第22話:トランザム

「馬鹿な!?私達はマイスターになる為に生み出され、その為に生きて・・・・・・・・」(ヨハン・トリニティ)

 
  
 
 
 
>最後の良心、グラハムさん
ホント、世界で唯一の良心はこの人だけだよね。  フラッグの強化に努めるカタギリ。  TVで「フォーリン・エンジェル作戦」を宣告する国連軍。
けど、カタギリと同じ事思ったけど「他人のふんどし締めてるのに、まるで自分のだ」と誇示する世界は堕ちるところまで堕ちてるって感じ。
せめて、ガンダムを捕まえて、データ解析して自分等が作ったとかいうならともかく、MS毎借りてるだけだからね、世界。
グラハムフラッグが強化されるのは楽しみだけど、その時はハムさんが刹那側に付く事を強く望む。
ティエレン(ジンクス)VSフラッグの対決も見たいしね。 ガンダム抜きのガチバトル。
 
 
 
 
>壊れた沙慈
彼等の戦いを見つめて沙慈がポツリ・・・・・・・・・・・。 「やられちゃえよ、ガンダム・・・・・・・・・」を言ってた沙慈はもう駄目ですね。  第2期から復讐鬼になってMSで、刹那達に襲いかかるのが目に見えてます。
もう、感じ的には『ナデシコ』のアギトですね。   姉が死んだ時はまだ前向きな事言ってたのに、あれは他人が居たからの演技だったんでしょうか?
どっちにしても、沙慈のバッドエンドフラグは立ちましたね。   水島監督の事だから、絶対殺すような気がしてたまらないんだけど、沙慈。
しかし、ルイスがまだ生きてる訳なんだから、ルイスの為にも前向きに生きてほしいですね、彼には。
民間人が不幸になるガンダムは、もう御免です。
 沙慈も視聴者から憎まれるような悪役だけには徹さないで欲しいけど、2期目で誰かとガンダムを本気で潰しそうで怖い・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
>兄さんは生きていた。
ロックオンは利き目を犠牲にしながらも生きてました。  いや、3週間も我慢してたら改善するのに仲間の為に利き目を犠牲にする事に。
漢過ぎますよね、兄さん。
こりゃあ、デュナメスの売り上げが伸びるのも納得だわ・・・・・・・・・・先週の放送からだけど。
しかし、デュナメスはユニット毎変えなければならない程、重症らしくどっちにしてもCBの戦力はガンダム3機とGNアームズのみに。
ガンダムとGNアームズが合体する事は世界も分からないと思うので、まだ1度の戦闘だけならチャンスはありますね。
ただ、ガンダムとGNアームズが合体したところでどれだけの戦闘能力が上がり、どれほどまでにジンクスに通用するかは分かりませんけどね。
 
 
 
 
 
>ティエリアが謝る
初めてティエリアが人に謝った事でも今回は重要。  ティエリアとロックオンが仲良くなったのは良いけど、どちらも最終話辺りで死亡しそうな感じです。
出来れば、CBのメンバーぐらい全員生きて欲しいけど、どうでしょうかね・・・・・・・・・・・。(ティエリアが一番死にそうだ)
 
 
 
 
>追い詰められたねずみ
宇宙へ逃げれたのかな?と不安を感じながら思ってたけど、まだアジトでうろちょろしてる3兄弟。
留美に宇宙へ逃がすようにヨハンが交渉するけど、時既に遅し・・・・・・・・・・人革のジンクスがわんさかと。  人革は量産に成功したようで、なんか前より数増えてるような・・・・・・・・。
危機感まるで0のミハイルとネーナに悩まされるヨハン兄さん・・・・・・・・・この人も相当の苦労人。
ヤラレ役が合うようになったトリニティの面々は中佐の温情から逃がしてもらえたけど、その先には・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
>ぎっちょんひろし
やっぱ、良い奴じゃないわ、お前。確かに、トリニティもムカついてたけど、殺し方が卑怯過ぎる。
しかし、藤原さんにこんな役はやって欲しくなかった、あの人に悪役は似合わないというのに・・・・・・・・・・個人的には、だけど。
 
 
最近はAEUの陣営の方がムカつきますね、人類革新連盟程じゃないけど。  まだ一番マトモなのはユニオンだけだわ、ホント。
しかし、姉さん殺したのはぎっちょんなんだから恨むならぎっちょんとネーナだけにしようよ、沙慈。
 
光通信で、戦闘意思はないことを伝達するぎっちょん。  他サイトやブログじゃ、髭とか髭沢であだ名が付いてますが、このブログではぎっちょんひろしにします。 あだ名を変えるつもりはありませんのでよろしゅう頼んます。
それどころか、もう二度とアリー・アル・サーシェスなんて呼んでやらねぇかっな!
 
絹江を殺し、ラグナを殺したぎっちょんは次にアレハンドロから命じられたトリニティの抹殺を目論む。
ミハエルは秒速の早撃ちで心臓を狙撃され、即死。  ヨハンもぎっちょんに傷を負わされながらもMSで応戦。
しかし、ぎっちょんが乗り込んだMSは、なんとガンダムスローネツヴァイ。
意図も簡単に操縦できるぎっちょん。   おそらくはヴェーダのシステムを書き換えたからだと予測したヨハンでしたが、あっさりとアインをツヴァイに破壊される事に・・・・・・・・・!
多分、ガンプラでドライとツヴァイが発売されるのが遅かったのは生き残ったからでしょうね。
ツヴァイはパイロットが乗り換えになっちゃいましたが。
ちなみに、ヨハンの台詞から彼等もガンダムマイスターとしての使命だけに作られたコーディネイターだったようです。
コーディネイターだと思う理由は、「OO」の世界の強化人間はニュータイプ的な要素を持っており、強化人間同士が干渉しあうと、頭痛を起こすという事から。    コーディネイターは遺伝子操作されてても、頭痛とかデメリットありませんからね。
そもそも、ソレスタルビーイングは世界より2世代3世代以上の技術を持っているのに、強化人間なんて造る訳ないし。
それにさ、人類革新連盟みたいなアホ共と同じだったら正直困る。
まぁ、ティエリアやリボンズのようなアンドロイドでも良かったんじゃないかと、正直思うけどトリニティは本家ではなく、使い捨てカイロみたいなもんですし。
まぁ、それを考えると彼等も可哀想な人達だったんですね・・・・・・・・・・・・(’・ω;’)
しかし、自覚はしてるんだけど、読み直す度に自分の日本語のレベルの低さと暴言の数々に涙が出てきます。
文章書いてる時は無意識で書いてるから、目茶目茶な文体になるんですよ・・・・・・・・・と言うか、別人格が作動する。
 
 
  
 
 
 
 
>トランザムシステム
次に標的を定めたのは、ドライ。   ネーナだけは生き残ってほしいと必死に思ってましたが、これまでか・・・・・・・・・・と思った瞬間!
エクシアとGNアームズが!  まだ、トリニティを見捨ててはなかったんですね、CBは。 と言っても、ラッセと刹那ですが。
ぎっちょんがガンダムに乗った事でブチ切れた刹那・・・・・・・・・・・・追い詰められたその瞬間、エクシアの色が赤色に輝きだす・・・・!
多分、殆どの人が知らないと思いますが、自分の「ガンダム小説」でデスティニーの色が赤く染まるという設定があります。
なんか、自分のオリ設定とOOってゆかりがあるみたいなんですよね・・・・・・・・・・・・当初、ベルーフに付けようとしていた7本の合体剣や特殊なNJCのシステムでNJCを持っている全てのMSの動きがフリーズするとか、二重人格の主人公とか・・・・・・・・・・・。
 
まぁ、そんな話はどうでも良いんですが、やっぱり生きていたイオリア・シュヘンベルグ。
ウラシマ効果じゃ無かったけどガンダムシリーズじゃ定番中の定番、コールドスリープで200年以上も生きていたとかいう割とありきたりな設定。
彼が眠っているカプセルを撃つアレハンドロ・コーナー。  後ろから、リボンズがグサッとかナイフで刺してくれると面白かったんですが・・・・・・・・・リボンズは黒幕じゃないのか?
 
 
イオリアは意外にも刹那達の味方でした。  てっきり悪玉でラスボスかと思ってたのに・・・・・・・・・・・これじゃあ、ラスボスは沙慈とぎっちょん辺りか。
彼がエクシアに与えたプログラムはトランザムシステム。
機体を赤く染め上げて、高速の動きで敵を翻弄し、到すと言った、これもどっかで見た設定・・・・・・・・・・・・・・。
そう、F91の「質量を持った残像」。   デスティニーでもこれとよく似た現象を生み出してましたが、まさか「OO」でもリスペクトするとは・・・・・・・。
機体の色が変化して強化されるのはまんま「Z」のバイオセンサーシステムですね。  それか、「G」のハイパーモードか。
他作品で言えば、レイズナーのV-MAX機能、ドラゴンボールの界王拳。   でも、隠された能力ってのは定番ですからね~パクリパクリと煽られてても、止むを得ないとは思いますよ。
 
それでも、これなら、まだ瞬間移動とかの方がマシじゃない?とか思うんですが・・・・・・・・・・・それも「ターンA」で使われてますからねぇ~。
しかし、今更思いますが、機体の色が変わって強化するとか、分身とか、瞬間移動とか再生能力ってどれもありきたり過ぎてガンダムでこんな陳腐な設定が採用されてきたのかと思うと”なんだかなぁ~”って感じです。
 
 
   
 
 
 
イオリアは普通に善玉ですね、はい。  悪玉に転換する要素が全くない。   しかし、長く喋ると本当にデラーズの着ぐるみ被ったシナプス艦長にしか見えんのだが・・・・・・・・・・・・・・・ w 
 
 
 
>構図
・現在の各組織の戦力
 
 
CB(ソレスタルビーイング)・・・・・・・・・・・・・・ガンダムエクシア(刹那)、ガンダムキュリオス(アレルヤ+ハレルヤ)、ガンダムヴァーチェ(ティエリア)、ガンダムスローネドライ?(ネーナ?)、GNアームズ(ラッセ)、プトレマイオス(スメラギと愉快な仲間たち)、(ガンダムデュナメス)((ロックオン))
 
 
国連軍・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジンクス?機(セルゲイ、ソーマ、ダリル、パトリック、他エースパイロット)
  ・AEU・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イナクト、へリオン(AEU一般兵)
  ・人類革新連盟・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ティエレン(人革一般兵)、(ティエレンタオツー)
  ・ユニオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ユニオンフラッグ、ユニオンリアルド(ユニオン一般兵)
     ・孤立ユニオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・(オーバーフラッグ改)((グラハム))、(オーバーフラッグ10機?)
 
 
アレハンドロチーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ガンダムスローネツヴァイ(アリー・アル・サーシェス)、(イナクト(サーシェス専用機))
 
 
 
 
・引退されたMS及び主要人物
ガンダムスローネアイン(ヨハン・トリニティ)、ミハイル・トリニティ、レイフ・エイフマン、絹江・クロスロード、ミン中尉、ハワード・メイスン、ジョシュア、ラグナ・ハーベン
 
ヨハン・・・・・・・・・・トリニティ
ミハイル・・・・・・・・・トリニティ
レイフ・・・・・・・・・・・ユニオン
ハワード・・・・・・・・・ユニオン
ジョシュア・・・・・・・・ユニオン
絹江・・・・・・・・・・・・民間人
ミン・・・・・・・・・・・・・人類革新連盟
ラグナ・・・・・・・・・・・トリニティ
 
トリニティチームは死人が多いな。 w  AEU陣営は0・・・・・・・・・・。 
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中