FILE-03:ノック・シーサーペント・お札の不思議、猿夢

>お札の不思議
皆さん、20ドル札はご存知ですよね? 
実は、その20ドル札にはちょっと不思議な事が起こるそうなんですよ。
20ドル札を紙飛行機にしてみると、あの忌まわしい同時多発テロの光景を描いたという・・・・・・・奇妙な現象です。
持っている方は試してみてはいかがでしょうか・・・・・・?
 
それと、現在の1000円札、野口英世の肖像画は左右非対称で本人に似ていないとの噂もありますが、その真偽は不明です。
しかも、富士山の映ってる画は実は富士山では無いとかの話もあります・・・・・・・・。
 
 
 
 
>ノック
こんな都市伝説は聞いた事あるでしょうか?
 
 
ある旅館に宿泊していた若いカップルがくつろいでいた時、突然天井の上からノックの音がするでは無いか・・・・・・・。
気になった男性は興味本位で、「貴方は旅館の者か? YESなら、1回。 NOなら2回ノックしろ!」と言った。
すると、そのノックの返事は2回で次第に天井からだんだん彼等に向かってノックの音が近くなっていく・・・・・。
そして、男性はもう一度尋ねた。「それじゃあ、貴方は人間なのか?」
ノックの返事は2回で・・・・・次に男性は最後の質問をした。「貴方以外にも、そこに誰か居るのか?」
ノックの返事は1回・・・・・・・怖くなった2人は部屋を出ようとするが、部屋は開かない。 まもなくして、部屋がゆっくりと開くとそこには無数の幽霊達が立っていた・・・・・・・・・・。
 
 
現在でもその旅館は存在するそうですが、ノックの返事によって分かる事実と迫る脅威ってのが恐怖感をそそられる感じがしますね。 ちなみに幽霊っていうのは古い旅館や、病院、学校、道路、トンネルなんかによく出るそうですが、根拠は多分死人が出るところだからでしょう・・・・・・・。
旅館やホテルでも、自殺者は出るし事件に巻き込まれる事もあります。 そもそも、古い建造物や土地は絶対何かしらの事件や事故があった可能性が高いので近寄らないのがベストです。
それと、幽霊が現れる条件は湿気が高く、夜の時間帯が多いそうですが、昼でも出る場合があったりするので確証はありません。 ただ、湿気が高いところほど、水気がある場所ほど彼等は好むそうですよ・・・・・・・・。
 
 
 
>シーサーペント
シーサーペントってUMAをご存知でしょうか? 大航海時代から伝えられる怪物ですが、現代でも目撃者が居る為、UMAとされている生き物です。 シーサーペントが現れる時は、大荒れの嵐の時で、船を襲うそうです。 姿は巨大な海蛇の姿で、別名シードラゴンとも。 あながち、リヴァイアサンのモデルかもしれませんね。
ちなみに、海の怪物で他には巨大なイカ(クラーケン)とかが居ます。
正体についてはおそらく、巨大な海蛇か古代に絶滅した水棲生物の可能性が高いでしょう。
個人的にはラブカ?じゃないかな?とも思います。 巨大なラブカなら割と画に描かれた奴に似てますし。
 
 
 
 
 
 

>猿夢
 変な夢と言えば、猿夢?と言いますか・・・・・それに近い夢も見ましたかね。地下鉄の薄暗い汚いホームに居ましてね。今にも出発しそうな電車に死んだはずのウチの爺さんや婆さんが乗っていて死んだペットの犬(日本スピッツ)も居ました。その電車にはJRの文字が刻まれており、向かう場所はモザイクがかかってて読めなかった。電車以外だとバスもありましたね・・・・・・・・死人を乗せたバス。そのバスが発車する時は深夜のようで、明りが点いていないが道路がきちんと舗装されていて、4車線の片側一方通行。そのバスにも死んだはずの爺さんと婆さんが居たけど、彼らの表情は雲がかかったように明るく無く青白かった。俺は気味が悪くて乗る気はしなかった。「お客さん、良いんですか?楽しいところへ逝けるのに・・・・・乗らなきゃ後悔しますよ」俺はその声に反応しなかった。無視というか、怖くて声が出せなかった。「人が親切心で話しかけてやったのに、失礼な方ですね」運転手だろうか・・・・・・彼の声は犯人が編集するような野太い声だった。ネットで調べてこれが猿夢という事が分かったのはこの夢を見てからの2年後(2009年)だった。厳密にいえば、猿夢では無い。猿夢というか、死人しか乗せないバスや電車だからあの世への交通機関というところだろうか。猿夢について説明すると、猿夢とは一般的な電車に乗って電車の中で運転席から順に一列に並んで座っている人達を残忍な方法で殺戮されるという夢の事だ。一般的な電車は大抵JRにされる。映画でいえば、『ファイナル・デスティネーション』のような物だ。殺戮された乗客は現実でも死ぬことになってしまうという曰くつきの夢だ。現実で死ぬ場合は大抵心臓まひになるらしい。乗客は現実で夢を見ている人達でランダムに選ばれて猿夢の電車に乗り込む。猿夢の電車から逃げるにはギコ・ウプヌシーシリーズの動画や2ちゃんねるを見ると良いだろう。猿夢は2ちゃんねるから生まれたとされる怪談のようだが、元ネタはあると思われる。残忍な殺戮方法というのは『映画バイオハザード』でレーザーによってブロックにされる兵士だとか椅子からミキサーのような物ですり潰されるとか原形を留めないあまりにも惨い殺し方らしい。アニメ『HappyTreeFriends』を連想すれば分かり易い。あのアニメでやってたような死に方が電車内で再現されるのだ。俺が見た夢では死人のはずのウチの爺さん婆さんに犬が乗っていたから、あの世までの交通機関と思う。2度も彼等の姿を見たからおそらく天国か地獄には行ったんだろう。だから、2回目の時は旅行で来ていたのかもしれない。
 夢というのも実な不思議な世界で脳にある記憶を辿る過去の出来事から記憶から物語を構築する出来事など様々ある。しかし、正夢とか予知夢なんていうのも存在するぐらいだから、夢が全て嘘で記憶が創り出した虚無か? と言えばそうでも無いと思う。科学的な根拠が無ければ誰も信じないだろうけど。でも、こんな話もある。臓器を移植されたドナーが臓器提供者の記憶を有して臓器提供者に似た性格に変化するという話。そして、時々臓器提供者しか知らないような夢を見るそうな。これは科学ドキュメンタリーの番組・・・・・ちゃんと真面目なテレビ番組でもやってた事だからオカルト要素は薄い。手塚治虫の『ブラック・ジャック』にも目を移植したドナーが目を提供した人が見た殺人犯の夢を見るなんて話がある。見てもいない現実を知るような夢があるのだから、あの世という世界を見る夢が存在しても不思議はないだろう。幽体離脱の時の話、知らないお花畑や川に行った時の話も夢になる。だが、不思議なのは俺が見た死人の夢では2回目も窓に映る爺さん婆さんの顔や様子が良く無かったことか・・・・・・・・・・・。もっと楽しそうにすればいいのに、普段吠えるような犬でさえも尻尾を下げてブルブルと震えながらワンともスンとも鳴かなかった。彼ら以外の乗客の様子も変だった。俺の予想だけど、彼等は地獄に行ったか行かされたんじゃないかと思う。それとも車内で猿夢のような事を永遠にされるのか・・・・・・・・のどちらかだと思う。猿夢のような事をされては再生してまた猿夢のような事をされれば、そりゃあ誰でも震え上がる事だろう。もし、死んだ人、これから猿夢を見て殺される人は死んでからも永遠に電車やバスの中で猿夢のような殺され方をするとしたら、そりゃあ地獄以上の地獄だろう・・・・・・・。
 昔読んだ小説でね、こんな話がありましてね。殺人や放火、強盗などあらゆる罪を行った男が居た。彼はね、これだけやらかしたから絶対に地獄に行くだろうと思ってた。でも、同時期に死んだ彼の知り合い達も何故か地獄だった。知り合い達は善人だったけれど、何故か地獄に来たんです。地獄ではね、閻魔代王が居たけれど、罰を与える場は現代の裁判所のような場所で閻魔の大きさも普通の人と同じぐらいで顔色も普通だった。彼はそんなに厳しそうな人じゃなくニコニコしてたけど、ニコニコしながら裁いていくんですよね・・・・・・罪人を。極悪人の男の前に罰せられたのは彼の知り合い達で男も傍観してた。知り合い達に与えられた罪は幼い頃に意図的に殺した虫だとかカエルの罪だったんですよね。彼等は殺された虫やカエルと同じように殺される罪が与えられました。そうなんです、地獄で罪が問われるのは人間を殺した事だけじゃなかったんですね。男はゾッとしました。動物や植物は人間以上に意図的に殺してるから。それも人間でさえも残忍な方法で殺してる。男も閻魔から殺された者達と同じ殺され方で罪を償えと言われて鬼達に連れていかれました。地獄では罪は永遠に消えませんでした。生き物一匹でも無作為に殺すとその者と同じ殺され方をするのが地獄での刑罰だったんです。その地獄には血の池や針の山は無い。殺された者達と同じ殺され方を永遠にされるだけ。猿夢の残忍な殺戮も無作為に殺してきた虫や動物と同じ惨い殺しだとしたら・・・・・・・・・。

広告
カテゴリー: ミステリー、都市伝説、怖い話など パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中