令和時代は戦争の時代になるだろう

<明治時代>

・佐賀の乱(1874)

・西南戦争(1877)

・日清戦争(1894)

・日露戦争(1904)

 

<大正時代>

・シベリア出兵(1918)

・関東大震災(1923)

 

<昭和時代>

・世界恐慌(1929)

・日中戦争(1937)

・第二次世界大戦(1939)

・高度経済成長(1955)

・石油危機(1973)

・バブル景気(1989)

 

<平成時代>

・失われた30年(1990年)

・阪神淡路大震災(1995年)

・聖域なき構造改革(2001年)

・世界同時不況(2007年)

・東日本大震災(2011)

 

明治・・・・・戦争、

大正・・・・・・不況、

昭和・・・・・・戦争、

平成・・・・・不況

 

 

>ここ最近の日本史のパラダイムシフト

・1853年・・・・・・・・・黒船来航(幕末から明治維新へ)

・1931年・・・・・・・・・満州事変(1933年に国際連盟の脱退、37年に日中戦争)

・2011年・・・・・・・・東日本大震災(福島原発事故→???)

 

都市伝説に日本史は80年周期で変革するという俗説があるのですが、日本史のバタフライ・エフェクトを考えると、最近の日本史の大まかな重要イベントとしては上記の3つでしょうね。

東日本大震災がもたらした影響が今後どうなるのかが分かりませんし、実際に社会全体が大きく変化するのは幕末時代で言うと、1867年からになるので、1853年が重要な歴史的イベントではないのかもしれませんが。

東日本大震災については地震そのものが問題じゃなくて、原子力発電所が問題になっていくでしょうね。

あと、東京オリンピックが開催される2020(令和2)年も日本史にとっての重要なターニング・ポイントになるのかと思います。

その後の重要なターニングポイントは2025(令和7)年でしょうね。

この年には介護福祉士が約37万人も必要になる超高齢化社会に突入するらしいので、間違いなく若者の不満は爆発するでしょう。60歳以上の高齢者は100万人も超えるとか聞きます。

昭和のターニングポイントは満州事変か二・二六事件か悩みましたが、その後の日本の戦争突入や国際連盟の脱退を考えれば、満州事変が重要な歴史的イベントになるでしょうね。

 

 

>ここ最近の日本史は戦争を通して社会がどのように変化したのか?

幕末や明治維新で言うと、「文明開化」という奴で、西洋文化が数多く取り入れられましたが、当時の列強はイギリスやドイツなどだったので、ヨーロッパの科学や宗教、政治、法律、文化などが規範とされました。

太平洋戦争後のGHQ占領以降では大日本帝国憲法と皇国史観が排除されて、アメリカ社会の色々な要素が日本社会の基礎とされて、1920年代以降のアメリカ社会が日本社会のベース、生活(ライフスタイル)のベースになっていきました。

まぁ、日本史の特徴を見ていると、基本的に外圧の影響で外国の社会に色濃く影響されて社会がより良く変化していく流れです。

基本的にこの国は戦争もしくは内乱を通した後でしか文化や社会が成熟しない国のような気もするんですよね。

戦国時代で言うと、ポルトガルやスペインからもたらされた銃や金属製の鎧なんかで戦国時代は終結した訳なので、大体の日本史は外国の影響をモロに受けて戦争を通して社会体系が変化するような特徴を持っている気はします。

中世社会。鎌倉時代で言うと、モンゴル帝国の「元寇」が原因で幕府が滅び天皇を中心とする思想や考え方などに回帰していく事にもなります。

 

 

>現代の日本の問題点と言えば、何か?

やはり、支配構造だとか労働環境、報道体制や政治の仕組みなんかじゃないんでしょうかね? 日本は明治維新や昭和維新などで科学技術やら文化などはそこらの一流国家と並び立つ強国には成り立ちましたが、人権だとか人命に対する思いやりだとか身分制度とかに関しては江戸時代の頃から本質的には何一つ変わっていない気はします。

日本は基本的に外圧の影響か戦争を通しての社会変革で旧体制を破壊するという歴史的特徴を持っているので、現状の社会に不満を持つ人たちが救われるには国内で革命か戦争みたいな物を通さないと無理な気はします。

あと、私は戦争を望んでいるのではなくて、最近の日本史の流れは破壊→平和→不況→戦争→破壊の順序で国が再生していく流れなので、近い将来には日本でも戦争か内乱は起こるだろうな、と思います。

まぁ、他の国の歴史も大体そんなもんだと思いますが、アメリカは戦争に負けた事がない訳なので、アメリカの歴史とかは参考にならないし、ヨーロッパ各国の歴史は今後は移民に乗っ取られる形にもなっていくだろうから、あんまり過去の歴史の順序はアテにならないですけどね。

ただ、日本史は中世社会以降に関しては大体は外圧の影響か戦争や内乱で社会システムがリセットされる流れが取られているので、現代日本における労働者に対する人命や人権の薄さ加減は戦争か革命を通してでしかリセット出来ないだろうな、と思っています。

 

>令和時代に起こるかもしれない戦争は何がきっかけになるのか?

2011年に起こった東日本大震災の福島原発の様々な深刻な影響が2020年代に問題視され始めるか、2020年の東京オリンピック以降の大不況で若者が政府や東京にキレるか、2025年の超高齢化問題で増えすぎた高齢者に対して若者が爆発するか、のどれかじゃないでしょうかね?

最近は現在進行形で移民の導入なんかも進めている訳なので、その問題で内乱が起こる可能性もあるんじゃないか、と思います。

まぁ、日本に限らないとは思いますけど、アメリカや中国が労働者用ロボットやAIを開発出来た段階で資本主義国家ではクーデターや内乱が絶えないと思います。

多分、アメリカでは第二次南北戦争的な物も始まるだろうから、共産主義国家が世界史で躍進してくる可能性もあるでしょうね。

ヨーロッパではイスラム系移民の方が内乱でパワーを持ちすぎて、白人側が被支配階級に落ちぶれると思います。

まぁ、今の日本は爆発寸前の風船と同じで、高齢者にしろ移民にしろ南海トラフ地震にしろ東京オリンピック後の不況にしろ、そういう諸々の物はいつか重なるだろうし、若者の生活を苦しめていく事にもなるだろうな、と思いますね。

 

 

>令和時代の発表を素直に喜んでいいのか?

歴史の流れ的には昭和前期や明治前期の頃の内乱や戦争、クーデターのゴタゴタになっていくんじゃないか、と思います。

NHKでとある歴史学者が「カルト宗教が若者を支配する可能性もある」みたいな事を言っていましたが、今の時代だとヒトラーや麻原のような男はYoutubeやSNSなどで大人気になる可能性もあるでしょうから、社会混乱が極まれば、そういう人間が社会に担ぎ出される可能性もあるでしょうね。

まぁ、私の予想では日本が戦争や内乱になるとしたら、「東京オリンピック後」「移民問題」「南海トラフ地震」「AIや労働者用ロボットの爆誕」「2025年問題」だろうなぁ、と思いますけどね。

まぁ、2025年ぐらいまでは激動の時代になるだろうし、戦争突入の流れにも入っていきそうな気はします。

多分、その戦争後のシステムで資本主義制度は否定されて、修正された共産主義制度が世界史で受け入れられていく形になるんじゃないか、と思っています。

 

 

>平成時代の身分制度

昭和時代までは天皇・皇族>政治家>経営者>正社員・公務員の順序で社会的な身分が決まっていました。

しかし、平成時代では天皇・皇族>経営者>政治家>公務員>正社員>非正規>無職の順番なんですよね。

正社員といっても、飲食・小売・介護・製造・建設・下級IT・営業・運送・郵便・清掃・警備などは派遣や非正規と似たような待遇かそれ以下の幸福満足度でしょうね。

この状況にAIやロボット、移民が労働市場に組み込んでくるわけなので、日本のカースト制度は更に切羽詰まるでしょうね。

 

この歪な労働環境と市場に外国人やロボット、AIが組み込まれる訳なので、日本でも資本主義に対する内乱のような物はおそらく起こるでしょうね。

アメリカなんかでもロボットの労働を巡って第二次南北戦争が始まる気がします。

日本、EUも資本主義に対する内乱が起こって、その隙にロシアや中国などが領土拡大を企んで侵攻するので、第三次世界大戦が起こるという流れです。

第一次世界大戦は大西洋。第二次世界大戦は太平洋が主戦場だったので、第三次世界大戦はおそらくはインド洋近海と東南アジア地域が主戦場になるでしょうね。

私の予想だと、2025年前後には第三次世界大戦やロボットの労働を巡る資本主義内の内乱が始まると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク