スマブラNXでリストラされそうなキャラクター達

NXのロンチタイトルと噂のNXハードでリストラされそうなキャラクターを挙げてみたよ。

 

1位:ルキナ・・・・・・・・・・間違いなく削除される可能性が高いキャラクター。NXはfor版の使い回しだと思うが、キャラクターセレクトの1枠をコンパチキャラが占めるのは勿体ないと思うので、おそらくはマルスの2Pキャラ扱いにされると思う。なので、厳密に言うと、マルスとルキナのそれぞれ4色が消える気がする。

 

2位:ブラックピット・・・・・・・・ピットのコンパチキャラ。ルキナと同じくモーションが元ネタキャラとほぼ同じだが、ダメージ調整だとか技のリーチの長さに若干の違いがある。コンパチキャラの為に1枠使うのは勿体ないし、セレクト画面が窮屈なので、ピットの2Pカラー扱いにされそうな気がする。ちなみにコクッパ軍団とアルフの性能は元ネタのオリマーやクッパ.Jrとほぼ同じなので、マルスやピットの性能に統合されると思う。ピットとブラピのそれぞれの4色がリストラになる気がします。

 

3位:ドクターマリオ・・・・・・・・マリオのコンパチキャラ。動きの動作や技の出方などが若干元ネタキャラより遅く性能も差別化されているので、コンパチというか、準コンパチキャラに近い。準コンパチはファルコやリュカ、ルカリオなどが該当する。外見上はマリオのコスプレで同一人物だが、ジャンプ力が落ちて攻撃力が上がっている。キャラ数が増え過ぎてキャラセレクト画面を圧迫しているので、マリオに統合されるかリストラされる気がする。多分、完全なリストラ路線に近いと思う。統合された場合はマリオの性能に準拠されるので、ジャンプ力の低下などはなくなる。準コンパチと述べたが、ファルコやリュカのようにオリジナルっぽい技は外見上の技(カプセル)ぐらいしかない。

 

 

4位:クラウド・・・・・・・・・・・・スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー7』の主人公。FFシリーズで一番売上本数が多かった作品なので、スマブラに参戦出来たという説が有力だったりする。スネークと同じく任天堂ハードに登場したクラウドはゲストキャラやコスプレの扱いとして登場した作品ばかりだったりする。技やモーションが作り込まれてるので、リストラされる心配は無いが、アンケート結果を踏まえた参戦だったので、次回もベーシックで登場するのかどうかは怪しい。技やモーションは独特に見えるが、リトルマックやアイクのモーションを流用しているなどの指摘があったりして、スマブラでのオリジナルキャラと呼べるかどうかは怪しいところになっている。

 

5位:リュウ・・・・・・・・・・・・カプコンの『ストリートファイターⅡ』の主人公。日本人の空手家。数少ない日本っぽい要素を持ったファイターなので、リストラされる心配はかなり低い。ただゲスト会社から2作品と2キャラも続投させ続けるのかどうかは怪しいので、ロックマンかリュウのどちらかがリストラされそうな気もしたりする。技やモーションの作り込みは完璧で原作に限りなく近いと言われてるキャラクター。相当作り込まれてるのでクラウド同様あっさりと切り捨てられるかどうか分からない。キャラの人気自体もかなり高いので、ゲストキャラがリストラされる事例は皆無に等しい気もする。任天堂と仲が悪いのはコナミやマイクロソフト、ソニーぐらいだと思うので、それ以外はよっぽどの事がない限りはリストラは無い気もする。

 

6位:ロックマン・・・・・・・・・・カプコンの『ロックマン』の主人公。ファミコン時代から登場しているキャラで相当な年季が入っている。シリーズ累計は4000万本を越えるほどのヒットシリーズなので、リストラはよっぽどの事が無い限りは無い気がする。ただ一つの会社から2キャラも続投し続けると他の会社と気まずい関係になりそうなので、ロックマンかリュウのどちらかはリストラされそうな気もする。ちなみにリュウもクラウドと同じく自身が主人公として出演する最新作は任天堂以外のハードで発売されているので、リュウもクラウドもスネークと同じく任天堂ハードでは主人公として活躍する作品の最新作を出してる訳じゃない。もし、切られるとすればリュウの可能性の方が高い。桜井氏のお気に入りのキャラのようでモーションや動作がかなり独特でトリッキーな戦法を取る。原作再現もかなり高いレベルなので、リストラはあり得ないと思う。任天堂自身もゲストキャラの中でロックマンだけ特別な扱いをしているので、ソニック同様続投し続ける気はする。

 

 

7位:ベヨネッタ・・・・・・・・・プラチナゲームスの『ベヨネッタ』の主人公。ゲーマーやオタクはサードパーティのゲストキャラと認知しているが、一般人の多くはセカンドパーティのキャラとして認知している人も多い。『ベヨネッタ1』の版権はセガも所有しているので、スマブラで参戦出来たように思う。桜井氏のお気に入りのキャラのようで、クラウド以上に作り込まれてる気がする。モーションや動作は独特の感じがする。一部の技はゼロスーツサムスに似ている。カムイと同じく相当な強キャラで一部の人達からは嫌われている。『ベヨネッタ』の知名度と人気自体も一般ではそれほど高い訳じゃなかったので、次回作でも出るには続編が出ないと難しい気はします。

 

 

8位:パックマン・・・・・・・・・・バンダイナムコゲームスの『パックマン』の主人公。東京オリンピックの宣伝映像ではマリオ以外で唯一登場したゲームキャラクター。世界の知名度と人気はミッキーマウス並と言われている。レトロゲームしか目立ってない作品に見えるが、最新作は今現在も発売され続けてる。ロックマンに次いで技やモーションが独特で派手なキャラだと思う。東京オリンピックの宣伝映像にも出てきたぐらいなので、次回でリストラされてるイメージはあんまりしないです。宮本茂氏のお気に入りキャラなので、ソニックやロックマン同様に今後もレギュラーとして出続けそうな気はします。現在のパックマンのゲーム自体は日本でそれほど売れてる訳じゃない。アメリカだと、アニメが放映されているので、アメリカやヨーロッパでは未だに大人気です。

 

9位:ソニック・・・・・・・・・・・セガの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の主人公。『スマブラX』では最弱キャラだったが、今作では最強キャラの候補に抜擢される程かなり強い。今回のゲームはスピード重視って感じがするので、ソニックやディディーなどの動きの素早いキャラはずっと強キャラの部類でした。シークやディディー同様にアップデートで弱体化したが、初心者でも扱い易いキャラに化けた上にコンボが決めやすいので、愛用してる人が多い。原作再現だとか技に関しては不評が多い部分もあるが、スマブラ界でトップスピードを誇るキャラなので、その辺で他のキャラと個性の差別化が出来てると思う。マリオとのコラボが今現在も続いてるので、よっぽどの事がない限りはスマブラで切られる事はまず無いと思う。外国人からの人気もダントツなので、切られる心配は無いと思う。

 

10位:ゲッコウガ・・・・・・・・・ゲームフリークの『ポケットモンスターXY』の水御三家の最終進化系。忍者+水タイプという独特の個性を持ってるので、リストラされる心配は低そうだが、ポケモンシリーズの中だと真っ先に切られそうな気がするファイター。ポケモンは毎回キャラが必ずリストラされてきてるので、おそらくゲッコウガもアニメに登場しなくなったら切られるとは思う。忍者キャラは他にも色々居るので、ゲッコウガだけ特別扱いしそうにも思えない。

 

11位:ルカリオ・・・・・・・・・ゲームフリークの『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のイベントポケモン。映画では重要なキャラになっていたので、映画の設定の個体がスマブラに参戦している設定になっている。ミュウツーの代わりにねじ込まれたキャラだったが、ミュウツーが復活したので、準コンパチキャラみたいな感じになった。ポケモンシリーズはリストラ合戦が激しいので、新キャラがぶち込まれる度に誰かが必ずリストラされるので、ルカリオとゲッコウガはリストラされそうな気がする。他の4体は初代から存在したり、スマブラ初代から居るので、リストラされる心配は無い気がする。ミュウツーと技やモーションが被ってるルカリオが今後も出続けるのかどうかが怪しい。多分、ポケモンの新キャラが増えると誰かがリストラされると思う。

 

12位:アイク・・・・・・・・・インテリジェントシステムズの『ファイアーエムブレム 暁の女神』に出て来る準主人公。スマブラXではほぼ別人と言っていいぐらい性能と外見が全く違うアイクが出演していた。スマブラforでは当時は最新作だった『暁の女神』版の姿で出られたが、今後も出られるかどうかは怪しい。技やモーションに関して言うと、クラウドのようなパワー系剣士が現れてしまったので、被りを避ける為にリストラされる可能性も高い。一部のアンチWikiによれば、クラウドの技やモーションはリトルマックとアイクを混ぜたような感じになってるらしい上にアイクより性能が高いので、アイクの方がリストラされる可能性が高い。FE系は枠が多過ぎるという事の批判が多かったので、桜井氏がバランス調整で枠を減らしてくる可能性もある。どちらかと言うと、アイクよりはロイの方がリストラの可能性は高そうな気もする。

 

13位:ロイ・・・・・・・・・・・インテリジェントシステムズの『ファイアーエムブレム 封印の剣』に出てきた主人公。コスチュームがアレンジされているので、ほぼオリジナルキャラという感じがする。ミュウツーの復活が実現した事でリュカと併せて復活したので、再度のリストラはあり得ない気がする。技やモーションもアレンジされたので、リストラされる心配はないが、FE枠が多過ぎるという批判があるので、枠を削られる意味でアイクとリストラ競争を強いられそうな気もする。

 

14位:ゼロスーツサムス・・・・・・・・『メトロイドプライム』の主人公。サムスがパワードスーツを脱いだ姿なので、本当の姿と言える。「スマブラX」ではサムスが最期の切り札を使用した後に出現するキャラだった。3DSの性能不足のせいで、一体のキャラが自由に変身する事は不可能になったので、別枠になった。スマブラforではDLCが増えた事で枠が圧迫されてキャラセレクト画面が見難かったり2ページになったりし始めたので、サムスの変身キャラに戻る可能性が高い気がする。サムスに統合された場合はキャラの枠数を減らせるし、強キャラとしてのゼロサムも居なくなるので、その方が良い気もする。

 

15位:シーク・・・・・・・・・・・『ゼルダの伝説 時のオカリナ』でゼルダが魔法でシーカー族の男子に変身した姿。『時のオカリナ』以外には出演していないが、没デザインの『トワイライトプリンセス』版の衣装で参戦している。ゼロスーツ同様に一人のキャラの中に変身キャラを組み込めなくなったので、急遽別枠に変えたキャラクター。別枠に変えた事でゼロスーツサムス同様に強キャラの部類にカウントされていて、初期の頃は毛嫌いされていた。シーク単体で参戦出来てしまうので、ゼルダが空気になって、使い手が少なくなったという話がある。次回作のNXではハードの性能不足は克服すると思うので、ゼルダに統合されると思う。下Bボタンを押すとシークに変身出来る仕様になっていたらしい。

 

16位:トゥーンリンク・・・・・・・・・・『ゼルダの伝説 風のタクト』の主人公。あのリンクと同じリンクだが、全てのリンクは別人なので、このキャラも8等身のリンクとは別人だったりする。リンクのコンパチキャラで頭身が低いので、技が当てづらかったり、吹っ飛びやすかったりする。リンクもそうだが、技やモーションにはネタが尽きないので、コンパチじゃない方が良いという意見も多い。子どもリンクから引き継ぎしたようなキャラなので、技やモーションを考えたり作ってる暇が無かったのだろう、という予測もある。今現在はキャラが増え過ぎてキャラセレクト画面が見難い状態なので、リンクに統合されそうな気もしたりする。ちなみにルイージはマリオとかなり差別化されるようになったが、トゥーンはリンクと技や動作にそれ程の違いが無かったりする。

 

17位:ディディーコング・・・・・・・・・『スーパードンキーコング2』で主人公だったチンパンジー。レア社オリジナルのキャラだったので、ドンキーに代わって続編で主役を務めた。最近のドンキーシリーズではサポートキャラみたいな扱いになってる。Amazonにおけるamiiboの売上ランキングで最下位という不名誉な立ち位置に居る。但し、価格面で言うと、ダックハントやオリマーなどよりは安定している。値崩れしていない。技やモーションが独特で彼と被る動きをするキャラは居ない。しかし、スマブラではかなりの強キャラだった上にアピールが全キャラで最悪最低のモーションだったので、一部の人達からは物凄く嫌われている。現在はクラウドやベヨネッタが強キャラとして加わったし、アプデで弱体化したので使い手は減った。原作のゲームでは知的な猿というイメージが強く、スマブラのような”まんまチンパンジー”の動き方はしない。見た目は結構可愛いキャラだと思うが、スマブラでの動きや強さで人気が下がったようにも感じるキャラクター。ぶっちゃっけ、このキャラより知名度の低いキャラはスマブラ界に腐るほど居るだろう。リストラはほぼあり得ないと思うが、アピールやモーション、技などがスマブラアレンジがかかり過ぎてるので、「ドンキーリターンズ」シリーズから誰かが監修して修正は加えられていきそうな気はする。

 

18位:リトルマック・・・・・・・・・・・・・『パンチアウト!!』の主人公。リストラはほぼあり得ないと思う。amiiboのネットショップでは500円以下だったりして投げ売りされ始めてる。発売当初はかなりの強キャラで動きや技やモーションが独特だったが、クラウドが出てからは使い手は減っていったような気がする。クラウドとベクトルが全く違うキャラだが、性能面でクラウドと比較され易い。アイクもクラウドと被る部分があるので、アイクもよく比較される。クラウドの優遇っぷりを考えると、アイクとマックも修正していった方がいいようなキャラに思うが、また最強キャラになりそうな気もする。

 

19位:WiiFitトレーナー・・・・・・・・・『WiiFit』の主人公。もはや、ゲームですらないジャンルのゲームから突如出演してきたファイター。PV当初はネタ枠と言う事で色々な方面にウケたが、発売後は強くもなく弱くもないので、使い手はそれほど多いキャラでもなかった。キャラ自体の知名度と人気も0に等しかったので、キャラへの思い入れから愛用している人も少ない気がする。モーションと技と動きが独特だが、もう少し強くても良かったように感じるキャラ。リストラはあり得ない気がするが、人数が増え過ぎた場合はamiiboの売上と知名度から削られていく可能性も高い。『WiiFit』の売上本数自体は世界トップ10のゲームソフトに入る。

 

20位:ダックハント・・・・・・・・・『ダックハント』の主人公。主人公は拳銃の玩具でカモを撃つプレイヤー自身だが、ゲーム画面においてはこのキャラとカモしか居ないので、主人公だと思う。ゲームソフトの売上自体は世界トップ10に入るが、amiiboの価格は480円という感じで、ゲオやAmazonで投げ売りされ始めている。見た目がタダのカートゥーンの犬なので、人気はそれほどない。スマブラでも元々のゲームでも嫌らしい戦法や長距離型戦闘が得意なので、タイマン戦だと嫌われ易い。ディディーと同じくアピールがクソムカつくキャラ。ちなみに『ダックハント』が売れた理由は海外版のファミコンとセットで販売されていたから、という理由があるらしい。多分、桜井氏が抜けた場合はレトロゲームからのファイターはあんまり参戦しなくなる気がします。

 

 

 

まぁ、こんなもんか・・・・・・・・amiiboの売上ランキングを考えた場合はディディーとかがリストラ候補の第一候補だったりしますね・・・・・・。

スマブラforは3DS版で2ページにまで割くキャラ数になってしまってるので、キャラのリストラやキャラ数の調整は行われるでしょうね。

コンパチキャラに関しては元ネタキャラに統合されていきそうな気もしたりします。アルフやコクッパ軍団の事例などがありますからね。

リストラというか・・・・・・・融合って感じでしょうかね?

まぁ、変身キャラは元のキャラに吸収されるだろうし、コンパチキャラは元ネタキャラの2Pカラーにまとめられていきそうな気はします。

ファルコやリュカみたいな準コンパチキャラはほぼオリジナルなので、オリジナルキャラとの融合は無理でしょうね。

確実にキャラセレクト画面から消えそうなのはシーク、ゼロスーツサムス、ドクターマリオ、ブラピ、ルキナ辺りじゃないかなぁ・・・・・・と思う。

それ以外のキャラはリストラとかキャラセレクト画面から消える事自体があり得なさそうな気はします。

スマブラやポケモンなどの任天堂ゲームは基本的にキャラのリストラや入れ替えはしてこないので、誰もリストラされないだろうなぁ、って気はします。強いて言うなら、ポケモンシリーズぐらいでしょうか。

ポケモンは現在6枠ぐらいですが、次回作で8枠ぐらいに増えそうな気もするので、新キャラ2体で納めるだけなら、誰もリストラされないでしょうね。

FE枠はルキナがマルスに統合されれば5枠になるし、最新作は『if』で止まってる訳なので、キャラの追加更新は無いと思う。

まぁ、完全に消えそうなのはドクターマリオだけっぽい気はします。マリオに統合しても性能がマリオと同等だと違和感ありますしね。

 

俺の予想としては、ブラピ・ルキナ・ドクターマリオ辺りは統合。

まぁ、ブラピとルキナだけ専用枠があったら、アルフやコクッパ軍団にも適用しろ! とかなってきますしね・・・・・・。

変身キャラのゼロサムとシークは元ネタキャラに吸収というか、戻る感じになるのでキャラの枠数は減るけど、キャラ数自体は減らないでしょうね。

 

ゲッコウガに関してはリザードンと草ポケ御三家の誰かとトリオを組ませて新トレーナーの手持ちという扱いにした場合はポケモン枠の節約は出来るでしょうね。

まぁ、リザードンとゲッコウガは草ポケ御三家の誰かとトリオセットに戻って、新トレーナーの手持ち扱いになりそうな気もします。

 

NXはハードの性能不足で変身やアイクラの参戦が不可能って事は無いと思うので、『スマブラX』のシステムの頃に戻るだろうな、って思う。

amiiboの使い方が難しくなりそうだけど、これ以上キャラ数増やしてもキャラセレクト画面が見難いし、キャラ数多過ぎると思うので、変身システムと1Pキャラに統合辺りはやりそうな気もする。

 

実際にリストラされるキャラは居るのかどうか? って言うと、居ないと思う。

手間と工程がかかってる訳だし、復活しろって要望も多くなるだけなので、準コンパチレベルではリストラは無いと思う。

キャラの枠数自体は削ると思う。但し、統合とか1Pカラーに吸収って形にするだけだろうなって思う。

 

 

 

<実際にリストラされそうなキャラ>

・ドクターマリオ・・・・・・・・マリオに統合か廃止。

・ルキナ・・・・・・・・・・・・マルスの2Pカラーにされそう。

・ブラックピット・・・・・・・・ピットの2Pカラーにされそう。

・シーク・・・・・・・・・・・・ゼルダの変身キャラに戻りそう。

・ゼロスーツサムス・・・・・・・・・サムスの変身キャラに戻りそう。

・トゥーンリンク・・・・・・・・・リンクに統合されそう。

・リザードン

・ゲッコウガ・・・・・・・・・・・リザードン共々、新ポケモントレーナーの手持ちに吸収されそう。

 

 

>次回作のスマブラは総勢何人になるのか?

70~80人ぐらい増えるんじゃないかなぁ、って気はしますけどね・・・・・。

まぁ、NX版がfor版からの移植だった場合はキャラ追加ぐらいで済むけれど、極力少数に留めそうな気はしますけどね。

現在の時点で60体ぐらいのキャラが用意されてるので、次回作では10~20人ぐらい増えるんじゃないかなぁって思いますけどね。

誰が参戦してくるのか? って言うと、ゼルダシリーズとドンキーシリーズ、ポケモンシリーズ辺りは増えるんじゃないかな、って思いますけどね。

新規の場合は『スプラトゥーン』と『ちびロボ!』辺りじゃないでしょうか?

ゲストキャラは大手ゲームメーカーだとコナミ、レベルファイブ、ガンホー、コーエーなんかが残ってますが、コーエーとコナミは確実に来るでしょうね。

コナミはあり得ないと思ってたけど、2016年9月1日付けの「ニンテンドーダイレクト」で結構ソフト提供が多かったので、スマブラに誰かを参戦させるんじゃないか、とは思います。

まぁ、可能性が高そうなのは、ボンバーマンかゴエモン辺りでしょうね。

コーエーの場合はリュウ・ハヤブサぐらいしか無理だと思います。

ショベルナイトも一応amiiboが出たので、可能性が0とは言えないでしょうね。

レトロ枠の場合は『ジョイメカファイト』とか『謎の村雨城』とかになるんでしょうかね・・・・・・・。

漫画・アニメ・映画・ラノベ枠が新しく設けられた場合はドラえもん、ミッキーマウス、ハローキティ、孫悟空辺りになると思いますが、東京オリンピック開催年にスマブラやNXが発売されるのなら、漫画キャラも出そうな気はしますけどね・・・・・・。

 

ちなみに初代のスマブラ拳のアンケートでは「クラウド、アルル、ロックマン、ソニック、ボンバーマン」とかが希望されていて、その中にドラえもんが混じってたので、ドラえもんも来そうだな、って気はしてます。

まぁ、東京オリンピックのPVでドラえもんとマリオがコラボしたぐらいだし、2020年に新作スマブラとNXが発売されるのなら、ドラえもんは来そうな気もしますけどね。

ゲストキャラは何人ぐらい来るのか? って言うと、3人ぐらいが限度な気もします。

for版では一気に4人増えてスネークリストラって感じだったので、3人か2人が限界かな、とは思いますけどね。

 

ゲストキャラの中で来そうなのを予想すると、ボンバーマン、ジバニャン、ドラえもんとかかなぁ、とか勝手に想像してたりする。

 

アメリカやヨーロッパに配慮した人選はもう難しいだろう、とは思います。クラウドから先のゲストキャラを想定した場合は外国生まれのゲームキャラとかじゃないと難しいでしょうからね。

日本にも知られている外国のゲームキャラを考えると、『マインクラフト』のスティーブぐらいしか居ないでしょうね。

 

逆にゲストキャラは来ないのか? って言うと、絶対に来ると思いますけどね。

任天堂だけでキャラを用意しようと思っても、既存シリーズのキャラとインクリングぐらいで精一杯だと思いますから。

今の時代はDLCという手もある訳だから、ゲストキャラはDLCだけで出すという手もあるので、嫌いな人はDLCで買わなきゃいい、っていう商法の仕方もありますしね。

 

まぁ、スマブラforの時点でキャラ選のネタ切れ感はあった気もしますけどね。普通だったら、ファイター化しないダックハントやWiiFitトレーナー、Miiファイターなんかが出てきてるし、それらに比べるとゲストキャラの方がマシっていう感じもしますからね。

スマブラは任天堂キャラよりゲストキャラでファイターの穴埋めしていくしかシリーズ存続しなさそうな気もします。

まぁ、そのゲストキャラ自体も日本生まれの世界で人気のゲームキャラに絞った場合はボンバーマン以外は出し尽してる感じがあるんですけどね。

あとは漫画やアニメ、映画、ラノベとかからも引っ張って来ないと大物は居ない気もしたりしてます。

2020年の東京オリンピックの前後にスマブラ新作を出すのなら、日本にだけ人気のゲームキャラとかはガンガン出しそうな気もするんですけどね。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク