GNW-002:ガンダムスローネツヴァイ

「ところが、ぎっちょん!!」(アリー・アル・サーシェス)

 

 

>GNW-002:ガンダムスローネツヴァイ

GNW-002ガンダムスローネツヴァイはソレスタルビーイングセカンドチーム”トリニティ”が所有する疑似太陽炉搭載型のMSである。

3機のガンダム「スローネ」シリーズの2号機がツヴァイである。

疑似太陽炉のGNドライヴは、「T(タウ)」と呼ばれるタイプで、赤いGN粒子を放出する。  ツヴァイは、巨大な格闘用兵器GNバスターソードと、遠隔操作可能なGNファングという他のスローネにはない特殊兵装を持ち、中距離、および近距離で高い戦闘能力を発揮する。

GNファングは8機装備しているが、通常は6機で運用し、8機すべてを使うのは対ガンダム戦など緊急時のみとなっている。

しかし、切り札的なニュアンスが強いファングをパイロットのミハエル・トリニティは出し惜しみせずに真っ先に使用している。  これが禍となったのか、ユニオンの軍事基地を強襲した際には既にグラハム・エーカーに攻撃を避けられる失態を起こす。  その後もエクシア、国連が所有するジンクスに攻略されてしまい、GNファングの強さもアリー・アル・サーシェスが乗り換えるまで発揮されなかった。
世界情勢が大きく変化する中で起きた監視者アレハンドロ・コーナーの裏切り後、ツヴァイはサーシェスによって強奪され、以後彼の愛機となる。

サーシェスは、ツヴァイに搭乗し、ソレスタルビーイングとの最終決戦に国連軍として参加、ファングを使いヴァーチェ撃破のきっかけを作った後、デュナメスとの激闘を繰り広げた。

デュナメスのパイロットのロックオン・ストラトスは家族の仇であるサーシェスと対峙する上で利き目を負傷していたが、健闘した。  ダリル・ダッチ中尉の乗るジンクスの特攻さえ無ければ、もしかしたら勝っていたのかもしれない。  ダリルの捨て身の攻撃でロックオンが右側が見えていない事に気付き、切り札としてGNファングを投入。  デュナメスは左のGNピストルで正確に射撃していくが、右側が見えていない事と片腕のみだった為にファングの集中攻撃を受け、中破する。  ロックオンは太陽炉を無事にプトレマイオスに戻す為に自らが囮となり、破壊されたGNアームズの砲身の残骸にGNスナイパーライフルのコントローラーをコネクトする。  サーシェスが気付いた瞬間、ロックオンは最後の射撃を行い、ツヴァイの下半身のみを奪う事には成功した・・・・・・・・・・しかし、ロックオンはカウンター攻撃で破壊されたGNアームズの砲身の爆発に巻き込まれ、混沌の宇宙の闇へと消えていったのであった・・・・・・・・・・・・・・。(一部、公式HPの文章から引用・・・・・・・・・・・問題があれば、削除します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

>ミハエル・トリニティ

ミハエル・トリニティは正式なガンダムスローネツヴァイのパイロットだった人物。  チーム”トリニティ”での次男にあたる。 妹のネーナ・トリニティを溺愛するといった所謂シスコンで、妹を傷つける者や不快にさせる者には容赦しないといった異常なまでの執着心を妹には持っているらしい。

兄のヨハン・トリニティには不満があっても忠実であり、ヨハンの命令には絶対逆らえないといった兄弟での上下関係も徹底しているようだ。  年齢が19歳(あくまで設定年齢)という割には精神面が幼い一面があり、ふとした事ですぐにキレる、相手を不愉快にさせる挑発といった一種の不良のような行動も見せた。  その為、初登場時での彼への印象は視聴者にとって心地よいものではなかったという意見が多い。   服装は兄の場合と反対で、兄が短パンで長袖だった事に対し、ミハエルの服装は長ズボン、袖なしといった具合である。  服装の白い生地に黄色の通った線という一風変わったデザインはヨハン・ネーナと同じでどうやら、チーム”トリニティ”のユニフォームであり、決定された服装らしい。  彼等の私服姿は登場せず、結局兄2人の格好はユニフォームのような一風変わった服装とパイロットスーツのみだった。  服装を誰が選んだか?は別にして、その姿はどことなくサーカス団員と似ている。   キレるとすぐにナイフを取り出し、相手を怖い顔で脅す。  そのやり口はまさに10代の荒れた青少年の姿と言えよう。   そういう性格の為か、MSを操縦する際も実に好戦的で残忍な戦法を好む。  そのやり口から、AEUの兵士は「悪魔」と評した。(ミハエル以外の2人のガンダムも指してると思われるが)

ミハエルはユニオンのフラッグファイターのハワード・メイスンを爆殺し、それがきっかけとなりグラハム・エーカーやダリル・ダッチの心に火を着けた。

ミハエルを含むトリニティ達はガンダムマイスターとして生きる事だけを目的に誕生させられたデザインベビーであった。 他作品の言葉を借りるとしたら、コーディネイターである。  それ故に潜在能力は極めて高く、並の人間よりは理論上優れている。  しかし、操縦技術からも分かるようにトリニティ達の実力派それほど高くなく、鍛練した修行を積んだのか疑問視する傾向にある。

最期は追い詰められた状態にある時にトレミーグループの無人島アジトでアリー・アル・サーシェスに油断させられて、秒速の早撃ちで心臓を狙撃され、即死するといった情けない最期を迎えた。

 

 

 

 

 

 

>アリー・アル・サーシェス

軍事会社PMCに所属する派遣傭兵。  おそらくは正式な社員じゃない。   紛争の勃発を誘発する事が仕事らしく、アイルランドではテロ組織KPSAのリーダーとして自爆テロを敢行、クルジスとアザディスタンの戦争では地元の少年兵を誘拐し、洗脳し、兵士として育て上げた。  そして、少年兵等に実親の殺しを命じるなど、人としての一線を踏み外した最低最悪の外道である。  アイルランドの一件もクルジスの一件も自らは直接行動していない。

クルジスの紛争で彼の言葉にまんまと騙されたのが刹那・F・セイエイであり、6年後のモラリア紛争時で彼が専用のイナクトを操縦していた事を知り、激怒する。  その後も直々と現れるサーシェスと何度か言葉のやり取りをして戦うが、力関係ではサーシェスに敵わなかった。  機体の性能と助太刀があって、何度か命拾いするが、サーシェスがガンダムスローネに乗り換えてからはトランザムシステムが無ければ敵わなかったのでやはり実力では到底彼に及ばなかった。   物語上、憎まれ役として完全な悪役を通している。  その証拠に善的な主要キャラクターが多く葬られ、戦争を玩具にしている面も見える。

殺されたキャラはロックオン・ストラトス、絹江・クロスロード、ヨハン・トリニティ、ミハエル・トリニティ、ラグナ・ハーベン等である。

絹江を殺す際は自らを最低最悪な人間と自嘲の笑みをもらしていたので、彼自身も自分がどういう人間なのかは自覚しているようである。

トリニティ達を殺すまではPMCが用意した専用のイナクトを操縦していた。  このイナクトは何故か1クールで藍色、2クール目で紅色といったカラーが変化している不思議な機体である。  何故色を変えたのかは不明。  しかし、同一の機体である事は確かだろう。

スローネに乗り換えてからはおそらく無傷のまま無人島に置かれていると思われる。  スローネツヴァイに乗り換えてからの強さはまさに鬼人であった、その実力は少なくともライバルキャラ達の中でもトップであろう。

『OO』の世界においてもトップクラスの実力を持っている事は確かである。(しかし、健康状態のロックオンやハレルヤに勝てるかどうかは怪しい)

ロックオンとの因縁はアイルランドでの自爆テロ事件。  KPSAのメンバーがアイルランドで無差別自爆テロを敢行した為にロックオンの両親と妹のエイミーは帰らぬ人となった。   その組織のリーダーがサーシェスである事を刹那から聞かされたロックオンは利き目を負傷しているにも関わらず、サーシェスと互角の戦いを見せる。

だが、ダリル・ダッチの余計な邪魔が入った為にロックオンの弱点に気付いたサーシェスがデュナメスを中破。   ロックオンはデュナメスの太陽炉を守る為にGNアームズの砲身でツヴァイの下半身を奪い去る・・・・・・・・・・・。

だが、アリー・アル・サーシェスは生きていた。  4年経っても尚。  彼の後遺症及び負傷が無いところを見るとロックオンの死は無駄だったのである。

第2期で刹那かロックオンの双子の弟のライルがサーシェスをおそらく殺すと思われる。

 

 

 

 

広告
カテゴリー: ガンプラ パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中