第20話:変革の刃

「良いですね、貴方のような美人な記者さんが居て・・・・・・・」(アリー・アル・サーシェス)
 
 
 
 
>人体の再生技術
24世紀の技術では流石に人体の再生も可能らしい。 どういう経路で再生する技術を得たかは分からないけど、やっぱ爬虫類から抽出した細胞か何かをワクチンにしてるんじゃないかと。
「スパイダーマン」のトカゲ博士がやってた研究の応用版って感じかな・・・・・・・。
しかし、ガンダムのビーム兵器には細胞を抑止する影響まで持つらしい。 生物に対しての再生能力を阻止する影響まで持ってるという事は、戦場がジャングルや自然豊かな場所になった場合、二度と緑が戻らなくなる可能性があるね。
そうだとすると、地球で武力介入するってやり方は自然に優しくないね。 むしろ、いつも被害を被るのは人間じゃなくて自然や地球。
ガンダムシリーズで地球から人類を無くそうとした東方不敗やシャア、ゼクスの気持ちがよく分かる。
結局再生出来る技術あるのに、ガンダムのせいで左手を再生出来ないルイス・・・・・・・・・・・・・・・(泣)
こりゃあ、ますますガンダムが憎くなるな、沙慈・・・・・・・・。
彼がMSに乗るとしても意地でもガンダムには乗らないだろうなぁ・・・・・・・・・グラハムさんと同じく。
中佐とソーマたんはあっさりティエレンを裏切ったけど。 w
 
←哀愁しか漂らない少年の背中。  彼が復讐鬼としてMSに乗るのも、そう遠くはないのかもしれない・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
>世界の団結
ようやく、団結する形になった人類革新連盟、AEU、ユニオン。  ソレスタルビーイングの第一目標は世界の団結で、敵を自分達のみにしようって形だったけど、結局おいしいところはトリニティに持っていかれる事に。
表向きは国民からの反感と批判を受けるだけのデメリットしかない訳だけど、裏ではアレハンドロが譲渡したGNドライブテクノロジーを有したのでガンダムに対抗できる策を一緒に考える上でメリットがあるという構図。
ティエリアの読みはいつも的中過ぎて、流石と思う。 やはり、アンドロイドか・・・・・・・・・。
ティエリアがスメラギさんに罰を仰いでいたのは、成長したということか・・・・・・・・・・・。
ヴェーダに対しての不信感も高まり、信じられるものが居なくなったティエリアは哀れだけど、ようやくソレスタルビーイングに同調して皆の仲間になったって感じでホッとした。
一人称が変わる事も彼の内面の変化を物語ったのではないかと思います。
GNアームズもプラモで3月に出るのでいよいよ本編登場らしい・・・・・・。 実態はミーティアやデンドロビウムのようなサポートメカだけど、こういう切り札が出てくるのは終盤だったので意外。
次回ぐらいの最後で出るんじゃないかな、GNアームズ。 「OO」って、こういうピンチとかなった時に最後に新しい奴が助けに来たり、敵として出てくるってパターンが多いみたいだし。
 
 
 
 
 
 
>姉さん、殺される・・・・・・・・
とりあえず、ぎっちょんが敬語使って女の人と話してるの見てると、どう見ても野原ひろしにしか見えなくて。 w
しかも、車に乗せて姉さんを美人とか・・・・・・・本当、変態スケベ親父にしか見えなかった。 w
で、ラグナ・ハーヴェは実在の人物でした。 w しかも、平凡な顔立ちだったのでおそらくはぎっちょんかアレハンドロに殺されるな。
絹江姉さんは結局ぎっちょんに殺されてしまいました。  ラグナとぎっちょんが付き合ってるところ見てると、あの情報を提供したユニオン兵士を殺したのもぎっちょんか・・・・・・・・・・・。
別にぎっちょんがラスボスでも良いんだけど、実態が金の亡者で戦争大好き野郎だからラスボスとしての野望のスケールが小さい。
しかし、姉さんも死んだ事を知った沙慈がどう豹変するか考えるだけで恐ろしい・・・・・・・・・・・・・。
3クールは刹那VS沙慈のオンパレードかな・・・・・・・・・。
ぎっちょんが自分を最低最悪な人間と言ってたけど、そうでしょうね。
せっちゃんがぎっちょんを葬った後に、実は自分は憎まれ役をしてたって事を吐きそうな感じで・・・・・・・・・・・・・・・。
真っ当な悪役のようなイメージがしないんだよなぁ・・・・・・・・・・・藤原啓司さんの持ちキャラは。
それでもぎっちょんの行為は最低最悪だけど。
 
 
今までは単なるネタか笑いを取るだけのおっさんキャラかと思ってたら、とうとう本格的な悪行と殺戮を始める。   姉さんは改めて見ると可哀想だなぁ・・・・・・・・・・・と。
マスコミ嫌いの自分でも流石に改めて見ると同情するわ。  まぁ、ぎっちょんなんでタダで殺すどころかレイプして犯してから、殺したと思うんだけどね。
しかし、悪い顔だ・・・・・・・・・後の話でぎっちょんが誰からも憎まれるほど愛されるキャラになっていく・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
そして、グラハムさんは意地でもフラッグに乗り続けるって事を言ってくれたので一安心。
なんか男の約束とか子供向けアニメや一昔前のアニメにありそうな台詞ですが、グラハムさんが言うとかなりの男前に見えて、ますます主役っぽく見えてくる。
ユニオンはどうにかフラッグの強化だけでガンダムに対抗してくれたらなぁ・・・・・・・・・・・。
人類革新連盟はあっさりとティエレンを切り捨てたけど。
 
 
 
 
 
コーラはお気楽にもカティの家にバラを届けるといったプレイボーイぶりを。
カティの考えだと、コーラが来るまではコーラを対ガンダム選抜隊に加える予定は無かったらしい・・・・・・・・・・本当にAEU一のエースなのか怪しいコーラ・・・・・・・・・・・・・・・。   しかも、カティへの返事があまりにも的を外してるのでやはりコーラって感じでした。
しかし、それでコーラを隊に入れる考えに変わったカティもどうかしてるな・・・・・・・・・・・・。
 
←ネトラーの人々から愛されているギャグキャラ、コーラ。  実はティエリアといつの間にかライバル関係だったりする。 哀れなティエリア・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
>アムロとノリスケと・・・・・・・・・
リボンズとアレハンドロは密かに宇宙へ出かけ、イオリア・シュヘンブルグにゆかりのありそうなところへ向かってました。
やっぱ、イオリア・シュヘンブルグは肉体のみは滅んでるけど、頭脳だけは生きてるみたいですね。
それかリボンズ自身がイオリアなのか・・・・・・・・・・・・・。
まぁ、いずれにしてもウラシマ効果で外宇宙に出かけてるイオリアが地球に戻ってくるって推測は外れました。 w
そういや、外宇宙に出かけたニュータイプも何年か旅行しただけで地球へ戻ってくると地球は超未来になってるんだな・・・・・・・・・・。
イオリア・シュヘンブルグの収められた墓みたいな場所はXのD.O.M.Eを思い出しますね。
あのガンダムもどきのMSもGXビットに似てるし、黒歴史的にはやはり「X」の後か・・・・・・・・・・・・。
2期目は半年後らしいですけど、それまでモチベーションを持たせられるかが疑問。
SEEDシリーズの方がそういう体制取っておけば多少は終わり方も綺麗に纏まったと思いますね。
 
 
 
 
>留美の裏切り・・・・・・・・・・・
コイツも裏切りか・・・・・・・・・・・。 なんか口調が悪役っぽくなってきた。 留美の声の人はボケガエルの調教師の人らしいんですが、全然イメージに似つかいませんね。 それ言ったらスメラギと月島雫が一緒の人ってのも信じられないのですが・・・・・・・・やっぱ、声優ってすげぇなぁ~って思いました、その割には給料低いらしいけど。
留美はよっぽど今の世界が嫌いらしい・・・・・・・・・・・結局のところ、自分の為じゃないか。  やっぱり裕福で何不自由しない人間は世界を変えたい衝動に駆られるんでしょうかね・・・・・・・・・・・・・・・。  それか、今の若者の心境なのか・・・・・・・・・。
まぁ、でもこれも一種の考え方だと思うし、こういう考え方に異を唱える権利は誰にも無いでしょう・・・・・・・・・・実行段階ならば反発する権利はあるんだろうけど、思想の段階ではね。
 
 
 
 
>悪の人革とトリニティの戦い
ガンダムもどきのMSもGNドライブ30基の提供も裏切り者だった。 つまり、人の渡したふんどしを締めてるんだよね、世界。 けど、もう締結したからAEUやユニオンの技術をリンクし合えるんだったらこんなMSが開発されてもおかしくないけど・・・・・・・・。 ティエレンを手放した中佐とソーマたんには失望。 ティエレンタオツーのプラモ買った人は涙目。
タオツーの出番があまりにも少な過ぎたと思うんだけど・・・・・・・・・・・良いのか、バンダイ?
トリニティ側を今回は応援したかった。 大体ガンダムもどきのMSはガンダムに出そうなロボットじゃない。 それ言いだしたら、「OO」のMS全部そうなんだけど。
トリニティは前回に引き続き人類革新連盟にまで押され気味。 16話登場でわずか4話でもういっぱいいっぱいはあかんだろう・・・流石に。
トリニティ側のプラモがやる気ないのも本編で強くなかったからか。  しかし、カスタムフラッグにガンダムもどきのMSに、ソレスタガンダムに追い詰められるようじゃ、16話で見せたタクマラカン砂漠の戦闘の停止が矛盾してるようにしか思えない。
ネーナたんは死ぬかと思ったけど、レギュラーなのに4話限りで死んだら種キャラ以下になるわな。
まぁ、今回の戦闘はどっちが勝ってもムカつくんだけど・・・・・・・・・。
「SEED F」が終わったら人類革新連盟に対して復讐するユニオンの女主人公の小説でも書こうかな。 当然、主役機は黄色のフラッグで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
>アムロはアンドロイド
やはり、リボンズはティエリアと同じか・・・・・・・・・・・・。 少なくとも人間じゃない。 エイリアンに出てくるアンドロイドと同じかと。
しかし、こいつ等ますます臭いなぁ・・・・・・・・・・。 最近のリボンズの笑みを見てると、真の黒幕がこいつである事は間違いない。
アレハンドロもリボンズに裏切られて殺されるのがオチか・・・・・・・・・・・。
彼等が辿り着いた場所はおそらくイオリア・シュヘンブルグの脳みそをインプットした機械じゃないかと。
なんか、リボンズ=イオリアって予感もするんだけどどうなんだろう・・・・・・・・・。
クライマックスがアムロVS刹那ってのは迫力あるんだけど、やっぱリボンズがMS乗るのはなぁ・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
>今週の中華娘&ネーナたん
 
 
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中