第28話:アレルヤ奪還作戦

「貴方が泣かないからよ・・・・・・・・・」(マリナ・イスマイール)
 
 
 
 
>リボンズ
OP前にマリナ様が幽閉されてたみたいだけど、聞き逃した・・・・・・・・・・まぁ、リボンズの計画ではマリナも利用するに値する人材らしいけど、テレビっ子で、1クールだと殆どお荷物にしかならなかったキャラが化けるんでしょうかねぇ・・・・・・・・裏設定とかありそうにも思えないし。
あと、イノヴェイターっていうアンドロイドグループは、やはりイオリア・シュへンベルグが噛んでるそうです。
やっぱ、イオリアがラスボスなんでしょうかね・・・・・・・・・宇宙のどっかのコロニーに、脳みそだけをインプットした機械みたいなのがあって・・・。
しかし、イオリアの計画進行の為にソレスタルビーイングとイノヴェイターを用意したとしても、いつかは忘れたけど、リボンズが欺かれた時もあったような気がするんだけど・・・・・・・その場合はイオリアが自分の二面性を具現化させたイノヴェイターとソレスタルビーイングをそれぞれ戦わせて、どちらかの自分の思考に世界を任せるといった考え方なのかもしれませんね。
言ってる事が意味不明ですが、まぁ・・・・・・・・自分の考えではイオリアはソレスタルビーイングにもイノヴェイターにもどちらの陣営に対しても、世界を任せて居ないんだと思うんですよね。
しかし、連邦政府のお偉い人は人任せだな。宇宙世紀の地球連邦政府同様、上層部は腐ってる模様。あと、連邦政府のお偉い人が黒人で、オバマさんそっくりな気がするんですが・・・・・・・・TBSやプロデューサーはオバマ派なんでしょうかね。
 
 
 
>アレルヤ
「マリー」と呟き、怪しげな口枷に、ダボダボの宇宙服みたいなのを着させられて、椅子に拘束されてるアレルヤ・・・・・・・・・・。睡眠不足の為か、日光を浴びてないせいか、目の下に隈が出来て、精神的にもかなり衰弱してる模様。
でも、4年間もソーマ・ピーリスと面会さえさせてもらえず、堅そうな椅子に拘束で、口枷なんだから・・・・・・・・人道的に少々やり過ぎなような気も。
多分、これが人類革新連盟で、半年前の俺だったら、キレてるだろうなぁ・・・・・・・まぁ、実際には怒ってますけど、それを文字にして出したら、また言われそうだから、止めときます。
しかし、自分の言いたい事を言えないってのもある意味拷問ですね・・・・・・・・。
管轄の組織としてはアロウズなんだろうけど、マネキンさんの発言から、元人類革新連盟がやはり身柄を拘束したっぽいですね。
まぁ、AEUやユニオンにバレたら、人革はのけ者か、世論の批難を浴びるのがオチだから、当然の処置と言ったら当然の処置かもしれない。
実際、施設の護衛MSはティエレンだけだったし、やっぱ元人革の管轄の施設なんだろう。
ソーマと面会するのは今回が初対面のアレルヤですが、マリーという名の人物がソーマらしいので、4年以上前にも面識はあるみたいですね。
ソーマの方は記憶を改ざんされているようですが。しかし、アレルヤの台詞では別人格がソーマにも存在するそうなので、現段階では別人格がソーマの身体を支配しているって解釈で良いんでしょうかね。
まぁ、でもアレルヤがソーマと会った時のリアクションと言ったら・・・・・・・・ストーカーっぽく見えますね。
これで、ソーマに記憶が戻っても、アレルヤの片思いだったら、悲し過ぎるなぁ・・・・・・・・・・。
そういや、4年前の激闘後の回想シーンがありましたが、半壊したキュリオスには出番があるんでしょうかね・・・・・・・・・・エクシアもそうだけど、ジンクスのGNドライブが使えたら、結構脅威になるんじゃないかなぁ・・・・・・・・って思う。
 
 
 
 
 
>ソレスタルビーイング
せっさんが主人公過ぎて、なんだか笑う・・・・・・・・今まで、宮野氏が務めたキャラも想像すると、それだけでも爆笑しそうな気もするのですが。
ライルに関しては、ニール以上に楽観的な性格だなぁ・・・・・・・・と。しかし、ティエリアは「可愛い教官」とか言われて、内心喜んでるんじゃないんでしょうかね。 wその証拠に、相変わらずのツンデレ台詞。しっかし、声優さんって上手いよなぁ・・・・・・・って感じる。ロックオン役の三木さんは見事にニールとライルで別人をやり通してますし。三木さんって聞くと、自分は『ジーンダイバー』のドライとか『ポケモン』のコジロウやリザードン、ナエトルなんかを思い出しますが、他の作品のキャラはちょっと知らない。今頃思うんだけど、俺ってオタクじゃないんだよなぁ・・・・・・・・・萌に対する認識もエロ感覚でしか無いし、言うほどアニメや漫画、ゲームもやってないと思うし。何より、子供向けかSFのアニメや漫画とかの方がよく見るからなぁ・・・・・・・。
セカンドの『OO』は展開がサクサク進んで、良い感じ・・・・・・・・ファーストの時はコロコロと場面転換が多かったし、何よりも言うほど重要な回もそんなに無かったから、セカンドは時間が経つのを忘れるぐらいハマれる。
セカンドでは全てが伏線あるいは重要なところだと思うし、組織数も簡略化され、重要キャラも必要なところにしか出なくなったから、見やすくなったんだと思います・・・・・・・・・・ぶっちゃっけ、ファーストの沙慈とルイスの絡みとかテレビ見るだけのマリナ様とかセカンドでは必要だとは思うけど、しつこく出し過ぎたと思いますし。
スメラギさんについては相変わらずブルーになってます・・・・・・・・・・この作品に限った事じゃ無いけど、最近の創作作品は比較的年齢は成年のはずなのに、精神面的に子供っぽいって人が増えたような気がしてならないです。
現実に合わせてくれてるのかもしれないけど、やっぱ大人はこうあるべきという指標は定めた方が良いような気がするんですけどね・・・・・・・・・まして、30代とかは。(現実の方でも最近は30代が無差別殺人するケースが増えている・・・・・)
スメラギさんは4年前の激闘は自分の責任だと感じて、ソレスタルビーイングを降りたみたいですが、それって結局逃げてるだけのような・・・・・・・。
そういや、ファーストで”ある事件”を起こしたらしくて、それについてニールがフォローとかを入れて、彼女の精神をカバーしてたようですが、多分ニールが死んだから、ストッパーが居なくなって、だから”ある事件”の時のように逃げる事に走ったんじゃないかなぁ・・・・・・・・って。
そう考えると、ニールの存在ってソレスタルビーイングにおいてコアな存在と言っても過言じゃありませんな。まぁ、仇討ちで命を落とした事については個人的には褒める気にはなれませんが。
まぁ、スメラギさんの事は責められませんけどね・・・・・・・・・・・・・・・でも、4年前の激戦は止むを得ないと思うのですがね、そもそもアレハンドロが裏切らなかったら、ああはならなかった訳で。
しかし、4年前の時に何でトレミーを捨てて、狙撃用コンテナにクリスティナとリヒティも誘わなかったんだか・・・・・・・武装も持っていない鑑をあの状況で守る価値なんてやっぱ無かったように思いますね。
まぁ、それ言い出したら、トレミーに武装を最初から付けなかったイオリアの計画に問題がある訳で・・・・・・・・。
 
スメラギをフォローして、どうにかアレルヤを救出する作戦を頼むせっさん・・・・・やってる事が熱血主人公過ぎて、泣けてくる。
ファーストの時はヒイロっぽいとか思ってたけど、セカンドでの彼はヒイロじゃないよな・・・・・・・・もう。
沙慈に対しての会話でも、「自分だけ平和なら良いのか?」ともっともらしい投げかけをしたりする。
多分、今の日本人に同じ問いをしても、「うん」という返事しか返って来ないように思いますね・・・・・・・・・それか、否定した沙慈のように曖昧に誤魔化すか。
まぁ、でも別に干渉して良い問題でも無いと思いますしね・・・・・・・・ただ、ファーストの時の沙慈のように指を口に咥えて、戦争をやっている人達を主観的に示唆するだけでは駄目だとは思う。
しかし、沙慈見てると、過去のガンダムシリーズの主人公達みたいだなぁ・・・・・・・って思う。
まぁ、被害者面するだけで、何もやらずに、反抗するだけの今の沙慈には共感出来ませんけどね・・・・・・・・。
アレルヤも救出した訳だし、そろそろ世界に対して自分がどう向き合うべきか結論は出すべきでしょうね・・・・・・・・・まぁ、降りたところで銃殺刑が待っているだけだとは思うので、やはり銃を手にして、戦争をするしか無いと思いますけど・・・・・・・・・・・・。
でも、ミレイヤはどういう心境で、赤ハロを何の為に置いて行ったんでしょうかね・・・・・・・・・・・・・テレビかパソコン代わり?
 
 
 
 
 
>300秒の電撃作戦
300秒・・・・・・・・つまり、5分。実際の放映時間でも5分きっかりなのかどうかは計ってませんが、多分放映時間とリンクしてる事は無いでしょう。
こういう作戦って、『SEED』のブリッツとか『W』のデスサイズが活躍できるんだろうなぁ・・・・・・・・って思った。そういうガンダムを入れていれば、作戦成功率はかなり高まりそうな気がします。
わずかな時間で作戦考えるスメラギさんも凄いけど、この作戦に同意する皆の考えにも驚く・・・・・・・・・・・・ってか、アレルヤ奪還って、そんなに慌ててやらなくてもいいんじゃ・・・・・・・・とか思ったんですけどね。
こういうのって、普通基地内部とか偵察が基本で、夜間に襲撃する方が成功率高まるもんなんですが・・・・・・・・・・それだと、素人の浅はかな考えだから、やっぱ裏を突く作戦で、白昼の情報入手した段階で実行するべきだったんでしょうかね。
トレミーⅡにはやはり、前回の失敗から武装を装備したようですが、やっぱ素人でもⅠの時点でやっていれば、ソレスタの犠牲者減ってたんじゃ・・・・・・って思います。
トレミーⅡのビーム砲撃で、MSハンガーを破壊し、そのまま急降下で海面に突入し、波を発生させ、波で護衛MSを流してしまうといった大胆な作戦・・・・・・・・・・・今回の戦闘は中々戦術的に面白かった。
別方向の上空から、セラヴィーとダブルオーがアレルヤの居る搭に突っ込み、ダブルオーを降りた刹那がマリナとアレルヤを救出。
ダブルオーのサポートはセラヴィーのようですが、ティエリアさんだと不安で仕方が無いと思った。
前回、アヘッドかなんかに蹴られてたような気がするし・・・・・・・・・コーラに何度もピンチにさせられた事のある人だからなぁ。
セラヴィーのGNフィールドにライフルを放つジンクスⅢ・・・・・・・・・・その衝撃に、早くも苦しそうなティエリア。
それをカバーするのはライルとケルディム。素人に任せられないみたいな事言ってたティエリアさんですが、ケルディムとライルはあっさりとジンクスⅢをカトンボのようにバカバカ落としてたりする・・・・・・・・・・・。
ちなみにライルには射撃才能があるらしく、ライルの身体データの高さにスメラギさんも驚く様。
そういや、ティエリアと刹那はファーストの頃はファミリーネーム込みで相手を呼んでいたけど、今回はファーストネームだけで呼んでいる。
まぁ、ファミリーネーム込みだと生真面目というか、距離感がある感じだったんで、ファーストネームのみで呼ぶのは彼らなりの成長の証じゃないのかなぁ・・・・・・・・・って。
刹那なんて、ファーストの24話頃までフェルトをフェルト・グレイスと呼んでいた有様だったし。
 
 
 
 
 
>マリー・パーファシー
ソーマの本名らしい・・・・・・・・ソーマの元手が施設で無いとしたら、アレルヤも本名があるんでしょうな
そういや、この作品と『W』は何かと偽名というか、コードネームが多過ぎる気がしてならない。
しかし、アリオスの渡し方がえらい乱暴だな・・・・・・・・・・装甲が傷付いて、防御力脆くなる可能性もあるし、アレルヤが捕獲された場合、どうするんだか。
せっさんも4年間拘束されて、体力や精神力が切れかけてる事を考慮して、護衛ぐらいしてやれば良かったのに・・・・・・・・そんなに、あの貧乏姫が良いんでしょうかね。
ファーストでは言うほど絡み無かったように思いますし、せっさんの方が理論では押してた感じだったし。セカンドではマリナ様の扱いとか理論とか通れば良いんですけどね・・・・・・・・ガンダムシリーズの女性は基本的に男性よりも強いし。
 
しかし、アレルヤは4年間も拘束されていた上、ダボダボの宇宙服みたいなものでよく走れるなぁ・・・・・・・・・って思った。
アレルヤの脱走に紛れて、ライルの情報で投獄されていたカタロンのメンバーも脱走。
ついでにマリナ姫もせっさんと共に逃亡。
あの施設に強化人間と一般の人間、皇室の人までも一緒に投獄して良かったのか?とアロウズに問いたくてたまらない。
いくらなんでも、一国の女王様をレジスタンスみたいな組織グループの人間と強化人間を閉じ込めている施設に投獄したら駄目な気がしてならない。
この辺は脚本家のミスのような気がします・・・・・・・・・・・・常識的に考えても、ねぇ・・・・・・・・・・。
アレルヤの言葉に反応して、記憶の断片を蘇らせたソーマ・・・・・・・こと、マリー。
本名を呼ばれて、気が動転するところなんか見てると、以前のステラを連想させたりする。
まぁ、ガンダムシリーズの強化人間って、基本的に一般人が何らかの形で、肉体改造されるってパターンだから、ソーマもアレルヤもやはり、元は普通の民間人だったんでしょうね。
それと、ガンダムシリーズの強化人間は必ず悲劇的な死を迎えるのがデフォだったりします・・・・・・・・・俺の知ってる限りじゃ、ガンダムシリーズの強化人間で生き残った奴は一人も居なかったと思う。(スウェンに関しては劇中では生死不明)
だから、アレルヤの「必ず取り戻す」という台詞も実現はおそらく不可能かと・・・・・・・・・・・・。
でも、報われてるとは思いますよ、この作品の強化人間は。アレルヤもマリーもなんだかんだで、登場してから劇中の時間で4年以上は生きる事が出来たんだから。
まぁ、それから先生き残れるかどうかは分かりませんけどね・・・・・・・・・でも、俺の予想だと、アレルヤもマリーもセルゲイもその息子も全滅って形で終わるのが相場なんじゃないかなぁ・・・・・・・・と。
 
 
 
>再会
ファーストの時では「アレルヤ・ハプティズム、君はガンダムマイスターに相応しくない」とかほざいて、キュリオス毎、ヴァーチェの砲撃で撃破しようとしたティエちゃんが、「おかえり、アレルヤ」か・・・・・・・・・。
24話ぐらいで、「何故彼が死ななければならない!」とニールが死んだ事をせっさんへ責任転嫁してた有様だったのに、よく丸くなったもんだ。
ファーストの性格はツンツン、セカンドはデレデレってところかな・・・・・・・・・まぁ、ファースト時に”仲間”だった者以外には心を開いていないようだから、変わったと言っても・・・・・・・やっぱり、そんなには変わっていないのかもしれない。
今のところ、嫌いと言うか、心を開いていない相手は沙慈とライルってところか・・・・・・・・ミレイナとかは知らんけど、おやっさんの娘って事で了承してるのか。
せっさんもティエちゃんもファーストではファミリーネームまで含めた名前そのものを呼んでいたけど、今回のこの2人は相手のファーストネームを連呼するようになっている。
まぁ、心がオープンになったからだろうけど・・・・・・・。
ティエちゃんがファーストのままなら、沙慈をぶっ殺すだろうし、アレルヤも「捕まった?何という失態だ!万死に値する!」とか言って一人で基地ごと破壊しそうだ。
ライルにだったら、「私は君をガンダムマイスターとは認めていない。大人しく帰ってもらおう・・・・・・」とか言って押し返しそうだし。
まぁ、とりあえずティエさんの丸くなるっぷりは女の子だったら良いけど、男だったら気持ち悪いなぁ・・・・・・・・・・・って具合で。
しかし、そろそろいい加減主役級の女の子キャラクターがガンダムのパイロットやるとかしようぜ!・・・・・・・マジで。
まぁ、エマさんとかクリスは女の子じゃないし・・・・・・・ステラとかルナ、カガリは出番が殆ど無かったから、影も薄い。
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中