???「中国共産党は無能でクズの集団。さっさと解体した方が絶対いい!!」

ttp://www.asahi.com/articles/ASK8344W5K83UHBI00H.html

>人工知能

最近は「人工知能怖い怖い」って話題が多いんですが、これもある意味で怖い人工知能ですね・・・・。

まぁ、現代の人工知能は人工知能じゃなくて、人工無能って意見が多いんですけどね。

人工無能っていうのは、クラウドデータベースやあらかじめ設定したプログラムソースからプログラムが言葉を取捨選択して一番ベストな回答を用意するというもの。

Pepperやりんな、オハナス、ワトソン、電王、TayTweetsなどは人工無能の部類でしょうね。

このベビーQも人工無能だと思います。開発者が中国共産党にとって都合の悪い言葉やデータしか用意しなかったので、こういう回答になってるような気もします。

あとはSNSでやり取りする人工無能のようなので、ユーザーの総意や本音が詰まったのが、この「ベビーQ」って感じもします。

まぁ、中国共産党は最近ノーベル平和賞を受賞した作家を暗殺していますし、何かと世界にとって印象の悪い話題しかありませんからね。

ちなみに日本の共産党や民主党などが与党に選ばれない理由はそこに所属している政治家に中国国籍の人が混ざってたり、思想的に中国共産党に近かったり、パイプで中国共産党と繋がってたりするからです。

まぁ、日本の共産主義は中国共産党の意志をそのまま丸パクリしてる感じもあるので、それで野党政党が与党に選ばれないって理由もあるんだと思います。

日本の左翼政治家や左翼政党って、中国や韓国などに通じてる人が多いですからね。そういう理由もあって、日本では左翼だとか革新派政治がウケないんだと思います。

普通は左翼や共産主義と言うと、経営者だとか企業、利権団体に反発する革命団体ってイメージがあるんですが、日本の共産党や民主党って言うと、中国や韓国と結び付いてるイメージが強い訳なので、国民は自民党しか選択しない訳です。

公明党も中国や韓国と無関係って政党じゃないと思うけど、自民と連携しているので、連動して公明党も与党になっている。

本当は宗教や思想団体が政党や政治に参加する事は法律で許されてないんだけど、公明党や創価学会はそれが許されてる訳なので、公明党を認めてる国民も少ないかとは思います。

じゃあ、自民党はマシなのか? って言うと、結局はアメリカやヨーロッパ、欧米系(ユダヤ系)企業の金魚の糞みたいな連中の訳なので、自民党もマシな訳じゃない。

つまり、日本の政党で自分の意志だとか主張だとか日本独自の政治政策を考えてる政党なんて一つもない。

野党を選べば特亜系国家の思想と政治と宗教が入り交じり、与党を選べばユダヤとアメリカとヨーロッパの犬に成り下がる訳なので、日本独自の政権を確立したような政党は存在しない。

ただ、アメリカやヨーロッパは人道的主義やら人権、福祉なんかは認めてるから特亜系よりもマシだから、自民党が選ばれてるだけって話だと思う。

次の選挙で共産党を国民が選べば、国の優先的な外交相手が中国共産党に切り替わる訳なので、そっちの方が地獄だと思う。

 

 

>何故、中国共産党は世界中で嫌われてるのか?

多分、旧ソ連のやり方と全く同じだからでしょうね。

毛沢東やレーニン、スターリンは何故か「世界の偉人」に数えられてますが、善人では無い事は確かです。

まぁ、毛沢東やレーニンの偉人伝の本や書物が世界から消えるのはあと50年100年はかかるでしょうね。

毛沢東やレーニンが偉人扱いされているのは、未だに共産主義が廃れてないし、共産主義を主導しているロシアや中国が滅んでないからでしょうね。

もし、共産主義が完全に消える事になれば、レーニンや毛沢東が世界の偉人に数えられる事はないでしょう。

共産主義の思想自体は立派なんだと思うんですが、現実にやった政策が独裁主義(ファシスト)よりも酷い政策が多かった訳なので、共産主義の政治は否定されてるんだと思います。

ロシアはソ連が滅んでからマシになっていきましたが、中国は共産党が倒されていない訳だから、未だに民族迫害や政治犯逮捕や著名人の暗殺、ネット弾圧なんかの黒い話しか出てきませんからね。

21世紀の現代で未だに焚書・坑儒やら民族迫害なんかをやってる国は中国ぐらいしかない気もしますけどね。

あと、「人体の不思議展」の標本元が中国の政治犯や革命グループっていう話もある訳なので、中国共産党は尚更世界から嫌われてる訳です。

まぁ、中国共産党が滅んだ場合はヒトラーやナチスよりもフィクションや創作のネタとして利用される事になるだろうし、ドキュメンタリー番組の史料の宝庫にもなるでしょうね。

『新・映像の世紀』だとソ連が崩壊して20年以上経ち始めた為か、ソ連が行っていた黒い史料や映像フィルムなんかも次々に公開されるようになりました。

今はヒトラーやナチスが悪の象徴や歴史的な罪人という扱われ方がされていますが、中国共産党が滅んだ場合は、今度は中国共産党と毛沢東が叩かれまくる気がします。

中国共産党は調べれば調べるほど、ナチスや旧ソ連よりも酷い政治団体って事が分かってくるので、21世紀後半以降はナチスよりも中国共産党の方がフィクションのネタにされまくってそうな気はします。

 

まぁ、頭が悪い政治団体だとは思う。

21世紀のネット社会で要人の暗殺だとか民族迫害だとかネット弾圧とか政治犯を標本材料にするとか、やればやるほど世界から叩かれまくるのは目に見えてますからね。

現代は中国共産党が中国大陸の政権を掌握しているけど、2050年以降に滅んでた場合はナチス以上に叩かれまくってるだろうし、創作のネタにされてそうな気はします。

まぁ、個人的には旧ソ連と中国共産党はナチス以上の悪の組織って印象が強いですね。

ロシアは未だに共産主義が根付いてるせいか、レーニンやスターリンが地元で神格化されてるようですが、ロシアにしろ中国にしろ政権掌握の組織が変わった場合はナチス以上に叩かれると思うんだよな。

それだけナチス以上に酷い事をやりまくってる政治団体って感じはする。

 

あと、中国共産党やら旧ソ連の共産主義はマルクスが提唱した共産主義とズレてるって意見もありますね。

現実の共産主義は『資本論』で唱えられていた共産主義と本質が違うって話です。

まぁ、ロシア革命の革命の性質自体が市民革命と同じ王権の打破だった訳なので、資本家や企業を打破している訳じゃないんですよね。

本来の共産主義は資本主義を掌握している資本家や企業を労働者層が打倒して革命を成し遂げるものと語られてるんだけど、現実世界の共産主義は資本主義のプロセスをすっ飛ばして共産主義に来てる訳だから、マルクスが目指した共産主義とは違うって意見もあるようです。

まぁ、資本主義を倒した後の共産主義が本当に全員に平等を与える物なのかどうかは分からんけど、現実世界の共産主義は君主主義を廃して、自分等がその玉座に座るだけの物だったので、共産主義の本来の理想の姿ではなかったという意見はある。

あと、レーニンはインテリだったけど、毛沢東やらスターリン、ポル・ポトなんかは犯罪者だったり馬鹿だったりする訳なので、指導者の器ではなかったって話も聞く。

まぁ、共産主義で成功した指導者はキューバのカストロだとかリビアのカダフィなんかじゃないでしょうかね?

アメリカやユダヤ系資本グループに悪人扱いされてたり、独裁者呼ばわりされてるけど、国民に愛されてる時点で善人や正義の味方っぽい感じもする。

まぁ、石油資源が政治を上手く導いたってところもあるんだろうし、アメリカが睨む原因にもなったんでしょうけどね。

個人的には毛沢東やレーニンよりもカダフィやカストロの方が偉人っぽい気がするんですが、ユダヤ系資本グループとアメリカが世界経済を牛耳ってる側面もあるので、世界の偉人扱いする訳にも行かないんだろうなって思う。

そういう意味じゃ、ユダヤ系資本グループだとかアメリカなんかも世界の悪って感じはしてくるところはあるんですけどね。

 

 

>中国共産党はいつ頃滅びるのか?

2050年までには滅んでそうな気はしますけどね・・・・・・・。

自国でさえも思想や言論弾圧をしつつ非人道的行為を平気で行ってる時点で、内乱が起こる原因にはなってるとは思いますけどね。

あと、中国4000年の歴史という言葉がありますが、実際には多くの王朝が滅んだり生まれたりしてて、異民族に中国大陸を支配された歴史も何度も起こってる訳なので、地政学的な観点から言うと、中国共産党が永遠に栄え続ける事はないでしょうね。

中国やヨーロッパで大きな戦争や内乱が絶えないのは周りが巨大な山脈や川、海などで囲われた地理的な条件じゃないからです。

だから、秦の始皇帝は異民族の侵入を恐れて万里の長城を作ったり、郡県制と言ってブロック毎に治世者を置いて異民族の侵入や内乱を抑える役目を任せた訳ですが、秦も始皇帝一代の時代であっさり滅びましたからね。

まぁ、秦も独裁主義的な国家だった訳なので、国家の寿命自体が短かった訳ですが、当時はインターネットや映像技術があった訳じゃないので、情報伝達や生々しい弾圧描写の史料が残されてる訳じゃないですからね。

でも、中国共産党の時代ではインターネットがあるし、映像史料も豊富な訳だし、国境はあって無いような物なので、秦よりも滅亡は早いだろうな、とは思いますけどね。

まぁ、滅んだ後はナチスみたいに、みんなの玩具としてタコ殴りにされるのが目に見えてます。

ぶっちゃっけ、ナチスよりも創作のネタの宝庫だろうし、ドキュメンタリー番組も多く作られるだろうなって思います。

資本主義は滅びる滅びるって話はよく聞くんだけど、中国共産党やロシア政権が滅ぶ方が早いとは思う。

21世紀の現代で未だに暗殺や民族弾圧や思想迫害、ネットの言論統制なんかが通用するはずがないでしょうね。

中国もロシアも資本主義の旨味を知って、グローバル参画し始めた訳ですが、ある程度成熟し始めた資本主義国家は鎖国政策を執って、自分達の資源や領土の売り切りなどはしなくなってくるとは思いますけどね。

既にアメリカもイギリスも保身主義的な政策や政治のやり方に切り替えつつありますからね。

まぁ、アメリカもイギリスも資本主義の立役者みたいな役割だったんだけど、この2国が真っ先に資本主義や新自由主義から手を引き始めてる光景は第一次世界大戦~第二次世界大戦の流れを思い出させるところはあります。

 

イギリスについては、いつも通りのゲスい国だなって思うところはありました。

EU脱退のニュースを聞いてから。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク