第1話:ソレスタルビーイング

「私達はソレスタルビーイング、機動兵器ガンダムを所有する私設武装組織です・・・!』(イオリア・シュヘンブルグ)
 
                              
 
 
 
今週から開始しようと思います、リアルタイムで『機動戦士ガンダムOO』の感想を述べてみようと思います。
全50話?やるかやらないかは分かりません・・・・・・・・・けど、よもや前作(『SEEDDESTINY』)の失態は無いと思うので期待出来る作品だと感じます。
 
 
 
●意味深な始まり
 
幼き日の刹那が銃を手に征服軍への抵抗を示しています。 そこに突如現れた謎のMS。
某大型サイトなどでは初代ガンダムにエヴァの羽を付けたパクりとか騒いでましたが、GNユニットの粒子で空中へ浮遊しているプロトタイプのガンダムみたいです。(姿は初代ガンダムに似ているけど)
多分コイツの正体は『ガンダムOO』の過去を描いた外伝かなんかに出てくるでしょう。
と言うか、外伝が本編の補完的な役割なんていうのはSEEDシリーズだけで勘弁して欲しいものですが。(もし、ASTRAYシリーズがSEEDシリーズの補完的な役割を意図的にしていたのなら、見直す点がありますね。)
 
    
 
 
 
●OP
 
意外に地味。 ラルクの曲も微妙に感じたし。 平成ガンダム(SEEDシリーズも含む)のOPのような熱い感じがしなかった、ターンエーと似た感じがしますね。(曲のテンポが)
あと、メインヒロインはマリナで決定みたいですね。 24歳って、ヒロインとしては結構キツい物がありますが。
でも、24歳にしては童顔でしたし、その内10代に設定変更しそうな気もする。
 
 
 
      
 
 
      
 
 
 
●本編
 
まさか1話目から複数のガンダムの戦闘シーンがあるのは驚愕でした。 『W』でも主役機だけだったのに。
歴代の中でも戦闘回数は最高になりそうな予感がしますね、水島監督はよく理解してます。(何を?)
これまで敵勢力から攻めてくるパターンが多かっただけに、味方側から戦闘を仕掛けるのも斬新ですね。
そして、新型MSのお披露目会の数分後にエクシアにボコボコにされる自称エースパイロットのAEU所属のパトリック・コーラサワー。
コイツはなんとなく、ジェリドの血が流れてる気がしますね。(そして、近い内に死亡か・・・・・・・コイツがラスボスなのはあり得ない)
 
 
ただ、全体通して見てると、登場キャラが多過ぎる。 w 小説化すると大変だよ、コレは。 w
そもそも、組織が4つも存在している作品ってのは絡みが大変ですし、中途半端な陣営のソレスタルビーイングを中心に置いている訳だから物語の進行がかなり困難だと思いますね。
ポジション的には前作のアークエンジェルみたいなテロリストな訳だから、どう決着着けれるか不安ですね。
けど、最期はソレスタルビーイングの全滅というバッドエンドの予感も・・・・・・・・。(刹那ら含め、全員死亡とか。)
 
       
 
    
 
 
●キャラ&メカ
 
 
刹那初め、ガンダムマイスター達は台詞数がやたら少ないですね。
刹那見てると、本当ガンダムWのヒイロみたいに見えるんで組織化されたガンダムWのパイロットチームの活躍を見てるような。
とりあえず、この作品の電波キャラはやはり男女(ティエリア?だっけ)っぽいですね。(?歳ってのが謎過ぎる)
そして、あのハロが、『V』のハロや『ASTRAY』の8みたくMSコクピットでサポートしてるところを見ると、どこかのピンクのハロや鳥もどきみたく玩具ペットにされる事は無いようですね。
パトリックのようなかませ犬キャラ及び渋そうなおっさんも出てるので、一応古参の好みもちゃんと入れてるみたいですね。
 
ただ、近年の作品のように萌要素も忘れてないようで女性キャラの事もバッチリ対応してますね。(今回は10代が少ないけど、巨乳というコンテンツは充実。)
個人的にはこの作品では中国娘が好みですかね・・・・・。(ってか、最年少の女性キャラってこの人しか居ないし)
 
 
 
メカは敵も味方もやはり、斬新ですね。 敵は明らかに”ガンダム”に出そうにないMSですね、なんかブレンパワードとかに出そうな・・・・・・・・・・。
味方のガンダムは発表当時からビーダマンっぽいって思ってましたけど、やっぱ動くと違いますね。
ヴァーチェは手抜きっぽく感じる(特に足のデザイン)けど、残りの3機は動くとカッコよく見えますね。
あと、エネルギー源がエコチックなのも環境の21世紀に相応しく感じますね。
そもそも、初代のザクから核燃料で動く訳だから、MSって純粋に考えると物騒な兵器だなぁ~って思います。
    
 
 
 
      
 
 
まぁ、来週にはHGエクシア、自動車学校も終わるので本格的にガンダム熱が蘇りそうです。
 
とりあえず、次週以降もMBS・TBSのガンダムは手抜きじゃないって証明して欲しいですね。
 
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中