GN-003:ガンダムキュリオス

「キュリオス、介入行動に入る!!」(アレルヤ・ハプティズム)

 

 

 

 

>詳細

GN003ガンダムキュリオスは私設武装組織「ソレスタルビーイング」が所有するMS、ガンダムの一つ。

人類革新連盟の強化人間「超兵」の失敗作として生み出されたアレルヤ・ハプティズムの機体である。

アレルヤ・ハプティズムはコードネームであり、ソレスタルビーイングのメンバーは守秘義務を持ち、その素性は演算処理機能を搭載した作戦行動を示唆する「ヴェーダ」のみにしか知られていない。

アレルヤの本名は被験者番号E057。 強化人間として生み出された彼には本当の名など無く、幼き日より人類革新連盟の超兵機関で酷使された。 そんな生きるか死ぬかの世界の中でアレルヤは恐怖からもう一つの狂乱の人格ハレルヤを産み出したのかもしれない。

アレルヤがどのような経路で人類革新連盟から脱出したかは今のところ不明で、また何故再び彼がソレスタルビーイングに入隊し、戦いに身を置いてるのか?さえも疑問である。

 

 

ガンダムキュリオスは4機のガンダムの中で最も身長が高い。 また、変形機構を有しているので高機動戦闘においては絶対的な力を誇っている。

これまで機動戦に優れていたユニオンのフラッグよりも俊敏性は長けていると言える。

しかし、人類革新連盟がカスタマイズしたティエレンタオツーに対しては同程度の力か押され気味になってしまう。 タオツーのパイロットも実はアレルヤと同じ超兵ソーマ・ピーリスであり、ソーマは超兵同士に起きる脳梁視野の干渉を改善したが、アレルヤには改善を施していないため、パイロットの精神力不足で押され気味になってるとも考えられる。

隠し武器でもあるシールドに仕組んでいるクローソードは本来はまだ見せる段階の代物で無かったとも言われているが、ハレルヤ時のキュリオスVS宇宙型ティエレンでその存在を明らかにしてしまった。

アレルヤの戦闘力は決して低いもので無いと思われるが、一度人類革新連盟に捕まってしまった事があったので脳梁視野の問題とは言え、ソーマ・ピーリスが現れると必ずピンチになっている。 問題行動もそれ以外にもあり、ソーマのタオツーがテスト航行で誤射して地球の大気圏に落ちようとする軌道エレベーターの重力ブロックを救ってしまった事などである。

ティエリア・アーデ初め、監視者達の意見においても刹那・F・セイエイ程では無いが、彼について異論を述べる者も多かったという・・・・・・。

しかし、全員一致の意見で無ければ実行できないので刹那・F・セイエイ同様にアレルヤも不問となった。

戦闘においても問題がある彼だが、ソーマ・ピーリスが現れるとハレルヤの人格が出てくるので、乱暴な対処策ではあるが、対処法はある。

ハレルヤは非人道的ではあるが、アレルヤよりも戦闘能力は高いと思われ、キュリオスの切り札とも言える存在である。>ハレルヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

>レビュー

HGガンダムOOシリーズ第5弾!! ガンダムキュリオス。 変形機構を有す上に外見がZガンダム系そっくりだったのでZガンダムのパクリとか色々言われてた機体ですが、プラモを弄ってるとZガンダムに似てる感じもしません。

変形はZガンダムやウィングガンダムと違うコンセプトのようで、テールユニットを下ろし、足を変えるだけで変形があっという間に完了と、まぁだいぶ単純な構造のようです。

パーツの差し替えは確かにありますが、HGUCZガンダムのようにストレスが溜まる変形ではありませんね。 ただ、変形機構を有すガンダムのプラモは緩みや壊れやすさが半端無いです。

キュリオスの肩はストライクノワールに見られたアレイ型の関節になってます。 それ故に怒り肩の再現度は高いですが、肩が簡単に緩みそうなので適度なグリスか接着剤の修正は必要でしょうね。 しかも、肩は2重間接。 変形のし易さ故でしょうか、それとも最近のHGの特徴か分かりませんが、個人的にはアレイ型よりも棒型の肩の方が好みですね。

 

キットそのものは色を塗らなければならないほど粗悪です。 これまでのOOHGキットに比べると酷い方です、ただ、前作のSEEDシリーズで考えれば普通か良以上の出来なので前作・前々作に比べればまだ良い方ですね。

そういや、HCMProでも肩は二重間接らしいです。

ガンダムスローネ系もキュリオスと同じく色分けが足りないそうなので今後のOO系キットがSEED系キットみたいに安定しない作りになってたら最悪ですね。

 

 

キュリオスはOOの中で子供には人気があるMSらしく、値段が高いのにジャスコでは売り切れとかありました。 1/100でさえも。

ただ、キットの寿命としては短い方じゃないかと。 変形機構を有するので関節の緩みは覚悟するべきですね。 足も結構プランプランするので、直立させて飾るよりはアクションベースでアクションさせて飾るのがベストかと。

直立させてもデザイン的に安定しないのですぐに倒れます。 まぁ、それはヴァーチェやフラッグにも言えたことなんですが。

ちなみに、ベースはアクションベースやコトブキヤなどのベース以外でもSEEDキットに付属されてたベースでも使えます。

SEED系キットを持ってる人はそれを流用するのが良いでしょう、OO全てのキットにも使えるので。

SEEDベースは付属していない物もありますが、大体は劇中で活躍できなかった機体のキットに付いてます。

ビー玉のような部分はレンズ上からクリアー系塗料で塗るか、レンズの中の地肌に塗ると綺麗に映えます。

広告
カテゴリー: ガンプラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中