Pepperくんもリストラ対象に・・・・

ttps://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00466/101000001/

 

>なぜ、Pepperは売れなかったのか?

まぁ、タブレットパソコンを持った声の出るタダの人形でしたからね。しかも、中の人はニコニコ動画で人気のボーカロイドと同じというオチですし。

ぶっちゃっけ、食い倒れ人形とかの方が客寄せパンダには向いてたんじゃないか? って思ったりもしましたけどね。

 

>Pepperはどういうところで働いていたの?

大体は都会のソフトバンクショップや量販店の売り子、銀行や病院の受付嬢、空港や駅、ホテルの案内係、レストランやチェーン店の店員って具合ですね。

当たり前ですが、田舎で見かける事はありませんでした。

多分、子供がPepperを目にすると物凄く嬉しいだろうなとは思いますが、大人にとっては生身の人間の方が的確に教えてくれるから、生身の人間の方がいいでしょうね。

あのロボットって、基本的にタブレットパソコンのタッチパネル操作で会話していく流れみたいですし、タブレットパソコンを持った生身の人間と会話した方が適切な事を教えてくれるだろうな、とは思いましたけどね。

あと、あのデザインも不気味で気持ち悪かったですからね。

Pepperを生み出したのはフランスの会社らしいですが、映画『メトロポリス』に出て来るダンシングロボットだとか『アイロボット』のロボットを彷彿とさせるデザインだったので、子供にもウケが悪かったんじゃないか、とは思います。

見た目が宇宙人や宇宙人グレイや映画『呪怨』に出て来る子供の幽霊っぽかった見た目なのも結構気持ち悪かったですからね。

多分、私が子供ならば、あのロボットはトラウマになってただろうな、とは思います。

具体的に気持ち悪かったデザインはやはり下半身でしょうね。RPGに出て来る敵っぽいフォルムなのがダメだった。

 

 

>Pepperはなぜ売れなかったの?

初期費用で120万円。その後もレンタルという形で維持費がかかるらしいから、芸能人や金持ちや大企業ぐらいにしか売れなかったのが原因かと思います。

あと、本物の人間と同じサイズの割にはやってる事はタブレットパソコン+Siriと同じ機能って感じで、会話自体も自然な会話で成り立っていた訳じゃないから、ユーザーに飽きられたんだろうな、とは思います。

まぁ、どの日本企業にも言える事ですが、今の日本企業ってロボットに動作よりも会話を求めてるから消費者とのズレが起こるんだろうなぁ、とは思いますね。

ソニーやホンダなどはアシモやアイボなどを出す事で動作重視してましたが、それもソフトバンクが買収したアメリカのBostonDynamics社のロボットに一蹴される性能でしたからね。

あと、Pepperよりもアイボの方が安い上に可愛い上に本物の犬に近い動きをするから、アイボに乗り換える消費者や企業も多かったんじゃないか、とは思いますけどね。

アイボちゃんは19万円程度の初期費用で買えるらしいですしね。

 

 

>消費者や企業が求めるロボットとは?

やはり会話重視よりも肉体労働に舵を切った方が売れるような気もします。会話性能に特化したロボットばかりが販売されるのはコストが安い事と技術的に投資し易いってのもあるんでしょうね。

ソフトバンクはBostonDynamics社を買収しているらしいから、今後は動物や人の動きをする頭や脳がPepperデザインのロボットが出て来るかもしれないので、ソフトバンクのロボットが今後は売れないって事はないかもしれませんけどね。

 

あと、Pepperが売れなかった理由は人間のフォルムに近過ぎるからダメってのもあるんでしょうね。

見た目や身長がドラえもんやロックマンぐらいの大きさなら買われてたんだろうけど、大人の人間そのままの身長とかフォルムっぽかったのがダメだったんじゃないかな、とは思います。

私が消費者だった場合はタチコマみたいな多脚型ロボットやドラえもんみたいな半獣型ロボットやアイボみたいな動物型ロボットの方が欲しいだろうな、と思う。

Pepperの場合は大人の人間のフォルムに近過ぎた上に全身が真っ白なせいで『ドラゴンボール』のフリーザとか『呪怨』に出て来る子供を思わせる姿だったのが却って不気味だったんだと思う。

 

 

>どういうロボットなら企業は喜んで買うのか?

『NHKスペシャル』が「スーパーコンピューター特集」をしていて、その番組に出て来るアニメのロボットがマスコットキャラクターっぽい店員ロボットだった訳ですが、そういうロボットなら企業は喜んで買うでしょうね。

見た目やフォルムはルンバ+着ぐるみって感じのロボットですね。

多分、そういうロボットの方がスペース面でかさばらないだろうし、仕事の手助けにはなっていただろうな、とは思いますね。

Pepperがダメだったのはやってる内容がタブレットパソコンそのまんまだったのがダメだったんだろうな、とは思いますね。

皿洗いだとか接客対応や掃除が出来る訳じゃなかったから、企業に飽きられたような気もします。

まぁ、ルンバもルンバで、掃除機よりも正確に掃除出来てる訳じゃないから、一般に普及しなかったんだろうな、とは思いますけどね。

 

 

>労働用のロボットは本当に生まれるのだろうか?

1999年にペット型ロボットにアイボが一般販売されて、2004年頃にホンダのアシモが歩行で注目されて、2015年頃にPepperの接客具合に日本が驚愕した訳なので、近い内には労働用のロボットも生まれるでしょうね。

まぁ、ロボットって、既にテーマパークや映画スタジオなんかでは働いていて、アニマトロニクスとかの系統がそれに当てはまるんですよね。

USJの場合は『ジュラシック・パーク』や『E.T.アドベンチャー』『ジョーズ』なんかのアトラクションはロボットが働いてますね。

ディズニーリゾートの場合は『カリブの海賊』や『ホーンテッド・マンション』とか言った具合です。

そういうロボットは既に1980年代頃から働いている訳なので、労働用ロボットが世界で普及していないのか? と言うと、遊園地やら映画の世界では大活躍しているって感じですね。

日本でもバブルで凄かった頃は規模の小さい遊園地にもアニマトロニクスが働いていて、技術的にも現代で見たら凄い物がありました。

特に凄かったのは埼玉県にあった遊園地の恐竜のアトラクションでしょうかね。

あのアトラクションはUSJのアトラクションよりはクオリティが高いものがありました。

日本でアニマトロニクスが廃れたのは維持費がバカにならんのと修理や電気代が大変って理由なのもあるんでしょうね。

あと、少子化やら不景気ってのも理由でしょうね。

 

アニマトロニクスとかを抜きにして、一般人でも動くロボットが買えるようになるとすれば、2030年代頃なんじゃないかな、とは思います。

パソコンの歴史を振り返ると、1960年代までは研究所や大学ぐらいでしかパソコンを買う事が出来ず、1970年代や1980年代はワープロの時代で、一般人が自宅でパソコンを買えるようになったのが大体Windows95とかの1995年の時代。

1980年代でもパソコンは買えたけど、当時のAppleのMacintoshは100万円を超える時代だったそうです。

ノートパソコンが普及し始めるのが1999年で、スマートフォンやタブレットパソコンの一般普及が2010年頃という具合です。

 

パソコンやスマホの普及が大体40~50年ぐらいかかってるのが分かります。

ロボットの起源はいつ頃になるのか分かりませんが、アニマトロニクスとかを起源と考えると、大正時代の頃にはアニマトロニクスっぽいロボットは既にあったそうなので、大体100年以上はかかってますね。

 

産総研によると、2025年には一家にロボット一台の時代が来るそうですが、人や動物並の動きをするロボットは2030年代ぐらいまで待たないと一般に普及しなさそうな気もします。

まぁ、肉体労働や接客が出来るロボットが生まれれば、企業の人手不足問題や家事育児の問題は解決するんでしょうね。

 

>人間は今後どういう発明や技術に憧れを持つのか?

ロボット・人工知能、タイムマシン、宇宙旅行などが人類の21世紀の三大憧れあるいは科学的な欲求とか言われていますね。

20世紀の頃は万病対策、娯楽、乗り物(移動手段)、飢餓対策、衛生問題対策などが人々の憧れでした。

それらの夢は最終的に叶ったのか? と言うと、どれも最高とは呼べない水準で叶ったとは言えますね。

まぁ、飢餓でも衛生面でも苦しむことはなくなったし、娯楽も最高レベルに発展したとは思います。

おまけに宇宙旅行の夢も1960年代には叶っている訳なので、人間がSFなどで思い浮かべた空想や夢は大体実現するだろうな、とは思いますね。

現代の人間の苦行と言えば、労働や経済問題、食糧問題、エネルギー問題辺りでしょうが、ロボットや人工知能が普及すれば、そういう問題もある程度は片付く問題になるんでしょうね。

 

人間が労働から解放されれば、宇宙開発や時間旅行に目を向けられる訳なので、タイムマシンや宇宙移民なんかの計画も進められるという訳です。

20世紀後半の頃に宇宙開発計画が積極的に進められた理由は当時のアメリカや日本が好景気かつ多子化で精神的にも時間的にも余裕があった面もあるんでしょうね。

ロボットやAIが労働で活躍する時代になった場合は自動的に好景気に傾く訳なので、食糧問題やエネルギー問題に目を向ける事が出来る訳です。

余った余剰人員は宇宙開発や海底探査の方に回して資源開発などにも目を向ける事が出来る訳なので、ロボットやAIが労働を行うという話はそうそう悪い話ではなかったりもする訳です。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク