第39話:歌が聞こえる

「譲れないものはこちらにもあるッ!!」(ティエリア・アーデ)
 
 
 
 
 
>新OP
うーん・・・・・・・・・・・とりあえず、微妙?『SEEDDESTINY』や『コードギアス』、『エウレカセブン』と・・・・・・・・・クライマックスを盛り上げるべきアンカーの役目である4クールのOPにしてはミスマッチングだったと思います、個人的にね。ってか、今回のは歌がなぁ・・・・・・・・・歌単体として聞いても、個人的にうーん・・・・・・な感じですかね。
OP映像そのものについては頑張ってたと思いますよ、ってか相変わらず戦闘シーンが凄まじいな・・・・・・・。
 
まぁ、それでも『ニコ動』で1期の前期曲以上にOPMAD合戦が始まると思うのですが・・・・・・・・・・個人的には1期の前半OPよりもミスマッチングな感じがします。
 
 
 
 
 
>姫、保母になる・・・・・・・
ホント、この人本当にメインヒロインなのか、未だに疑問に思ってしまう・・・・・・・・・・。何ていうか、保母が板について、突然子供と一緒に合唱し始めるし。
ネタ抜きで哀れみしか感じなくなってきたなぁ・・・・・・・・・・・歌を歌うってのは末期の症状っぽく思えて。
シーリンの突っ込みは的を得ている。あと、俺は某ネズミ会社のキャラ達のように合唱とか穏やかな歌を聴いてると、背筋から鳥肌が立ってしまう。
だから、『マクロス7』、『マクロスF』とかは途中で切っちまったんですよね・・・・・・・・・どうも、キャラが歌とか歌い出すと、悪寒がしてしまって。
まぁ、『SEED』や『DESTINY』の時も歌の場面はすっ飛ばしてた。あと、『V』のエンジェルハイロウ戦とかね。
何ていうんだろう・・・・・・・・・・・カテジナさんと同じ気分になるんですよね、キャラが歌とか歌い出すと。
なので、マリナさんの歌は耳に入ってないです、すんません。ですから、タイトル名の意味も分からないまま。
ただ、スタッフロールのところは聞きました。でも、今回は新EDじゃなくて、姫のキャラソンのまんまでしたね。 w
あと、Cパートをカットしてたね、今回。
 
 
 
 
 
 
>ネーナ
伝達係、乙。今回は真面目にアムロ達の側で仕事したな、伝達だけだったけど。しかし、2期でのコイツとスローネドライの改造機の扱いは酷いなぁ・・・・・・・・パシリに伝達に、裏切りに・・・・・・・・・ってどんどん落ちぶれてる感じが。あと、そばかす消えてたかと思ったけど、やっぱりあったんだ。
せっちゃんはあっさりとネーナの言う事、真に受けてるし。やっぱ、せっちゃんは警戒心と疑うってもんが1期の頃から身に着いていない。
 
 
 
 
 
>ひろし
2期になってから、どうでもよくなったって感じです。1期の時はあれだけ憎くなったのに・・・・・・・・・。コイツもなんか、初戦闘の頃から可哀想に思えてきたんですよね、なんだか分からないけど。心の内は違うんだろうけど、アムロを「大将」と呼ぶ辺りとか。あと、身体の半身がサイボーグっていう噂とか聞いてると、可哀想に思えてくるんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
>アムロ
小説版で、Oガンダムのパイロットだったってネタバレがあったとか聞いたんですが、まさかその通りだとは。いや、Oガンダムのフォルム見てたら、誰でも予想が着くことか・・・・・・・・・・・せっちゃんも可哀想だな、こんな奴に救われてガンダムを”神の力”と妄信してしまうようになったんだから。(1期のリボンズの台詞より)
何ていうか、今回の台詞といい、ダブルオーガンダムの驚異の性能を見てからの反応といい、アレハンドロに継ぐ小者になりそうな気配がプンプンして仕方が無いんですよね。
あと、『OO』ってデジャブってか因果応報みたいなシーンが多いから、彼もアレハンドロみたいな結末になりそうでたまらないんですよね。
まぁ、せっちゃんがガンダムは「タダの巨大な無機物の塊で悪魔の虐殺兵器」でしか無い事に気付いたのならば、結果的には良い暴露だったと思うんですけどね。
大体、ガンダムって兵器なんだから、神とか正義とかそういうシンボルじゃないんですよね・・・・・・・・・客観的に見たら単なる虐殺兵器にしか過ぎない訳で。原爆と同じようなもんだと、俺は解釈してます。まぁ、ガンダムに限らず、MSそのものが虐殺兵器なんですけどね・・・・・・。
せっちゃんがガンダムを何と思ってるかは知らんけど、やっぱガンダム=神の力か神、救世主って価値観だと思うんですよね・・・・・・・・。
うーん・・・・・・・やっぱ、厨臭い。性格はヒイロと似てると思ったけど、無神論者のヒイロと組ませても相性悪そうだな・・・・・・・。
しかし、リボンズの考えは自分やイノヴェイターが神あるいは人類の手本って思考だから、コイツの考え方もなんかおかしいな・・・・・・・。
何ていうんだろう、思考の時点でな・・・・・・・・小者臭いって言うか・・・・・・・・とりあえず、ラスボスはグラハムかアリーでいいや。
 
 
 
 
 
 
 
>アレルヤ
いつもはハブラレルヤだったけど、今回はイレルヤだった。 wスメラギさんの「ごめんなさい」は「前回の戦闘、電池扱いしてサーセンでしたwww」って意味かと思ったら、マリーの事か・・・・・・・・。まぁ、GNアーチャーのパイロット伏線って事なんだろうな。
戦闘は参加出来て、おめでとうなアレルヤだけど、見せ場は無かった。目新しい戦法もギミックも。それは、ヒリングのガデッサも同じだったけど。
しかし、「ハレルヤが居なくてもーーー!」って台詞はなんか、情けないって言うか・・・・・・・ハレルヤが居なくなってから戦闘でハレルヤって言うのは流石に情けなく感じる。いい加減、ハレルヤ離れしろよ・・・・・・・・って思うんですけどね、ってか、戦闘の時だけ頼んでるような・・・・・・。
そりゃ、ハレルヤさんも呆れてってか、悲しくて出てこれないと思いますぜ。
 
 
 
 
 
>ティエリア
ブリングのガロッゾと対決。確か、『F91』の鉄仮面の名前がカロッゾでしたっけ?なんか、ガロッゾと言う度に鉄仮面を思い出して、仕方がない。
もう少しネーミングは捻って欲しかったなぁ・・・・・・・と思います。(ややこしいし)
1期の時は出生もライバルも因縁めいた印象がなく、単なるネタキャラでしかないコーラのライバルをさせられていた哀れなティエリアでしたが、2期ではイノヴェイターという強力なライバルが出てきてくれたおかげで、今までの屈辱を払拭させる働きを見せます。
ホント、1期の時は酷かったよな・・・・・・・・・・・・兄貴の足は引っ張るし、ヴェーダのプランは狂わせるし、いつの間にかコーラとライバル関係にさせられてるし、そのコーラは途中からティエリアキラーに化けてたし。戦闘については1期の頃でも散々だったけど、2期では徐々にマシになってきた感がします。
まぁ、それでも2期の初期はジニンさんに足蹴りされるとかみっともないとこもあったけどね!
とりあえず、マジで今回のティエリアは強かった・・・・・・・・・・・・・・・・今までの弱さ(コーラと同等の力)が嘘だったようで。名有りキャラを押してるティエリアさんって、実に新鮮。いや、ブリングがコーラ以下って可能性もある訳だが・・・・・・・・・・なにせ、ダブルオーライザーの一撃で機体をスクラップにした訳だからね・・・・・・まぁ、それはリヴァイブも同じだけど。
ティエリアさんは1期の頃とは違って、えらく人間的になってきたわな。「僕は人間だ!」って台詞まで言うようになったし。
しかし、ブリングは新キャラなのに・・・・・・・・・・・かませ犬だよなぁ。リヴァイブですら、1・2話ぐらいまでは華があったのに。ブリングは1話ぐらいしか目立った活躍してないような・・・・・・・・・・。
ところで、1期の頃は玩具と番組のストーリーの連携が取れてましたが、2期は微妙になりましたな・・・・・・・・ってか、活躍する機体がバラバラになったような。
ガンダム系はバンバン隠し玉とか切り札とかあるんだろうけど、ガデッサやガロッゾとかはどうなるんだろうなぁ・・・・・・・・・・・やられ役で終わっていくんだろうか?HGもロボ魂も用意されてるのに。
 
 
 
 
>セラフィムガンダム
背中の人、来た―――――!!背中の人の方が、カッコイイじゃねぇか。 wナドレみたいな髪の毛もねぇし。ケルディムの頭部でデザインもいい線行ってたと思う。(まぁ、買わないけど・・・・・・・・)
セラヴィーの抜け殻は遠隔操作出来るのか、分かりませんが、多分出来るでしょうね。分身攻撃か・・・・・・・・ガンダムシリーズでは新鮮だけど、他のジャンルだとベタだな、と思った。
トランザム状態のみなので、身体の色は分かりませんが、多分ナドレと同じで白だと思いますね。ナドレと言えば、MSVナドレがガンダム頭のシールド持ってたけど、アレもシールドが独立行動出来るんだろうか・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
>ライル
完全に忘れてたけど、アニューといい関係になってた。調べてみると、アニューの中の人は『ハヤテのごとく』のハヤテ役らしい。言われてみれば、声色が女装ハヤテと似ているなぁ・・・・・・・・・と感じた。この声優さんはあんまり女の子役ってやらないみたいな事をウィキで書いてたんで、この人のファンの人はチェックした方が良いかもしんないね。生枠の女の子キャラはレアだと思うんで。(多分)
でも、アニューってイノヴェイターなんでしょうね・・・・・・・・・個人的な初印象はリヴァイブの女版に思えたので。まぁ、それだけの理由ですね。もし、イノヴェイターじゃなかったら、それはそれで良いと思いますがね。彼女がイノヴェイターからティエリアのように情に流されて、人間に目覚めたとした方が悲劇だろうし。
しっかし、このロックオン兄弟はどうやら異性的に好きな人が出来たら、ペラペラと自分の本名を喋るらしい。根が素直と言うか馬鹿正直と言うか・・・・・・・・。
とりあえず、兄貴の彼女に手を出すような趣味は持ち合わせてないみたいですね。
 
今回、コイツだけ戦闘に参加しなかったのが分からんけど・・・・・・・戦闘をタイマンにしたかったんだろうね、多分。1期の頃も主戦力同士のぶつかり合いでハミ子が居たんで、2期はマイスターを減らした方が良かったんじゃないかなぁ・・・・・・・・って思います。
そうじゃなきゃ、アレルヤの出番が無くなっていく一方だしね。
あと、弟も今のところ存在意義が皆無に近い・・・・・・・・家族や兄貴への拘りが凡人未満だと思うし。
 
 
 
 
 
>マスラオ
ようやくお目見えのグラ・・・・・・・・・・ミスターブシドーの新型機。しかし、この人もよく乗り換えするよねぇ~。まぁ、同一機の改造の連続だから、厳密にいえば、まだ2体しか乗り換えてないか。しかし、ブシッドの出番が少な過ぎ。HGで出した意味無かったよね、全く。
フォルムはGNフラッグ+ブシッドって感じです。まぁ、ブシッドの時よりは好きですかね、デザインは。フラッグ系はデザインが個人的にも好きなので、全然悪い印象は持たない。しかし、フラッグは色が黒じゃなきゃ、締まらないと思うんですよ。量産機の場合は色がな、あんまり気に入らなかった。
でも、コイツの唯一の不満はネーミングセンスってところか。マスラオって・・・・・・・・・なんか、『サザエさん』のマスオさんを思い出して仕方が無いし、漢字で書いたら益荒男だし。もうちょっと、ネーミングは捻って欲しかったなぁ・・・・・・・・・・・ってか、ブシドーってやたらと日本けんびなんだから、漢字の日本名でも良かったんじゃないんだろうかって思う。まぁ、とりあえず今度からコイツを呼ぶ時は益荒男って言う事にしよう。
益荒男の方が個人的にしっくり来るわ。 w
HGで発売されるのは、多分3月かな・・・・・・・・アルケーが未だに出てないんで、アルケーの方が先かもしんないけど、アルケーと同時期に出る可能性もある。
しかし、益荒男といい、ガデッサといい、ガロッゾといい、敵エースの非ガンダム機体に限って、デザインは4機のガンダムよりも好きって、ガンダムスキーの自分にとっては初めての事だ。
益荒男には、ビリー曰く、隠し玉が用意されてるらしいですが、その隠し玉はエイフマン教授の残されたデータファイルかららしい。他所では劣化トランザムではないか?と予想されていますが、それはそれで面白いけど、個人的にはそうで無い方が良いかなぁ・・・・・・・なんて思ってますね。
とりあえず、GNフラッグみたいに2分でスクラップになることはないようにしてくださいね、グラハ・・・・・・・・ミスターブシドー。
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中