ベーシックインカムは本当に実現するのか!?

ttps://www.businessinsider.jp/post-33508

ベーシックインカムを試験的に導入したフィンランド。4カ月後の結果をまとめたレポートのようです。

日本の国民年金が約6万円なので、日本でもフィンランドのベーシックインカムを導入しても餓死する人が居ないと言えば、居ない事になるんでしょうね。

まぁ、国民年金だけで生活している老人なんて殆ど居ないだろうし、国民年金を受給する老人は未だにアルバイトか自営業をやってるとは思いますけどね。

 

>ベーシックインカムは本当に実現するのだろうか?

共産主義の発想とか色々言われてますが、日本でもいずれ実現するとは思います。

約20年前の日本では、少女漫画風の美少女キャラクターやアニメという物は一般的には毛嫌いされるものでしたが、今の時代ではNHKや日本政府でさえも「初音ミク」だとか『ラブライブ』のようなオタク向けコンテンツを容認される時代になってしまいました。

まぁ、20年前の日本では、既に『新世紀エヴァンゲリオン』や『カードキャプターさくら』のようなアニメが既に成人男性のごく一部に視聴されていた訳なので、オタク向けアニメや漫画という物が20年前から迫害の対象だったのかどうか? と言うと、断言出来ませんけどね。

次に、アフィリエイト広告だとかネットオークション、LINEスタンプ作成やらクラウドソーシング、Youtuberのようなネットビジネスが一般にも浸透して、会社勤務して金銭を稼ぐだけのライフスタイルが一般的じゃない社会になりました。

約20年前の世界や日本では誰もが想像も出来なかった時代だとは思います。

一般人が家に居ながら、株のトレードだとかオークション参加だとかアイドルになって、お金を稼ぐ時代が実現している訳です。

つまり、現時点で非常識だとか妄想と思われている事象や風潮も時代の経過と共に一般常識化していくという訳です。

古代の例で言うと、キリスト教が迫害の対象だった訳ですが、中世期に入る頃には蛮族に気に入られて、ヨーロッパ世界を支配する哲学倫理に化けていった訳です。

まぁ、その結果が世界の白人至上主義だとか魔女狩り、十字軍戦争、イェルサレム抗争などになる訳ですがね。

なので、我々が非常識だとか迫害の対象にしている事物や事象も数十年~数百年単位で常識化していく可能性は高いでしょうね。

 

ベーシックインカムがわずか20年足らずで実現するのかどうかは分かりませんが、ネットビジネスがわずか20年ぐらいで一般に浸透しているのを見ると、労働しなくてもお金が入るシステムというのは数十年後ぐらいには実現している可能性は高いでしょうね。

西村博之(2ちゃんねるの管理人)なんかは全力でBIを否定していますが、人工知能だとかロボットが工場やコンビニの労働を自律して行えるようになった段階で、労働しなくても生活が出来るシステムという物を構築しないと、餓死者が先進国で大量発生するでしょうね。

約20年前はセルフ型のガソリンスタンドやATM、ETC、電子マネー、ICチップ入りの切符カード、カーナビ、自動音声機能なんかが一般的じゃありませんでしたが、現在ではそれらの技術やアイテムは既に一般化していて、それに携わる職業や労働者も大勢が解雇されたり、非正規化されてるのが現状ですね。

郵便局なんかは民営化した上に℮メールやSNSの普及でブラック企業化していく羽目にもなりました。

オール電化や太陽光発電が一般に浸透してしまったせいで、ライフライン事業の要だったガス会社も業界全体がブラック企業化していきました。

約20年前にガス業界やら郵便業界がブラック企業化する予想が出来た人は居ないでしょうね。

ガス業界と郵便業界は今ではブラック企業の代表例と言える業界でしょうね。

科学技術が大して進歩していないと主張する人達も居ますが、ソフトウェアの進化ぶりは凄まじいし、管理職だとか事務作業、単純作業なんかは機械が自動化しているのが現代の特徴な気はします。

現在はゲーム機さえも1TBだとか2TBの記録容量を備えてますが、約20年前のパソコンは1GBだとか2GB程度の記録容量ぐらいしか持てなかった訳です。

現在のゲームソフトの容量は数GBですが、約20年前はディスク1枚につき数百MBが限界の容量でした。

建造物だとか乗り物、外見の機械なんかの特徴が20年前と大差ないのは事実だと思うけど、ソフトウェアやらAI、ITの科学技術の進化ぶりは凄まじい物があるから、20年後には非正規労働者や肉体労働者のやってる仕事ほど消失するのは早いでしょうね。

個人客向け営業やら人事総務職、財務経理職なんかも失業のターゲットでしょう。

科学者や技術者ほど理数系の知識が必要なホワイトカラーから失業の対象になるとプレゼンしますが、実際には文系総合職だとか非正規労働者の雇用が消失する方が先だと思います。

 

ベーシックインカムの論者は怠けたいからベーシックインカムを主張するんではなくて、簡単な仕事だとか誰でも出来る仕事が機械に奪われる可能性が高い事を知っているから、ベーシックインカムを主張している気もします。

というか、現代の時点でアスペルガー症候群だとかADHD、注意欠陥症候群などの精神疾患を持つ労働者が働ける場所は期間工やコンビニバイトだとか非正規労働者の職業ぐらいしか残ってないのが現実です。

プログラマーだとか科学者、研究者の正社員になる精神疾患者も居るんでしょうけど、そういうのに入れる奴は高学歴であって、文系の底辺大卒だとか高卒の人間は大抵は非正規労働者などに押し込められるのが現実になった。

約20年前はATMやETCなどの科学技術やシステム、アイテムが存在しなかったので、高速道路の料金所スタッフやら銀行の受付窓口の雇用があって、正社員雇用なのが普通だったから、低学歴のコミュ障でも就職出来る口はあった訳です。

 

しかし、現代において、低学歴のコミュ障が就ける職業はブラック企業か非正規労働者の枠しかない訳なので、それを身を持って分かってる人ほどベーシックインカムを主張するんだと思う。

まぁ、科学技術の進展だけが世界の雇用環境の悪化だとか労働環境の破壊を招いた訳じゃないんですが、科学技術が進展するほど人間が得意とする仕事や労働が減らされて、社会不適合者や無職ニートに分類される人間は増える訳なので、ベーシックインカムを主張する人達が年々増えてるようにも思うんですよね。

低学歴のコミュ障が就職出来ない時代が続くだけじゃなくて、体育会系や陽キャラが得意とする職業や仕事も消えていく可能性が高いのが、今後の失業時代の恐ろしさでしょうね。

 

まぁ、ベーシックインカムの財源をどうするのか? ってのが、問題点でよく語られてる訳ですが、内部留保している大企業に対する大規模な課税でカバーするしかないでしょうね。

タックスヘイブンが判明したし、労働者に賃金分配せずに物価だけ上げ続ける企業が増えてる訳なので、企業に対する増税で財源カバーするしかないと思いますけどね。

まぁ、ロボットや人工知能に賃金は必要ない訳だし、人間の労働者を雇わなければ人間の消費者が消失して、経済が沈黙するだけなので、ロボットが労働に進出してきた時点で資本主義は崩壊せざるを得ないでしょうね。

富裕層や高学歴が「社会に何も貢献していない低学歴や貧困層にお金を配る必要があるのか!」って、反論してくるとは思いますが、貧困層や低学歴の数の多さに屈服せざるを得ないとは思います。

まぁ、最近は富裕層や高学歴だけのコミュニティを作ろうとしている団体とかグループもチラホラ出てきてますが、将来的には子孫を残せずに絶滅していくと思いますけどね。

種の数が少ないという事は、近親相姦で子供を増やして行かざるを得ない訳なので、遺伝的に奇形や障害児が生まれる可能性は高くなるでしょうね。

 

 

例を挙げるのなら、ゲームの『ポケモン』がありますが、優秀な個体(ポケモン)の6Vやら5Vは存在確率自体が低いので、どうしても近親相姦で優秀な子供を作らないと優秀な個体は生まれない仕組みになっています。

自然界においては近親相姦で生まれた子供は短命だったり、サイコパスだったり、奇形や障害児が生まれ易いのですが、ゲームの『ポケモン』においては近親相姦で生まれたポケモンの子供に対してのリスクやペナルティが存在しないのが現状ですね。

現実世界においてはハプスブルク家やら古代エジプト王朝なんかが近親相姦をやらかしまくってたようですが、サイコパスやら奇形やら障害児なんかが生まれて悲惨なようですね。

日本では近親相姦じゃないみたいですが、江戸幕府の将軍に障害者や癇癪持ち、特殊性癖が多かったようで、家光、家重、家定、綱吉辺りが該当するでしょうね。

江戸幕府は3代将軍の家光の代辺りから子孫作りに興味が失せていた(女に興味がない)影響があったせいか、それ以降の将軍には障害だとか変な性格の持ち主が多かったようですね。

5代の綱吉は位牌の調査から身長が120~140㎝程度しかなかったという話だし、家重と家定は言語障害だとか尿路障害を患ってたなんて話があります。

まぁ、貴族や王族が親族同士の集まりなんていうのは珍しい事じゃなくて、第一次世界大戦時のドイツとイギリスの皇帝がいとこ同士なんて関係もあったようなので、近代におけるまで近親相姦だとか親族経営みたいなのは普通だったところはあるようです。

ヨーロッパに関しては何ていうか、大部分の国が親族経営って感じですね。ロシアでさえもヨーロッパのイギリスの王族の血が混じってる人が皇帝だったり妃だったりする訳ですから。

ただ、長い事王朝だとか国家を治めるのが王族だった場合はまともな政治を行えない確率が高い訳なので、優秀な者同士だとか富裕層同士が子孫を残しても世界と社会に災禍しか招かないって訳です。

権力者だとか優秀な人間というのは数が限られてる訳だし、優秀な者同士が産んだ子供は更にIQや能力の高い相手と結婚しようと行動する訳なので、自然に血縁の近い者同士と結婚して、奇形や障害のある子供を産む確率が高まるという訳です。

約7万5000年前にトバ火山が噴火して原人(ホモ・エレクトスや北京原人など)が絶滅して、ネアンデルタール人が絶滅しかけて、ホモ・サピエンスが1万人まで減少した「トバ事変」なんていう事件がありましたが、その時の影響で人類の遺伝子のボトルネック効果が発生して、遺伝的多様性が低くなったという話があります。

教科書にトバ事変の記述がない理由は決定的な証拠や論文がないからでしょうね。

このトバ事変事件はまだ都市伝説やネットロアレベルのような物で、NHKや民放テレビのドキュメンタリー番組、ニュートン(雑誌)、ディスカバリーチャンネルにさえも紹介されていない話です。

遺伝的多様性っていうのは、分かり易く言うと、例えば、現代のアニメの女キャラと少年キャラはみんな似たような美少女漫画系の可愛い顔立ちの訳ですが、約20年前~30年前ぐらいのアニメには浮世絵だとかのっぺらぼう、不細工みたいなアニメの女キャラも居たという話です。

要するに遺伝的多様性っていうのは、バラエティ(Variety)って事です。

例えば、芸術家だとか科学者、発明家、スポーツマンなどの色々な人達が居るのを多様性って呼びます。この中から芸術家やら科学者、発明家みたいな気質の人達が存在しなくなれば、「多様性がない」あるいは「多様性が低い」という事が言える訳です。

要するにトバ事変なんていう事件が起こらなければ、人間の科学や文明はもっと発展していた可能性があるという訳です。

トバ事変を生き延びた人類は確かに肉体的には強者揃いなのかもしれませんが、強者同士で子供を産んでも脆弱性が解消されるという訳でもないという話です。

トバ事変を生き延びるような人類は超人的な身体能力を持つ個体だらけだと思いますが、陰キャラだとか科学者・芸術家・発明家気質の人類はこの時に大量絶滅してるでしょうね。

現在のホモ・サピエンス(現人類)のDNAには約1%~4%のネアンデルタール人の遺伝子が混ざってるそうですが、トバ事変で約1万人まで人口が減少している訳ですから、ホモ・サピエンスは異種性行をしてでも子孫を残そうとしたのかもしれませんね。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの関係はボノボとチンパンジーのような関係だと思いますので、彼等の性行は異種性行と同じようなものだろうな、って思います。

現代の感覚だと、サイコ能力を持つ宇宙人と地球人がSEXするような衝撃だと思いますね。

まぁ、私のネアンデルタールの絶滅仮説ではホモ・サピエンスが約1万人まで減少したから、数の減っていたネアンデルタール人の女性を無理やり引っ張ってきて、サピエンスの子孫を残したって思うんですけどね。

で、残ったネアンデルタール人が男性だらけだった訳なので、絶滅せざるを得なかったという仮説です。

ネアンデルタール人は約3万年前まで生き延びたようですが、絶滅しました。絶滅要因は未だに謎で、ホモ・サピエンスに虐殺されたと考えられてるのが一般的なようです。

ちなみにホモ・サピエンスが衣服を身にまとうようになったのが約7万年前かららしいです。それまでは全裸あるいは葉っぱだけで股間を隠すスタイルが一般的だったようです。

分かり易く言うと、それは『旧約聖書』に出て来る「エデンの園」で暮らすアダムとイヴのような光景でしょう。

ヴェルヌ氷期と呼ばれる氷河期が到来するのが約7万年前ぐらいかららしいので、それまでの人類は衣服を身にまとうのが普通じゃなかったのかもしれません。

 

 

とある学習漫画ではネアンデルタール人の女性だけをホモ・サピエンスがレイプして子孫を作ってたらネアンデルタールが絶滅したみたいな話になってましたが、ネアンデルタールの女性だけホモ・サピエンスが誘拐してたっていう仮説は妙なリアリティがあるような気もしますけどね。

まぁ、トバ事変の火山噴火で女性が生き延びられる可能性は限りなく低そうなので、ネアンデルタール人もホモ・サピエンスも女性人口の数の少なさには頭を抱えていたとは思いますけどね。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスがガチで戦争をやりあったら、剣と戦車の戦いみたいなもんだと思うので、ネアンデルタール人がホモ・サピエンスに武力で勝てるはずがないでしょうね。

まぁ、ホモ・サピエンスがネアンデルタール人の寝床だけを奪うはずがないと思うので、確実にネアンデルタール人の女性も誘拐とレイプしてるとは思いますけどね。

トバ事変の影響で女性人口数はどちらも少ないとは思いますから。

まぁ、人類の暴力的な本能というのが、ネアンデルタール人のDNAなのかホモ・サピエンス元来のDNAなのかは不明ですね。

アフリカ大陸から進出しなかったネグロイド(黒人)達が他民族に対して侵略やら武力制圧した歴史をあんまり知らないので、案外ネアンデルタール人の方が凶暴だったのかもしれません。

何故なら、アフリカ大陸を出なかったネグロイドにはネアンデルタール人のDNAが組み込まれていないからです。

一方で、アジア人とコーカソイド(白人)が虐殺と侵略の歴史を繰り広げてきた様子を見ると、人類の残虐性のDNAはネアンデルタール人からもたらされた可能性もあるのかもしれませんね。

まぁ、3種類の人種で一番残虐で横暴なのはヨーロッパ人(白人)だと思いますが、彼等の定住していた土地(ヨーロッパ大陸)にネアンデルタール人が住み続けてた訳なので、残虐性のDNAはネアンデルタール人の血の方が濃いのかもしれません。

 

 

話を戻しましょう。天才だとか富裕層の人口数という奴は貧困層や低学歴の人口数よりも圧倒的に少ない訳だから、彼らだけの国やら社会を構築したとしても、子孫数世代で終わる運命になるでしょうね。

まぁ、倫理観を無視して、クローンやデザイナー・チャイルドを生み出す方法もあるでしょうけど、実際にそれをやったら、世界から袋叩きされるのがオチだと思います。

 

大企業や富裕層の持ってる富の再分配だけでベーシックインカムが実現するのかどうかは分かりませんが、ロボットが働いた分の給与だとか賃金は社会に還元せざるを得ない状況になるとは思います。

まぁ、そうしないと、資本主義に対するクーデターだとか革命が本当に起こるでしょうからね。

 

ベーシックインカムの実現はロボットの労働が自律するまでは不可能だろうな、とは思います。

まぁ、ロボットの労働がサービス業や第三次産業のみをターゲットにした労働なら、社会に富の再分配をするまで行き届かないとは思います。

 

たったの20年、30年でベーシックインカムやロボットの労働が始まるのかどうかは分かりませんが、今から20年前にオタク向けコンテンツの一般化だとかネットビジネスによる不労所得だとかATM・ETCなどの新技術を予想出来た人や企業は殆ど居なかったと思います。

まぁ、ATMやETC、スマホやIT革命などは約20年前の企業や専門家が予測した通りになったとは思いますが、一般人は真に受けてなかったと思う。

俺も当時は高速道路の料金所やガソリンスタンドが無人化するとは予想も出来なかった。

今では田舎でさえも高速道路の料金所やガソリンスタンド、銀行の受付窓口、駅の改札口と切符売り場なんかが無人になってるのが普通になってる。

なので、スーパーやコンビニのレジだとか工場の仕分け現場、郵便局のバイク配達なんかが無人化していくのも時間の問題でしょうね。

科学者や技術者ほど高学歴や理系職から失業対象に入ると、講議する事が多いんですが、実際には低学歴や非正規雇用の労働から消える方が早いでしょうね。

まぁ、たったの20年で高速道路やら銀行の受付窓口、ガソリンスタンドが無人化するのが普通になったのは衝撃的でしたけどね。

エレベーターガールとかいう職業もいつの間にか消えましたしね。

まぁ、職業や労働が失業していく恐怖というのは、現在進行形の訳なので、労働しなくてもお金が入るシステムというものを構築しないと、餓死すると考える人が多いのも当たり前な気がします。

今の日本にそんな財源だとかセーフティネットを構築する余裕がないのは分かってますが、タックスヘイブンやら節税で内部留保を決め込んでる企業を追い込んで行けば、どうにかなりそうな気もしたりはします。

まぁ、ロボットや人工知能の労働が始まった時には企業と行政に大規模な借金がかかってくるでしょうけど、数年ぐらいで借金どころか利益をもたらす事は間違いないでしょうね。

その、ロボットの、利益を国民に再分配する事でベーシックインカムは実現しそうな気もしますが、実際の社会はそう上手く回る事はないとも思います。

 

ただ、ロボットや人工知能の労働という奴は、私が想像している20年後よりも実際には、もっと早く実現しそうな気はします。

仮に頭の悪い人間の脳を模倣した人工知能が増えたとしても、頭脳人口数が増える事にはなる訳なので、労働の生産効率は上がるだろうし、科学技術の進歩効率も上がるでしょうね。

どこかの偉い人が「世の中を引っ張ってきたのは一握りの天才」と言ってた気がしますが、実際には頭脳人口数の数の多さに左右される物だと思いますけどね。

レイ・カーツワイルは「収穫加速の法則」とかいう奴を唱えてましたが、あれは思考哲学の多様性と人口数の多さで科学技術の進歩効率が累乗形式に上がっていってるんだと思いましたけどね。

要するに、本の知識だとか体験談の蓄積で文明の進化速度が累乗形式に上がっていってるんじゃなくて、頭脳の人口数が爆発的に増加している分だけ文明の進化速度も速いんじゃないか? って事です。

もしも、本の知識やら体験談の蓄積だけで文明が進化していくのであれば、古代ローマ帝国の時代の頃にはコンピューターや宇宙ロケットが誕生していてもおかしくないって言ってた人が居た気がします。

もしくは古代ローマ帝国が滅亡しなかった場合ですね。

ただ、偉大な古代ローマ帝国も蚕による絹織物の発明だとか眼鏡、アラビア数字なんかは発明出来なかった訳なので、本の知識やら体験談の蓄積だけが科学技術を進歩させるものじゃないんでしょうね。

古代や中世の世界においては漢だとか古代中東、インドの地域の方が遥かに文明が進んでいたので、やはり頭脳人口数の多さが文明を進化させるものなんだと思いますね。

 

第二次世界大戦以降に人類の文明や科学技術が急速に進歩し始めた理由としては、文化や人種の国境だとか政治思想哲学のしがらみみたいな物が剥がれ始めたからでしょうね。

第二次世界大戦が終わるまではヨーロッパがアジアやアフリカを理解する事はなかったし、ソ連が崩壊するまではロシアや共産主義国家の科学技術は謎のベールに包まれていた。

ところが、ソ連が崩壊して、ベルリンの壁が壊れると、封印されていた共産主義国家の科学技術が一気に流出した訳だから、インターネットやGPS、人工衛星、レーダーなんかの技術は一般や企業に応用する運びになった。

まぁ、共産主義が崩壊したせいで資本主義がますます膨張して、新自由主義だとかグローバリズムといった企業と資産家の私利私欲政策と自己弁護の武装理論も世界で蔓延したから、経済の二極化が発生して、貧困層を守ろうとカモフラージュしているトランプ大統領のような人も現れた訳ですが。

 

ただ、インターネットやIT革命で世界中の人達と情報やコミュニケーションの共有が出来たり、古今東西の文献と資料、創作物、データベースを家に居ながら好きな時に視聴出来るようになったのは、人類史における大きな変革でしたけどね。

人によっては、情報革命(IT革命)を農耕牧畜革命や産業革命と同じ人類史における大変革・生活革命と呼ぶ人も居るようです。

 

情報革命が起きた事でかなり変わった事は情報伝達の異常な程の速さでしょうね。

つまり、科学技術だとか思考哲学のやり取りなんかも世界の偉い人や高学歴同士で瞬時に行える訳なので、世界で起こる技術革新(イノベーション)という奴は、我々が想像している時代よりも早く実現する可能性が高いという訳です。

 

私はロボットの労働とベーシックインカムを20年後だと予想していますが、実際には5年後ぐらいには実現しているかもしれない訳です。

何故なら、世界の頭脳が瞬時に情報とコミュニケーションのやり取りをネットやら電話回線で行えますからね。

日本や先進国は少子化の物の、世界人口自体は増加傾向にあるので、頭脳人口数もますます増えてくる可能性は高いです。

ここでいう頭脳人口とは、高学歴や大学を卒業している人達の事を指します。

まぁ、発展途上国やら後進国で人口数が増えたところで、頭脳人口というのが増えない可能性はありますが、世界人口の母数が増えていく以上は頭脳人口も増えるでしょうね。

認めたくない事ですが、資本主義経済に参入した国では、低学歴や貧困層が子孫を残せる確率は低い訳なので、人口数が増える国ほど頭脳人口も増えるという訳です。

資本主義に分類出来るのかどうか微妙な南アフリカ地域とかは頭脳人口が増えていく可能性は低いですが、資本主義にガンガン介入し始めてる中国やインド、東南アジアとかでは人口が増える分だけ頭脳人口も増えていくでしょうね。

まぁ、それらの国や地域がベーシックインカムだとか全人間平等だとか考えるのかどうかは分からんです。

 

ただ、一つ言える事はロボットの労働が始まる頃には資本主義から撤退しようとする国や地域は増えていくでしょうね。

何故なら、ロボットや人工知能の労働っていうのは、陽キャラだとか体育会系が得意とする営業だとか接客業だとか人事総務職なんかにも介入出来る可能性が高いですからね。

 

IT革命やパソコンが事務職やらデスクワークの仕事を奪う現代では、低学歴の陰キャラやらコミュ障なんかが雇用の犠牲にされてきた訳だけど、体育会系だとか陽キャラの労働や雇用をロボットが奪う状況になった場合は、彼等が黙ってるはずがありませんからね。

コミュ障やら陰キャラの人口数は物凄く少ないし、行動や口に出すのが下手糞だった訳だから、資本家や企業、行政に対するクーデターだとか革命のような物が起こる事はなかった訳だけど、陽キャラや体育会系が得意とする職業や労働、雇用がロボットに奪われた場合の時代では、彼等が黙ってるはずがないと思うんですよね。

 

ロボットや人工知能に営業やら接客業が勤まるはずがないとは思いますが、約20年前の時にもガソリンスタンドや高速道路の料金所、銀行の受付窓口が無人化する光景を正確に予測出来た人って居ませんでしたからね。

あと、コミュ障のおっさんおばはんが運営していたお店やら商店街、自営業が倒産したり潰れる事を正確に予想出来た人も当時には殆ど居なかったでしょうね。

当時から無人化する予想はされてたけど、田舎まで一般化すると想像していた人は当時は居なかったと思います。

まぁ、そういう職業や雇用が消えたせいで、人と喋る職業(営業)か肉体労働しか求人が残らなくなったし、大半の職業が請負か派遣会社の非正規雇用になってしまった訳ですけどね。

 

20年前の頃に技術系以外の派遣社員や非正規労働者の普及を予想出来てた日本人もおそらく居ないでしょうね。

だから、20年後の日本で無職だとかホームレスが日本全国に溢れ返る想像も現在では容易に出来る訳です。

そういう想像が出来る日本人が増えてきてるから、ベーシックインカムを主張する風潮や流れも出来てきてるんだろうな、って思います。

まぁ、雇用失業の不安は科学技術の進展だけじゃなくて、少子高齢化や国際競争力の低下なんかも含まれてるだろうな、って思います。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク