日本企業連中「助けて! 人手不足過ぎて倒産しまくりなの!!」

>人手不足

ttp://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/10/news136.html

業界別に見ると、ブラック企業が一番多い業界は「建設業」って事になるんでしょうかね・・・・・?

個人的には建設業はITやら工場と同じく隠れホワイト業界の一種だと思ってたんですけどね。

2ちゃんねるだと建設・IT・工場などもブラック業界として一まとめにされていますが、サービス業やら第三次産業、第一次産業に比べればマシなんですけどね。

給与が高いだけ第三次産業や第一次産業に比べればホワイトカラーの方だと思ったりしてます。

まぁ、言い換えれば、それだけ日本の第三次産業や第一次産業の職場環境がヤバ過ぎる訳なんですけどね。

 

>何故、建設業は不人気なのか?

多分、”土木作業員”に限定しているような気もします。施工管理だとか現場監督とかの求人は第三次産業やらサービス業に比べればマシですから。まぁ、体育会系やDQNばかりの集まりで、精神が病み易いのは間違いないと思いますけどね。

多分、雇用保険が無かったり、勤務スケジュールが不定期だったり、DQNや体育会系が集まり過ぎてるのが不人気な理由なんじゃないかなぁって思いますけどね。

建設事務所だとか建設会社の求人はマシだと思うけど、あそこも怒声が飛び交わない事はない。

最近は人材派遣系の建設・不動産会社なんかも増えてますが、プロジェクト先に依存するだとか現場に一旦派遣するとか書いてる求人もヤバめの求人だと思うんですよね。

まぁ、あと、バブル時代の頃からヤクザだとか元犯罪者系グループと絡んでるのが建設会社ってイメージが強いから、若者や一般人から毛嫌いされてるような気はします。

個人的にはサービス業や第三次産業の求人に比べれば、建設業の方が遥かにマシに思うんですけどね。

給与が高いだけ、介護とかサービス業に比べれば遥かにマシだろ。

建設業って、30歳を過ぎると派遣レベルでも相手にされない事が多いと思いますし。

 

 

>人手不足は本当なのか?

どうなんでしょうね・・・・・30歳過ぎて職歴なしの場合は上記の不人気業界の正社員求人にさえ応募出来ないのが現実なんですけどね。

企業は人手不足だとほざいてますが、実際にはニートだとか無職がバイトレベルに応募したところで相手にもしないのが現実だと思うんですけどね。

まぁ、企業が若者をいくら望んだとしても、若者の数自体が減少する一方なので、職歴なしの中高年を雇うか外国人を引っ張って来るしかなくなると思いますけどね。

まぁ、ニートや無職側もサービス業だとか建設業の派遣レベルで妥協してれば、企業が人手不足で困る事はないのかもしれませんが、ニート側からしても建設業やサービス業に就職するぐらいなら無職の方がマシだ! って考えてるから、結果的にはニートにさえもサービス業とか建設業は相手にされてない気がします。

多分、外国人も現在の日本に求人応募するぐらいなら中国や東南アジアの方がマシと考えてそうな気はします。

日本企業の考えとしては、ニート無職陰キャよりも外国人の方が役に立つと考えてるようですが、外国人だらけで固めた飲食店なんかは日本語の分からない外国人だらけで店を回してたせいで店が潰れたって話があります。

まぁ、言語の壁を考えれば、外国人を雇うよりはニート無職を活用した方がマシな気はするんですが、ニート無職もサービス業や建設業は鼻から相手にしていないので、結果的には外国人ぐらいしか応募してこないジレンマに陥るようですね。

 

>人手不足レベルで倒産する企業はどんどん倒産していった方が良い!

個人的な考えですが、マンパワーでしか企業や経営を回せない店や企業はどんどん倒産していった方が良い気がします。

ワタミの事例がありますが、マンパワーでしか会社利益を上げれない会社というのは社会的には倒産した方が国民全員の為になってそうな気がするんですよね。

ブラック企業が存在するという事は無知な若者や脳みその足りない若者がどんどん入社してくる訳ですが、そのせいで別の無知な若者や脳みその足りない若者がまた入社してくる事になる。

つまり、無限ループになるんですよ・・・・・ただでさえ、貴重な若者の労働力がブラック企業に消費されていくだけなので、国家的にはマイナスポイントにしかならない。

まぁ、マンパワーに頼るしかないブラック企業はデフレ価格で勝負している訳なので、貧乏人だとか無職がデフレ特価したブラック企業に生活を支えられる事になるんですが、貧乏人や無職を生かす為に国の税金や公共事業が消費される事にもなる訳なので、結果的にはその面でも国にとってのマイナスポイントにしかならない訳です。

要するにブラック企業を生かせば生かすほどデフレは加速するし、貧乏人や無職も生き残る確率が高まるので、国家の財政は緊縮していく訳です。

まぁ、貧乏人や無職が発生するメカニズムは不景気やデフレ経済が原因な訳ですが、ブラック企業の数が増えれば増えるほど貧乏人や無職の母数も増える訳なので、労働の生産効率も消費量も良くなるはずがないでしょうね。

現在の日本はサービス業や第三次産業や人材派遣業に大きく舵を切ってる訳ですが、労働者の基本賃金を下げてモノの価値や価格を圧倒的に安く売り切ってしまってる訳です。

それで貧乏な消費者や無職は助かるかもしれませんが、経済成長が伸びるはずがないでしょうね。

ブラック企業に雇われている労働者も貧乏な消費者に分類出来る訳なので、ブラック企業が増えれば増えるほど貧乏な消費者が増える事になる訳なので、いつまで経っても労働環境が改善されないし、少子化も回復しないという訳です。

 

日本のような資源も土地も乏しい国は工業製品の輸出で利益を上げるしかないんですが、主要産業だった家電や自動車が落ち目になっている訳なので、第三次産業やサービス業に企業は依存するしかないんだと思うんですよね。

でも、貧乏人相手のデフレ商売しているサービス業や第三次産業の企業数がいくら増えても経済が復活するはずがないし、貧乏人や無職も増え続ける訳なので、いつまで経ってもジリ貧のまま時間が過ぎていくだけでしょうね。

 

2000年代の頃はインターネットやパソコンが家庭の生活必需品じゃなかったので、ブラック企業やサービス業の実態も分からなかったので、多くの若者が日本のサービス業のヤバさに気付かなかったんだと思うんですよね。

でも、現代ではサービス業や建設業のヤバさというのはコンビニ本だとかインターネットの口コミで広まった訳なので、誰も応募しないのが自然になってきたんだと思うんです。

まぁ、それで、人手不足で倒産してしまうような企業は元々がマンパワーに頼るしか能のないブラック企業って証明になる訳なので、今回のニュース記事のように騒ぐレベルじゃないと思うんですよね。

倒産した企業に併せて、その企業のサービスや商品に依存していた高齢者や無職、貧乏人も餓死するってだけの話かと思います。

まぁ、資本主義国家の訳だから、それが自然の摂理なんだと思うんですけどね。

それでも餓死したくないと言うのであれば、高い賃金を支払う企業に勤めるとかYoutuberになるとか生活保護を申し込むしかないと思うんですよね。

ただ、身体の動けない高齢者については餓死した方が社会的には役に立ってるとは思いますけどね。

かなり酷い事を言ってますが、身体の動けない高齢者の母数自体が圧倒的に多くて、国家の財政を圧迫して若者の生活を貧窮に追い込んでる訳なので、身体の動けなくなった高齢者については餓死した方が社会的には役立ってるとは思います。

まぁ、そんな事をSNSとかで呟けば、公式アカウントに即BANされるか炎上になるとは思うんですが、綺麗事や偽善で済まされない世の中になってきている事は間違いないかと思います。

 

まぁ、デフレに特化したサービス業は公務員や銀行員よりも役には立ってるとは思うんですが、そこの労働者が死にそうな思いをして働いてるのを考えると倒産した方がみんなにとっては幸せだと思う。

仮にワタミみたいな企業が生存していたら、無知な若者だとか脳みその足りない若者が入社してブラック企業の寿命を延ばす事になるし、未来の若者がその企業に就職して潰されるケースも出て来るから、マンパワーに頼るレベルのブラック企業は倒産した方がマシだと思う。

 

まぁ、ブラック企業の経営者って、会社の立ち上げ時には相当苦労してるだろうけど、社長や経営者やってる時には相当幸せな思いをしてるだろうから、倒産した方が自分の会社の労働者の気持ちを知る事が出来ていいんじゃね? って思う。

ところで、俺は2ちゃんねるとかまとめブログとかニコニコが叩くほどニートだとか無職は悪じゃないと思ってる。

その理由は彼等が就職しないお蔭で人手不足で倒産するレベルの企業も出現してくれるからな。

つまり、ブラック企業を探索する労力と手間が省ける訳なので、彼等がブラック企業に就職してくれない方が助かる。

ニートや無職や職歴なしの中高年のおっさんがブラック企業に就職すると、ブラック企業の寿命自体が延びる訳なので、ニートとかがブラック企業で働かない方が個人的には良いと思ってる。

人手不足で倒産する企業があったら、連動して貧乏な高齢者や無職、貧乏人共も餓死したり就職活動せざるを得なくなるからな。

どうしても餓死したくなかったら、NPO法人や生活保護に頼れば良いと思う。

ただ、ニートや無職がブラック企業以外で就職出来るパターンは非正規雇用ぐらいしかないと思う。

新卒や第二新卒の期間を逃すと、ニートが就職出来る可能性は非正規雇用か公務員ぐらいしかないだろうね。

 

まぁ、ニートとかフリーターは下手にブラック企業に就職したりしない方が良いとは思う。

彼等が就職してブラック企業や貧乏人が延命する事になるだけだし、ブラック企業の数が増えれば増えるほど貧乏人も増え続ける訳だからな。

 

例のニュース記事では人手不足で倒産する企業はブラック企業とは言ってないけど、俺は人手不足レベルで倒産する企業はブラック企業だと思うけどな。

結局、マンパワーに頼るしか能がないから、倒産するんだろうって思うね。

建設業は名前の響きからまともな業界そうに見えるけど、実際に人手不足なのは現場の土木作業員やとび職連中だろうなって思う。

昭和時代の頃は中卒や元ヤンキーが入社してたような業界なのに、大卒が当たり前の現代で多くの若者がとび職や土木作業員になりたがるはずがない。

しかも、昭和の頃に比べて年収が滅茶苦茶しょぼいし、社会保険加入なしだし、あいりん地区やみなとみらいのホームレスの前例もあるんだから、建設業なんか入社したいはずがない。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク