GN-005:ガンダムヴァーチェ

「何たる失態だ!!万死に値するッ!!」(ティエリア・アーデ)

 

 

 

 

 

>詳細

GN005ガンダムヴァーチェは『機動戦士ガンダムOO』に登場するソレスタルビーイングが所有するMS、ガンダム4機の内の1体。

年齢・性別・国籍不明の謎に包まれたガンダムマイスター、ティエリア・アーデが操縦する。

 

装甲をパージする事で、軽装なGN004ガンダムナドレへと変化する。 ナドレは緊急時に備えた白兵戦用のガンダムのようで、ビームサーベルとGNキャノンを通常装備として戦うようだが、それ以外にも秘密はありそうだ。 鈍重で黒いヴァーチェと純白で身軽かつ美しいナドレはまさに正反対の機体と言えよう。

強力なGNバズーカは連続射撃が不可能だが、破壊力は絶大であり、遠距離からの射撃でも敵戦艦を沈められる。

チャージまでの時間はかかるが、防御に徹したGNフィールドの展開や背面に装備されたGNキャノンがその鈍さをカバーする為に、非の打ち所が無いと言える。

また、この機体の破壊力が強大過ぎる為に、他3機のガンダムよりも戦功を挙げているとも言える。

ただ、弱点は近距離戦における敵の攻撃であり、それを突かれて人類革新連盟の超兵用高機動型MSティエレンタオツーに翻弄され、ワイヤーとトリモチで動きを止められ、ナドレを晒す結果になってしまった。

また、15時間の長きに渡る戦闘でAEUのパトリック・コーラサワー率いるイナクト部隊に電磁フィールドを張ったガラス板のようなもので周囲を囲まれてしまい、動きを止められるなど・・・・・・・・・・・単独行動で集団戦闘を仕掛けられると対処しきれないのが弱点と言える。

なので、他のガンダム達との連携プレーが重要な鍵である事は言うまでもないだろう。

見た目は鈍重そうだが、実はユニオンフラッグよりも軽い。 GN粒子は質量さえも軽くする特殊な物質のようで、ソレスタルビーイングのMSが空中を浮遊出来るのもGN粒子のおかげである。

 

 

パイロットのティエリア・アーデは性別から考察すると男だと思われるが、それ以外の素情は一切分かっていない。 彼の過去や出生、本名でさえも他のマイスター達と違い、本編にて未だに公開されていない。

しかし、プトレマイオスにある演算処理能力と作戦行動を推奨するコンピューターヴェーダのターミナルにてヴェーダにアクセスし、目の色を変化させて一時的なテレパシー能力やナドレの発動条件であったりする事が分かっているので、ヴェーダにティエリアがシンクロし、何らかの形でヴェーダと同化していると推測出来る。

彼曰く、地球の環境は好めないようで、宇宙の環境では落ち着くと言ってる辺り、生まれも育ちも宇宙である可能性が高い。

また、ヴェーダのターミナルで身体との同化を図る事を普段の休憩で用いてるようだ。

性格は生真面目であるが、規律を乱すような者やヴェーダの示す作戦行動以外の行動を起こす者には攻撃的であり、頭が少々固い。

しかし、口喧嘩は得意でないらしく、彼から仕掛けても結局は言い負かされて逃げるパターンが定番化している。

通常時は冷静沈着で物静かな様子だが、ナドレを晒した時に焦ったり、一人称が変わる事から、翻弄されると冷静ではなくなるようだ。

規律を乱す刹那・F・セイエイ、アレルヤ・ハプティズム、スメラギ・李・ノリナガには難色を示している。

だが、敵にトップシークレットのナドレを晒した為に、彼自身も規律を冒す者に該当する形にはなっている。(一般的に見れば)

 

 

 

 

 

 

 

 

>レビュー

ガンダムヴァーチェはガンダムナドレにする事は出来ません。 ナドレに変身させられるのはHCMPro及び1/100のみ。

キットの値段はキュリオスと同じですが、そこそこ色分けはされているのでキュリオスよりはキットの出来は良いでしょう。

また、ビームサーベルを多用するエクシアには付属されなかったビームの刃が、ヴァーチェでようやく付属されました。

OOのガンダム系統ならば全てぴったり合うはずなので、差し込んでみましょう。 サーベルはターンエーに類似する平べったく、細長い形で今までのガンダム作品のサーベルの形とは少々違います。

ちなみにユニオンフラッグのプラズマソードもOOのガンダムのビームサーベルに酷似してます。

GNバズーカは設定どおりの展開が可能、GNキャノンはナドレの伏線か、グリップを持つ事が出来るようになってます。

また、GNフィールドの展開を再現しており、展開した部分は金色で塗った方が良いですね。

デザイン的には好き嫌いが分かれるものですが、中々劇中で活躍してくれるのでカッコイイです。

GP02と同じ重量級のガンダムですが、あっちがまだマッチョの感じの重量級って感じだったので、こっちはメタボ、ピザ、デブって感じのガンダムですね。 MSは乗ってるパイロットの容姿に左右されるとも言いますから、乗ってるパイロットがデブだったらまんまで面白かったんですが、結局中の人は女装で華奢だったので、女か男か疑わしいティエリアにピッタリなんですよね。

まぁ、ガンダムじゃないですが、ジ・Oみたいな感じですね。 あれもデブMSでしたから。 まぁ、デブMSに限って、隠し玉があるので、ヴァーチェにもそういう隠し玉があっても別に良かったんじゃないかと思います。

足のデザインは結構大雑把な感じがしますね、なんかいかにも雑魚のMSに居そうな感じのデザインで。 もしくは一昔前のロボットのデザインみたいな。

と言うか、箱ですね・・・・・・・・まぁ、大きくて太いので独特なんですがその部分の好みも分かれそうです。

しかし、逆襲のシャア以降の作品で小さくて華奢なデザインのMSがどんどん増えていき、定番化したのでこういうタイプのMSは新鮮感がありますね。

少なくともSEEDシリーズにはこういう太いのは居ませんでした。

まぁ、逆襲のシャアまでのMSって言うと、デカいのが当たり前でしたからね~・・・・・・・・・・・・・・(ZZとかνとか)

個人的には好きじゃないけど、親近感のあるMSですね。 自分自身がそういう体型なもんで。 wwww

 

 

広告
カテゴリー: ガンプラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中