タブレットパソコンにオススメの人気アプリ

タブレットパソコンに相応しいと感じた人気アプリをまとめてみた。あくまでも個人の主観です。ご了承ください。基本的に紹介しているアプリは全て無料です。

 

 

・Pokemon Go・・・・・・・・・・・・Googleが出資していたNianticが開発したゲームアプリ。Nianticは元々はGoogleの子会社だったが、独立後は任天堂や株式会社ポケモンからの出資を受けてゲームアプリを開発した。Nianticはアメリカ合衆国のメーカーなので、日本人にとっては洋ゲーをプレイしている事になる。販売会社と権利会社は株式会社ポケモン。任天堂は一部の権利を所有しているだけなので、固定費の利益しか一部入ってこない模様。株を買うのであれば、Nianticか株式会社ポケモン辺りという事になる。GPS機能を搭載したマップ型のゲームアプリで、マップに出現するポケモンをモンスターボールで捕獲して捕まえていくゲーム。基本的なルールは初代のサファリゾーンによく似ている。ボールを投げるしか選択肢がないので、サファリゾーンよりも難しい。逃げるポケモンも多い。あと、都会と田舎の地域格差がえげつないほど大きいので、都会民は得をするが、田舎民は殆ど得をしない。出て来るポケモンも都会ばかりに集中しているし、モンスターボールの補充も田舎ほど上手く行き難い。どちらかと言えば、サラリーマン向けのアプリで、ニートや子供がプレイするのには向いてないアプリと言える。ポケモンだけど、課金制もあるので賛否両論ある。今のところはこのアプリで捕獲したポケモンを本編シリーズに連れていくことは出来ないが、『サン・ムーン』辺りで実装されそうな予感もする。ゲームというか、歩数計に近いゲームで、多く歩けば歩くほど出現ポケモン数は多くなる。アメリカでムーブメントになったので、世界中で話題になって遊んでる人が多い。特に日本は他人の流行に流され易い国な気がするので、アメリカで大成功したから、その流れに乗っただけのような気もする。ゲーム自体は大して面白くない。都会の場合は出現ポケモン数やアイテム補充がスムーズなんだろうけど、田舎は本当に何もない。あと、ジムの独占なんかも殆どは都会や隣の市からやって来てる人の場合が多い。価格は無料だが、課金制。アメリカやヨーロッパではピカチュウや御三家、イーブイが出現し難い代わりにガルーラやケンタロス、ラッキーなどが出現し易いらしい。国によってポケモンの出現し易さも変わる。伝説のポケモンについては未だに出現していない。多分、世界遺産クラスの場所でしか出現しない気がする。続編が出るのかどうか不明だが、田舎の扱いが酷過ぎるので、その頃には都民以外は飽きてそうな気がする。アプリ自体はタブレットパソコンよりもスマートフォンでプレイした方が良いような内容になっている。基本的に外出しないと快適にプレイ出来ないゲームなので、スマートフォンで遊んだ方がいい。あと、アンドロイドは処理落ちが凄いので、iphoneなどでプレイした方が良い気がする。

 

 

 

・Abema TV・・・・・・・・テレビ朝日とサイバーエージェントが出資して開設したインターネットTV。釣り・World Sports・麻雀・ギャンブル・アニメ4局・ニュース・ドキュメンタリーなど幅広いジャンルを取り扱ってる。アニメに関してはテレビ朝日以外で放送された古いテレビアニメなんかも放送してくれている。他の局がネットTVを開設した場合は知らん。基本的にはBS放送の「テレ朝チャンネル」の移植版だと思う。無料。違法動画の場合は映像がある時点で確実に消されていた『クレヨンしんちゃん』『ドラえもん』『エスパー魔美』『忍者ハットリくん』『あたしんち』などのシンエイ動画のアニメも本編がそのまま見れるので貴重だと思います。アニメに関しては深夜アニメ・家族アニメ・なつかしアニメ・アニメ24で構成されているようです。家族アニメはテレビ朝日系列のアニメ。なつかしアニメは1970年代~1990年代のアニメ。アニメ24は最近の新作アニメ。深夜アニメは2000年代のアニメを中心に流している気がします。

アニメ24では『ラブライブ』『魔法少女まどか☆マギカ』『のんのんびより』『らきすた』などを流す。深夜アニメでは『俺の妹がこんなに可愛いはずがない』『ゼロの使い魔』『灼眼のシャナ』『地獄少女』などを流す。なつかしアニメでは『爆走兄弟レッツ&ゴー』『スラムダンク』『らんま1/2』などを流す。家族アニメでは『あたしんち』『ドラえもん(新)』『クレヨンしんちゃん』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』などを流す。

 

・Twitter・・・・・・・・SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)と呼ばれるアプリ。写真や文章の投稿が出来るので、プチブログと言った感じになってる。社会的に迷惑なアカウントも数多いが、情報を共有したり情報を匿名で発信出来るので日本人には人気だと思う。有名人や企業も数多く利用しているので、ファンの人にとっては必須アプリだと思う。

 

・Facebook・・・・・・・SNS。マーク・ザッカーバーグが起業したネットワークサービス。役割はTwitterと同じプチブログと言った感じになっているが、こちらは個人情報を事細かに記録・保存する事が目的のようなので、匿名性が薄い。主に外国人や日本の企業・日本の富裕層なんかが利用する事が多い。顔写真や学歴を掲載している人も多いので、アメリカなどでは履歴書や職務経歴書代わりに利用されるらしい。最近の日本のIT企業や外資系企業も履歴書や職務経歴書代わりにこれのアカウントを取得する事を推奨しているケースが多い。

 

・LINE・・・・・・・・・SNS。メールの簡易版といったアプリで、主に顔文字やLINEスタンプを利用して感情をダイレクトに表現したい場合に利用するケースが多い。家庭や学校や職場の同僚・カップルの間でのみ利用されるコミュニケーションツールであり、普通は職場の先輩後輩や顧客、知人などとのコミュニケーションに利用する場合が少ない。どちらかと言うと、身内向けのSNSという具合で、普通は家族やカップル、仕事仲間、友人などの間で利用されるケースしかない。

 

・Skype・・・・・・・・・SNS。マイクロソフト社が販売しているアプリ。ビデオ電話が可能で、タブレットパソコンやパソコンレベルの端末機器ならば余裕でビデオ電話をする事が可能。スマートフォンの場合はビデオが使える機械と使えない機械がある。1990年代の頃まではビデオ電話は夢の技術だと考えられていたが、基本的に長時間を避ければ無料なので、若者に重宝される事が多い。主にインターネットで知り合った知人や遠方の家族とのコミュニケーションツールに利用されるケースが多い。最近は日本のIT企業や外資系企業がSkypeで面接する場合も増えていて、遠方の人の交通費が節約出来ているという嬉しい報告もあったりする。

 

・Google Earth・・・・・・・・Googleが開発したマップナビゲートアプリ。これを利用して地図案内の画像に引用している企業や商業施設も多い。主に就職活動や旅行で初めて行く土地の前調べで利用する人が多い。3D表示で地図が表示される上にストリートマッピングなる歩いてる時の風景を確認出来る機能もあるので、就職活動や旅行や出張で道に迷わずに助かってる人も多い。

 

・Hulu・・・・・・・・・・・ニンテンドー3DSやPS Vitaでも登録出来る動画アプリ。基本的に有料だが、無料の場合は人気ドラマや人気アニメの第一話だけを見る事が出来る。月額使用料も980円なので基本的に安いと思う。アメリカの企業が興した動画サービスなので、アメリカの映画やテレビドラマのラインナップが多い。

 

・Yahoo Japan・・・・・・・・ソフトバンクと共通の会社が母体だった気がする。検索エンジンとしてはGoogleの次に国内利用者が多い人気の検索エンジン。2000年代の頃は検索エンジンのユーザー数はトップクラスだった気がする。主にニュースアプリが役立つ気がする。

 

・パズル&ドラゴンズ・・・・・・・有名なソーシャルゲーム。パズルゲームで、様々な漫画やアニメ、ゲーム、ライトノベル、映画、小説、マスコットキャラ作品のキャラクターとコラボする事が多い。とりあえず、ゲームが好きな人は入れとけっていうアプリです。当たり前ですが、コラボ企画やレアキャラは課金しないと簡単に手に入らないので、重度の長時間プレイヤーなんかも多いようです。2011年からスタートされているので、かれこれ5年ぐらいは続いているロングセラーのゲームでしょうね。

 

・モンスターストライク・・・・・・・・有名なソーシャルゲーム。最近はアニメ化されてApp Storeから追い出されてました。ビリヤード形式のゲームで玉型になったキャラクターを弾く事で敵を倒すというシンプルなゲームです。このゲームもパズドラと同じく創作やマスコットキャラとのコラボが多い気がします。

 

・LINE:ディズニーツムツム・・・・・・・・有名なソーシャルゲーム。「妖怪ウォッチぷにぷに」もこのゲームのルールに乗っ取ってると思います。画面に落ちてくるディズニーキャラクターを固めてまとめて消すドロップアウト形式のゲームでパズドラと同じでコンボが重要になるゲームですね。女性人気が高そうなゲームに見えますが、男性人気も高いLINEで一番人気のゲームだと思います。ディズニーキャラクターを利用しているので知名度抜群でしょうね。

 

・NHK World・・・・・・・・・・動画アプリ。NHKが海外向けに提供しているインターネットTVだと思います。基本的に英語ですが、使ってる語彙数が少ないし、スローペースでゆっくり喋るので、日本人にも聞き取り易い英語だと思います。一部の番組はNHKで使用されていたアニメやドキュメンタリー番組だったりしますが、全て英語になっています。英語学習したい人やTOEICで高スコアを取りたい人にはオススメです。ただ、まともな海外のニュースとか本格的な英語を知りたい人はCNNやABCのネットTVのアプリを買った方がいい気がします。NHKに受信料を払っていない人でも無料でダウンロード出来ると思うので、NHKが家にない人にもオススメかもしれません。

 

・Youtube・・・・・・・・・・・・Googleが展開している動画アプリ。というか、動画サイトですね。2005年にサービスを開始した本格的なインターネットの動画サイトです。このサイトの登場で映像コンテンツがインターネットにも爆発的に広がって、インターネットが第3のメディアとして登場する事になります。主に個人が制作したドキュメンタリーやアニメ、ゲーム、ハウツー動画なんかが多いです。たまに昔のテレビ番組や映画を流している違法動画なんかも流れてたりします。大半の視聴者はおそらくは昔のテレビ番組や映画の違法動画目的な気がします。公式が動画配信している場合もありますが、有料が大半ですね。しかも、最近は5秒間の強制広告時間が導入されてたりしますね。見たい動画も一々検索とクリックする必要があるので、タブレットやスマホで見るには不十分かもしれないですね。

 

・ニコニコ動画・・・・・・・・・ドワンゴが展開している動画サイトの事。アカウントの認証形式になっているので、無料で視聴する場合はアカウントを作成する必要があります。ドワンゴが公式で配信しているアプリは金がかかるとか扱い難いので、個人が制作した動画アプリを利用した方がすんなり見れたりします。2006年にサービスを開始した動画サイトで、元々はYoutubeの中で活動していましたが、色々あってYoutubeに追い出されて独自に動画サイトを作る羽目になったそうです。2ちゃんねるの姉妹サイトとして出現しましたが、後に現れた新規の人達がニコニコ動画で活躍するようになってからは2ちゃんねらーやFLASHサイトなどで活躍していた職人達が消えていったようです。ドワンゴ自身も動画サイトの開発に関与していた西川博之を失い、角川書店に買収されて企業として活動していく事になります。ニコニコ超会議やニコニコ生放送などオリジナルコンテンツが多い企業ですが、基本的に有料会員しか利用できないので、無料会員はニコニコ動画内に転がってる動画だけを見るぐらいしか出来ないと思います。生放送は無料会員も見れますが、満員になった場合は真っ先に追い出されますね。まぁ、ニコニコ動画もYoutubeと同じで広告を導入し始めたので、ユーザー離れは深刻になって来てると思います。ネットのアイドル化も進んでいるので、こういう動画投稿で一攫千金を狙うユーザーも多いです。このサイトもYoutubeと同じで違法動画や過去のテレビ番組が多い気がしますが、アニメに関してはオンデマンド配信がYoutubeよりも進んでいて、萌えアニメやテレビ東京系列のアニメの新作アニメは大体はこのサイトで閲覧する事が出来ます。Youtubeは違法動画が削除され難い傾向ですが、ニコニコ動画の場合は過去のテレビ番組や映画などは速攻で消され易いですね。ただ、Youtubeよりは公式のオンデマンド配信が進んでると思うし、個人が制作する動画のクオリティもYoutubeに比べると高い気がします。ジャンルも幅広いですからね。

 

・NHK ねっとらじらー・・・・・・・・・NHKのラジオ番組をアプリで聞けるようにしたアプリ。個人的にはNHKラジオをそのまんま移植したラジオ局だと思っています。当たり前ですが、FM/AMラジオを持ってる人はダウンロードしなくてもいい気がします。まぁ、デジタル化されてるので、ノイズなどは少ないと思います。あと、スケジュール表があったり古いラジオ番組も聞けたりもするみたいなので、案外役立つ気はします。

 

・青空文庫・・・・・・・オススメアプリというか、オススメサイトの一種。著作権が終了した文学作品や小説を集めて電子書籍化させたサイト。GoogleplayやKindleストアなどで一部の書籍は配信されている。当たり前だが、サイトに所蔵されている蔵書数の方が多い。所蔵された書物は有志がボランティアで電子書籍化してくれているので、旧字やパソコンに保存されていない文字などはペンタブなどで作成した自作文字をあてがっているので、フォントの一部が統合されてなかったりするが、読書するのに不具合はない。主なラインナップは夏目漱石や太宰治、中島敦、芥川龍之介、森鴎外、紫式部、吉田兼好などの平安時代から明治時代まで活躍した文豪の小説が多い。大正時代以降は電子書籍化がそれほど進んでいない。海外作家の作品はあまり収録されていないが、これは通訳・翻訳の著作権が切れていないからだと思われる。基本的に無料書籍なので、電子書籍リーダーやタブレットパソコン、スマートフォンを持っている人にオススメの電子書籍かと思う。オフラインでも使用出来るので、Wi-Fiが繋がらなくなった時の暇潰しで読むのが丁度良い。

 

次回はスマートフォンにオススメのアプリなんかを紹介していきます。

 

 

 

Fire タブレット 8GB、ブラック


ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G


NEC PC-TE508BAW LAVIE Tab E


Lenovo タブレット 2in1 パソコン Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載/2GB/64GB/Windows 8.1/Win10無料アップデート/高解像度10.1インチ


mouse 2in1 タブレット ノートパソコン MT-WN1001 Windows10/Office Mobile&365/10.1インチ


ASUS ZenPadシリーズ TABLET / ブラック ( Android 5.0 / 7.9inch touch / インテルR Atom Z3580 / 4G / 32G ) Z580CA-BK32


docomo d-01G dtab シルバー タブレット 白ロム


ASUS タブレット ZenPad 8 Z380KL ブラック ( Android 5.0.2 / 8inch / Qualcomm Snapdragon 410 / RAM 2GB / eMCP 16GB / LTE対応 ) Z380KL-BK16


ファーウェイ MediaPad 7 T1-701w/ Silver Black Panel 53014650 T1-701W 53014650


Lenovo タブレット YOGA Tablet 2 SIMフリー 59428222 / 2GB / 16GB / android4.4 / Kingsoft Office(試用版) /8.0型W


iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ホワイト&シルバー MD531J/A


東芝 TOSHIBA Tablet AT7-B619 (Android4.2,Dual Core,メモリ16GB,.7型ワイドWSXGA,)東芝タブレットPC(端末)


HTC Nexus 9 ( Android 5.0 / 8.9inch IPS LCD / NVIDIA Tegra K1 / 32G / インディゴ ブラック ) 99HZF051-00


【国産ガラス素材】【riseシリーズ】2015年度 apple iPad pro 液晶保護強化ガラスフィルム ベーシック版 硬度9H 超薄0.33m 2.5D ラウンドエッジ加工済 さらさら表面コート 指紋防止 防汚コーティング処理 飛散防止処理高品質ガラスフィルム ipad pro ガラス ベーシック版 …


Lenovo タブレット YOGA Tablet 2 AnyPen 59435795 / 2GB / 32GB / Windows / Microsoft Office / 8.0型W

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク