第23話:世界を止めて

「人間は経験した事でしか、本当の意味で理解しないという事さ」(ラッセ・アイオン)
 

 
 
 
>ラッセの良い台詞
こういう良い台詞いう奴に限って、死ぬんだよなぁ・・・・・・・・・・。 口数が増えるって事はもうすぐ死にますよーみたいな合図みたいで。
スローネドライとネーナは刹那達の味方にならなかったんですが、孤独になって地球に居ると国連に捕まるんじゃ・・・・・・・・・。
グラハムさんに殺されるんじゃね?とかいう話もあるけど、スローネ全滅とか悪夢だよなぁ・・・・・・・・・ホント、何の意味で出てきたか分かったもんじゃないし。
バンダイが涙目。   スローネドライなんか未だに発売されてない訳だしね。  しかし、スローネはデザインはともかくとしても、足のデザインは神がかっていて好きだ。  あと、ツインアイが赤色のとこなんか。  今までツインアイが赤色だったMSって、クロスボーンX2、クィン・マンサ、サイコ、サイコMk-Ⅱぐらいは居るんですが、玩具化されたのはクィン・マンサとサイコぐらい。(プラモでは)
しかも、大型MSばかりなんで買う人も少ないでしょうし。   そういう点じゃスローネは赤目のガンダムじゃ珍しいんですよ。  まぁ、劇中の扱いはツヴァイぐらいしか優遇されてませんがね。
1/100で出るとは思ってましたが、4月に出るのはまさかのアストレア。  しかも、短パン長男のアインはMIAじゃハミ子。 玩具でも商品化には恵まれてない3機です。
 
 
 
>ぎっちょんひろし
この糞野郎、兄貴まで殺しやがった・・・・・・・・!  スローネツヴァイは中破ってところか。  どんだけ殺しをやれば気が済むんだ、このアバズレ!
アイツは死んだかどうか分からないけど、死亡描写がないって事は死んでないって事か。
大体、死人なんざの仇を取ろうとするから、引っ張られるんだよ、兄貴もダリルも。
そうさ、ガンダムシリーズの登場人物は死人に固執し過ぎる・・・・・・・・だから、死に急ぐ。
ちなみに、ティエリアの一人称が「俺」→「僕」から、今回は「私」に変わりましたね。  それと、ヴァーチェを見て笑みをこぼす気持ち悪いひろし。
多分、アレハンドロノリスケから、ティエリアはアンドロイドだよって教えられたのか。
 
 
 
 
 
 
>今日の死亡者
ロックオン・ストラトス、ダリル・ダッチ。
 
 
 
ロックオンの邪魔しなきゃ、あんな形で終わらなかったのに・・・・・・・・。 
 
 
 
 
>熱い展開
久々の熱い展開でした。  これ程までに胸が高鳴ったのは『SEEDDESTINY』のシンVSキラ戦以来で。   戦闘については今回は神の回。
キュリオスのトランザムは高速戦闘、ヴァーチェのトランザムは高破壊力のGNバズーカでした。   で、デュナメスは?
幸いにも機体だけは無事だったので、まだ出番はあるかもしれないけど、強化改造しか方法が無いでしょうね、デュナメスは。
完全に達磨状態だったし。   ここまでガンダムが破壊されたのも『OO』では初めてだったけど、デュナメスとハロのみを生かすって事はそろそろ墓参りの時に現れた双子かクローンの登場といったところか。
あと、ハレルヤが普通に良い奴過ぎて泣けてきました。   狂ってるだけかと思ったら、相棒のサポートまでするとは・・・・・・・・・・・『遊☆戯☆王』の遊戯達みたいな。
まぁ、アレルヤが死にそうだったから、手を貸しただけなのかもしれませんが。 と言うか、普通にそうでしょうね。 アレルヤの肉体が消えたら、ハレルヤの精神も消えるし。
新武装が出てきましたが、いつになったら『OO』武装セットみたいなんを出してくれるんでしょうかね・・・・・・・・? バンダイはん。
GNアームズはちなみにガンダムが動力で動くらしく、単体だと不利らしい。  要するにコンセント付けた電化製品みたいなもんか。
一番相性が良いのはヴァーチェ。  ヴァーチェ以外は電池以外に使い道がまるでない。 w
また、GNアームズのパケ絵ではナドレがライフルとシールドのスタンダード装備で出撃してますが、よく見ればアストレア用です。
HGナドレに付属するらしいので、アストレア持ってる人は買った方が良いですね。
しかし、アレハンドロとリボンズ殺さない限り、ジンクスの動きを制御できないんで、やっぱり1期のボスはアレハンドロとリボンズと考えるのが妥当か。
ナドレの能力が戻れば、ジンクスは第一線で活躍出来ないだろうし。
まぁ、ミーティアやデンドロビウムもそうだったけど射撃用のMSじゃないとホント、相性悪いんだよね・・・・・・・・サポートメカとの合体。
 
 
 
 
>トランザム
話を聞くと、通常の3倍の底力を出すそうな。  その代り、GN粒子の残存量が切れると機体性能は急激にダウンする。  GNアームズの場合もガンダムが電池なんで、併用して使う事は出来ない訳です。   機体性能の長所が極端に出る訳ですが、一番使いづらそうなのはヴァーチェ。
しかし、チートと言われればそれまでですが、ニュータイプとかSEEDも充分チートですよねぇ・・・・・。
粒子さえあれば何度でも使えるこのシステム、長期戦では明らかに不利ですよね。   デュナメスのトランザムは1期中では拝めないと思いますが、多分連射能力と速度アップ程度かなぁ・・・・・・・・。
しかし、赤=3倍はガンダムの基本になっちゃったんでしょうか・・・・・・・・まぁ、元の3倍由縁も実際は3倍以上のスペックを出してない訳で。
 
 
  
 
 
 
 
>因縁の対決
カティがここで退場でも良かったように思う。  そういや、コーラがいつものようにガンダムにやられるところは懐かしく感じたり。  ネタではあってもライバルキャラで無いことが改めて認識出来ました。   しかし、コーラも間接的には兄貴を苦しめた要因なので、コイツも死ぬのならとっとと死んでほしいと思ったり。   やたらと持ち上げられて、ネットでは人気だけど、個人的には好きじゃなかったり。(21話参照)  さっさとティエリアに殺されてください。 w
しかし、いいとこでぎっちょんは邪魔しますな。  GNアームズは兄貴の奴が一番高性能そうに見えたけど、武装は他3機と違うようで。
GNアームズはパイロット無しでも稼働するようですね、合体形態なら。  しかし、さっさと破壊されるのはミーティアと被りますね。
こんなに早く退場で良いのかと思う。
ぎっちょんのスローネはデュナメスと対決しますが、こいつ等がライバル同士でも良いんじゃない?とか思い始めた。  ってか、ライバル乗り換えられたグラハムさんは涙目。 ぎっちょんは両手に華。 w     ぎっちょんはどこまで人気者なのか(悪い意味で)・・・・・・。
多分、ロックオン殺された事に激情したティエリアからも狙われるでしょうね、ぎっちょん。
しかし、乗り手が変わるだけでこんなに強くなるもんなんですね、スローネ。   セイバーガンダムとかデスティニーガンダムも乗り手が違ってたら上手い活用のされ方してたんでしょうけどね。  大体、デスティニーは使い方以前に手に余る武装が多過ぎるんです。  光の翼からナイフのような光の羽毛が飛び出るとかいう設定があるだけでどれだけ盛り上がったか。
流石の兄貴も家族を奪った極悪人に慈悲がない様子。   ってか、ぎっちょん喋るな。  耳が腐る、テメェの反論に説得力はない。
しかし、デュナメスもトランザム使ってたらどうにかなったんじゃないかと思うんだけど、使えない理由があったんですかね?
普通にトランザム使っておけばぎっちょん殺せたと思うんですけどね。 
ファンの解釈では、利き目が使えないので何かの障害物に衝突する危険性があったとか、相手がぎっちょんなのでそう易々とは使えなかった。
もしくはぎっちょんは既に知っている手段なので通用するかどうかが疑わしい、長期戦になり、粒子の残存量が無くなるとやられる可能性が高くなるのいずれか。
多分、利き目がやられてたから、だと思います。 障害物に当たったら洒落ならんし。
兄貴自身の力で倒したかったと解釈する人も居るようですが、兄貴ならそうするとは思うんですけど、相手は卑怯で姑息なぎっちょんなので、やっぱ普通に使うでしょう、切り札で。
そんな、義理で戦って命失ったら洒落ならないし。
 
 
 
 
 
 
>追い詰められたデュナメス
兄貴の敗因は、距離を置かなかったせいだと思うんだ。  そもそも、近距離でぎっちょんに戦いを挑んだのがミス。  熱くなり過ぎた理由も分かるけど、死人の為に頑張り過ぎると自分も死人になってしまう。    デュナメスがダルマ状態にされた時には涙が・・・・・・。
ガンダムが達磨にされたりするのはやっぱり辛いですね。   まぁ、最近の作品はどれもこれもガンダムだけど。
達磨にされたデュナメスをハロに任せ、都合よく残ってたGNアームズの腕?の銃とデュナメスのスナイパーライフルを扱うコントローラーをコネクトする兄貴。  最期に狙い撃つのはぎっちょん。  まぁ、デュナメスの破壊はしないでしょうね、見つけても。 パイロットが乗ってたとしても正統なGNドライブを積んだガンダムだし。  必要な技術である事は目に見えてる。
しかも、デュナメスは使える武器が無いので抵抗さえ出来ない。
だからこそ、デュナメスは守らないといけないし、ぎっちょんを仇の意味でも意地でも殺さないといけなかった・・・・・・・。
 
 
ぎっちょんが気付いた時に両者撃ち込み、どうにかスローネツヴァイは中破ぐらいに持ち込めるが・・・・・・ぎっちょんは多分生きている。
もしも、ぎっちょん自体が無傷ならその時は兄貴は無駄死にした事にしかならないので、せめて腕の一本か足の一本ぐらいは損傷してほしいところ。
まぁ、本音言えば死んでほしいけどね。   ぎっちょん殺すんだったらグラハムさんか沙慈にやってもらいたいんだけど、やっぱ刹那が殺すんだろうなぁ・・・・・・。
どうにか生きていた兄貴。 GNアームズは小爆発したらしく、それほど距離はGNアームズの残骸から離れてないようで、次に連鎖爆発をGNアームズが起こした時には行方が分からなくなり・・・・・・・・・・・おそらく死亡か。
エクシアが救出しに行こうとした瞬間に、連鎖爆発なのでもう兄貴の死体すらも回収出来なくなったでしょうね、残念ですが。
 
 
 
ぎっちょんが生きてると思う理由は、GNアームズのビームが奪ったのはツヴァイの下半身であって、上半身ではないということ。
しかも、アニメで死亡描写がない人は大抵生きている。   SEED世界なら、上半身毎葬ったように見せかけるんだろうけど、流石に『OO』は過剰な演出表現はしないようで。
あと、死んでない理由は大破したのならGN粒子が爆破と共に散乱するはずなので、紫色の爆煙しかないのなら、死んでないでしょう。
まぁ、スローネと同じ疑似太陽炉を積んでるはずのジンクスが何故大破と共にGN粒子が散乱する描写が無いのかは疑問ですが。
まぁ、控え目+過剰な演出をしなかったが為に視聴率は悪いとも聞くんですが、どうなんでしょうね。
実際、妖とかいう変なアニメのせいで『地球へ・・・・・・』も確か半年だけのリリースになって、土6はアニメ枠から外れるそうですし。
 
 
 
 
 
 
 
 
>兄貴の回想
エイミーって妹は可愛かったですね、なんかシンと被る兄貴の過去。   双子の兄か弟は何者か分からないけど、ロックオンの代わりにデュナメスを操縦する事は確定でしょうな。
まぁ、出来ればエクシア以外は改造とか強化とか新しい機体とか乗り換えを出さないで欲しいけど、デュナメスはなぁ・・・・・・・・。
2期はどうなるか分からないけど、やっぱ新キャラは増やしそうですね。   しかし、兄貴が死ぬとは・・・・・・・出所が一般人な人はあまり死なないって誰かが言ってたような気がするんですけどね。  まぁ、利き目さえなんとかなってたら・・・・・・・・・・・と考えるとアレですが、少なくとも兄貴がトレミーで一番の戦力のようには感じました、人気出るのも当然だし。
ハロのサポートがあるとは言え、トランザムシステム無しでぎっちょんとあそこまで貼り合えたのは凄いし、一期見る限りでは全体的に兄貴がピンチになる事は少なかった。  追加補正も他の3人に比べると無かったし。
やっぱ、雑魚キャラの粘りでしょうね。  コーラが利き目を潰した事も大きかったし、ダリルが一矢報いたのもキツかった。
しかし、引退は早かったですね。  もう少し粘ってくれても良かったのに。
まぁ、CBのガンダムマイスターは皆死亡フラグ立ちまくりの人なんで刹那以外は全員死ぬでしょうね。
黒田脚本に水島監督な訳ですから。  刹那も身体を負傷して、健常者ではなくなるって展開の予感がしてたまらないんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
>今後の展開
兄貴は生きていると思う人が多いですが、多分生きてないでしょう。 死んだと分かるシーンは無かったから、宇宙を彷徨ってて誰かに拾われる可能性は否定できないけど。  あと、2期で三木さんが再び登場するのは墓参りに現れた双子のライル。  少なくとも、デュナメスの後釜はそのライルで、ロックオンの代わりにマイスターになると思うんだけど・・・・・・・ってか、大勢の人が予想してるからそうなんでしょうけどね。
1期のラスボス、ガンダムシリーズのラスボスは大抵主人公と論争を繰り広げる大きな野望を持った人が多い。  考えられる可能性でグラハムが最有力だけど、彼にはせいぜいガンダムを倒すという名目しかないし、ライバルキャラであってもラスボスじゃないと思う。
しかも、1期は残り2話なので登場したとしても刹那と因縁の関係と言えるほどの仲でもない。
2人目に考えられるのはぎっちょん。  まぁ、コイツは明らかに死んでないし、アナザーガンダム作品は全てラスボスがガンダムだったので、可能性は高い。 刹那の因縁の相手だし。  それに、1期でケリ着けないと視聴者もイライラするでしょうね。  しかし、ロックオンがぎっちょんの体を一部損壊させた可能性があった場合は今期での登場はないだろうし、パイロットが無事でもツヴァイを修復するのは簡単じゃないだろう。
3人目はリボンズ。 アレハンドロにパイロットとしての素質も資格も無さそうだし、ぶっちゃっけ種でいうアズラエルっぽい小者臭がするのでラスボスに相応しくない。    まぁ、そうなると彼の側近のリボンズが相応しそうに見えるけど、アレハンドロを裏切らないとラスボスって感じもしないよね。
まぁ、本音言えばアムロの中の人がラスボスなのは正直嫌ですね。   まぁ、対決するとしてもティエリアの可能性が高いけど。
 
まぁ、挙げるとこんなもんですね。  ただ、最終決戦は2期なのでラスボスと言うか、中ボスみたいなもんです。  種でいうアスランみたいな。
しかし、リボンズも出陣となるとティエリアが死にそうな気がしてたまらない。  『OO』はライバル関係にあるキャラと相撃ちというケースが多いので。
下手すると、ガンダムマイスターが全滅か刹那以外死亡という可能性も1期ではあるかもしれない。   まぁ、どのキャラも大それた野望らしい野望が無さそうなんで2期のラスボスは歴代シリーズのように地球抹殺とか人類根絶とか戦争を激化させるキャラとかがいいですね。
まぁ、戦争を激化するタイプではぎっちょんなんだけど、ギンガナムみたいな感じよりもヤザンに近い感じがするんですよね。
  
個人的には今回の『OO』はそれなりに楽しめたかと思います、いや戦闘はこれまでで最高だったと思うし。  『OO』の中では。
共感出来ない人は色々な意味で損ですね、はい。
 
 
 
>いよいよ残り2話
最終話までいよいよ残り2話。  今回は1期と2期が分かれてますが、2期が始まるのは2008年の10月の日曜日午後5時からだそうで、1期から見てる人は注意しなきゃいけませんね。
最終話は午後5時30分からだそうです、録画してる人やリアルタイムで見てる人は注意しましょう。
 
 

>今週の生死者達
生存者:刹那・F・セイエイ、アレルヤ・ハプティズム(ハレルヤ)、ティエリア・アーデ、スメラギ・李・ノリエガ、ラッセ・アイオン、イアン・ヴァスティ、フェルト・グレイス、リヒテンダール・ツェーリ、クリスティナ・シエラ、モレノ、ハロ、セルゲイ・スミルノフ、ソーマ・ピーリス、カティ・マネキン、パトリック・コーラサワー、リボンズ・アルマーク、アレハンドロ・コーナー、ネーナ・トリニティ
 
死亡者:ロックオン・ストラトス、ヨハン・トリニティ、ミハエル・トリニティ、ジンクスパイロット17人、ダリル・ダッチ
 
行方不明者(生死不明):アリー・アル・サーシェス、イオリア・シュヘンベルグ?
 
 
 
>戦闘不能機体
ガンダムデュナメス、ガンダムスローネアイン、ガンダムスローネツヴァイ、GNアームズタイプD
 
 
>残りのジンクス
12機(パトリック機、ソーマ機、セルゲイ機を含む)

広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中