第7話:報われぬ魂

「刹那・F・セイエイ、また今度愚かな独断行動を取ったら、君を後ろから撃つ・・・・・・・」(ティエリア・アーデ)

 

 

 

 

毎回、戦闘があるというのは良いことですが、ドラマ性を主体として見るファンにとってみれば嫌う面も色濃いと思えるOOです。

人間ドラマについてはその点、まだ『SEED』の方が見応えあったかな・・・・・・・って感じで。

まぁ、ガンダムシリーズは戦闘よりもドラマ性を主張してきましたので。

一番人間ドラマが凄いと感じたのは『X』でした。   人間ドラマについては『X』を超えるシリーズは無いかなって感じで。

何より、指導する大人が良いんですよね、あの作品は。   残念ながら、『SEED』シリーズと『OO』にはそういう善良な大人が居ないよなぁ・・・・・って印象で。(最低でも30代以上のキャラクター)

『OO』はこれから、ロックオンがメンバーを導きそうだけど、やっぱロックオンじゃ役不足な気もしてならんのよなぁ・・・・・・・・・・・・。

セルゲイさんみたいな人が味方で居りゃ、良かったんだけど。

けど、SEEDシリーズでは既にバンクシーンとか静止画手法とか画質劣化とかあったのに、未だに無く、現在のクオリティーを保ってるOOは流石だと思います。(そうは言っても、SEEDシリーズはスピード感溢れるバトルシーンが多かったんだけど。)

 

 

 

 

髭を生やしたと思ったコーラサワーさんはアリーという凄腕エースパイロットで、コーラさんとは何の因果関係も持たない本当のスペシャルさんでした。 w

 

刹那はそのアリーと面識があるらしく、自ら己の姿をコクピットから晒します。 その行動に仰天したソレスタルビーイング。

一方のアリーも自分の姿を晒しますが、刹那は一方的に銃を構えます。

それに対し、アリーも刹那に銃を向けますが、そこへ一筋のビームが・・・・・・・・・・・。

ロックオン兄さんです。・・・・・・・・彼にとっても、刹那の行動はかなり許せない様子。

 

 

 

 

 

 

参考までにアリーの声優について・・・・・・・・アリーは藤原啓司(漢字が間違ってる可能性があります)という方が声を当てていて、メジャーなのは『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしや最近なら、『交響詩篇エウレカセブン』のホランド、『鋼の錬金術師』のヒューズ中佐など・・・・・・渋くて熱血の中年親父をやらせれば天下一品の方です。(『クレヨンしんちゃん』では本人さんが売れっ子芸能人として活動している事が確認出来ます)

 

 

アリーは例の第1話冒頭でのクルジスの抵抗組織のリーダーの役目を担ってたらしく、あの1話での演説放送も彼だったみたいです。

刹那はアリーから集められた少年兵の一人だったようですが、アリーはこの紛争の一件で裏切ったか死んだと思ってたみたいですね。

実際にはAEUに所属していて反抗組織(平和主義者?)のリーダーだった彼が裏切った事を刹那は許せなかったみたいです。

 

 

少年兵だった頃の刹那。 アリーの言葉を信じ、親殺しを実行してしまう。 自らの手で親を殺してしまうという何とも残酷な人生を歩んでしまった刹那ほど不幸な主人公は居ないだろう。 ちなみに、両親からソランと呼ばれていたのでその名こそが彼の本名だと思う。

 

 

 

それと、いつも留美と会話しているスーツ服の男性に付き添う緑髪の少年はアムロ・レイ役でお馴染みの古谷さんが声を当てていました。 w

古谷さん、アムロ以外のガンダムキャラの声はやらないとか言ってた癖に・・・・・・・・・・・。 w

案外、この緑髪の少年がOガンダムのパイロットだったのかもしれません・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

気になったのでアリーが所属するPMCのお偉い人と付き添いの人。 お偉い人はゴルゴに似てて、付き添いはどことなく『DEATHNOTE』の摸木に似ている・・・・・・・・・・ってか、似過ぎ。 www

PMCは簡単に言えば、傭兵派遣と武器製造の企業らしく前作のロゴスみたいなポジションにある。 傭兵は本来単独で行動するのだが、この会社では傭兵を社員として雇ってる模様。 モラリアが今回の依頼主らしく、派遣した部隊はアリーの部隊のみ。 アリーのみしか戦っていない上に逃げたのでPMC本社にもモラリアからの問い合わせが来たみたい。

 

 

刹那の意外な行動に戸惑ったCBの面々ですが、どうにかモラリアの拠点を制圧し、ミッション完了となりました。

まぁ、たった4機のガンダムを戦力にしてあれだけの数のイナクトを相手にするのはどっかのガンダムゲームみたいでしたけど。 w

他の作品でもこれだけの勢力を少数で打ち破られた事やら・・・・・・・・・。(AA組でも無理な気が・・・・・・・・・・。)

 

 

 

 

 

敵勢力を鎮圧した彼等でしたが、ガンダムマイスター達は刹那の行動をやはり許せず、いつもの島の浜辺でロックオン兄さんが殴りつけてました。 w

やっぱ、ガンダムの主人公に命令違反と男に殴られる事は鉄則だね!!(キラは男に殴られた事無いけど・・・・・・・)

しかし、殴られた後の刹那の姿が女性っぽい・・・・・・・このシチュエーションを喜びそうなのはやはり腐女子か・・・・・・・

 

 

 

「刹那・F・セイエイ・・・・・・・君はガンダムマイスターに相応しくない。」

 

こう呟いたのは、ほとんど無口で生真面目メガネなティエリア君。 ぶっちゃっけ、コイツの株が下がってきたと思うのは自分だけじゃないだろう・・・・・・・。 アレルヤの件と言い、刹那の件と言い、ティエリアにすればぶち切れ状態だろうが、視聴者にとってみればコイツに対してぶち切れ状態だろう。

だが、ガンダムマイスターに選ばれるには理由があると・・・・・・ロックオンやアレルヤが反論。 なら、ティエリアは証拠を出せとほざく。

刹那曰く、自分の存在そのものが理由で生きていることが理由だとか訳の分からん事をほざきます。 w(やっぱ、精神年齢はゲーム脳になりかけの厨房ですね・・・・・・・・カミーユも相当のイカレポンチで頭狂ってたキチガイだったけど、コイツも相当なもんです。 w)

 

何気にアレルヤも刹那をサポートしてる辺り見ると、以前の「死んだかと思った・・・・・・・(刹那に対して)」発言が嘘のようです。 ww

後で確認したら、ティエリアの台詞でした。  アレルヤは「撃墜されたのか?」っぽい台詞)

規則違反したはずの刹那がアレルヤとロックオンを仲間にして、ティエリアが一方的に悪者扱いにされてるのはある意味で可哀想ですが、その憐れみも彼への殺意へと転換します。 w

 

留美からロックオンへ通信が入り、同時多発テロが世界の主要都市7か所で起こったとの事。

しかも、その7か所の内の日本の東京には沙磁とルイスが巻き込まれ、大変な事になってます。

 

 

 

 

ふっ、愚かな・・・・・・・・そんな事でCBが動じるものか。」

↑(゜口゜;)(ロックオン&刹那&アレルヤ)

 

 

コイツ、本当に血も涙もある人間なのかと疑問に感じてきました。 w  あながち、映画の『エイリアン』シリーズみたいなアンドロイドじゃないんでしょうか? w それか、レイのようなクローンとかイエリアの遺伝子か何かを組み込んだ試験管ベビーとか。 w

 

確かに、ティエリアの弁も正しいのですが、そんな事務的に対処して良い問題ではないでしょうに・・・・・・・・・人道という言葉がないのか、コイツには。 

やっぱ、コイツは3クールの初め辺りで死ぬ可能性が高いです。

 

 

黒いガンダムに乗ってる人はほとんど死んでいきましたし・・・・・・・・ニコル(ブリッツ)やステラ(ガイア&デストロイ)、ロザミア(サイコMk-Ⅱ)、フォウ(サイコ)、カクリコン、ジェリド、エマ(Mk-Ⅱティターンズ)、ザビーネ(クロスボーンX2)、クロト(レイダー)、スティング(デストロイ)、東方不敗(マスター)、シュバルツ(シュピーゲル)、ウルべ(デビル)、ウォン(デビル)、プルツー(サイコMk-Ⅱ)達の例もあります。

唯一、黒のガンダム=死というジンクスを抜け出したのはデュオ(デスサイズ)とスウェン(ストライクノワール)ぐらい。

 

 

いや、でもあながちしぶとく生き残って復活したラスボス、イエリアの駒として刹那たちに戦いを挑んで虚しく散っていく可能性も・・・・・・・・。

少なくとも、OOのラスボスはイオリアでしょう・・・・・・あのおっさんは臭すぎる。

 

 

皆をなだめようとしたみかんボール。 w 飛び跳ねすぎて波にさらわれていく・・・・・・・。 ってか、ハロって防水仕様なのか。 w

壊れたら面白かったんだけど。 www

 

 

 

テロ側の犯行声明によれば、「CBが行動を断絶しない限り、テロを起こし民間人を殺していくとの事」。

多分、CBによって犠牲者の出た遺族の反抗とかじゃないですかね・・・・・・・。 CBが現れれば、必ず犠牲者は出てましたし。

しかし、その犯行声明に躊躇せず民間人を切り捨てられるティエリアはイオリアの爪の垢を相当飲んでますね。

 

 

 

 

 

ロックオンはテロが許せないらしいですが、その秘密は「HGガンダムデュナメス」の取り扱い説明書に書かれてます。

 

刹那は「テロという紛争を引き起こしたから、俺達は出なければならない」みたいなカッコイイ台詞を残して、見事に決めてくれました。

ってか、どうせスメラギさんが実質リーダーみたいな形だから、どのみちテロに対して出撃するだろうぜ。 w

(まぁ、ティエリア(ヴァーチェ)は今回も参加しないだろうけど。)

 

  

 

 

 

 

>今週のチャイナ娘

広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中