第27話:ツインドライブ

「戦わなくても、人は死ぬ。」(ラッセ・アイオン)
 
 
 
>ダブルオーの運用試験
2基のGNドライブの同調率を図るテストが冒頭から始まる・・・・・・・・見ていて、エヴァのシンクロ率の同調を思い出した。
エクシアの太陽炉はまだ試していないみたいですね、自分はてっきりエクシアの太陽炉を載せても駄目だと思ってましたよ。
パイロットとのシンクロも関係あるのかなぁ~って思ってたんで。
 
 
>新OP
わずか1分30秒の間によくこれだけの情報を詰め込んだよなぁ~って、関心。
『ハガレン』でもここまで頑張らなかったと思う。
しかし、TBSのアニメは1クール毎にOPやED変えるんだから、アニメーターにとっては地獄だわな。OPやEDぐらいは使い回ししても良いと思うんですけどね・・・・・・・・OPやEDまで使い回しや緩いスピードだったら、叩くってあまりにも度が過ぎてると思うんですよ。
ソニー音楽と提携している為か、しょっちゅう季節毎に変わるようですが、アニメーターにとっては地獄だろうし、他局のアニメのOPやEDっていったら少なくとも半年以上は視聴者は聴くのだが、TBSのアニメ群はコロコロ変わるから印象深いそのアニメの音楽って考えにくいように思う。
TBSって言っても、何故かウルトラマンシリーズとかは1年丸々一曲だったりする。
 
 
 
>新CBの総集
ロックオンⅡ世とスメラギのスカウトを任された刹那。しかし、こういう任務って、新人とかにやらせるもんなんじゃないかなぁ・・・・・・・・って思う。
いや、スメラギの場合は知人の方が良いだろうけど。
水島監督の話だと、刹那はリーダー的なポジションらしい。まぁ、リーダーが組織の再結成ってのは普通か。
ロックオンⅡ世については兄のニールが死んだ事に別に衝撃を受けなかったなぁ~ってのが、感想。あっさりしてると言うか、何というか・・・・・・・。
まぁ、ニールが自分で選んだ道だから、死んでも仕方がないって心境なんだろうな。それでも、何らかの感情は欲しかったような。
スメラギについては一期より駄目人間になってた・・・・・・・・・30過ぎたいいおばさんが泣き事とかみっともないって感じたけど、4年前の事を考えたら、しゃあないか。
しかし、酒浸りで、ビリーに依存って、ニートだよなぁ・・・・・・・・。4年前にCB抜け出して、ビリーの世話になっておきながら、ビリーの子すら産まないとか。
スメラギとビリーはマンションの同棲生活って具合ですが、ビリーがスメラギを九条って苗字で呼んでた辺り、4年前から何一つ進展してないんですね。
スメラギの部屋を訪問するせっさん・・・・・・・・・・・・うーん、シュールだなぁ~と。
スメラギのコードネームとCBに居た事実をビリーに伝え、逃げ場所を無くして、CBに引き戻すせっさん・・・・・・・・・・結構やり方がキツいな。
しかし、沙慈といい、ロックオンといい・・・・・・・・・・1期でどうバラすんだろう?って思ってた事をポイポイとあっさり片付けるのは、ドラマを期待してる者としては残念。
スメラギの愚痴はモロ中2っぽくて、1期よりも駄目人間になるんじゃねぇか・・・・・・・・と不安になる。
逆にせっさんは口数は相変わらずだけど、正論が多くなってて、リーダーに相応しい人物に成長していた。
元リーダー(スメラギ)と現リーダー(刹那)か・・・・・・・・・。
 
 
 
>それぞれの動き
ホーマー・カタギリってのは、多分ビリーの親父なんだろうか・・・・・・・?しかし、この人の声って、大友さん?なのかな・・・・・・・ED確認しなかったけど。
ガンダムチームが動き始めたからと、ホーマーに頼まれて、アロウズのメンバーに加わるカティ・マネキン。他にはアンドレイとかいうセルゲイの一人息子と、ソーマが加わる。
しかし、ソーマも可哀想だなぁ・・・・・・・・ようやく、安天地をセルゲイに与えられたのに、息子に奪われるんだから。
2期では死ぬんだろうなぁ、この子も。強化人間は必ず死ぬっていうジンクスがあるし・・・・・・・・少なくとも、ガンダムシリーズで生き残った強化人間は居なかったと思う。
アロウズのメンバーでは、他に仮面を付けた謎の男が居ますが、コイツが出てくるだけで、吹くようになったって事は・・・・・・・・・・・俺も、とうとうコイツの存在をコーラ以上のネタキャラと容認してしまったって事か。
そういや、コーラとかひろしとか居ないけど、連中等もやっぱアロウズなんだろうなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・。
カタロンの方では名前が未だに覚えられないおっさんとカティと一瞬見間違えたシーリンが動いてましたが、G-1というコードネームを使うロックオンⅡ世を使って、CBの内部情勢も調べるようですね。
ロックオンⅡ世はカタロンのメンバーみたいなんで、しばらくはカタロン側にCBの情報を流すんだろうな。
CBの方では、またラッセが名台詞を言ってくれましたが、コイツが主役で良いと思うけどなぁ・・・・・・・・俺。
ってか、ラッセの過去って未だに不明なんですよね。
どういう人生を歩んだのか知れないけど、無駄に正論っぽい名台詞を呟く辺り、それなりの修羅場を経験してきたのではないかなぁ・・・・・・・と。
ミレイネはおやっさんの娘らしいですが、おやっさんに似つかずえらい可愛い娘だよなぁ・・・・・・・・絶対、母親似だよね!
語尾は「です」が基本のようなので、『BB爆外伝』のあおボンを思い出しました。
赤ハロというのは沙慈のパートナーになりそうな感じですが、1期の時に居たオレンジハロはまだ出てないような。
赤ハロにガンダムスローネがルイスの右腕を奪い、ガンダムスローネが正規のCB所属で無い事を教えられる沙慈。
今回は1期でのバラしがやたらと多い気がするのですが・・・・・・・・沙慈をCBに引き入れる為にはやむを得ない事か。
あと、CMに入る前に姫様がアロウズに拉致されそうな感じになってました。 w
 
 
 
>戦闘
やっぱ、この作品は気合いの入れ方が歴代でも最高だと思う。この作品の後続は、この作品のクオリティー以上を維持しなければならないから、大変でしょうね・・・・・・・・・ガンダムの監督とか、一度は憧れるものですが、この作品見てると、自分には無理だと感じる。もっとも、創作作品をやること自体、不可能かもしれませんが。
まぁ、『ガンダム』はこの作品で映像作品としては最後でも良いと思うのですけどね・・・・・・・・・・。
ダブルオーや2期のガンダム達も、トランザムは使用出来るようですが、ダブルオーがトランザムを使用しても、運用率は70%程。
しかし、せっさんが叫ぶと、反応して稼働するといった意味不明なガンダム。 w
多分、エクシアの太陽炉を使用してるから、機動したんでしょうね・・・・・・・・エクシアの太陽炉に学習装置みたいな物が付いてるのか分かりませんが。
なんか、『レッツ&ゴー』のGPチップ?だったっけ・・・・・・・・アレを思い出しました。あと、主人公達が必殺技名とかマシン名を叫ぶと、マシンが応答してましたよね?
なんか、そんな感じに見える、ダブルオーもエクシアも。
今回の2期の戦闘は、量産機がしぶといってのが、ポイント高いかなぁ・・・・・・・・『Vガン』も敵がだいぶしぶとかったけど、『OO』の2期はそれ以上に見える。
多分、味方の量産機が居ないし、素人の子供とかが操ってなかったりするから、『V』以上に敵がしぶとく見えるのかもしれませんね・・・・・・。
アナザー系ガンダムの場合でも、戦闘そのものはガンダムが圧倒的に強かったって印象しか無かった。
しかし、スメラギのアドバイスが無かったら、明らかにやられてたと思うし、せっさんの魂の叫びも無かったら、ピンチだったろうなぁ・・・・・・・・。
最終回近くでも無いのに、最初からクライマックスって展開が凄いよねー。
しかし、やっぱりセラヴィーは買いたいとは思わなかった・・・・・・・・動くと買いたくなる衝動になるんだろうけど、ヴァーチェ以上に鈍重そうってのが、現状の感想なので。
ヴァーチェの時、買ったのは、多分今までのガンダムに無かったフォルムだったし、ポーズが独特でしたし、親近感もあったし、斬新だったから。
まぁ、でも基本は動かないと買わないってタイプですかね・・・・・・・・・。
素立ちなんかだと、V2とかストライク辺りが好みですね。
 
 
 
>今週の中華娘
女狐ってのが、この2期での印象。1期の時は外見は可愛かったけど、2期では変わり過ぎたなぁ・・・・・・・・・・ってのが。
紅龍はあんま変わって無かった。多分、この作品に限らずアニメの作品では子供→大人だと劇的な変化があるんでしょうね。
イノヴェイターと呼ばれるリボンズやリジェネに報告してる辺り、腹黒いと言うか何と言うか・・・・・・・・・・・。
まぁ、この女もその内リボンズの計略で殺されるんだろうなぁ。
大体、ネーナがリボンズ達と同じ目の色をしているという事は・・・・・・・・・・・。
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中