ZGMF-X19A:インフィニットジャスティスガンダム

機体の詳細についてはウィキペディアを参照してください。
『もう、お前も過去に囚われて生きていくのはやめろ!!・・・・・・・・・そんな事をしても、何も戻りはしないッ!!』(アスラン・ザラ)
 
>レビュー
ZGMF-X19Aインフィニットジャスティスガンダムは『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』に登場するラスボスMS。
前作でおなじみのアスラン・ザラの4機目になるトサカ付きピンクのガンダム。 ザクやらグフ、ピンクでトサカのガンダムと実に多彩なMSに搭乗してきた上に女関係、所属の転換、主人公と2度戦い、仲間になるなどは・・・・・・・・・・・・・・・かつての偉人を連想させる。 w
クルーゼやデュランダルよりも・・・・・・・・・・・。
 
キットはHGシリーズ。 発売は2005年9月で値段は1680円です。 SEED HGは出来が良いのと悪いもののギャップが激しい事で知られてますが、目立つもしくは重要なMSほどプラモでは出来が悪いという扱いです。
インジャスはベースが付属してますが、塗り分けとギミックが実に甘すぎます。
 
ここで、SEED HGシリーズのアタリとハズレのキットを紹介しておきます。
 
No.1エールストライクガンダム・・・・・・・・普通
No.2デュエルガンダムアサルトシュラウド・・・・・・・・・普通
No.3イージスガンダム・・・・・・・・・・・・・アタリ(斬新な変形ギミック、少ない色分け)
No.4バスターガンダム・・・・・・・・・・・・・アタリ(低価格、少ない色分け)
No.5ブリッツガンダム・・・・・・・・・・・・・・アタリ(足首の可動、特殊な武器)
No.6モビルジン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.7フリーダムガンダム・・・・・・・・・・・・ハズレ
No.8ジャスティスガンダム・・・・・・・・・・・普通
No.9カラミティガンダム・・・・・・・・・・・・・普通
No.10フォビドゥンガンダム・・・・・・・・・・・普通
No.11レイダーガンダム・・・・・・・・・・・・・・普通
No.12プロヴィデンスガンダム・・・・・・・・・・・アタリ(少ない色分け、ボリュームあるビームライフル)
No.13ガンダムアストレイレッドフレーム・・・・・・・・・・・アタリ(ギミックが豊富、ガーベラストレート)
No.14ガンダムアストレイブルーフレーム・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
No.15モビルシグー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.16ミーティアユニット・・・・・・・・・・・・・・・普通
MSV01IWSPストライクルージュ・・・・・・・・・・・普通
MSV02ミゲル専用ジン・・・・・・・・・・・・・・・・普通
MSV03ジンハイマニューバ・・・・・・・・・・・・普通
MSV04シグーディープアームズ・・・・・・・・・・・普通
MSV05ハイぺリオンガンダム・・・・・・・・・・・・普通
MSV06ガンバレル105ダガー・・・・・・・・・・・・普通
MSV07ドレッドノートガンダム・・・・・・・・・・・・・ハズレ
No.17フォースインパルスガンダム・・・・・・・・・・ハズレ
No.18ザクウォーリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(低価格、ギミックが豊富、少ない色分け)
No.19ガイアガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハズレ
No.20カオスガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.21ガナーザクウォーリア(ルナマリア専用機)・・・・・・・・・・アタリ(ザクに同じ)
No.22ガナーザクウォーリア・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
No.23ソードインパルスガンダム・・・・・・・・・・・・・ハズレ
No.24セイバーガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.25アビスガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.26ザクウォーリア(ライブVer)・・・・・・・・・・・・・普通
No.27グフイグナイテッド(ハイネ専用機)・・・・・・・・・・・・アタリ(ベース、ギミック、少ない色分け)
No.28ブレイズザクファントム(レイ専用機)・・・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
No.29ジンハイマニューバ2型・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.30グフイグナイテッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
No.31ガイアガンダム(アンディ専用機)・・・・・・・・・ハズレ
No.32ドムトルーパー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ギミック、ベース、少ない色分け)
No.33インフィニットジャスティスガンダム・・・・・・・・・・・・普通
No.34ストライクフリーダムガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・ハズレ
No.35レジェンドガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.36デスティニーガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ギミック、光の翼、ベース、少ない色分け)
No.37ムラサメ(アンディ専用機)・・・・・・・・・・・・・・普通
No.38ムラサメ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.39オオワシアカツキガンダム・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.40シラヌイアカツキガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.41ストライクノワールガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ギミック、ベース、少ない色分け)
No.42ジンタイプインサージェント・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.43スローターダガー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.44ブルデュエルガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.45ヴェルデバスターガンダム・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ギミック、ベース、少ない色分け)
No.46ケルベロスバクゥハウンド・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ギミック、ベース、少ない色分け、ワンちゃん)
No.47スターゲイザーガンダム・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.48DSDDシビリアンアストレイ・・・・・・・・・・・・・・・・普通
No.49モビルバクゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アタリ(ワンちゃん、少ない色分け、ギミック)
No.50ブレイズザクファントム(ディアッカ専用機)・・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
No.51グフイグナイテッド(イザーク専用機)・・・・・・・・・・・・・アタリ(上に同じ)
 
 
 
長くなってしまいましたが、SEEDシリーズって本当にザクかガンダムばっかなんですよね。 ww
 
 
さて、新ジャスティスですが・・・・・正直ストライクフリーダムよりかなりマシですが、買うもんじゃないですね。
少ない色分け、扱いにくいギミック・・・・・・・・ジャスティス時よりも成長したところはプロポーションと武器の多さ。 w
少ない色分けと言うか、カラフル過ぎるんですよね・・・・・・・SEEDシリーズとOO。
フリーダム登場以降のMSはやたらと派手でカラフルな印象が鼻に付きますが、多分旧世代のMSよりもパワーアップした事を強調したいんでしょうね。
確かに派手で目立つ奴は強そうな印象が付きますから。
Z以降は変形、合体、巨大化、ファンネル、小型化・・・・・・・・と色々と工夫と努力を重ねて、MSのパワーアップを強調してましたが、G以降からだんだんとネタが尽きてきた感じがしますよね。
 
 
G以降はモールドの多さや複雑な設計、Gからの伝統で必殺技(一撃殲滅兵器)を持つガンダムで強さをアピールしてましたが、SEEDからはやたらとカラフルなデザインの奴ほど強いと言うことを強調してましたね。 w
 
 
さて、話を戻しましょう。 新ジャスティスは作ってる途中にアンテナパーツを無くしてしまい、完成するのが遅れてしまいました。(なんとか見つけましたが・・・・・。)
インジャスはSフリよりも完成させるのは楽ですが、やたらと特殊な色を説明書が要求するので塗料をたくさん買わされると思います。(と言うか、クリアーパーツぐらいクリアレッドにしといてくれよ、バンダイ・・・・・・・・・(泣))
 
 
ギミックはジャスティスとあまり、変わらない感じですが、武器が非常に個性的で面白いので武器は斬新感がありますね。
実体シールドの上からビームシールド、シールドからビームソード、シールドアンカー、リフターの翼から発生するビームブレイド、スネからのビームブレイドと・・・・・・・・おそらく、ガンダムシリーズ史上初全身が刃物凶器の恐怖のガンダムです。 w
 
武器はこれまで過去のシリーズの物を思わせるものが多かったSEEDシリーズのおそらく初めてのオリジナル武器かと思いますね、スネからビームですし。
 
 
ジャスティスの時点では近接戦というよりも中距離戦が得意そうなガンダムに思えましたが、全身凶器の上にSフリーダムが長距離戦に特化したのに対象しているようなので接近戦がだいぶ強そうなイメージが思い浮かびました。
ただ、劇中の活躍が極端に少なかった上に使ってない武器、倒した敵がデスティニーだけだったので実に残念でした。
武器の豊富さはクロスボーンに近いから、上手く使いこなせば白熱した戦いが見れそうだったのに。
やっぱり、『マシンが良くてもパイロットが性能を引き出せなければ!』ですね。
アスランの腕はやっぱり悪いと思いますね、大体MS何体壊してるんだ、アンタ。 w
Iジャスティスもリフター、壊してるし。
シャアを真似てるのなら、MSをほぼ無傷にしてくれ。
MSに対しての使い方はシャアよりもヒイロとかのWパイロットに近いかもしれませんね。(自爆を2回もするし)
 
ギミックに関しては特に変わりないです、Iジャスティスが接近戦用なのでせめてザクとかデスティニー並の可動をしてくれるとありがたかったんですけどね。 w
 
 
しかし、全身刃物凶器のMSの方が、兵器としての実用性があるような気がしますよね。
相手の意表を突けるし、MSは大体マニュピュレーターか背中にしょってる武器だけの場合が多いですから。
特に接近戦用MSは両方のマニュピュレーターが破壊されると身動きが取れなくなる欠点もあります。
その欠点で苦しめられたのはクロスボーンガンダムX1やデスティニーガンダムだったりします。
 
Iジャスティスのような全身凶器のMSが兵器としての実用性を証明してるように思えるんですが、どうなんでしょうね。
 
 
とりあえず、脱線しまくりましたがプロポーションは良いので塗装さえすれば見栄えがよくインテリアとしての役割なら果たしてくれます。 色々ポーズを付けたい、遊びたいと思う人はHGよりも1/100の方が絶対良いです。
広告
カテゴリー: ガンプラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中