ダイパのリメイクは本当に出るのだろうか?

最近はダイパを懐かしむ声が多いので、本当にダイパのリメイクが出るのか予想してみる。

まず、最新作の『サン・ムーン』や準新作の『OR・AS』でシンオウ地方の話題が出たのかどうか? って言うと、『サン・ムーン』ではカントー地方の話題は多かったですが、シンオウ地方の話題はそれほど多くなかったって印象ですね。『OR・AS』も他の地方の話題はそこそこ多かったけど、シンオウ地方が特別に優遇されていたという印象でもありませんでした。

 

>そもそもダイヤモンド・パールって何?

2006年にニンテンドーDS用に発売されたポケモンソフトの事。第4世代ソフトとも呼ばれている。新種の数よりも既存種の進化系が多いのが特徴的で、ジョウト地方の話題や人物が多かった事から、金銀のオマージュ作品とも言われる。地方のモデルは北海道地方で、雪国を舞台にしている為か雪のダンジョンやエリアが多い。アニメやゲームでは夏服の人物が多かった事から、冒険の時期は夏だと予想される。『プラチナ』は秋頃かと思われる。

ニンテンドーDSがインターネット通信の「Wi-Fi」に対応していた為か、インターネット通信を通しての交換・対戦が初めて搭載された。そのせいか、育成や対戦にのめり込むプレイヤーが数多く発生した。『ルビー・サファイア』で中断された過去作のポケモンを回収するソフトや機能が充実してきた為か全493種類のポケモンを収集し易くなった。

『ルビー・サファイア』発売時点ではリメイクソフトや図鑑を補完するツール的なソフトが未発売だったので、全種類のポケモンを収集するのが困難だった。

『ダイヤモンド・パール』ではリメイクソフトや図鑑補完ツールソフトが充実していて、インターネット通信も完備されていたせいか、ポケモン図鑑の完成は容易になった。

そのおかげで育成環境を揃えるのも容易になった。

金銀以来のポケモン全盛期ソフトとも言える。マイナーチェンジ版ソフトの『プラチナ』の後続が金銀のリメイクソフトだったので、『ルビー・サファイア』で卒業した大人のプレイヤーも数多く戻ってきた。

この時からポケモン=子供対象用のソフトという印象が薄れていった。

初代におけるミュウ以来の致命的なバグ技が残っており、そのバグ技を利用する事で幻のポケモンの「ダークライ」「シェイミ」「アルセウス」を捕獲するのが可能だった。

アルセウスは2017年になってからバグ技で捕獲出来る方法が判明した。バグ技のアルセウスは最新作の『サン・ムーン』にまで転送する事が可能らしく、初回販売分のダイヤモンド産のアルセウスのみ転送出来る模様。

 

>現在のダイヤモンド・パール・プラチナのソフト価値

『オメガルビー・アルファサファイア』で本作品で初登場した伝説のポケモンを殆ど捕獲出来るように成った為、ダイパとプラチナのソフト価値が大きく暴落した。

シンオウ地方の御三家も『オメガルビー』などで手に入るようになったので、今現在このソフトを買う価値が殆ど無い。

ソフトのテンポスピードも悪い上に厳選環境も温いので、今現在の環境でダイパをプレイする価値は殆ど無いと言える。

リメイク作品や最新作のせいで価値が暴落したソフトとしては『ファイアレッド・リーフグリーン』『ルビー・サファイア・エメラルド』『コロシアム・XD』などがある。

もし、今中古でこのソフトを買うとすれば、バグ技で捕獲出来るアルセウスやダークライの為だと言えるが、初回生産分のダイヤモンド産しか最新作に送れない。

 

>ダイパのリメイクは本当に発売されるのか?

『ルビー・サファイア』のオリジナル版のポケモンを最新作に転送出来るのにリメイクソフトが発売された事から、ダイパのリメイクも発売される気がします。

ただ、ポケモンのリメイクソフトは8周年+2年毎の間隔で発売されるようなので、ダイパのリメイクソフトが発売されるのは2020年(東京オリンピックの開催年)の可能性が高そうですね。

ちなみに各リメイクソフトが発売された年。

 

・ファイアレッド・リーフグリーン・・・・・2004年(オリジナル版から8年後)。

・ハートゴールド・ソウルシルバー・・・・・2009年(オリジナル版から10年後)。

・オメガルビー・アルファサファイア・・・・・2014年(オリジナル版から12年後)。

 

こんな感じです。ポケモンのリメイクソフトは8年+2年毎に追加されてから発売される傾向があるようなので、ダイパのリメイクは発売から14年後の2020年頃に発売される可能性が高いでしょうね。

今後のポケモンの本編ソフトの発売予定はこんな感じだと思われます。

 

・ウルトラサン・ウルトラムーン(マイナーチェンジ版)・・・・・・・2017年/3DS

・金銀(VC版)・・・・・・・・・・・・・・2017年/3DS

・第8世代ソフト・・・・・・・・・・・・2019年?/NS?

・ダイパのリメイクソフト・・・・・・・2020年?/NS?

 

まぁ、いつもの流れだとこんな感じでしょうね。ポケモンの本編ソフトは2年ぐらいの休止期間がある時期があるので、おそらくUSMが発売された後は約2年の休止期間が生まれるでしょうね。

第8世代ソフトが発売される頃にはニンテンドースイッチ専用に切り替わってるでしょうし、ニンテンドースイッチのオミット版(携帯機版)も発売されてそうな気はします。

ニンテンドースイッチの価格が現在は29800円ぐらいらしいので、オミット版は19800円にまで値下がりしそうな気はしますけどね。

ニンテンドー3DSの時はマイナーチェンジ→オミット版(2DS)の感じだったので、ニンテンドースイッチの時は発売順はオミット版→マイナーチェンジ版になりそうな気はします。

DSの時はマイナーチェンジ(DS LiteやDSi)→パワーアップ(DSi LL)のみ。

現在もポケモンソフトを遊ぶ上で優秀な機器はDS Liteと2DS LL、2DS。

東京オリンピックの時期に日本を舞台にする最期のポケモンソフトが発売すると思うと、丁度良い時期なんじゃないかなぁ、って思いますけどね。

 

 

>ダイパのリメイクはどんな感じになるのか?

ORASがコロシアムやXDのような3Dポリゴン+デフォルメの感じだったので、それをパワーアップさせたのがダイパのリメイクになりそうな気はします。

『サン・ムーン』だとポケモンも人間も常にリアル頭身になったので、リアル頭身になるのは確定してるでしょうね。

ニンテンドースイッチ版のポケモンがどんな感じになるのか分かりませんが、3DS版の時点で過去の据え置きソフト並のスペックになってたので、今度はFFだとかMGSみたいなリアルな感じになりそうな気もしますね。

例えるのなら、『Pokemon Go』みたいな感じでしょうかね・・・・・。

 

>ダイパのリメイクはどんな機能になるのか?

デオキシスみたいに通常入手出来る幻のポケモンが約2種類解禁されるんじゃないかなぁって思いますけどね。

多分、ダークライとシェイミぐらいでしょうかね? ダイパ辺りから幻のポケモンの数が一気に増えたので、通常に入手出来る幻のポケモンは今後増やしていきそうな気はしますけどね。

あとは第8世代ソフトの基本機能とかに準拠した感じでしょうね。

第8世代についてはフルボイス可能になりそうな気がするんですよね・・・・・。FFは『10』の頃からフルボイスになって、スムーズな3Dポリゴンになっていった。

ポケモンはグラフィック面は最高潮にまで達した感じがするので、あとはフルボイスなどにしてパワーアップしていきそうな気はします。

まぁ、主人公は喋らないだろうけど、他のキャラはガンガン喋るだろうね。

ポケモンがキャラにも力を入れ始めたのは『BW』の頃からだけど、第8世代で声入りが当たり前になったら、オタクが滅茶苦茶増えそうな予感はします。

まぁ、これ以上のソフトのパワーアップって言うと、ボイスや実況入りぐらいしか無理だろうなって思う。

ポケモンは元々デフォルメされたデザインなので、これ以上リアルにするには風景とか建造物ぐらいしかない訳ですから。

実況については評価高いでしょうけど、キャラのボイス入りは2ちゃんねるなどで大荒れするでしょうね。

でも、今のゲーフリのノリを考えると、第8世代ぐらいでフルボイス仕様にしそうな気がしてならない。

ポケモンの声もアニメ準拠で声優が喋る仕様に変わりそうな予感がするんですよね、なんとなく。

任天堂作品でフルボイスはあり得んだろ! って言う人多そうだけど、マリオもドンキーもFEもカービィもパルテナもボイス入りもしくはフルボイスが普通になっちゃいましたからね・・・・。

未だにキャラに声優の声を積極的に採り入れないのはゼルダ、ぶつ森、スプラ辺り。

 

まぁ、今のマリオやドンキーは声優が喋り過ぎって印象はしますね。

ポケモンはピカチュウぐらいしか声優の声を入れてないけど、いずれはポケモンの鳴き声も人物の声もゲーム版でも声優になると思うよ。

 

 

 

>カントー地方のリメイクは出るのか?

『サン・ムーン』で散々フラグが散りばめられてましたが、カントー地方の再リメイクが出るのかどうか? って言うと、出ないでしょうね。

バーチャルコンソール版が既にあるし、『ファイアレッド・リーフグリーン』も中古で安く買えるので、今更カントーの再リメイクが出そうな感じはしないです。

出るとしてもマイナーチェンジ版のリメイクしか出ないんじゃないでしょうかね?

初代のマイナーチェンジ版と言えば、ピカチュウ版なので、ピカチュウ版のリメイクが2020年前後に出るんじゃないかなぁ、と思う。

まぁ、アローラからカントーに旅に出たリーリエがゲーム内に出てきたら、色々と違和感ありますけどね。

カントーの主人公のレッドとグリーンはアローラ地方に出張しに来た時には実年齢が20歳を超えてそうな感じなので、リーリエが逆にカントーに来たら、年齢的に矛盾が生じる訳なので。

 

『赤・緑』の再リメイクは無さそうだけど、『ピカチュウ版』のリメイクはありそうな気がするんですよね。

『サン・ムーン』でリーリエがカントーのフラグを作りまくった事だとか今年の映画が初代アニメのリメイクな訳なので。

シンオウ地方のリメイクよりも初代の再リメイクの方が売れそうな気がするので、ニンテンドースイッチに切り替わる前にカントーを舞台にしたリメイクソフトをもう一発出しそうな気はします。

『青』は内容的に『赤・緑』と殆ど違いがないので、出すとするのなら、『ピカチュウ版』単独で再リメイクした方がいいでしょうね。

まぁ、ピカチュウ版のリメイクだと、主人公はレッドじゃなくて、サトシになりそうですけどね・・・・・・。

 

>結論

まぁ、シンオウ地方のリメイクを出すよりもカントー地方のリメイクを出した方が会社的には旨味がありそうだなって感じですね。

カントー地方をリメイクしたのはGBA以来になるので、3DSでリメイクしても結構違いが出そうですしね。

まぁ、HGSSでもカントーはリメイクしてるから、グラフィック的には3DSでリメイクしても違いが殆どないかもしれないけど。

 

 

>何故、任天堂やゲーフリは初代をプッシュしまくるのか?

XYやPokemon Goの頃から言われてる事ですが、ポケモンは初代贔屓が酷いって意見をよく耳にします。

なんで初代ばかり優遇されるのか? と言うと、売上的には初代が一番売れたからでしょうね。年季も入って、知名度と人気も高いからでしょう。

まぁ、これはポケモンに限らず、ガンダムやウルトラマン、仮面ライダーとかにも言える事ですけどね。

基本的にシリーズ物は初代が一番知名度と人気と売上数が高いようです。

シリーズ物で例外なのは『ロックマン』『ストリートファイター』『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』『ターミネーター』『エイリアン』『メタルギアソリッド』とかじゃないでしょうかね?

FFはFF7が一番有名だし、ドラクエは3か5がよく話題に挙がるし、ターミネーターやエイリアンは2しか話題にならないし、MGSも2か3の話題しか出ない事が多いですからね。

ロックマンやストリートファイターは『2』が一番有名だと思う。

でも、大抵のシリーズ物は初代が一番知名度と人気と売上が高いようです。

ポケモンの場合は初代よりも金銀の方が知名度と人気が高い気がしますが、歴代の売上本数は初代が一番らしい。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク