第48話:命の華

>ラストミッション
ラストがヴェーダ奪還とか、内輪揉めもいいとこだなぁと。始まりがCBで終わりもCBか・・・・・・・・・世界にとったら大迷惑な話ですよね、最初から最後までテロリスト軍団に振り回される訳だから。
皆さんは今回の話、どう感じたか分かりませんけど、個人的には今のところ、うーんかなぁ・・・・・・・・・。そういや、1期の頃もCBの裏切り者絡みで一度崩壊したんですよね。裏切り者とか派閥が出来なきゃ、崩壊しない組織(テロリスト)って、今考えたら恐ろしいなぁ・・・・・・・って。世界がどう手を下そうが、結合しようが倒せない訳なんですからね。CB内部で混乱しないと。
1期と比較したら、アレだけど1期の方が面白かった気がする。個人的には、ですよ。あと、歴代のガンダムシリーズで同じ組織同士で戦ったりする事って無かった気もするから、それもあるのかも。
いや、一番面白くない原因にしてるのはアロウズがいつの間にか完全にハブられてる事か、あと1話あるとしてもホーマー・カタギリとか中国人風の幹部居たように思うんだけど、彼等は無事に消化出来るんでしょうかね?
ってか、ホントアロウズの扱いが可哀想。
 
 
 
 
 
>リボンズの目論み
人類方舟計画とか、俺の小説と同じネタやっとる。 wこれから書くつもりのマジ小説のオチもそのネタやるつもりだったのになぁ・・・・・・・・・・・これじゃあ、二番煎じじゃないの。
外宇宙脱出にはイノベイターと呼ばれる人工アンドロイド、ルイスのような薬中が選ばれるんでしょうね。当のリボンズはGN粒子を浴び過ぎて、覚醒したせっちゃんが真のイノベイターという事に気付いてはないが。 w
 
 
 
 
>特攻
ブリングの大量生産見て流石に吹いたけど、連続トランザムは爆笑しました。ガロッゾって見かけがアレなだけに集団で集まるとキモいの何のって・・・・・・・OO最後の量産機がガロッゾとは正直思わんかった。それもミサイルみたいな役割ですしね、ブリング達にもはや意識すら与えられていないようだから、マジでリボンズ鬼畜過ぎ。 w
これじゃあ、強化人間と同じ役割じゃねぇか。
 
 
 
>アレソマ
ノアの方舟を連想させるリボンズの母艦に侵入すると、雑魚退治。ソーマさんは電池切れで襲われてましたね。相手にしてたのがよく分からなかったけど、人では無かったと思う・・・・・・・・・・・・オートマトン?それの巨大版か大群に襲われてたような。
しかし、アレルヤはセカンドシーズンでは最初から最後までいいとこ無しで終わりましたね。 wまだ来週だけチャンスありますが、もう俺は期待してない。
ハレルヤさんになってもMA形態でワンパターン攻撃は止めて欲しいですしね^^;まぁ、番組が面白くないように感じるのはハレルヤさん居ないせいかと。
 
 
 
 
>ライル
対戦相手が唐突にひろしなのが意味不明でした。今まで対決した事も因縁もある相手でも無かっただけにこの展開は萎える。あれだけ、ティエリアが仇呼ばわりしてたのに、ライルがひろしの相手かよって突っ込んだ人は多いはず。
あと、建物内でデカい得物振り回してる割に着実にケルディムを責めてるところが兄と弟の実力の差っていうものをモロに感じるというか・・・・・・。
まぁ、ここまで来たらライル死なないで欲しいですけどね。兄貴と同じで家族の仇である男に葬られるのだけは流石にねぇ・・・・・・・・。
ってか、ライルはあんまり良いとこ無かったように思う・・・・・・・・番組的に。アニュー絡みのとこが良いところかもしれないけど、そのアニューの死に方も物足りなさがあったから、番組的にはあまり必要無かった人じゃないかなぁって。
ってか、ライルのデータ見て驚いたスメラギさんの説明もこのままだと消化不足だしなぁ・・・・・・・・・・・てっきりあの場面の為にライル作られたキャラだと思うのですけどね。
 
 
 
>ティエリア
で、この人はヴェーダ奪還のためにズッコケ二人組に邪魔される始末。あのズッコケ二人組ならアレルヤかライルかソーマに任せりゃ良いものをって思っちゃうんだけど、まぁしょうがないですね・・・・・・・・。
リヴァイブの反応見るにリヴァイブは普通に良い人そう。最終回では仲間になるかどうか期待。
意外トランザムでこれまでの活躍を清算して、「あぁやっぱりティエさんだ」って思った人も多いんじゃないかと。
しかし、ちゃっかりヴェーダ内に侵入してる辺りある意味作戦だったのかもしれませんね。
そういや、リボンズが生きてる場面見逃しましたが、やっぱリジェネ死んだっぽいですね。まぁ、ティエリアがその仇を取ることにも期待しましょう。
 
 
 
 
>コーラ
あぁ・・・・・・・・・死んだ。最後にお互いのファーストネーム呼び合う辺り、これはマジかもな・・・・・・って思った。ギャグキャラだから死んでないかもしれないけど、セカンドではあんまり登場しなかったし、ギャグってか一途に恋をしている青年って具合だったし。
死んでたら、素直に良い場面、死んで無くても良い場面だとは思うけど、やっぱ生きてたら個人的に良い場面とは思えんかなぁ。
しかし、このキャラやグラハム、セルゲイ居なかったら『OO』はネトラーからも支持されなかったんだろうなって思う。これらのキャラ居るだけで作品を支持するってのもどうかと思うし、これらのキャラ居るだけで支持している人も少なそうだけどね。
でも、『OO』は過大評価され過ぎな気がしますね、ネットだと。
 
 
 
 
>刹那
みんながボロボロに疲労困憊していく中、へたれなアンドレイとキチガイとなったルイスの相手しているだけにダブルオーライザー、未だに無傷。これで最終回もボロボロにならずに戦闘終えたら、叩かれる人には叩かれる機体になるんだろうなって思う。
ホント、最終回だけで良いからいい加減にボロボロに壊れてください。まぁ、ボロボロになったら沙慈の身も心配ではあるんですけどね。
しっかし、ルイスは恐ろしくなったなぁ・・・・・・・・・・黒田さんって人の作品を『OO』以外に見たこと無いけど、こういうのが好きな人なのかなぁと思った。
まぁ、俺も幸福だった人が不幸になって狂人化するって展開とかやり方は好きですけどね。まぁ、そういうのが好きな人って性格悪いんでしょうけどね。人の不幸を嘲笑うような人は。多分、そういう人は属性が陰湿かつ粘着なんだと思う。
 
 
 
 
 
>ビリー
コイツだけだな、成長してないの・・・・・・・・。それもダークに染まる動機がコイツだけしょぼ過ぎて、なんかコイツに腹立ってきた。伯父さんはアロウズの指令だし、コイツの一族は一体何やってる一族なんだろうなぁって。
しかし、最終回までビリーとスメラギの問題片付けないとは思わなかった。まぁ、スメラギさんが途中でリタイアしたら、艦長兼戦術予報士って役割の人が居なくなるから、それはそれで困る。
そう考えると、この問題は最終回まで残すべきだったんでしょうね。しかし、ビリーのダーク化動機がしょぼ過ぎるのがなぁ・・・・・・・・30過ぎたおっさんがネチネチとしょうもない事に拘るなよって話ですよね。
 
 
 
 
>感想
あと1話で本当に終われるの?
なんか未消化になりそうなキャラが多そうな上にあのキャラやこのキャラが居ないって事が多過ぎて・・・・・・・・・・・。しかし、今まで大量に片付けてきただけあって死亡キャラは極端に少なかったですね。
いよいよ、来週が最終回だけど、この分だと51話がありそうな予感もしてきたような・・・・・・・・・・だって、未だにラスボスMSが出てこないですしね。
ラスボスメカがMSなのかMSではないのか分かりませんが、このまま行けば確実にリボンズがラスボスなんだろうなぁ、しかし彼がラスボスだと『OO』が最終的にはつまらなく感じてしまうのもなぁ・・・・・・・。
やっぱ、イオリアがラスボスの方がしっくり来る。そもそもCBの産みの親だし、ここまでゴタゴタにさせた張本人なんですから、悪人でしょうよ。
イノベイターとかそういう諸々も作った訳なんだから。
それに200年後に外宇宙へ人類を飛びさせて、何らかの生命体とコンタクトを取るって目的はあまりにも先が見えていない曖昧な計画な上に漠然とし過ぎてる目標だと思うんですよね。
 
それに外宇宙へ飛び立った人類が未確認生命体とコンタクトを取った場合、最初は友好的だったにしても、最終的には侵略という形になると思う。
大航海時代が良い例ですしね。
そういう悲劇にさせない為に生み出したあるいは革新させた人類がイノベイターと言うなら、彼等こそが宇宙人とコンタクトを取るに相応しい人類だと、イオリアはそう考えたのでしょうね。
広告
カテゴリー: 機動戦士ガンダムOO 感想記 パーマリンク

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中