USJには存在しない海外のアトラクションを紹介しよう

USJに現時点で存在しないアトラクションをまとめてみた。Youtube動画の投稿者は管理人ではありません。また、USJにそのアトラクションが登場した場合は記事の該当部分は削除してもらいますのでご了承ください。ネタバレ注意でお願いします!! 当ブログではアトラクションのネタバレについての苦情は受け付けません。映像の視聴は各個人の責任を持って視聴してください。

 

①Revenge of the mummy(ミイラの逆襲)・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=sK9gTdc9wJU

原作は映画『ハムナプトラ 黄金のピラミッド』。元々の原作は1930年代に書かれた小説でハリウッドで『Mummy』として映画化された。その後、1950年代に1度目のリメイクが行われ、1999年にアトラクション題材の映画が公開された。アトラクション題材の映画は2度目のリメイクになる。原題はリメイク前と同じタイトル名だった気がするが、日本では改題されている。USJではウォークスルー形式のアトラクションが期間限定で導入された。ホラー要素が日本でも受けることは『バイオハザード』や『進撃の巨人』で判明しているので、次回作のアトラクション候補としては可能性が高い。以前のアトラクションは『ETアドベンチャー』だったらしい。

 

②The Simpsons ride(ザ・シンプソンズ・ライド)・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=l8hThid_BTI

原作は20世紀FOXの国民的人気アニメ『ザ・シンプソンズ』。アメリカ版クレヨンしんちゃん、サザエさんなどとも呼ばれる長寿番組。21世紀現在の今でもブラックユーモアがウリになっているギャグアニメ。たまに社会風刺ネタも盛り込んでる。日本ではFOXチャンネルで視聴できる。過去に映画化もされた。元々のアトラクションは「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ライド」だったが、映像の古さと2015年が近かったことからシンプソンに切り替えられた。以前のアトラクションのキャラクターだったエメット・ブラウンがゲスト出演している。以前のアトラクションと違って約数分延長している。あと、『カリブの海賊』、『ウォーターワールド』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ジャイアント・ベビー』のパロディ要素がかなり多い。

 

 

③Harry Potter and Escape from gringotts ride(ハリー・ポッターとグリンゴッツからの脱出走)・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=DJHfF2udZv8

「ハリー・ポッターとグリンゴッツからの脱出」。海外のハリー・ポッターエリアに新しく作られた第二のアトラクション。原作はおそらく『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』~『ハリー・ポッターと不死鳥と死の秘宝』。目覚めたヴォルデモートからハリーたちと共に脱出するアトラクション。見た感じ、アニマトロニクスや映画のセットと映像を交互に組み合わせたアトラクションに見える。USJに投入される可能性は限りなく高いと思うが、おそらく5年ぐらいはかかる気がする。

 

④Men in Black Alian attack‼(メン・イン・ブラック エイリアンの襲撃!!)・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=zNdiTmYlbEc

原作は都市伝説の「メン・イン・ブラック」を映画化させた1999年のハリウッド映画『MIB』からである。シューティング型のライドアトラクションで3Dメガネを装着して敵を倒す事でスコア表示が出る。スコアを競い合うゲーム型アトラクションっぽい。USJに投入される可能性は低いと言える。土地面積を割と使用するので狭い日本では無理だと思う。USJで言うと、ウォークスルー形式の期間限定アトラクション「バイオハザードリアル」がこのアトラクションに類似すると思う。但し、スコア表示とシューティング、サバゲーぐらいしか共通点がない。

 

⑤Despicable Me Minion Mayhem the ride(ミニオンメイヘムと卑劣な私)・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=c2qmFuskW9k

原作は『怪盗グルーと月泥棒』。2013年に公開されたユニバーサルスタジオの3Dアニメ映画が元になっている。USJのパレードでも頻繁に登場するようになったミニオン達のアトラクション。日本でもミニオンの映画がCMで宣伝されまくってるので、USJに次に導入されるアトラクションの可能性が高いと言える。以前のアトラクションは「ターミネーター2:3D」だった。つまり、ショーとシアター形式のアトラクション。動き自体は『シュレック4D』並に激しい。USJに導入する場合は「ターミネーター」を潰す事になるので、導入は沖縄のUSJの可能性が高い。

 

⑥Madagascar Crate Adventure(マダガスカル・クレート・アドベンチャー)・・・・・・・・・・・・・ ttps://www.youtube.com/watch?v=ch7EhuhLI0E

原作は2003年頃に公開されたユニバーサルスタジオの3Dアニメ映画『マダガスカル』より。アトラクションのタイプとしては「ディズニーランド」のカリブの海賊に近い。激しい動きや気持ち悪い場面が少ないので、子供向けのアトラクションだと思う。出てくる動物はアニマトロニクスなので、「ジャングルクルーズ」にも近いかもしれない。日本では映画の知名度と人気自体が低いので、導入の可能性は低いと言える。

 

⑦Transformers: The  3D ride(トランスフォーマー・ザ・ライド・3D)・・・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=ARJHpBgu1vM

原作はタカラトミーの玩具「トランスフォーマー」。それを元に2007年に公開した映画『トランスフォーマー』を基にしている。以前のアトラクションは『アメイジング・オブ・アドベンチャー スパイダーマン・ザ・ライド」だった。全米でナンバーワンのアトラクションという記録を持つが、仕掛けや内容の作りなどは「スパイダーマン」と酷似している。かつては「ユニバーサルスタジオシンガポール」の独占だったが、ハリウッドに輸入された。沖縄のUSJに作られる可能性が高い。

 

⑧Poseidon’s Fury  Adventure (ポセイドン憤怒の大冒険)・・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=FQWXqqm83PQ

原作は『ギリシャ神話』の「オリンポス12神」。海神ポセイドンと全能の神ゼウスによる激しいパワーバトルアトラクション。ウォークスルー形式のショータイプのアトラクション。

 

⑨Hollywood Rip, Ride, Rockit Front Seat on-ride(ハリウッドライド)・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=JjI2a8wRe34

原作はUSJのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」という噂。コースターの作りは若干違うが、音楽を聞くコースターや足場がないなど共通点が多い。

 

⑩Rapid River Ride Adventure Jurassic Park・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=HhQjZ8N6efE

「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」のラピッド型ライドのアトラクション。肉食恐竜が外に居たり、破壊されているのがライドに変更されていたり、コースの内容が全般的に違う。しかし、建物に入ってティラノサウルスと遭遇する点は共通している。全体的にコースが長い。

 

⑪Puss in Boots’ Giant Journey ROLLER COASTER! ・・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=mCK9PhKw0eY

原作はペロー童話の『長靴をはいた猫』。映画『シュレック』に出てきた長靴を履いた猫のキャラクターが主演するアトラクション。ジェットコースタータイプ。置き物やらセットなんかがあって途中で音楽が流れる。一昔前の日本の遊園地のミニコースターっぽい雰囲気。

 

⑫ET Adventure・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=h8GMLGSyRNw

原作はスティーブン・スピルバーグ監督の映画『E.T.』(1982年)より。かつてUSJに存在したアトラクション。世界で唯一オーランドだけ取り壊されていない。USJはこのアトラクションを潰した後に「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」を新しく建造した。ライド自体は子供向けで激しい動きがないが、気持ち悪く不気味なシーンが多い。

 

⑬Sesame Street Spaghetti Space Chase ・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=MBQlyDL_Le0

直訳は「セサミストリートのエルモのスパゲッティ宇宙競争!!」。原作はアメリカの英語教育テレビ番組『セサミストリート』より。エルモの単独アトラクション。おそらくETアドベンチャーと同じタイプで激しい動きがない。子供向け。多分、女子や子供は滅茶苦茶喜ぶと思う。

 

 

⑭The World´s Largest 3D Experience | King Kong 360 3D(世界で一番長い3D体験! キングコングの360度3Dシアターバスツアー)・・・・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=PsXUIo2KS2g

原作は1930年に公開されたユニバーサル映画『キングコング』。それを忠実にリメイクした2005年映画『キングコング』からのアトラクション。過去に3回ほどリメイクと続編が作られた。円谷プロダクションの特撮映画でもゲスト出演した。世界で一番有名なゴリラ。任天堂が稼働開始した『ドンキーコング』は商標権の問題で裁判沙汰になった。昔はアニマトロニクスを利用した専用のアトラクションがあったが、山火事で消失した。ユニバーサル映画の代名詞と言える映画なので、2005年の映画公開後にバスツアー形式の3Dシアターアトラクションを作り上げた。距離が滅茶苦茶長いので日本のUSJの敷地面積では無理だろう。

 

 

 

⑮Studio Tour, Universal City, California,(スタジオツアー!!)・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=ws5zx6TjMG0

スタジオツアー。

 

⑯KingKong The Ride・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=06isrXym-40

1980年代~2000年代まで稼働していたアトラクション。「キングコング 360度バスツアー」の前身。原作は1933年にユニバーサル映画で公開された怪獣映画の『キングコング』より。この映画が生まれた事で任天堂はマリオやドンキーコングなどの有名なキャラクターを生み出すことに成功した。説明するまでもなく、映画史を語る上で外せない特撮映画でストップモーション技術を使用している。海外のユニバーサルスタジオではアトラクション化する上で原作を多少アレンジしている。ライドは夜のニューヨークエリアをバスで見学するという内容。1930年代のニューヨークで暴れているキングコングと遭遇した乗客たちは炎やバナナの匂いなどを感じる事が出来た。このアトラクションは2000年代の大火事で焼失したらしく、その時に貴重な映画フィルムや資料などが紛失したらしい。原因は山火事だったらしい。アトラクション内は屋内で実際の炎を使用していたので、それも火事の元になってたんだと思う。このアトラクションの一件で水を使用するアトラクションやスモークを焚くアトラクションが増えていった気がします。アトラクションの元ネタになった『キングコング』は1933年に大成功を収めて色々な創作物にパロディ化されたり影響を与えられていった。日本の円谷英二は『キングコング』を見た事で『ウルトラマン』や『ゴジラ』などの特撮作品を世に提供していくことになった。キングコングはその後のゴジラシリーズでゲスト出演することになる。1970年代には続編が公開されて、2005年にはフルCGでリメイクされたが、思うようにヒットしなかった。ユニバーサル映画と言えば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ジョーズ』、『E.T.』が出る前までは『キングコング』や『フランケンシュタイン』なんかのモンスター映画や特撮映画が有名だった。本場のユニバーサルスタジオでは2000年代までライドアトラクションとして稼働していたようだが、現在はリメイク作品を原作にしたバスツアーアトラクションに変更されている。個人的にはこのアトラクションはUSJにも入れた方が良かったような気もする。『キングコング』の影響で任天堂は1980年代に『ドンキーコング』を発売して大成功することになるが、ユニバーサル映画に著作権の侵害行為として裁判沙汰で訴えられる事になった。ちなみに任天堂はこの裁判でも勝訴している。その後、2013年頃に任天堂はUSJやユニバーサルスタジオに向けてマリオや任天堂のゲーム作品のライセンスの貸し出しを認めるようになったので、和解してると思われる。ちなみに『キングコング』の映画は1983年~1993年頃にパブリックドメイン化されているので、現在はインターネットの動画サイトなどで無料で見れる。キングコングのキャラクターの商標権などは未だにユニバーサル・ピクチャーズが保有しているが、本場ユニバーサルスタジオではバスツアーアトラクションぐらいしか見かけない。日本では映画を知ってる人がほとんど居ないのでテーマパークに扱われる事さえもされていない。

 

 

⑰Back to the Future The Ride・・・・・・・・・・・ttps://www.youtube.com/watch?v=6kw4G6T6vdg

原作はSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。原作映画は1985年に公開されて日本とアメリカで大ヒットした。日本人が一番好きな洋画ランキングで1位だったというサイトも存在する。映画は3部作構成になっていて、それぞれの作品は続編という扱いで物語が繋がっている。いわゆるタイムトラベル映画で、この映画が上映されてからはタイムトラベルやタイムスリップを語る上でこの映画の内容を例題に出す創作物や科学者も多い。映画はヒル・バレーという郊外を舞台にして、1955年、2015年、1895年の順番で次々にタイムスリップしていく。アトラクション内では2015年→1955年→氷河期→中生代白亜紀の順番でタイムスリップしていく事になる。ほぼ全てのユニバーサルスタジオで導入されていたアトラクションだったが、映像の古さと映像機器のアスペクト比を合わせるのが難しくなった事や劇中の未来だった2015年が過去の時代になってしまったので、ほぼ全てのユニバーサルスタジオのアトラクションで取り外される事になった。日本のUSJは唯一「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」を採り入れたテーマパークだったが、2016年6月に終了する運びになってしまったので、現在は「キングコング・ザ・ライド」と同じく過去のアトラクションという扱いになってしまっている。ちなみに本場ユニバーサルスタジオでは『ワイルドスピード』か『ザ・シンプソンズ』のアトラクションに切り替えになり、殆どの動きは『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』の動きを模倣している。日本では跡地が『ミニオンズ』のアトラクションに切り替わる予定だが、『ミニオンズ』は本場ユニバーサルスタジオでは『ターミネーター2-3D』の跡地になっているので、おそらく『ミニオンズ』のアトラクションの動きやシステムは『ターミネーター』などに近いと思われる。USJでは2015年以前から『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』を取り潰す計画があったらしいが、『ザ・シンプソンズ』の日本での知名度が低過ぎる事と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の人気から取り潰すタイミングを見計らうのが難しかったとも言われている。『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』のアトラクション映像は25周年記念のブルーレイディスクのおまけ映像として収録されているので、映像自体はレアというほどの物じゃなかったりする。アトラクションの動きが交通事故並に激しいので乗り物酔いや吐きそうになる人が多かったアトラクションだった。アトラクション自体は1990年に制作されて、1990年にオープンという運びになった。アトラクション映像のミニチュアや背景などはスティーブン。スピルバーグが総指揮で製作している。客の大半はあの映像がCG映像やセット模型と思いがちだが、実際には数十分の1のミニチュアやペーパークラフトを基にした映像になっている。あの映像に出てくる建物や背景は殆どがペーパークラフトか小さい模型なので、CG映像というか、特撮に近い。1990年に制作されたアトラクションだったので、後の『ジュラシック・パーク』のアトラクションとティラノサウルスを出演させるのが被ってしまう事になった。映像自体も古いし高画質になるほどミニチュアやペーパークラフト感が鮮明になり始めたので、アトラクションの切り替えは英断のようにも感じる。アトラクションはデロリアン型のライドで、8人乗りになっている。仕組みとしてはデパートのロデオマシンのような遊具と同じ仕組みでライド自体は全く前進や後進していなかったりする。映像が緩急になっているので、急速に前進や後進しているように目が錯覚しているだけに過ぎない。アトラクションの待ち時間は約90分程度だったので、定番のアトラクションだった。ユニバーサル・ピクチャーズにとっては『キングコング』に続いて看板作品としてユニバーサル・ピクチャーズを支え続けた映画だったと思います。まぁ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が公開された後には『ジュラシック・パーク』のような看板作品もあったのでユニバーサル・ピクチャーズにとっては1930年代と1980年代は映画の黄金期だったと言えます。

 

キングコング [DVD] FRT-032


バック・トゥ・ザ・フューチャー [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [DVD]


ジュラシック・パーク [DVD]


E.T. [DVD]


ターミネーター [DVD]


ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [DVD]


アメイジング・スパイダーマンTM [SPE BEST] [DVD]


アメイジング・スパイダーマン2TM [DVD]


ジョーズ [DVD]


ジョーズ 2 [DVD]


バックドラフト [DVD]


ウォーターワールド [DVD]


シュレック [DVD]


ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]


ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版) [DVD]


ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション [DVD]


トランスフォーマー [DVD]


マダガスカル スペシャル・エディション [DVD]


メン・イン・ブラック [SPE BEST] [Blu-ray]


怪盗グルーの月泥棒 [DVD]


サンリオアニメ ベストセレクション 50 ファンタジー編 [DVD]


エルモと毛布の大冒険 [SPE BEST] [DVD]


スヌーピーの大冒険 [DVD]


スーパーマリオ3Dランド


ONE PIECE FILM Z DVD


ドラゴンボールZ 神と神 [DVD]


DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]


映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! スペシャルプライス版DVD

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク