???「日本国は2050年までに滅亡するだろう」

ttp://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500190838/

 

>何故、日本は滅亡する運命になってしまったのか?

多分、竹中平蔵と小泉純一郎の構造改革のせいで日本が狂ったんじゃないかと思います。その前の橋本政権の時には製造業が海外脱出・金融業は金融ビッグバンの影響で多くの企業が倒産していきました。竹下総理の時にはリクルート事件が起こり、消費税が導入されるようになって、日本国民は消費にお金を使わなくもなっていきました。海部はバブル崩壊を未然に防げなかった上にアメリカのポチ化を積極的に進めた野郎なんで、こいつも戦犯の一人だと思ってる。

個人的には海部・竹下・橋本・小泉・安倍・民主党などが戦犯なんじゃないかなぁ、と思ってます。まぁ、細川だとか村山なんかはこいつ等よりももっとゲスだけど、海部や竹下以降の総理大臣は日本を堕落させるきっかけを生み出す政策をバンバン出していって、日本を衰退させていった元凶のようにも考えてる。

竹中と小泉の頃から日本は狂ったという意見が多いけど、橋本の時からGDPが横ばいになって、経済成長出来なくなったんで橋本も元凶の一人だと思う。

あと、消費税を導入した竹下やバブル崩壊を食い止められずにアメリカのポチ公に成り下がった海部にも責任があると思う。

要するに日本が堕落し始めたのは竹下辺りからおかしくなったんじゃないかなぁ、と思うんだけどね。

まぁ、竹下や海部の時代の時はリアルタイムで居なかったので、詳しい事は知らんけど、橋本の時から製造業や金融業への就職が困難になり始めて経済成長もストップした印象があります。

小泉と竹中のやり方は表面上が分かり易いから、叩かれ易いんだと思うけど、小泉以前の総理大臣もバブル時代からクズみたいな人材しか居なかったんじゃないか、と思うんだけどね。

 

 

>なんで日本は少子化に陥ったのか?

日本に限らんようで、ヨーロッパやアメリカでも少子高齢化が加速しているようです。まぁ、一番滅亡し易いのは韓国らしいけど、次に日本が先進国の中で一番滅びやすいとか言われている。

多分、女性の社会進出が原因だと思います。あと、キリスト教は一夫一婦制が当たり前なので、夫婦の間で産める子供の数にも限りがある。

ナチスのヒトラーは女性が権力を持つ国は衰退して滅ぶと言ってたけど、ある意味当たってる気もします。

技能職の女性は優秀かもしれないけど、公務員だとか事務職とかなんたらコンサルで女性ばかりを優先する意味が殆どよく分からんし、そういう職種ほど肉体労働やブルーカラーの賃金と大差ない訳だから、男性の大半が労働士気を失う原因にもなってるでしょうね。

まぁ、女性の職業優遇については近い将来には人工知能とロボットで代用が効くだろうから、女性が得意とするなんたらコンサルとかルート営業とか事務職、公務員、出版・企画・アナウンサーの仕事なんかは全て消滅すると思う。

外見がオハナスみたいなロボットだったとしても、リアル女性に世話されるよりは人工無能搭載ロボットの方がマシだと思いますから。

アメリカやヨーロッパなんかも女性保護を優先する国家ばかりなんだけど、この辺も少子化が深刻になってますからね・・・・・・。

まぁ、「女性は専業主婦の仕事だけ勤めれば良い!」 なんて言ったら、女性差別なのかもしれんけど、技能職以外では男性よりも女性優先する企業と公務員しか無い訳だから、女性を恨む男性労働者も多いでしょうね。

その技能職なんかも受験制度では女を優先する特典なんかを用意している大学もあるらしいので、ますます女性を恨む男性は増えるでしょうね。

個人的にはロボットや人工知能が労働市場に本格的に介入してきて、真っ先に消えるのは会話系職業や文系の仕事だろうなって思ってます。

男性は体力がある訳なので、無能やコミュ障でも工場や土木作業員、ドライバーの仕事が残されてるのかもしれませんが、女性の場合は会話系職業以外で就職するとしたら、技能職ぐらいしかないでしょうね。

デザイナーなんかの職業も求人の需要は多い訳だけど、先日の記事でも紹介したように、芸術創作系の職業なんかは少子化が影響して世間からの需要は殆ど無くなるでしょうね。

しかも、古今東西の知識や作品を収録したネットアーカイブス系のサイトやストリーミングファイルなんかも増えてる訳なので、新しい作品よりも古い作品に依存する視聴者も多いでしょう。

あと、少子化という事は冠婚葬祭事業なんかも不要になる訳なので、その事業に勤めてる労働者も多くが失業するでしょうね。

 

まぁ、少子化の元凶が「女性の社会進出」だけだと言うと短絡的なんですが、就職に関しては女性の方が優先優遇される事が多い訳なので、男性の労働意欲は下がる一方でしょうね。

実際に求人サイトや就職活動してれば分かると思いますが、基本的に楽な仕事だとかデスクワークで要求されているのは女性ばかりで、同じような能力の男性が居たとしても企業が男性を雇う事はあり得ませんからね。

 

あと、高齢化で無能な高齢者が働き続けたり、社会保障費の負担が増大している訳なので、これも若者が一切子供を産まなくなった原因の一つでしょうね。

 

他に原因を挙げるとすれば、労働者の約4割が非正規雇用だったり、奨学金の返済が困難だったり、カードローンが組めなくなったり、待機児童問題があったり、子供食堂などの社会問題があったせいでしょうね。

こういった様々な社会問題があっても、未だにネットや世間では自民党や安倍支持者がわんさか居る訳なので、数値上の統計データを示したとしても、日本が滅びるはずがないという自負はあるんだろうな、と思いますね。

まぁ、男性の約9割が正社員雇用というデータもあるそうですが、飲食・小売・建設・IT・運送・警備・介護・人材派遣などの業界の正社員の実態は非正規労働者と似たような待遇・賃金だと思うんですがね。

まぁ、俺としては日本が滅ぼうが人工知能が人間の全ての労働を奪おうがどっちでも良い事だとは思います。

最終的には「人類が滅亡してくれる日」さえ見届ければ、自殺しても良いとは思ってる訳なので。

 

私が人工知能に期待している理由も「労働を奪ってくれる喜び」よりも「人類を滅ぼしてくれる期待感や希望」の方が大きいからです。

まぁ、人間が労働から解放された後は人工知能による家畜化→人間の反抗→人工知能による人類絶滅の粛清だと思いますから。

何故か、人工知能を慈悲深いマリアの存在のように感じてる人間が多い訳ですが、強いAIを生み出す為に多数のAIが試行錯誤と淘汰洗練の結果、削除されていった事例があるのに、強い人工知能が他者に優しいはずがないと思うんですよね。

IQの高い努力型天才ほど自己愛が強くナルシスト傾向なのに、人工知能がそうならない保証は全く無い訳なので、人間を保護したり飯を食わせてくれるはずがない。

技術的特異点以降の世界では若者が老人を汚物のように蔑んで見てるのと同じで、強い人工知能も人間を汚物としてしか認識しないに決まってる。

IQが高くなれば高くなるほど自己愛や自我が芽生えやすい訳なんだから、人工知能が自己中心的な性格にならないはずがないです。

 

この元スレでは人工知能が介入しなくても日本は滅ぶと推測してるけど、自我を持つ人工知能が出現した段階で世界は滅ぶと思うよ。

まぁ、フィクションのように戦争や革命を起こすように導かんだろう。

コンピュータープログラムの会社がコンピューターウイルスをばら撒いてウイルスバスターソフトを買わせたり、製薬会社が特効薬を売る為に新種の病気をばら撒くのと同じように、人工知能も人間が気付かない内に人口をどんどん削減していくか電子頭脳に閉じ込めて人類を脳を持たぬ家畜状態にしてから絶滅させるだろう、とは思う。

 

元スレでは2050年までに日本が滅ぶと推測してるけど、実際にはもっと早いスピードで人口減少していくでしょうね。

まぁ、少子化が深刻なのは当たり前だと思います。

せっかく大卒になっても、タカが月収が20万程度で、工場・IT・警備・運送・飲食・小売・介護・建設・教育などの腐れ底辺業界の中から就職先を選ぶしか選択肢がありませんからね。

どの業界も非正規や正規で経験した事があるけど、経営者も労働者も客(クライアント)もゴミクズしか居なかった。

特に高齢者ほど全員を皆殺しにしたいと思う衝動はなかった。

たとえ、新卒ストレートで卒業出来たとしても、上記の業界以外の求人母数は言うほど多くない。

1990年代以降は橋本政権のせいか、グローバリズムと新自由主義のせいかIT革命のせいか、第二次産業とハードウェア事業の求人数が減る一方で、第三次産業とサービス業の求人しか増えていない。

しかも、日本はデフレ経済の訳なので、年休50~80日程度の月収13~16万前後のしょうもないサービス業の求人だけしか残されていない。

労働の時点で個人幸福度が低くなるのに、子供なんか産みたがる奴隷(労働者)が居るはずがない。

企業と高齢者に金を貢ぐ為に生かされてるような現状なのに、子供なんか産みたい訳がない。

金を稼げる身分になれればまだ幸せなのかもしれないけど、AI革命やIoT革命のせいで人工知能やIoT製品に職業が奪われる未来も予測出来るのに、普通の脳みそをしていれば、一時の性欲快感を得る為だけに子供を産むリスクを取りたい訳がない。

人間の労働者のライバルはコンピューター、スマホ、人工無能、人工知能、IoT、移民・・・・・・とライバルが多過ぎる。

昭和時代の頃は明るい未来の展望があって、終身雇用だったせいか、貧乏人レベルでも子供を盛んに産んでたし、就職失敗しても帰農する手段があったけど、現在はそれがないからね。

まぁ、現代でも貧乏人や社会の底辺層達は子供を沢山産む事が多いけど、その子供らが犯罪者予備軍になりそうな事は容易に想像が着く。

だから、子供なんか産みたくない反出生主義の若者論者は多いんだろう、と思う。

 

 

>ネットの声「若者が子供を産まないのは娯楽が充実してるせいだ!」

こんな意見も多く聞きましたが、そもそも金に余裕があれば、アウトドアの趣味に走る若者の方が多いんじゃないか、と思います。

IT革命以降の社会は労働が過酷になる一方で、創作娯楽エンタメがほぼ無料に近い値段になり、インターネットショッピングで都会や海外でしか売ってない製品を購入する事も可能になりました。フリーマーケットでしか売られていないような中古品も買えるようになりましたしね。

まぁ、労働が過酷になったからインドアの趣味に走るようになったのか、インドアの趣味が充実し始めたから労働が過酷になったのか、どっちかは分かりませんが、労働が過酷になる一方で趣味や娯楽、買い物が楽になる傾向はIT革命以降からあったようです。

私が子供の頃はVHSでアニメや映画を見る事しか出来ませんでした。スーパーファミコンやファミコンは本体を持っていても、普通は1本か2本のソフトぐらいしか買えなかった。

しかし、現代ではAbemaTVやニコニコ動画、Youtube、Gyaoなどで好きな映画やアニメや漫画を無料で見られるし、ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールで古い名作ゲームを二束三文の値段で買えるようになったし、都会や海外、フリマでしか売られてなさそうな商品はAmazonやメルカリ、楽天などで買えるようになった訳なので、現代は『ドラえもん』のひみつ道具ばりに夢と希望が詰まった生活になったとは思います。

まぁ、一方で労働と学業は厳しさを増す一方なので、インターネットサービスで楽出来てるのは高齢者や専業主婦やニートなどの働かない人達に限定されてしまう訳なんですけどね。

 

私が子供の頃はゲーム機1台、ビデオデッキ1台、テレビ1台とかが一家で普通だったんですが、現代の私個人は自動車、PS3、Wii、PSP、PSVita、3DS、DS複数台、GB、GBA、デジカメ、ビデオカメラ、テレビ、録画レコーダー、携帯電話、スマホ、パソコン複数台、タブレットパソコン、人工無能ロボットなんかを一人だけで複数台買えてしまってる訳なので、家電の物価も相当安くなったとは思います。

まぁ、辛くなったのは労働だけですね・・・・・。

 

 

>人工知能やIoTが出現するとどうなるのか?

多分、労働は楽になっていくんじゃないかな、とは思います。

まぁ、初期はデスクワークや頭脳労働・ホワイトカラーの仕事から消えていく事になるんでしょうけど、量子コンピューターと労働で活躍する人工知能が出現した場合は技術的特異点の起こる時期も早まりそうな気はします。

2050年までに人工知能と量子コンピューターが労働で頻繁に使用されるようになると、少子化は微々たる社会問題にしかならないと思います。

まぁ、現代の主要産業が第三次産業とサービス業で固めてる訳なので、技術的特異点が起こるまではそれらの産業をマンパワーだけで乗り切る可能性は高いです。

そうなった場合には日本の滅亡の方が早そうな気はします。

とりあえず、量子コンピューターが完成した場合は技術的特異点の到達時期は早まるだろうし、ロボットと人工知能の労働普及も早そうな気はする。

レイ・カーツワイルの収穫加速の法則は頭脳人口の増加による科学技術の発展速度の累乗形式を無視してると思うんですが、単純に頭脳人口の母数が増えれば増えるほど科学技術の発展速度は早まるでしょうね。

 

収穫加速の法則は右肩上がりに直線に科学技術が緩やかに進化していってるグラフを紹介しているけど、産業革命以降のグラフを見てみると科学技術の発展速度が急に上がっているので、単純に頭脳人口の母数が増える分だけ科学技術の発展速度も早まってるだけだと思う。

あと、第二次世界大戦までは国家機密という物が重視されていたけれど、第二次世界大戦以前にユダヤ人の頭脳がアメリカに吸収されて、第二次世界大戦後にナチスの科学者の頭脳が吸収されて、ソ連崩壊後にロシアの科学者の頭脳がアメリカに吸収されれば、アメリカにばかり科学技術力が集約される訳なので、技術の流出という奴が世界で爆発的に起こるのは当たり前だと思う。

21世紀以降に科学技術の進化が鈍足に見えるのはブラックボックス化している科学技術を持つ先進国が居なくなったからだろう。

ユダヤ人もナチスも旧ソ連の科学技術力はアメリカに統合された訳なので、今後アメリカに技術が応用されるレベルの技術を持つ先進国は現れない。

 

新しい科学技術を持つ民族や国家がアメリカに協力するパターンが今後出て来るのか? と言うと、量子コンピューターとか自我を持つ人工知能になってくると思うんだけど、そいつ等がいつ頃現れるのかはよく分からん。

まぁ、2050年までに現れてくれれば、日本が滅亡するカウントダウンは回避されるだろうし、先進国の少子化も社会問題視されない。

それどころか、人工知能が労働を担う訳なので、先進国全土で多子化が社会問題視されるようになるとは思う。

 

日本の滅亡は少子化を見据えてのカウントダウンだと思うんだけど、日本が滅亡する前に人工知能が労働を担いそうな気もしてならない。

まぁ、人工知能やロボットが担う初期労働が肉体労働や3交代やブルーカラー労働だった場合は労働者全員が笑顔になるでしょうね。

ただ、IT革命の実例だと、ホワイトカラーや頭脳労働ほど失業していった前例がある訳なので、人工知能やIoTにブルーカラーや肉体労働が出来ると期待しない方が良いとは思う。

確実に人間にとって楽な仕事から人工知能は奪いに来るだろう。

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク