熱意のある日本人、6%しか居ない・・・・

ttp://www.nikkei.com/article/DGXLZO16873820W7A520C1TJ1000/

正社員でこれだったら、非正規社員とかはもっとえげつない数値が飛び出しそうだなぁって、思ったのが感想でした。

ちなみに非正規と特定派遣労働の企業数は日本が世界一でアメリカの数倍とかの結果があったそうです。

まぁ、その結果を導き出したのは小泉純一郎と竹中平蔵の訳なんですけどね。

 

>何故、熱意のある日本人が少ないのか?

自分の仕事が早く終わっても上司や他部署の仕事を無理やり手伝わされるからでしょうね。日本は村社会で全体主義の訳なので、定時までに帰宅する事は絶対に許されないし、非正規社員は定時までに帰宅すると賃金にならない訳だから、ダラダラ仕事する訳です。

ただ最近は「楽だ楽だ」と言われてる工場の期間工やコンビニ店員なんかも強制的に生産効率の重視を強いられてる訳なので、すぐに期間工やコンビニバイトを辞める人なんかも続出しているようですけどね。

まぁ、仕事に熱意のある日本人が昔から多かった事はないと思いますけどね。

勤務時間中に煙草や酒は当たり前で、飲酒運転も当たり前の時代だった訳だから、昔に比べれば今の時代の方が生産効率自体は上がってるでしょうね。

昔の『NHKスペシャル』なんかを見てると、仕事中に煙草吸ってる社員がわんさか居るし、仮眠を取る社員も多くて、今の時代よりも全然楽そうに見えましたけどね。

例えば、現代の三交代の工場なんかは仮眠は無いし、自動化された機械が24時間フル回転する訳だから、どの勤務形態に所属しても全く楽じゃないです。

ただ、日本の労働者側は非正規労働者が殆どな上に正社員の業種も飲食・介護・小売・販売・コールセンターとかのブラック業界だらけしかない訳なので、仕事へのモチベーションなんか沸くはずがないでしょうね。

その上で年収300万以下とか300万台の訳ですから。

まぁ、僕らの世代って派遣や正規に関わらず、実質賃金が下がる一方で、仕事量は増やされる一方ですからね。

公務員やら大手上場企業の社員は国家や企業に対する愛着だとか日本を好きな理由とかあるのかもしれませんけど、僕ら底辺の人間にとっては、今の日本って、そんなに存続して欲しいと思う国じゃないと思うんですよね。

まぁ、実質賃金は下がってるのか? って言うと、年金やら社会保険料が微増されてる上に消費税や所得税も増税されてる訳だから、実質賃金は減ってるでしょうね。

景気が良くなったって話は聞きますけど、相変わらず日本企業が30歳を超えた人を正社員で雇う行動はしない訳だし、最近は派遣社員や契約社員に飲み会やらキャンプの強制をするクソみたいな請負企業も増えてますし、派遣社員や契約社員が正社員と同じ仕事をさせられるという光景も珍しくなくなりましたけどね。

人手不足なのは事実だけど、実際に求人募集をかけてるのは非正規や介護・飲食・小売・IT・郵便局・運送・建設土方などのどうでもいい業界だとか業種ばかりで、業界自体がブラック企業の訳だから、ニートなどの社会問題も解消するはずがないでしょうね。

 

最近はまとめブログを中心に日本国家自体へのヘイト記事が溜まってますが、ヘイトを持ってる日本人が底辺のごく一部って事はないと思います。

年々ヘイト記事は増えてきてる気はします。

まぁ、それだけ実質的に不幸な日本人の母数そのものは増え続けてるという事なんだと思いますけどね。

自殺者が3万人を切ったと言うニュースを聞きましたが、変死や行方不明者の数は増えてるらしいし、人口減少のペースが異常に早い訳だから、自殺する割合も減ってるだけのような気がしますけどね。

例えば、1億人の人口が居れば、それなりに自殺者の割合は大きい訳ですが、1000万人の人口にまで減少すれば、自殺者の割合は微々たるものでしょうからね。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク