けものフレンズ2は何故失敗したのか?

>けものフレンズ2について

私はニコ厨でして、中でも「ゆっくり解説」という内容の動画が大好きなんですが、あまりにも『けものフレンズ2』の失敗点を指摘する内容の動画が多すぎて、公式サイドとキモオタ連中にもイライラし始めてる時期です。乱立と検索妨害はぶっちゃっけ止めて欲しくて、ブログとかはてなとかSNSでやれ! って思ったりもする次第です。

『けものフレンズ2』の粗探しや公式サイドの諸事情を「ゆっくり解説」と言うのか? と言うと、「ゆっくり雑談」とか「ゆっくり考察」でしょうね。「解説」ってのは、専門の学問の論文だとか辞書だとか歴史に確定した事実として書かれた本とかを参考に要約した説明のことを指すのであって、ソースも薄い個人の推測だとか憶測だとかを説明したものは「雑談」とか「雑学」と指すべきでしょうね。

まぁ、たかが萌えアニメの出来の悪さを説明する為に「ゆっくり解説」のタグを利用して動画を乱立させてるので、『けものフレンズ』というワードをフィルターにかけたいところです。

まぁ、『けものフレンズ2』が商業的にも内容的にも成功するのかどうか? と言われると、私は制作発表時からこの作品は絶対にコケるだろうな、と予測していました。

まぁ、たつき監督騒動の時点で作品のファンとか監督のファンを敵に回してますからね。

多分、一番株を落とす事になったのは『ケロロ軍曹』の吉崎観音先生と『けものフレンズ2』の監督でしょうね。

監督はTwitterとかで呟かなければ同情の声もあったでしょうし、吉崎先生もこの件については言及すべきじゃなかったでしょうね。

 

角川書店とドワンゴは元々嫌われてる企業だし、角川書店については角川春樹とかの時代の時点で色々やらかしてる訳だから、『けものフレンズ2』なんかも失敗するだろうなぁ、とか思ってました。

角川書店って、基本的に金の匂いだけしかしない企業だし、無料で数分以上のアニメとかをニコニコとかSNSとかで色々公開させまくってるたつき監督に角川が腹を立てる理由も分からなくもないです。

それだけがたつきさんの解雇理由かどうかは分からんけど。

たつきさんは基本的に自主制作畑の人だから、無料で作品公開する感覚が当たり前と感じてるんでしょうけど、営利企業の感覚はやっぱり違うんでしょうね。

 

角川書店って、孫娘かなんかが東京でブランド私立の幼稚園の園長かなにかをやっていて、優雅な生活を送っている姿がテレビで放送されてた気がしますが、その時点で角川書店は鼻に付く企業だな、ってなんとなく感じてました。

まぁ、良い作品も数多く生み出していますが、原作小説のお陰だとか特撮監督のお陰ってのもあるんだろうなって思いますね。

角川春樹の時代の実写映画なんかも何本か見ましたが、無駄に映画に金をかけすぎてる割にクオリティの低い作品が多いなって印象でした。

 

>けものフレンズ2の評価

ニコ生だと「良くなかった」が95%超えだとか。『俺的ゲーム速報』とかいうまとめブログだと、「クソアニメ」認定されてました。

ちなみにネット上でクソアニメと評価されたのは『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』とか『遊戯王ARC-V』とからしいです。

まぁ、種デスの時は、私は種ファンだったので、今回の「けもフレ騒動」は見てて、種デスの頃を思い出して、なんか複雑な気分になりました。

『遊戯王ARC-V』については未見なので、コメントし難いです。

多分、世の中には「クソアニメ」と評価された作品は腐るほどあるんでしょうけど、ネット上で炎上するレベルにまでなった作品の特徴は「続編・シリーズ物であること」でしょうね。

『けものフレンズ』が人気だった理由も『1』があったおかげでそういう人気があって、続編が作られた訳ですが、『けもフレ』の場合は制作者やスタッフ陣営総入れ替えの結果、「クソアニメ」になったというパターンです。

種デスの時は制作陣営もスタッフも前作と全く同じでしたが、力量不足の結果で「クソアニメ」に認定された訳です。

まぁ、ガンダム系は種デス以降は駄作と評価される作品が続々現れましたが、未だに「クソアニメ」と語られるのはガンダム種死ぐらいなもんで、『AGE』も『鉄血』もまだまだ可愛いレベルだろうな、と思いますね。

「クソアニメ」と評価された作品の続編やシリーズ物は打ち切りになったのか? と言うと、スタッフとか監督とかは切られるパターンが多いですね。

まぁ、『ガンダム』も『遊戯王』も未だに続いていますが、深夜アニメの続編物とかは大体円盤やフィギュアが売れなくて打ち切りのパターンが多いですね。

『ガンダム』については『ウルトラマン』や『ゴジラ』と同じコースに進みかけているので、ガンダム作品を地上波で見られるのはテレ東かNHKぐらいしかない状態になっていくかもしれませんね。

ウルトラマン系は作品やシリーズがやらかしてる訳じゃないですが、少子化の影響と特撮スタッフの人手不足と技術継承の失敗とTBSと円谷の権利関係のゴタゴタで、今はテレビ東京系ぐらいでしか見られないです。

『ゴジラ』は2014年度版のハリウッド映画で復活しましたが、特撮に金がかかり過ぎるのと人手不足と技術継承の問題から、ゴジラシリーズも不定期にしか映画公開されないでしょうね。

「ガンダムシリーズ」はロボアニメの需要不足と『鉄血』『AGE』『ビルドファイターズトライ』『Gレコ』辺りが視聴率を割るようになってきている事とプラモが宇宙世紀物以外は売れなくなってきているので、地上波でガンダム作品をやり続けるのは難しいとか言われています。

未だに地上波で元気なのは特撮ヒーロー系と「仮面ライダー」系とプリキュアシリーズと遊戯王、ポケモン、ワンピースぐらいなもんで、あとは大体落ち目かシリーズ自体が不定期になっていくでしょうね。

ぶっちゃっけ、田舎の10代や20代の人は『ウルトラマン』を知らないって人も出てくるんじゃないでしょうか?

今の「ウルトラマン」シリーズって、テレ東ぐらいしかやってませんからね。

 

>『けものフレンズ』の放送局は?

ちなみに『けものフレンズ』の放送局はテレ東でした。『1』の頃はネット放送するチャンネル自体が少なくて、「ニコニコ動画」でリアルタイムに無料放送されていたのかどうかは覚えていません。

『けものフレンズ2』は基本的に「ニコニコ動画」とかで無料放送されていましたが、『1』の出来を知ってる人が多い事と純粋に『2』が創作物として破綻していることから拒否反応を示す人は多かったですね。

具体的にどういうところが破綻していたのか? と言うと、主人公キュルルの目的とか言動が矛盾だらけな事だとかやたらと他人やら人間以外の存在を見下したり、否定しているところじゃないでしょうかね?

そのくせ、自分の存在意義や目的なんかは不明瞭のまま。

あと、かばんちゃんやサーバルを『2』で無理やり出した上で『1』の設定とか過去とかを中途半端に無視した事も否定されてるんでしょうね。

『けものフレンズ2』やキュルルの評価が一気に下がるきっかけになったのは、おそらく9話に出てきたイエイヌの話でしょうけど、個人的にはラッキービーストだとか かばんちゃんが再登場してきた時点で、このアニメを見る気を無くしました。

まぁ、キュルルに腹を立てる人たちの気持ちも分かりますけどね。ラッキービーストが再登場してきた辺りから、このキャラはムカつくキャラだなぁ、と思いましたから。

主人公が掲示板やチャットなんかでボロクソに批判されるのは『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』のシン・アスカとかキラ・ヤマトとかを思い出しますが、結局、キュルルが戦ったり勇気を出して敵の前に出てくることってありませんでしたから、あの二人よりも酷いかもしれません。

キュルルのキャラがそんな感じなので、二次創作で「ともえちゃん」なんてキャラまで生み出されましたが、原作よりも二次創作の方が人気になるのも『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』を思い出す展開でした。

まぁ、もっと古くは『新世紀エヴァンゲリオン』とかもあるんですが、『エヴァ』は続編やシリーズ物ではなくて、原点の時点で二次創作や三次創作で盛り上がってたし、「クソアニメ」と評価する人も多いけど、それ以上に商業的かつ純粋な人気として盛り上がって、現在のブランドが確立した訳なので、創作自体が破綻している訳じゃなくて、内容がバッドエンド過ぎるから二次創作やパラレルワールド物が流行ったってだけです。

 

 

>『けものフレンズ2』はどうすれば成功していたのか?

まぁ、産みの親かつ原作者のたつき監督を解雇しなければなんとかなったんでしょうね。

角川サイドはコンプライアンス関係云々で解雇したとかいう話らしいですが、同時期に放送された『ケムリクサ』はAmazonでも円盤ランキング上位に占めてるらしいので、純粋にクリエイターの力量としてはたつき監督の方が高かったんでしょうね。

たつき監督の騒動が起こった時点で、角川サイドにかなりのヘイトが向かっていたはずなので、あの時点で続編やシリーズ物として続かせる事自体が無理だったんだろうな、と思います。

あとは中途半端に前作の要素を取り入れ過ぎた事とかキャラのグラフィックだとか見た目が前作と違い過ぎる事なんかが嫌われる原因だったろうな、って感じはします。

単なる幼児向けアニメに見えますが、アプリゲームの設定なんかを見ていると、あの世界は人類滅亡後の世界とかそんな感じの世界らしいので、たつき監督とかヤオヨロズのチームぐらいしかあの世界観は描けないんだろうな、って思います。

まぁ、『けものフレンズ』にしろ『ケムリクサ』にしろ過大評価って感じもしたりはしますけどね。

視聴者は本当に話の面白さでそういう作品を面白いと感じたのか? っていうと、実際のところは美少女キャラ目当てって感じもします。

まぁ、『ケムリクサ』は男のキャラも出てくるので、女オンリーって感じじゃないんですが、『けものフレンズ』は性別不明のかばんちゃんを含めて女オンリーですね。

多分、最初は美少女キャラ目当てで見ていた視聴者も多かったんだと思いますが、時間が経つにつれて設定とか話の面白さに惹かれたって人も多いんでしょうね。

 

 

>『けものフレンズ』はなぜ成功したのか?

多分、3DCGっぽいモデリングでキャラが動くアニメが珍しかった事と「動物」が擬人化・美少女化されたアニメがまだ無かったからでしょうね。

あとはたつき監督はニコニコ動画で自主制作アニメをやってた時代からそこそこ知名度やコアな人気が高かったからだと思います。

まぁ、『けもフレ』はアニメで大ブレイクしたってイメージがありますが、実際のところはアプリ版ゲームが有名だった事とたつき監督の知名度が『けもフレ』をやる前からそこそこ高かったからだと思います。

あとは日本のアニメで3DCGっぽい感じのアニメっていうのが珍しかったからでしょうね。

そういう様々な要素が絡み合った結果、『けもフレ』はブレイクしたんだろうなって思います。

多分、自主制作物だとかなろう系とか完全な素人からプロになった人で商業的にも作品の内容的にも成功したのはたつき監督とか数少ない人だろうなって思います。

 

 

>ところで、Amazonはなぜ『けもフレ2』よりも『ケムリクサ』を採ったのか?

アマプラで『けもフレ2』と『ケムリクサ』はどっちも見られるらしいですが、アマプラ独占なのは『ケムリクサ』とかいう話を聞きます。

まぁ、Amazonとか日清食品とかが角川や吉崎よりもたつき監督の方を選択した理由としては、例の騒動があった時点で、『けもフレ』のブランド力が落ちる事を見越していたからでしょうね。

ぶっちゃっけ、『けもフレ2』は内容が良かろうが悪かろうが、あの騒動が起こった時点でブランドは死ぬだろうな、と思ってました。

まぁ、制作意欲が沸くような続編やシリーズ物ではなくなりましたからね。

『けもフレ2』の監督もTwitterとかSNSでアホみたいなコメントをしなければ、角川やドワンゴのように戦犯扱いされなかったでしょうけど、吉崎さんと同じで手遅れでしょうね。

多分、吉崎先生なんかも仕事の依頼は減るでしょうし、ケロロ関係の売り上げも駄々下がりになっていくような気はします。

多分、『けもフレ2』が作られた事で得をしたのはたつき監督とヤオヨロズのチームで、損をしたのは角川、ドワンゴ、吉崎先生、木村監督とかでしょうね。

 

 

>『けものフレンズ』は続編やシリーズが作られ続けるのか?

多分、『ケムリクサ』はシリーズ化するだろうけど、『けもフレ』は無理なんじゃね? って思います。

『ケムリクサ』は地上波放送されてるのかどうかよく分からんし、アマプラぐらいしか無料で見られる機会がないイメージなので、『けもフレ』よりはブレイクしなかった感じですね。

ただ、続編やシリーズ物としては『ケムリクサ』は続いていきそうな気はします。

まぁ、私が今回の『けもフレ』で不満だった事はキタキツネが出なかった事に尽きますが、前作のキャラが殆ど出なかったことを考えると、ますます何がやりたかったのか? よく分からんアニメでした。

そういや、ドワンゴはドワンゴでAbema TVと手を結んで、NetFricksだとかアマプラとかに対抗するらしいですが、ニコニコもAbemaもやってる番組は被ってるのが多いし、ニコニコはしょうもない動画が多すぎて、Abemaは広告多すぎるので、どっちも潰れるんじゃね? って思いますけどね。

親会社は角川とテレビ朝日の訳ですが、どっちもあんまり良い印象が持たれない企業だし、ニコニコ民は右翼かつ自民マンセーの保守派だらけだし、朝日新聞やテレ朝好きな奴は左翼とか改革派・過激派の訳ですから、馬が合うはずがないでしょうね。

 

ってか、日本の動画サービスやってるところは最終的に欧米系の動画サービスに潰されるだろうなって思います。

たつき監督が手がけた『ケムリクサ』をアマプラはプッシュして、『けものフレンズ2』をプッシュしたニコニコはあの惨状の訳だから、日本の動画サービスなんて近い将来に潰れるだろうなって思います。

 

 

>『ケムリクサ』は面白いのか?

美少女の戦闘アニメだとかアンダーグラウンドな世界観が好きな人はハマる気はします。世界が荒廃した世界観な感じから『けものフレンズ』の前時代なのかもしれません。

まぁ、『けものフレンズ』の時点で異形な者との戦闘シーンはあったので、たつき監督はなんだかんだで日常系アニメよりも戦闘系アニメの方が好きなのかもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク