限定品! ナノブロック:ヴェロキラプトル(USJ)(LEGO-Nano Block:Veloci Raptor(Universal Studios Japan Ver.))

「今日はUSJのお土産屋で定番になっている「ナノブロック」の「ヴェロキラプトル」を紹介していくよ!!」

 

IMG_3867 IMG_3868 IMG_3869 IMG_3870 IMG_3871 IMG_3872 IMG_3874 IMG_3875 IMG_3865 IMG_3866 IMG_3873 IMG_3876

 

>ナノブロックとは?

世界最小のレゴブロックと謳われるブロック式の玩具です。日本のカワダの商標登録にもなってます。

カワダはレゴ社と提携関係を結んでる仲でもあるので、外国人の人には「日本のレゴブロック」と言えば通用する気がします。

ナノブロックは建造物やキャラクター、動物などを対象にしており、ポケモンセンターやUSJ、ディズニーランドにしかない限定品なんかもあったりします。

ブロック式のパズルになっているので、大人は勿論小さなお子様にも素敵な知育ゲームになっている玩具でもあります。

大体のナノブロックはレゴブロックよりもパーツ数が少なく、小さいパーツがあるのが厄介ですが、完成までには30分~1時間程度しかかからないというお手頃なアイテムになっています。

カワダと関係ありませんが、日本のテンヨーというメーカーが作っているナノパズルもオススメです。

レゴブロックやナノブロックと違って、簡単にバラバラになり難いパズル玩具になっているので、プラモデル感覚でサクっと作れると思います。

ナノパズルの方は兵器やガンダム、スターウォーズ、建造物、人工衛星なんかがラインナップにあって、メタリック調の3Dパズルになっていて、プラモデルよりも簡単に作れるし、バラバラになり難いので、インテリアとしてはそちらの方がオススメですね。

レゴブロックやナノブロックは基本的に繊細なので、少し動かすだけでもバラバラになるのが厄介でしょうか。

USJやポケモンセンター、ディズニーランドに展示されているナノブロックは頑丈そうなガラスケースにきちんと保管されていて観賞用になっていました。

ナノブロックを組んで飾る際はコレクションケースが必須になる気はします。接着剤やボンドなどで固めようとすると、パーツが割れたり取れなくなるので、それもそれで厄介ですからね。

USJのナノブロックはヴェロキラプトル以外にジョーズやセサミストリート、キティ、スパイダーマン、T-800なんかがあった気がしますが、基本的にバラバラになり易い構造なので、完成後に飾る事を考えてる場合はコレクションケースが必須だと思います。

まぁ、私としてはインテリアやフィギュア感覚で飾るのなら、テンヨーのナノパズルの方がオススメですけどね。

どちらも似たような値段だし、再限度はナノパズルの方が高い訳ですから。

ナノブロックはドット絵やデフォルメ前提で構成されているので、女性や子供には大人気かもしれません。

ただ、完成後にバラバラに崩れやすい脆い構造だけはなんとかして欲しいなって思うところです。

レゴブロックは5歳以下の子供でも簡単に組めましたが、ナノブロックは相当脆いので、完成後はコレクションケースに保管は必須でしょうね。

日本は地震が多い国なので、地震が起きた時点でバラバラに崩れ去るでしょうから。

 

 

>ヴェロキラプトル

実在の生物です。白亜紀のサハラ砂漠などで繁栄していました。『ジュラシック・パーク』のメイン恐竜として活躍。カラスや霊長類以上に賢い頭脳を持ったハンターと言う事で、ティラノサウルス以上に恐ろしい獰猛な動物として描かれていました。

現実のヴェロキラプトルはカラフルな羽毛を生やしてたらしく、体長も70㎝程度しか無かったそうです。映画公開時からヴェロキラプトルの化石データは詳しく分かっていましたが、鉤爪が印象的だったので、原作者のマイケル・クライトンが体長を2メートルから3メートルに引き延ばしたり、鉤爪を強調したらしいですね。

『ジュラシック・パーク』作中のヴェロキラプトルは現実の恐竜で言うと、ディノニクスと呼ばれる恐竜の方が近いそうです。

しかし、ディノニクスの脳容量はそれほど大きくなく、頭蓋骨の形なんかもアロサウルスやティラノサウルスに似ていて、体長3メートル以上が平均的らしいんですよね。

チーター的な恐竜は色々居ると思うんですが、ディノニクスとヴェロキラプトルの特徴を兼ね備えた恐竜が中々見つからなかったので、空想上の生物のような、ヴェロキラプトルが生まれたとも考えられますね。

『ジュラシック・パーク』作中の恐竜はカエルやトカゲ、鳥のDNAを欠如したDNA部部分で補った遺伝子的なキメラ動物として描かれているので、設定的には問題がなかったりする。

本物の恐竜でない事を説明出来るからね。

現実世界においても約5000万年前程度の動物なら蘇らせる事は可能らしいですけどね。約5000万年程度なら、DNAのデータが理論上は崩壊していないらしい。

つまり、新生代の新第三紀以降の動植物は大体復活させる事は出来るらしい。

現代の技術ならマンモスやネアンデルタール人なんかをクローン技術で複製させる事は可能らしいですが、倫理的な問題で引っ掛かってるらしい。

マンモスもネアンデルタール人も復活させる方法は既存のヒトや象の子宮を利用した実験で、ネアンデルタール人の方はリアルに復活させようとしている科学者が居るらしい。

個人的にはネアンデルタール人を復活させる計画の方が恐竜以上に恐ろしいと思いますけどね。

ネアンデルタール人の脳容量は約1500㎖。現代人の脳容量は1000㎖程度らしいので、脳の保存領域だけで言えばネアンデルタール人が現代人を上回っている。

ネアンデルタール人が現代人に勝てなかったところはコミュニケーションや言葉の壁だった訳ですが、復活後の世界は氷河期ではない訳なので、短期間で現代人を凌駕しそうな気もするんですよね。

そうなった場合の世界はリアル「猿の惑星」って訳です。

しかし、噂では人工知能やロボットの計画が終了した後に宇宙開発と絶滅動物の復活計画なんかも予定されてるらしいんですよね。

まぁ、人類にとっての一番の脅威は復活したマンモスや恐竜、アノマロカリスなんかよりもネアンデルタール人や絶滅した化石人類の方になると思いますけどね。

氷河期の頃と事情が違う上に人類が彼等を保護する環境を持ってるのなら、彼等が世代繁栄している内に頭脳面で進化や覚醒が起こる可能性もあるからね。

まぁ、絶滅動物の復活計画はロクな事がない訳ですが、ネアンデルタール人や化石人類を復活させた時が一番の恐怖でしょうね。

まぁ、人語を話せる動物を人工的に生み出せるようになった方がもっと恐ろしいかもしれませんけどね。ミュウツーみたいな感じの。

 

 

 

ナノブロック ナノブロック専用ピンセット NB-019


ナノブロック ティラノサウルス骨格モデル NBM-012


ナノブロック コレクションケース


ナノブロックプラス ティラノサウルス・レックス PBH-007


ドラゴンクエスト ナノブロック スライム


ナノブロック 初音ミク 初音ミク NBH_089


ナノブロック ポケットモンスター ポケットモンスター イーブイ NBPM_005


ナノブロック 零式艦上戦闘機(零戦)


ナノブロック 自由の女神


ナノブロック クリスマスツリー2015 NBC_155


ナノブロック ポケットモンスター ピカチュウ モノトーン NBPM_014


ナノブロック トリケラトプス骨格モデル NBM-017


ナノブロック サンエックス リラックマ温泉 コリラックマ&キイロイトリ NBH_083


ナノブロック くまモン NBH_074


ナノゲージ トレインコレクション E231系 山手線 nGT_005

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: ガンプラ, 未分類 パーマリンク