PHASE-25:真意

「続きの前に、一つ聞きたい事がある。」
「なんじゃ?」
待ったをかけるガリウスに皆の視線が注目した。
「あんたは、人の欲が争いを呼ぶと言ったな・・・・・・・・・・・なら、この馬鹿げた戦いや前の二度の大戦もそうだというのか?」
「そうじゃ、コーディネイターも強化人間も所詮は人の欲で作られた人の形をした化け物・・・・・・・結局争いの源は人の欲なのだ。」
「そして、あんたも欲を求めて朽ち果てた愚か者・・・・・・・・・という事か。」
ケールは黙り込んだ・・・・・・・・・・ガリウスのその言葉に。   ブリッジ内は相変わらず張りつめた空気が流れた。
「あんたのパーソナルデータはロドニアのラボにあった。   あんたは科学の実験で満足感を得るために多くの人達の命を弄び、果ては自分自身も、そして家族さえも犠牲にした・・・・・・・・・・・そうだな?」
「ああ・・・・・・・・・ワシは連合に頼まれてブーステッドマン・・・・・・俗に言われる強化人間を作った。」
ガリウスはスーツの懐からゆっくりと拳銃を抜き、ケールへ向けた。
「ガリウスさん!」ラクスが叫ぶが、ガリウスは動揺せずに尋問した。
「金か?名誉か?・・・・・・・・・それとも」
「そんな汚いものじゃない、さっき話したように科学への探求心・・・・・・つまりは欲求だ。」
「そんなくだらないものの為に!!・・・・・・・貴様が、作りだした強化人間がどれだけの人間を殺したのか、分かっているのか!!」
「分かっているさ。   だがなぁ・・・・・・・お前さんだって、自分の欲の為には他人の事なんて考えないだろう?」
「貴様ァァァァ!!」
ガリウスはケールの襟を掴み、銃口を彼の顎先に着けた。
「そこまでだ!感情的になるなよ・・・・・・・いい歳こいた男が。」
「カロン・・・・・・・・か。」
カロン・ルドアフはガリウスの頭部へ狙いを定めていた・・・・・・・彼女もまた、ガリウスの監視役なのだ。   ガリウスは袖を放し、ケールを椅子へ座らせた。
「・・・・・・・・続けろ。」
「ワシは強化人間を作る中で、もっと肉体を獣のように強化出来ないか、考えた。   初めのプロトタイプは爪を自由自在に伸ばし、爪を凶器として扱う奴だ・・・・・・・・・・・まぁ、奴はザフト軍へ逃げたがな。    人間というのはおこがましい存在で、科学の力を用いても完璧な人間を作る事は出来なかった。   そう、”心”までは科学の力で支配出来ないのだ。   心を支配する為には、誰かが自発的に申し出なければならない。   そこで、ワシは自らの妻を騙し、平和の為の科学実験と偽って、彼女と身籠っていた胎児を実験材料とした。」
「・・・・・・・・・・身内まで・・・・・・・・どこまでゲスな野郎だ、テメェは!!」
「罵ってくれても構わんよ、だがなぁ・・・・・・・あのコーディネイターを量産したヒビキ博士も自らの子を実験の対象にしたのだ。」
「話をすり替えるな!!・・・・・・・・・・・他人がやってたら、テメェもして良いのかよ!   人の命をなんだと思ってるんだ!!・・・・・・・・貴様等(科学者)は!!」
ガリウスの肩に手を乗せ、アスランは彼をなだめた。   ガリウスとケールがどんな因縁を持っているかは分からない。  おそらく、彼も強化人間との出会いで人生を惑わされた哀れな子羊・・・・・・・・アスランはそう感じた。    かつての自分の部下であったシン・アスカも強化人間によって、人生を翻弄された事は知っていた。   ケールが生み出した強化人間は、関わった者全てに不幸をばら撒いた・・・・・・それだけは実感した。
しかし、ケールがしばしば口に出すコーディネイター・・・・・・・・・・彼にとってみれば、コーディネイターも強化人間も大差無い科学によって生み出された愚かな人間なのだろうか?     そう考えるとアスランは複雑な心境だった。  かつての自分の親友も今は強化人間の反乱組織に洗脳されている・・・・・・。
「ケール博士、続けてください。」
「ガリウス、お前の言う通りなのかもしれない。   だがなぁ、ワシは妻を失い、息子を獣にし、自らでさえも人前に出れない姿になった。   ワシは十分罪と罰を受けた。」
「だから、許されるのか?・・・・・・・・・・自分に跳ね返ってきたら、それで懺悔したというのか!?」
「ワシはまだ懺悔したとは思っていない・・・・・・・・・・・だから、今回のリヴァイアサンに参加した。」
「つまり、リヴァイアサンに参加したのは自らの罪と罰を払拭する為か?」
「それもある・・・・・・・だが、ワシの本意は自らが作った新人類の支配する世界を見たかったということだけだ。」
「くだらねぇ・・・・・・・・・・・・・・・。」
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムSEEDSEEK パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中