秋葉原通り魔事件から10年・・・・・。

ttps://www.asahi.com/articles/ASL697HHCL69UTIL02P.html

今年の6月8日に秋葉原通り魔事件が発生してから10年の節目になりましたが、その二日後に今度は新幹線内での通り魔事件が起きたようです。

容疑者は22歳の無職・男性。

こうやって、見てみると、こういう事件は10年や20年という節目になると忘れられて、新しい事件が起きていくんだろうな、とは思います。

今現在は殺人を起こした犯人の身元や経歴が一切不明ですが、加藤智大死刑囚同様に複雑な家庭環境と鬱屈した人生経験を送っていったんじゃないか、と思います。

新幹線の犯人の犯行動機は「誰でもいいから、殺したかった」そうなので、当時の加藤容疑者と動機そのものは同じでしょうね。

 

 

>何故、こういう通り魔事件が起きるのか?

秋葉原通り魔事件が当時話題になっていたのは、当時流行っていた派遣切りだとか人材派遣業者間での労働者の酷使具合で、2ちゃんねるなどでは加藤容疑者を擁護する声もあったので、目立たないだけで、こういう通り魔事件は10年、20年のスパンの内に結構起きてるだろうな、とは思います。

あの事件から10年経ちましたが、相変わらず竹中平蔵や小泉純一郎は生存しているし、人材派遣業者と非正規労働は日本が世界一の数になり、労働環境なども更に悪化している訳なので、秋葉原通り魔事件の頃よりも派遣労働者などに対する仕打ちなどは酷くなっているでしょうね。

新幹線事件の22歳の無職の犯人に職歴があるのかどうかは分かりませんが、この犯人の経歴次第ではワイドショーだとか2ちゃんねるなどでしばらく話題になるような気もしてたりはします。

犯人を擁護するつもりではありませんが、景気悪化だとか労働環境が悪化すれば、無職や非正規労働者による無差別殺人だとか犯罪は増加していくだろうな、とは思いますね。

今現在は安倍総理が働き方改革だとか移民受入れだの外国人誘致のカジノ建設だのを考えていますが、間違いなく治安は悪化していくでしょうね。

 

加藤もそうですが、この犯人もエリートだとか政治家を殺そうと行動しなかった理由はエリートや政治家が行きそうな場所に侵入する事自体が不可能で、侵入出来たとしても殺せる確率が圧倒的に下がるからでしょうね。

なので、結果的に一般大衆が群がる都会だとか新幹線のような密室の方が殺人し易い訳です。

まぁ、新幹線を利用出来る客という時点で、そこそこ富裕層やエリートの部類だと思うし、この犯人も職歴なしで新幹線に入れたのなら、親や親族が金持ちだったって事になるんだろうな、とは思いますね。

加藤もそうですが、こういう通り魔殺人って、長距離のところから都会へ出向いて殺人している訳だから、犯人もそこそこ金持ちなんだろうな、とは思います。

加藤に関しては東北だか北陸地域から東京に長距離トラックで出向いたらしいので、顔に似合わず行動力と経済力がある人物だな、と思いました。

今回の犯人も愛知県から神奈川県まで新幹線を使って移動している訳で、中々の知能犯にも思えます。

まぁ、新幹線内なら密室の訳だし、普通車両と違って囲まれるまでに時間のロスがかかるし、指定席車両が殆どなので、殺人は確実に行えそうな環境にも思う。

新幹線を使うような顧客はそこそこ富裕層の部類に入ると思います。

貧乏な人だとか学生が長距離移動に利用する方法は深夜バスとかが普通だったりしますから。

加藤が襲った秋葉原なんかも貧乏な人が普段行けるような場所じゃなかった訳ですしね。

「誰でも良かった」と言ってる割には、金を持ってそうな一般人を狙ってるな、と思うところがあります。

まぁ、都会やら新幹線は人が密集し易い訳だから、瞬間的な大量殺人を狙うのなら、そっちの方が効率的なんだろうな、とは思います。

有名人だとか政治家をターゲットにしたところで、21世紀のセキュリティは万全の訳なので、殺人のターゲットに選んでも高確率で失敗する訳です。

だから、一般人が利用する施設や交通機関などを狙うしかないんだろうな、と思います。

 

 

>秋葉原通り魔事件から何か日本は変わったのか?

秋葉原通り魔事件が起きた原因を考えると、犯人の家庭環境や学歴などが第一に問題視されますが、犯人が所属していた派遣社員だの人材派遣業者だのの社会システムにも大いに欠陥のある問題だったんだろうな、とは思います。

まぁ、そのシステムを考え付いたのは竹中平蔵の訳ですが、彼は未だに存命の上にネット上で記事が作られるほどの講演だとかインタビューなどを受けている訳です。

秋葉原通り魔事件から10年も経ちましたが、非正規労働者やら無職の起こす凶悪犯罪はワイドショーなどではやはり目立ちますし、政権が10年の間に変動した割には治安も景気も良くなりませんでしたからね。

むしろ、小泉や橋本内閣の頃よりも悪化している一方だとは言えます。

新幹線事件の22歳の犯人の職歴に派遣社員だとか非正規労働とかが含まれているのかどうかは分かりませんが、含まれていた場合は「第二の秋葉原通り魔事件」としてネットやワイドショーなどで分析・調査・議論されそうな気もします。

あの事件から10年も経ちましたが、日本の環境はあの頃よりも悪化していく一方な訳だったので、こういう事件を再度起こさせないようにするのは無理でしょうね。

新幹線の密室事件で最近のものですと、生活保護や年金を打ち切られた老人の焼身自殺未遂事件なんてのもありましたが、あれも真っ先の原因が「貧困による金欠」でしたからね・・・・・・。

最近は生活保護だとか障害者年金の見直しなどが自民党内で急ピッチで進められていて、労働環境や雇用待遇なんかも経営者や政治家、企業サイドにとって、都合の良い制度が形作られていっていますが、それで生活が追い詰められた犯罪者が起こすしわ寄せは我々一般市民に及ぶという事を自民党やら日本企業などは激しく自覚した方がいい気がするんですけどね。

 

まぁ、間違いなく、日本の犯罪だとか治安悪化などは今後も増え続けていくでしょうね。

人手不足と騒がれている時代ですが、実際に足りていないのはブルーカラー労働だとか非正規労働の底辺労働者の訳ですから。

で、顧客も労働者も足りない分を自民党らは外国人で穴埋めしようと考えている訳ですが、外国人が確実に日本で詐欺やら犯罪を起こさない保証なんていうのはありませんからね。

日本国内の凶悪犯罪は人口減少の影響で減少傾向にあるそうですが、底辺労働の拡大と外国人労働者及び外国人顧客の増加を見込めば、犯罪率が急上昇していく可能性も高いでしょうね。

まぁ、秋葉原通り魔事件などは海外の犯罪などに比べるとスケールの小さいレベルの犯罪の訳ですが、銃刀所持が当たり前の海外の犯罪などが日本に持ち込まれると、日本でもアメリカのような大スケールの犯罪が発生していく可能性は高い訳です。

 

頭脳労働者は人が足りない事がない上にAIやロボットで代替させようとする大企業が急増している訳なので、頭脳労働者は2025年以降には失業者だらけになるでしょうね。

そういう元エリート達が社会や国家や政治家を激しく恨んで、憎んで、殺意を持った上で、凶悪犯罪という形で社会に復讐するパターンもある。

加藤智大は社会人時代には既に底辺労働者の部類だった訳ですが、彼は学生時代はエリートの上に異性にモテていた過去があったらしいので、秋葉原通り魔事件も一種のエリートによる犯罪でしょうね。

地下鉄サリン事件はカルト宗教グループによるイカれたテロ殺人と語られる事も多いですが、あれも超エリート等による凶悪犯罪だった。

まぁ、頭(かしら)はアホだったとは思うけど、幹部以下の能力は極めて高くて優秀だった。

多分、新幹線で通り魔殺人をやらかした犯人も学生時代は相当優秀な人物だったかもしれない。

新幹線は密室だし、金のない貧乏人が1年に1回でも利用出来るかどうか分からない交通機関の訳なので、通常の電車じゃなくて、新幹線で殺人計画を構築していた時点で、そこそこ知能のある犯罪者のようにも思う。

秋葉原にしろ、新幹線にしろ、そこそこ金を持ってる一般人ぐらいしか利用出来ない。

通常の電車は一人刺した時点で取り囲まれるし、都会の電車は椅子に座っている乗客そのものが少ない訳なので、瞬時に逃げやすい。

しかし、新幹線は基本的に指定席の上に椅子に座ってる訳なので、逃げるまでに時間がかかる訳なので、殺人を成功させる確率は普通の電車よりも高いようにも思う。

そういう事まで考えて、新幹線を選択したのならば、この犯人はそこそこ頭が回る人物だと思う。

この人物に職歴がなければ、親や親族が金持ちのようにも思う。

確か、秋葉原通り魔の加藤も金持ち一家の部類だったと思う。

金持ちでなければ、スパルタ教育などは子に施せないだろう。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク