YMF-X000A:ドレッドノートガンダム

>レビュー
ドレッドノートガンダムは『機動戦士ガンダムSEED』の外伝である『機動戦士ガンダムSEEDXASTRAY』に登場した主人公機である。 尚、『ASTRAY』シリーズを総括した場合は主役機にはならない。 ゲスト機体と言うのに相応しい機体。
 
形式番号は違うが、ザフトが最終決戦に備え開発していた核エンジン搭載の切り札的MSである。 この機体は連合の独自に開発した兵装であるガンバレルの発展であるドラグーン機能を備えている。
本来、ガンバレルは特定の人間にしか扱えず、連合はMAメビウスゼロにそれを装備させるが扱える人間の数が極端に少なかった為、とうとう禁断のクローン技術でガンバレルを操れる少数の人間を作り、部隊構成の実験をしていた。
しかし、クローンには寿命があった為この計画は不発に終わり、失敗作とレッテルを貼られた彼等は見捨てられる事となった。
ザフトはガンバレルを装備したメビウスゼロにMSであるジンを4機近く失った事があった。 本来ならば、MSとMAの戦力比は1:4である。
実験的な意味合いも込めて、ザフトは連合のこの技術の研究及び実験機としてこの機体を開発した。
ところが、この機体に関わった事で数人のメカニックやテストパイロットが放射能漏れで死亡、その事から「こんな機体に乗る者は勇敢な者だ」とされ、ドレッドノート(勇敢な者)の名が付けられた。
ドレッドノートは戦闘用ではなく、実験用であった為、後のMS群に与えた影響も大きい。 ドレッドノートの派生機であるプロヴィデンスが開発され、その機体から多数の簡易型ドラグーンを装備したMSが開発される事となっていく。
ドラグーンの実験という大役を果たしたドレッドノートは目標が達成されたので解体及び処分される予定であった。
ところが、何故か大戦末期にマルキオ導師の使節であるプレア・レヴェリーがこの機体を回収しジャンク屋組合と連携して本来の完成形であるドラグーンを装備してXアストレイとして復活する。
ドレッドノートを回収した理由は地球の深刻なエネルギー問題を解消する為に核エンジンのデータを収集するのが目的だったが、途中連合のハイペリオンガンダムのパイロットであるカナード・パルスに核エンジンのデータとドレッドノートに軍事的な興味を示し、奪取しようとする。 だが、結果的にカナードは別部隊である大西洋連邦からデータを回収し、それを備えたハイペリオンで自らの運命を変えたキラ・ヤマトを抹殺すべく行動する。 プレアはそんなカナードが他の人間の利益だけを目的に造られた命だと知り、彼を必死に説得する事を試みた。
プレアの捨て身の攻撃でハイペリオンは敗北するが、プレアはクローンだった為に寿命が尽きてしまい、その場で倒れてしまう。
亡骸を抱えたカナードはプレアが渡そうとしていた核データをマルキオに渡し自身はプレアの形見であるドレッドノートを強化して傭兵として生きて行く事を決める。
 
プレアはムウ・ラ・フラガのクローンでは無いか?と言うのが通説である。
また、『機動戦士ガンダムSEEDDESTINYASTRAY』にも幻影として登場する。
 
発売されたのは2004年9月頃。 その当時はSEEDからDESTINYへの橋渡し的な期間で盛んに『SEEDMSV(ASTRAY)』が展開していた。 ナンバリングはSEEDMSV HG-007で1500円程度。 3年前ではあるが、ある程度評価されていたSEED HGとしては可動が死んでいたキットで、顔のプロポーションも悪い。
見たら分かると思うが、下半身はゲイツに似ており、上半身はウィングガンダムゼロに似てるとよく言われる。
素人のような機体みたいだが、デザインは大河原氏。 幾らなんでも手抜きすぎだろ。 w
ゲイツのデザインが似てるのは仕方がないけど・・・・・ウィングゼロはどうにかして欲しかった。
機体の詳細などはウィキペディアなどを参考に。
今回のレビューからは記事に写真を貼ります。
プラモの感想だが、地味かつ可動が死んでいてポーズが取り難い。 主役機でなければ買わなかった。 w
次回からはプラモの感想だけを書いていきます。
 
 
 
>機動戦士ガンダムOO
『OO』シリーズのプラモデルのラインナップが判明!!
 
FG・・・・・・・・・ファーストグレード。 1/144準拠。 値段は最低500円~との事らしい。
        前作『DESTINY』、『SEED』のコレクションシリーズにあたるが、『V』、『G』、『W』、『X』、『∀』のコレクションシリーズ同様に肘や膝と言った安易ではあるが、間接が動くとの事らしく今回は低価格でのプレイバリューに富むように工夫している。 ちなみにFGは99年に発売された『1st』の主要な機体4機をラインナップしたシリーズで、『1st』と違う別のシリーズのブランド品となった模様。 主人公機であるガンダムエクシア、ヴァーチェを除く2機は9月には発売されるそうだ。
(値段:500円~1000円?)
 
HG・・・・・・・ハイグレード。 1/144か1/100かは不明。 自分の予想としては1/100の可能性が高い。 値段は分からないが、おそらく1/100なら最低2000円はするかもしれない。
『SEED』シリーズでは高価な1/144で、プレイバリューに富んだ内容だった。 コレクションでは関節が動かないタダのディスプレイ用であったが、1/144ではこちらの方が人気もあるみたいである。 
『V』から『∀』までは基本的に1/100を表している。 『SEED』シリーズではブランドの無い1/100シリーズを示す。
しかし、今回は路線を戻すような雰囲気がFGから漂うのでやはり、HGは『V』~『∀』までの仕様の可能性が高い。
ちなみに初代HGはガンダム、ガンダムMk-Ⅱ、Zガンダム、ZZガンダムの『1st』、『Z』、『ZZ』の主役機、4種を発売した。(現在は絶版との事。)
宇宙世紀の全機体をラインナップする予定のHGUCもあるが、初代HGとHGUCは1/144準拠となっている。
ガンダムヴァーチェを除く3機が10月には発売される模様。
(値段2000円?~2500円?)
 
 
TVシリーズ(仮称)・・・・・・・・・・1/60準拠。 放送中に発売される一番巨大なガンプラ。 過去のシリーズではガンダム、ガンダムMk-Ⅱ、Zガンダム、ヴィクトリーガンダム、V2ガンダム、シャイニングガンダム、ゴッドガンダム、ウィングガンダムゼロ、ストライクガンダム、ストライカーウェポンシステム、フリーダムガンダム、フォースインパルスガンダム、ストライクフリーダムガンダムといったTVシリーズの主役機達が発売された。
ちなみに『V』から『W』までのこのシリーズを一貫してHGEXとも言った。
これの上位機種はPG。 通常シリーズでは様々なギミックや電池式で可動するなどの要素がふんだんに取り入れられている。
『OO』ではガンダムエクシアが12月には発売されるそうで6000円ぐらいの値段はすると思われる。
後半には後半主役機も出ると思うので、それも発売されるかと。
 
 
HCM-Pro・・・・・・1/200準拠。 よく可動するモデルで有名。 ガンダムエクシアとガンダムデュナミスが発売されるらしい。(11月?) 様々なシリーズがラインナップされており、『1st』、『08』、『Z』、『CCA』、『SEED』、『DESTINY』から人気のあるMSが出されている。(最低値段1500円~4000円)
 
 
今回の発表で1/100が何にあたるかは言ってなかったが、1/100を廃止する事は無いと思うので多分HGが1/100だと思う。
 
過去のシリーズを参考にしてるようなので、『V』や『W』のようなラインナップ方式を採るみたい。
 
FG(1/144)・・・・・・・・・・・・9月:ガンダムエクシア、ガンダムデュナメス、ガンダムキュリオス。 10月:ガンダムヴァーチェ
HG(1/100)・・・・・・・・10月:ガンダムエクシア。 11月ガンダムデュナメス、ガンダムキュリオス。 12月?:ガンダムヴァーチェ
TV(HGEX)(1/60)・・・・・・・11月:ガンダムエクシア。
HCM-Pro(1/200)・・・・・・10月:ガンダムエクシア、ガンダムデュナメス。 11月:ガンダムキュリオス。
MIA・・・・・・・・・・12月:ガンダムエクシア、ガンダムデュナメス。
 
 
ちなみにガンダムコレクションでは世界最速の立体化で、8月にガンダムコレクションコンプレックスでガンダムエクシアが登場する。 その商品には過去のTVシリーズで活躍した主要な主役機(ほとんどは前半主役機)がラインナップされている。
 
1作目(1979)『機動戦士ガンダム』・・・・・・・・・ガンダム、ガンダム金色、ガンダム銀色(ガンダム金と銀はシークレットらしい)
2作目(1985)『機動戦士Zガンダム』・・・・・・・・Zガンダム、ウェイブライダー(後半主役機、『ZZ』では前半主役機)
3作目(1986)『機動戦士ガンダムZZ』・・・・・・・ZZガンダム(後半主役機)
4作目(1993)『機動戦士Vガンダム』・・・・・・・・ヴィクトリーガンダム(前半主役機)
5作目(1994)『機動武闘伝Gガンダム』・・・・・・・シャイニングガンダム(前半主役機)
6作目(1995)『新機動戦記ガンダムW』・・・・・・・ウィングガンダムゼロ(後半主役機)
7作目(1996)『機動新世紀ガンダムX』・・・・・・・・ガンダムエックス(前半主役機)
8作目(1999)『∀ガンダム』・・・・・・・・・・・・・・・・・∀ガンダム
9作目(2002)『機動戦士ガンダムSEED』・・・・・・・・・・エールストライクガンダム(前半主役機)
10作目(2004)『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』・・・・・・・フォースインパルスガンダム(前半主役機)
11作目(2007)『機動戦士ガンダムOO』・・・・・・・・・・・・ガンダムエクシア(前半主役機)
広告
カテゴリー: ガンプラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中