第41話:悲劇への序章

だからこそ、我々は連邦を打倒しなければならないのだ!」(クラウス)
 
 
 
>ハーキュリー
セルゲイ、サーシェスに続くおっさんキャラ。前回初登場なのに、早くも視聴者とOO世界の住人全ての視線を釘付けにする。 w
セルゲイの戦友にして、連邦に所属する軍人だったが、アロウズの非道に我慢ならず、とうとう軌道エレベーターを占拠する。
まぁ、今回は政治色に染まった話だったかな・・・・・・・・・その為、戦闘は数分に及ぶ益荒男とダブルオーライザーのトランザム合戦のみ。
エレベーター占拠後にエレベーター内に居る市民を人質に取り、アロウズ及び連邦に交渉を持ちかけるハーキュリー。
当然、要求は拒絶される訳ですが。セルゲイは何故かティエレンタオツー(青)で連邦からの大使として、ハーキュリーに反乱行動を止めるよう促しますが、ハーキュリーは当然拒否。
で、アロウズのオートマトンや連邦兵士は人質を殺し、それをハーキュリーの軍隊が殺したとアロウズが報道を歪曲する訳です。
 
 
 
 
>アロウズ
しかし、ハーキュリーはそれを布石として、逃げ延びた人質に真実を語ってもらうように考えたんですよね。民間人の政治的自立?、そういうのをハーキュリーは狙っていて、それが実行され、アロウズが滅べば自分はどうなってもいいみたいな事を語ってました。
でも、アロウズが政治的にも軍事的にも台頭するのって、防げた気がするんですけどね、民間人レベルでも。情報統制がどうこうってあるけど、民間人ってそんなに脆弱だとも思えないんですけどね・・・・・・・・・現実世界の民間人を見てれば。
第二次大戦頃ならともかく、第二次大戦後の先進国の国民の思想や道理は実に多種多様で独立的になったって感じがしますしね。
世界レベルで民間人を政治的に統制ってやっぱ無理があるんじゃねぇかなぁ・・・・・・・・・って思う。
それ以前にアロウズが誕生した経緯が知りたいなぁ、今のところそれが謎なんですよね。地球連邦からアロウズに派生した理由が今のところ、説明不足な気がしますしね。(個人的には)まぁ、ティターンズのような成り立ちで出来た組織なんだろうなぁ、とは思うんですけどね。(CBのような反乱分子の打倒による政治的安定を確保する為の軍隊のような理由かな?)
 
 
 
 
 
 
 
