スマブラの新ファイターを少しだけ紹介

>キングクルール

初登場は1994年発売のSFC『スーパードンキーコング』。元々はイギリスのゲーム会社レア社が開発したキャラクターで、コングファミリーと違い、完全にイギリス人独自のセンスだとかデザインが盛り込まれた純洋ゲーキャラクター。ドンキーコング自体がマリオシリーズにおけるヴィラン(悪役)だったのだが、2代目ドンキーコングは完全にヒーローとしての役回りに徹する事になったので、2代目ドンキーコングが他作品とコラボしてもマリオ等の味方側に付く事が多い。ただ、パーティーゲームやレースゲーム、ミニマリオVSミニドンキーコングシリーズでは悪役に徹する事も多い。

「スーパードンキーコングシリーズ」ではコングファミリーが完全に正義側になったので、ゲーム内でオリジナルの敵キャラクターを出す必要があった。その時に考え出されたのが擬人化されたワニの軍団「クレムリン軍」とキングクルールだった。

ゲーム内の設定ではキングクルールの兄弟や親族が『スーパードンキーコング2』や『スーパードンキーコング3』のラスボスにあたるという話があったが、現在は『スーパードンキーコング2』や『スーパードンキーコング3』のラスボスはキングクルールと同一人物だったという設定で落ち着いている。

私が子供の頃はキャプテンクルールやバロンクルールはキングクルールと別人という設定が公式設定だったが、最近の公式設定ではキングクルールと同一人物という説もあるので、スマブラでは同一人物説と足りないアクション部分にキャプテンとバロンの要素をかき混ぜて、スマブラ独自のキングクルールを作り上げた。

スタッフロールの後で死んだ振りをするので、初見で倒されたプレイヤーも多い。後のキャプテンクルールとバロンクルールは死んだ振りをしないが、キングよりもかなり手強い。

スマブラでの参戦が強く望まれていた理由は完全純度100%の洋ゲーキャラという理由とキングクルールが最後に登場した作品が『ドンキーコング64』しかなかったからだろう。

それ以降はレア社が任天堂を離れたので、敵が見直されてクレムリン軍やクルール系が一切出なくなった。

キャラクターの版権は任天堂にあるのだが、任天堂がレア社を好きじゃなかった為か、コングファミリー以外は復活する事がなかった。

ファンから参戦が強く望まれていたキャラクターだが、デザインとかは任天堂のキャラクターじゃない。コング要素もないので、イギリスが完全オリジナルで考え付いた純度100%の洋ゲーキャラクターと言える。

コング系キャラは初代ドンキーコングのデザインから影響を受けているので、日本のデザインセンスとかエッセンスも混じっている。

 

 

>シモン・ベルモンド

1986年にFCDで発売された『悪魔城ドラキュラ』の主人公。シリーズによって、大幅にデザインが変わるので、外見だけ見たら別人のようにも見えるが、全て同一のシモン・ベルモンドにあたる。スマブラシリーズのデザインは初代のデザインを採用している模様。吸血鬼ハンターのベルモンド一族で最も高名な人物にあたる。聖なる鞭や聖水を武器に物理的に吸血鬼やモンスターを破壊する事を生業にしている人。ベルモンド家の始祖は1094年に活躍したレオン・ベルモンド。その後、ラルフ、へクター、クリストファーが続く。当初は1980年代の洋画だとか1930年代のホラー映画のキャラクターや役者の影響を受けたような筋肉質の劇画風のデザインだった。1993年ではアニメ風のデザインが尊重されて、美男美女のデザインで固められた。1995年以降は高名なイラストレーターや漫画家が採用されて彼等独自のデザインで描かれた。

イースターに復活したドラキュラを抹殺する為に父譲りの不思議な魔力を持つ鞭を手にして悪魔城でモンスターや吸血鬼を物理的に破壊していった。

 

 

>リヒター・ベルモンド

初登場は1993年にPCエンジンで発売された『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』。血液型B型の正義感に強い男。曲がった事を嫌い、口数が非常に多い。1792年に復活したドラキュラを抹殺する為に青い戦闘服を身にまとい、先祖伝来の鞭で悪魔城に単身乗り込んだ。最強のヴァンパイアハンターなどとも呼ばれるが、義妹で戦闘力が高く、ロリ巨乳のマリア・ラーネッドの方がプレイヤーキャラとしては強いとか言われる事も多い。

アイテムに秘められた力を開放する「アイテムクラッシュ」を駆使する。また高い身体能力による強力な体術を会得している。スマブラでの殆どのアクションはリヒターが元になっているので、ダッシュファイターの役回りはシモンの方が位置的にある気がする。ドラキュラの子息でラルフと共闘した事のあるアルカードとは面識があり、アルカードにリヒターは何度も窮地を救われている。「悪魔城シリーズ」はどちらかと言うと、アルカードやドラキュラくんの方が一番知名度や人気が高かったりする。なので、アシストフィギュアの割にファイター並の技だとかアクションを採用されている気がする。

 

 

>ドラキュラくん

ドラキュラの息子。漫画やアニメのキャラクターっぽいが、ゲームキャラクター。ステンドグラスに映っていた謎のシルエットはおそらく彼だと思われる。「悪魔城シリーズ」の外伝作品ではプレイヤーキャラとして操作出来る。「悪魔城ステージ」に単なるステージギミックとして出るだけじゃないような気がする。

 

 

 

>現在までの新キャラ

1:リドリー・・・・・・・・・・『スーパーメトロイド』

2:インクリング・・・・・・・・・『スプラトゥーン』

3:シモン・ベルモンド・・・・・・・『悪魔城ドラキュラ』

4:キングクルール・・・・・・・・『スーパードンキーコング』

 

>ダッシュファイター

1:デイジー・・・・・・・・・『スーパーマリオランド』

2:クロム・・・・・・・・・・『ファイアーエムブレム 覚醒』

3:ダークサムス・・・・・・・・・・『メトロイドプライム』

4:リヒター・ベルモンド・・・・・・・・『悪魔城ドラキュラX』

カテゴリー: 未分類 パーマリンク