・・・・・・・・・『スーパーメトロイド』

23:フォックス・・・・・・・・・『スターフォックス』

24:ファルコ・・・・・・・・・・『スターフォックス』

25:ウルフ・・・・・・・・・・・・『スターフォックス64』

26:キャプテン・ファルコン・・・・・・『F-ZERO』

27:アイスクライマー・・・・・・・・・『アイスクライマー』

28:Mr.ゲーム&ウォッチ・・・・・・・・『ゲームウォッチ』

29:ピット・・・・・・・・・『パルテナの鏡』

30:パルテナ・・・・・・・・『パルテナの鏡

29’:ブラックピット・・・・・・『新光神話 パルテナの鏡』

31:オリマー・・・・・・・・・『ピクミン』

31-A:アルフ・・・・・・・・・『ピクミン3』

32:ファミコンロボット・・・・・・『ジャイロセット』

33:むらびと・・・・・・・・・・・・『どうぶつの森』

33-A:むらびと(女)・・・・・・・・『どうぶつの森』

34:しずえ・・・・・・・・・・・・『とびだせ どうぶつの森』

35:WiiFitトレーナー・・・・・・・・『WiiFit』

36:リトル・マック・・・・・・『パンチアウト!』

37:ダックハント・・・・・・・・『ダックハント』

38:インクリングガール・・・・・・・『スプラトゥーン』

38-A:インクリングボーイ・・・・・・『スプラトゥーン』

39:カービィ・・・・・・・・・『星のカービィ』

40:メタナイト・・・・・・・・『星のカービィ 夢の泉の物語』

41:デデデ・・・・・・・・・・『星のカービィ』

42:ピカチュウ・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

43:プリン・・・・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

44:ミュウツー・・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

45:ポケモントレーナー・・・・・・『ポケットモンスター FR・LG』

45:ポケモントレーナー♀・・・・・・『ポケットモンスター FR・LG』

45:ゼニガメ・・・・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

46:フシギソウ・・・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

47:リザードン・・・・・・・・『ポケットモンスター赤緑』

48:ピチュー・・・・・・・・・『ポケットモンスター金銀』

49:ルカリオ・・・・・・・・・・『ポケットモンスターDP』

50:ゲッコウガ・・・・・・・・『ポケットモンスターXY』

51:ガオガエン・・・・・・・・『ポケットモンスターSM』

52:ネス・・・・・・・・・・・『MOTHER2』

53:リュカ・・・・・・・・『MOTHER3』

54:マルス・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』

54’:ルキナ・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 覚醒』

55:ルフレ・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 覚醒』

55-A:ルフレ♀・・・・・・・『ファイアーエムブレム 覚醒』

56:ロイ・・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 封印の剣』

56’:クロム・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 覚醒』

57:アイク・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』

57-A:アイク・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 暁の女神』

58:カムイ・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム if』

58-A:カムイ♀・・・・・・・・『ファイアーエムブレム if』

59:シュルク・・・・・・・・・『ゼノブレイド』

60:ベヨネッタ・・・・・・・・・『ベヨネッタ』

60-A:ベヨネッタ・・・・・・・・・『ベヨネッタ2』

61:バンジョーとカズーイ・・・・・『バンジョーとカズーイの大冒険』

62:ソニック・・・・・・・・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

63:ジョーカー・・・・・・・『ペルソナ5』

64:シモン・ベルモンド・・・・・・『悪魔城ドラキュラ』

64’:リヒター・ベルモンド・・・・・・『悪魔城ドラキュラXX』

65:ソリッド・スネーク・・・・・・・『メタルギア』

66:リュウ・・・・・・・・・『ストリートファイターⅡ』

66’:ケン・・・・・・・・・・『ストリートファイターⅡ』

67:ロックマン・・・・・・・・・『ロックマン』

68:パックマン・・・・・・・・・『パックマン』

69:クラウド・ストライフ・・・・・・・『ファイナルファンタジーⅦ』

69-A:クラウド・ストライフ・・・・・『FFⅦ アドベント・チルドレン』

70:アルス・・・・・・・・・・・・・『ドラゴンクエスト3』

70-A:ソロ・・・・・・・・・・・『ドラゴンクエスト4』

70-B:エイト・・・・・・・・・・『ドラゴンクエスト8』

70-C:イレブン・・・・・・・・・『ドラゴンクエスト11』

71:Miiファイター(射撃)・・・・・・・・『トモダチコレクション』

72:Miiファイター(格闘)・・・・・・・・『WiiSports』

73:Miiファイター(剣術)・・・・・・・・・『MiiTopia』

 

 

>ゲスト(サードパーティ)

・ベヨネッタ・・・・・セガ、プラチナゲームス

・ジョーカー・・・・・・・セガ、アトラス

・ソニック・・・・・・・・セガ

・勇者(ドラクエ)・・・・・・・・スクエニ(エニックス)

・クラウド・・・・・・・・・スクエニ(スクウェア)

・リュウ・・・・・・・・・・カプコンUSA

・ケン・・・・・・・・・・カプコンUSA

・ロックマン・・・・・・・・・カプコン

・パックマン・・・・・・・・・バンナム

・スネーク・・・・・・・・・コナミ

・シモン・・・・・・・・コナミ

・リヒター・・・・・・・・・コナミ

・バンカズ・・・・・・・・・・マイクロソフト、レア社

 

>セカンドパーティ

・モノリスソフト・・・・・・・・『ゼノブレイド』

・インテリジェントシステムズ・・・・・・『ファイアーエムブレム』

・HAL研究所・・・・・・・・・・『星のカービィ』

・APE・・・・・・・・・・・・・『MOTHER』

・ゲームフリーク/クリーチャーズ/株ポケ・・・・・・『ポケットモンスター』

 

 

カテゴリー: 未分類

楽な労働の減少は凶悪犯罪と戦争を呼ぶ

ttps://www.asahi.com/articles/ASM7T4RSSM7TPTIL01B.html

ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20190728/k10012011531000.html

上の記事は京アニ放火事件の青葉容疑者の経歴や職歴について。下の記事はデジタル新技術によって、銀行員の大半を解雇・リストラすることに成功したというニュースです。

最近では日産自動車も約1万人以上の正規従業員のリストラを発表したそうです。

2つの記事は「IT速報」と「資格ちゃんねる」という左翼系まとめブログでも紹介していましたが、反応するレスは冷ややかな反応でした。

「介護職や飲食業に就かせればいい」

「人手不足の産業に押し込めればいい」

といった冷ややかな反応とかもありました。

まぁ、実際にそうさせた結果に京アニに放火した青葉容疑者のような化け物が誕生してしまったんでしょうけどね。

青葉容疑者は市役所の非常勤職員をやっている頃は割と人生は幸せだったみたいですが、人材派遣業や非常勤の郵便局員をやっていた頃は地獄だったようで、最終的に生活保護に落ち着いたわけですが、京アニに放火してしまったというオチにもなりました。

まぁ、人には、向いていない職業や仕事に無理やり人を就かせてもストレスが溜まって人を殺すことになるし、無職で生活保護であってもストレスが溜まって、人を殺したくなるんだろうな、と思います。

 

ところで、何故、楽な仕事やら事務処理的な職業ばかりが機械や新技術によって削減され続けなければならないのか? というと、現代のコンピューターやスマートフォンが手足を持っていないし屋外で作業も出来ないからでしょうね。

昔のSF小説は当時の社会が重機だとかハードウェア方面に機械が進化していく様子を目の当たりにしてきたから、ロボットが肉体労働からこなせるようになると想像していたんだと思います。

しかし、現代の場合はトランジスタだとかCPUばかりが進化して、頭脳処理の方面ばかりに機械が鍛えられているわけだから、結果的にデスクワークやホワイトカラーの仕事ばかりが機械に奪われているという具合ですね。

で、その事務処理をこなすプログラムを組むSEだとかPGが必要なIT企業の求人と賃金を下げつつも仕事内容の密度は濃くしていきたい肉体労働系の派遣企業ばかりしか求人が存在しないので、どちらの方面の労働でも人手不足が加速しているという訳です。

2ちゃんねるなどではリストラされた人とかを簡単に派遣企業の肉体労働に送り込めば良いとかほざいていますが、その仕事でストレスの溜まった労働者の怒りの矛先は京アニ放火事件や秋葉原通り魔事件の結果のようなことになるだけなので、何の解決にもならないでしょうね。

現代の社会は人としてまともに扱ってくれる職業や労働が理数系の専門知識を活かせる技術職しか存在しない訳ですが、人類の8割9割が理数系どころか数字の計算にさえも対応出来ない人ばかりの訳なので、技術職で求人が有り余っていても求職者は就職できないでしょうね。

で、肉体労働の派遣企業なんかしかリストラされた人やニートとかは選べない訳ですが、一時的にそういう仕事を行っていても人を殺したい欲求や社会に復讐したい野望しか生まれないわけなので、何も幸せにはなれないでしょうね。

第一、そんな仕事に就いたところで子供なんか産める訳がないし、結婚したいと求婚したがる女性も居ない訳だから、少子化も加速し続けるわけです。

 

 

>今後の日本はどうなっていくのか?

極論だと思いますが、デスクワークや事務処理系の職業の数が大激減すればするほど戦争や革命が起こる確率が高くなるんじゃないかと思います。

京アニ放火事件は津山30人殺し事件とよく比較されますが、津山事件は戦前の事件の訳で、その数年後ぐらいに第二次世界大戦(太平洋戦争)が起こりましたからね。

個人的な推測ですが、凶悪犯罪が増加すればするほど社会に対する不満や鬱憤が爆発することになるので、戦争の機運が高まるんじゃないでしょうかね?

まぁ、現代でいうと、ヨーロッパが一番第三次世界大戦の火種を生みそうな地域ですよね。

理由は移民労働です。

日本でも移民を底辺労働や派遣企業に送り込む法律が平成最期の年に敢行されてしまった訳なので、日本でも凶悪犯罪や戦争や治安の悪化が頻発するんじゃないかな、と思います。

ぶっちゃっけ、楽な職業や簡単な労働が消えてしんどい仕事や肉体労働だけ残されても家族が居ない人は生活保護を選ぶと思うんですよね。

どう考えても生活保護の方が派遣の肉体労働とかよりマシな訳ですから。

青葉容疑者は生活保護の打ち切りの可能性も高くなってきたから、京アニに放火したという噂も流れ始めていますが、生活保護まで断たれたり費用が減額されたら、誰だって凶悪犯罪とかを起こすんじゃないかな、と思うんですよね。

たぶん、青葉容疑者も秋葉原通り魔事件の犯人も政治家や経営者、資本家、派遣企業の社長などを殺していれば、ネットの一部で称賛されていたとは思います。

最近は生活保護を受給できないことを理由に軽犯罪を起こして刑務所に入所する高齢者も増えているらしいから、国とか政府のやり方がダメなところってのも多いと思うんですよね。

で、これからの時代は増税とIT技術などによる楽な職業の大激減が行われる訳ですが、少子化は加速するでしょうし高齢者の犯罪も多発するだろうし、青葉容疑者のような凶悪犯罪も頻発するようになると思うんですよね。

一時的に派遣企業やら肉体労働で働くのは悪くないことかもしれませんが、数年以上も3交代の工場勤務とか雨天時の建設作業とか非正規の介護労働とかをやらされたりすることを考えると、犯罪を起こした方が本人は楽に感じると思う事もあるかもしれませんからね。

 

まぁ、秋葉原通り魔事件にしろ京アニ放火事件にしろ、新幹線内の通り魔事件、相模原障害者施設事件、川崎事件、事務次官事件にしろ、本当に狙うべき・殺すべきターゲットは政治家や大企業の経営者や経団連、派遣企業の社長、上級国民の連中なんだろうけど、結局は一番人命を奪い易い底辺産業で働いている労働者や老人、障害者、子供などを狙うしかないんでしょうね。

川崎事件の犯人は上級国民に該当する人を二人以上殺しているようには見えます。一人は外務省のミャンマーに関する外交官で、もう一人はカリタスの私立学校のお嬢様の訳ですから。

ただ、子供には罪はないでしょうね。

 

しかし、皮肉ですね・・・・・・。世の中を楽にする為にコンピューターやインターネットやスマートフォンや携帯電話は生まれてきたはずなのに、結果的には人間が魅力的に感じる職業と楽な仕事を奪い続けた挙句に少子化を招いて凶悪犯罪と戦争の香りだけを漂わせる事になるのですからね。

インターネットでは底辺が上級や社会を憎み、妬み、恨んで、殺意を持ち、上級かぶれの底辺市民がニヒリズムを語り底辺を馬鹿にして、底辺産業とその職業に感謝も慈悲もせず、その労働者が奴隷であり続けることを願っている訳なのですから。

俺は日本は第二次世界大戦や幕末の時のように、大戦争をして社会も国も全てをリセットして、大勢死んだ方が国としては生き残るんじゃないかと思っています。

もし、日本がこのまま戦争や革命を行わずにぬるま湯に漬かり続ければ、日本は国としては必ず滅びるだろうな、と思っています。

現代の社会は「資本家と理数系の人間以外は人に非ず」という風潮が強いつまらない社会なので、生き辛くも感じたりはします。

コンピューターやインターネットが生まれた結果にITに関するSEだとかPGのような専門的な職業と肉体労働の派遣労働者のような対極的な職業と産業しか生まれなくなり、それが格差の二極化の原因になっているわけですから、やはり、IT革命なんて発現させるべきではなかったのでしょう。

これからの未来でターミネーターやドラえもんのようなAI搭載型ロボットが生まれて、それが肉体労働をこなす可能性があったとしても、何十年後先の未来になるのかが分かりませんし、第三次世界大戦後の世界なのかもしれませんからね。

コンピューターやITが本格的に発明されたのは第二次世界大戦後の話で、リンなどを利用した有機農業栽培が農家などに定着したのは第一次世界大戦後の話です。

ハーバー・ボッシュ法を産んだ博士はナチスが悪用する毒ガスを発明することになり、チャーチルは農耕用のトラクターを見て戦車を閃き、原子爆弾の応用は原子力発電所に利用されて、エニグマといわれる暗号解読装置はコンピューターの原理を発明するきっかけにもなった訳です。

ドローンとGPS、インターネットも元々は軍用開発で生まれ、実戦で応用されている訳です。

20世紀以降のテクノロジーが戦争によるイノベーションとインスピレーションで生まれてきたものばかりなので、AI搭載型ロボットもおそらくは移民や二極化した資本主義の問題で発生する第三次世界大戦後の世界で生まれるテクノロジーになるだろうな、と思います。

 

最近は労働の格差問題などがあるので、ベーシックインカムなどを試験的に導入している北欧の国なんかも増えている訳ですが、ベーシックインカムを本格的に取り入れる為には第三次世界大戦だとか先進国内での内乱が起こらなければ、導入されないシステムだと思うんですよね。

 

結局、新システムだとか貧困層にとっての理想的な社会という奴を実現するためには旧システム内で支配層をやれている連中を確実に殺すしかない訳で、合法的にそういう連中を殺す為には内乱やクーデターや戦争して勝利するしかない訳なので、凶悪犯罪を起こしたところで絶対的な正義にはならない訳なんですよね。

たぶん、それをやらないと、日本もそうだけど、ヨーロッパもアメリカも移民や外国人に将来的に乗っ取られると思います。

そもそも今の先進国はもはや、かつての国だとか文化なんてものを維持出来なくなっているし、国じゃなくなり始めてるとは思います。

一度、今の先進国は資本主義に対する戦争や革命を起こさないと、国だとか民族だとか人種とかそういう形のものがいい加減になって、それまでに積み上げた歴史みたいな物は全部崩壊すると思うんですよね。

 

カテゴリー: 未分類

ワンピース 映画個人的最強ランキング

『ONEPIECE』も今年で20年、新作映画も作られるらしいので、個人的に評判の高い映画をまとめてみた。アマプラとGyaoで配信されてるみたいです。

 

1位:デッドエンドの冒険・・・・・・・・・2003年の映画。話のテンポがよく、クロコダイル戦を彷彿とさせる戦闘シーンが多い。原作者の携わっていない映画としてはこれが一番出来が良いんじゃないかと思う。地上波で何度も放送して欲しい映画だが、原作者が携わり2時間近くある『ストロングワールド』の方が何度も放送される。話の内容としては海賊船で目的地までレースをするという内容だが、バトル漫画らしく最期はレースの計画を滅茶苦茶にした海軍の裏切り者の海賊をルフィらが成敗するという話。サンジとかゾロの戦闘シーンはほとんどない。

 

2位:ねじまき島の冒険・・・・・・・・・2001年の映画。麦わらの一味のメンバー全てに活躍シーンと戦闘シーンがあるので、原作はアーロン編の時期だったんじゃないかと思われる。戦闘シーンもこの作品が一番レベルが高い気がする。今のところ、全てのワンピースの映画で一味のメンバー全てに戦闘シーンと見せ場が用意されている作品じゃないかと思う。ゲストのキャラデザがポケモンっぽい気がする。

 

3位:ストロングワールド・・・・・・・2009年の映画。原作者が監修し、原作者がわざわざ0巻まで書き落ろしたと言われる伝説の映画。原作者が監修、シナリオを考案する手法は後の『ドラゴンボール超』にも受け継がれることになる。原作者が携わり、2時間近くある映画という事で、フジテレビの『土曜プレミアム』でしょっちゅう再放送されている印象の強い映画。シナリオとかは悪くない気がするが、無駄に尺が長過ぎるのとヤクザっぽい任侠シーンは人を選ぶ気もする。

 

4位:エピソード・オブ・アラバスタ・・・・・・・・2007年の映画。原作の17巻~23巻頃辺りまでを収録したアラバスタ編の再編集映画。全てが新規作画になっていて、尺的に端折ってるシーンが多い事と原作と若干設定や時系列が違うので忙しい人向けって感じはする。ぶっちゃっけ、『ドラゴンボール改』とかも新規作画にして欲しかったのだが、映画とTV放送じゃ別物なのかもしれない。アラバスタ編は『ワンピース』全編で最も評価が高いエピソードなので、映画としても見易い。

 

5位:劇場版 ワンピース・・・・・・・・・2000年の映画。同時上映作品は『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』。シナリオのクオリティが高かったせいか、ワンピースよりもデジモンの方が評価が高いが、『ワンピース』も原作のノリとかテンポを損なわず程よい感じでバトル漫画している感じがする。尺も短いので、見易いし、余計なシリアスパートが殆どないので見易い。

 

6位:フィルム ゼット・・・・・・・・・2012年の映画。原作者が携わった2度目の作品。世間一般では原作者が携わったという事で評価が高いが、2時間近くもあるので結構ダレるところが多い。白ひげと渡り歩いた大海賊が前作の敵で、今度はセンゴクと同期だった海軍将校とのバトルがメインになっている。青キジの出番が多過ぎる気がする。

 

7位:フィルム ゴールド

 

8位:珍獣島のチョッパー王国

9位:オマツリ男爵と秘密の島

10位:エピソード オブ チョッパー

11位:呪われた聖剣

12位:カラクリ城のメカ巨兵

 

 

>『ONEPIECE』について

個人的に好きかどうか? と言われると、あまり好きじゃない作品。初期~アラバスタ編頃までは割と好きな作品でした。最近は『PokemonGo』とのコラボとか原作者の自宅がTVで紹介されたり、と中々充実した人生を原作者が歩んでいる感じはするのですが、作品そのものの感想とかは”鍋のごった煮”という印象ですね。

まぁ、色々な創作物からの世界観の拝借やら色々な実在人物とかキャラクターのトレスとかが多過ぎますからね。グランドライン後の新世界編はそれぞれの島に独特の世界観があり過ぎて、『ONEPIECE』内の世界観がよく分からんという感じはします。

集英社とフジテレビが急きょ『ドラゴンボール』の後釜を用意しなきゃならないという事で20年近くもそのポストに就かせた作品だとは思いますが、世間や日本がこの作品を高評価している理由は今もよく分からんところはあります。

『ONEPIECE』の映画が割と初期の頃の方が個人的に評価が高い理由は初期の頃の方がオリジナリティとクオリティが高いからです。

アラバスタ編以降は色々な創作物とか現実の俳優とかからの要素の拝借が多過ぎて、尺も無駄に長くなり過ぎているので、何度も視聴するのは割と苦痛だったりします。

まぁ、原作コミックスそのものも何周も読み直したいか? と言うと、1回読んだら割と十分なんじゃないかと思います。

アラバスタ編以降で『ONEPIECE』が盛り上がった場面と言うと、インぺルダウン編とか頂上戦争編かと思いますが、あの辺も2ちゃんねるやニコニコ動画でエースの無駄死にのシーンが無駄に冷やかされている事と原作者がエースが存命した場合のパラレルワールドの漫画を描いた辺りで個人的に冷めたって感じはしますね。

あと、マグマの温度の方が火よりも低いそうで、この辺も2ちゃんねるにこき下ろしまくられてました。

あと、雷がゴムを焼けないはずがないとかいうマジレスもあった気がします。

 

 

>現在のONEPIECE

今はどうなのか知りませんが、原作者の印税が約31億円(『ドラゴンボール』は約14億円)で、原作コミックスが93巻を超えているそうです。そんな化け物コンテンツなのに、海外で『ドラゴンボール』ほど有名じゃない理由は外国人がイメージする海賊のイメージとあまりにもかけ離れ過ぎている事と海賊の作品としては世界観があまりにも現実離れし過ぎているからでしょうね。

やっぱり、外国人のイメージする海賊は『パイレーツ・オブ・カリビアン』であって、『ONEPIECE』は海賊じゃないという感じなんでしょう。

平成時代以降の漫画やらアニメは基本的に20年以上の連載を超える事が当たり前になり始めましたが、これは少子化と大半の日本人が作品の内容よりも知名度だとか作品のイメージで作品を惰性的に鑑賞しているからだろうな、と思います。

昔の『ONEPIECE』は面白かったけど、アラバスタ編以降の『ONEPIECE』についてはそんなに面白いのか? と言うと、微妙なところはあります。

コミックスの累計で言うと、『こち亀』が『ONEPIECE』を上回っているらしいのですが、『ONEPIECE』はバトル漫画としては累計が過去最長の作品になるんじゃないかな、と思います。

まぁ、その内に『こち亀』の記録さえも塗り替えそうな感じはします。

『ONEPIECE』は定期的に面白いエピソードはあるのですが、原作内にも本当に必要なのか? と思う蛇足エピソードと無駄な回想が多過ぎるので、『ドラゴンボール改』以上に端折りまくる場面が『ONEPIECE』の再編集版アニメでありそうだなぁ、と思うんですよね。

そもそも『ONEPIECE』は連載終了後にリバイバルブームが来るのか? と言うと、個人的には来ない気もします。

ちなみにアニメは900以上のエピソードを持ってるそうですが、アニメに関しては『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』『ポケモン』『コナン』『アンパンマン』『ドラえもん』などの化け物コンテンツがうようよしているので、大した問題じゃなかったりもします。

 

 

>『ONEPIECE』は何故、終わらないのか?

多分、編集部が『ONEPIECE』の後釜作品を用意出来ないからでしょうね。今のジャンプでは『NARUTO』も『BLEACH』も『こち亀』も『銀魂』も終わってる訳なので、『コナン』頼りのサンデーとほぼ同じ状況に陥ってる気がします。

 

本当に面白い作品を描ける漫画家は電子書籍とかWeb漫画で連載してたり、新刊の漫画雑誌で連載するケースも増えてきているから、中々大物になれそうな漫画を捕まえられないんだろうな、って気がします。

というか、今の日本が余裕なさすぎて漫画家になりたがる若者も少ないって感じはします。

少子化と非正規も加速していますからね。

あと、大御所が現役で居据わり過ぎるから、クリエイターの新陳代謝も起こらないんだと思います。

漫画やアニメ業界なんかも高齢者のクリエイターが多過ぎる気はしていますから。

多分、オダッチの世代以降は漫画家になれる人口自体も減少し始めている気はします。

多分、日本では億単位で稼げる若い漫画家は『進撃の巨人』の諌山先生で最期でしょうね。

まぁ、『ONEPIECE』の場合は原作者自身も描きたいから終わらないってところはあるんでしょうけど、アラバスタ編以降は無駄にキャラクターが増えすぎな事とキャラデザが適当になってきているのに、多くの日本人に支持されたり、キャラクターのフィギュアが購入されまくっているのがよく分からない現象だったりはします。

まぁ、多くの日本人が作品の内容よりも知名度だとか見た目のガワだけで評価しているよくある事例の一つと言えるでしょうね。

スマートフォンとかパソコンは「Appleが一番」とかドリンクは「タピオカミルクティーが最高!」とか言っちゃうような人たちと同じような例というか。

日本人は基本的にトレンドとか外見、知名度ばかりを優先的にする訳なのですが、『ONEPIECE』やタピオカなどはその良い例なんじゃないかな、と思うんですよ。

作品の内容を考えると、「評価され過ぎ」って感じな作品の気もする。

 

あと、『ONEPIECE』は世界観もごちゃ混ぜ過ぎますからね。砂漠だとか雪山だとかそういった環境の違う島がある事があるのはしょうがない気がしますが、明らかに他の創作物の世界観からパクったような島だとか大陸なんかもボロボロあったりしますからね。

スリラーバーク編なんかは悪ノリが酷過ぎるなって感じはしました。

キャラクターなんかも実在の俳優やプロレスラーがトレスされたりしているみたいですが、よく訴訟されないなって思うんですよね。

歴史上の人物には肖像権とかはないのかもしれませんが、20世紀以降の故人や有名人をトレスしまくると、色々と訴訟されそうな気もするんですよね。

人によっては馬鹿にしていると思えるような扱いとか表情なんかもある気はするんですが。

 

子供向け作品に偉そうに語ってる俺は異常な気がしますが、最近のコナンの映画とかポケモンの映画と同様に金を払ってまで見る価値のあるコンテンツなのか? と言うと、そうでもない気はするんですよ。

カテゴリー: 未分類