>セルゲイの過去
ぼちぼちと準レギュラーキャラの過去にも触れ始めた今回。以前はマネキンやスメラギさんでしたが、今回はセルゲイ。ハーキュリーと旧知の仲である事、セルゲイの奥さんが軍人であった事などが分かります。あと、ハーキュリー曰く不幸な出来事という事件でセルゲイの奥さんが亡くなった事も分かります。まぁ、とりあえず息子のアンドレイって若き日のセルゲイそっくりだなぁって思った。アンドレイが老けたら、セルゲイみたいになるのかぁ・・・・・って親子だから当たり前だけど、アンドレイの性格を考えたら、それは嫌だなぁ・・・・・・・と。
成人になってからまで、親父を恨んだり、憎むってどうなのよ?って思うんですよね・・・・・・・・まぁ、精神的に成熟してるのが成人とは限らない事は分かってはいるんですけどね。
あと、セルゲイの顔の傷ですか・・・・・・・あれも、奥さんが死亡したという不幸な出来事の一件と関係がありそうですな。
とりあえず、次回はタイトル名通り、誰かは確実に死ぬだろうから、死ぬ誰かの過去を語るのではないかと。このアニメに限った事ではないですが、そのキャラにスポットを当てる=死亡フラグみたいな感じがしますしね、個人的には。
次回はGNアーチャーやパイロットスーツのソーマ、ティエレンタオツー(青)とセルゲイのパイロットスーツが出てるので間違いなく一波乱あるでしょうね。
ソーマはGNアーチャーをこれから活躍させなきゃならないだろうし、セルゲイはあと奥さんが死んだ事を視聴者や息子に語らなきゃならない役目があるけど、それはハーキュリーがやった方が自然に見える。それに、ティエレンタオツーなんて旧MSを引っ張り出して、戦闘に出たら、それだけで死亡フラグだと思いますしね。
そうなると、やっぱタイトル名から判断しても、死ぬのは・・・・・・・・・・。
まぁ、ハーキュリーは死にそうな感じじゃないなぁ。息子に旧友の奥さんの事、伝えなきゃいけないし・・・・・・・・・・・まぁ、その役目はソーマでも自然、かもしれないけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
>益荒男
大真面目な話だったのに、締めがコイツだったんで、一気にギャグっぽくなった。 w黙ってりゃ、笑わなかったのに、相変わらず笑わすような事言うからな、コイツは。
最後の台詞なんかは子供向けアニメのお馴染み悪役がいう台詞だぞ。 w
外見はフラッグ+ブシッドって感じな益荒男。Gジェネで開発するのが楽しみな機体でもある。ってか、Gジェネは最近PS2のアナザーまで含んだシリーズが出てませんな、『OO』終わったら、出るのかな?
コイツの立体化は楽しみではあるが、多分3月頃にHGとして出るのが一番早い立体化ではないかと。ラスボスMSっぽいですしね。
今回は前回のCパートの場面を再利用。時間軸的にはエレベーター占領後にアロウズがオートマトン投入、その後に益荒男VSダブルオーライザーって形のようですな。
益荒男がトランザムするのは正直ちょっと萎えましたが、ダブルオーライザーと平等に戦うためにはやはり、トランザムしか無いんでしょうね。GN粒子キャンセラー・・・・・・・みたいなの出しても、ナドレのトライアルシステムと完全に被りますしね。それに、GN粒子キャンセラーだと、友軍機までも巻き込んでしまうし。
まぁ、でもトランザム使えるだけで対等な条件でも無かったようですけどね。案の定、動力源が疑似太陽炉だったので、あっという間に電池切れ。 w
今回はせっちゃんが怪我してるってハンデもあって、押してる感じでしたが、これ短時間でフィニッシュ決めなきゃ、トランザム終了後にやられますよね。 w^^;
どうせなら、教授がトランザムだけじゃなくて、太陽炉の開発にも成功してたら良かったんですけどね・・・・・・・・でも、最終決戦で実現しそうな感じもしますけどね。オリジナル太陽炉を積んだ益荒男。
結局、手負いの刹那にも気付かず、残る3機のガンダムの援軍で止む無く、子供向けアニメ定番の悪役と似たような台詞を叫んで逃げ帰るブシドー・・・・・・・・。 w^^;
もし、3機のガンダムが来なければ手負いの刹那を殺って、勝利の美酒に酔い痴れていたんだろうか・・・・・・・・・・?そういや、エクシアとの最終戦でも気付かんかったなぁ・・・・・・・・エクシアがトランザム終了後で、刹那が疲労困憊しているハンデに気付かず。
フェアな対戦を臨んでるのは分かるけど、手負いの相手かどうか見極めて欲しかったなぁ・・・・・・・・なんて思う、以前のブシッドでの対戦の時のように。
そもそも、MS戦でフェアな対戦自体が不可能に近いんだよなぁ・・・・・・・・MS同士には性能の違いがある訳ですし。まぁ、生身の対戦の場合でも道具を使う対戦ならば、五分五分な戦いとは言えない。
徹底的にフェアな対戦が出来るとしたら、やっぱ徒競争とか頭脳戦とか肉弾戦とかそういうのぐらいしか無いんだろうなぁ、なんて思う。
とりあえず、HG益荒男、早く出して欲しいなぁ・・・・・・・・・・なんて思う。最終回が来るまでには。
まぁ、ラスボスは間違いなくミスターブシドーでしょう、そんな気がする。1期の時も真・中ボスはグラハムだったしね。
 
 
 
 
 
>メメント・モリ
アロウズが隠していたのか、CBやカタロンが気付かなかったのか、もう1基あった大量虐殺兵器。あんだけ苦労して破壊したのに、もう1基って、破壊した当事者達からしたら絶望だろうなぁ・・・・・・・・。
メメント・モリでエレベーターを狙撃して、エレベーターを折るんでしょうね、やっぱり。
しかし、あと9話ですか・・・・・・・・それまでそれで話を持たせるんだろうかね・・・・・・・・・?
そういや、今回は姫さん、活躍せんだね。政治的にも軍事的にも物語のキーパーソンとしても絡まないから、歴代シリーズで一番影の薄いメインヒロインになりそうだなぁ、こりゃあ。
あと、沙慈か・・・・・・・・オーライザーに1回乗ったきりで終わるのかな。OP映像ではルイスと戦ってたのは刹那だったし。
ルイスと戦ってくれた方が存在感も増すし、ドラマ的にも盛り上がりそうな感じなんですけどね。
うーん、『OO』ってやっぱキャラが多すぎるんだよなぁ・・・・・・・・・一人ずつに平等にスポットを当ててる気はするんですが、政治や軍事に絡まないキャラは置いてきぼりって感じがしてしまって。
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中