ニンテンドー3DSシリーズの終焉

ニンテンドー3DSの新作ソフトが6月に1本しか発売されないという事で、ゲームハードとしての寿命ではないか? と囁かれ始めています。

ちなみに現行の携帯ゲーム機や携帯機器で「Youtube」や「Hulu」などが使える機械は一つもありませんね。PS Vitaも3DSシリーズも動画アプリについては「ニコニコ動画」ぐらいしか使えなくなっています。

ゲーム機ではありませんが、携帯の大手キャリア3社もさっさとスマホやガラホに移行してもらいたいが為に数年前ほどにガラケー(フィーチャーフォン)の生産を中止した後に「LINE」や「YouTube」などが使えない状態にしてくれました。現在のガラケーは「ニコニコ動画」さえも使えなくなっているので、映像関係のコンテンツは「ワンセグ(TV)」や「動画機能」ぐらいしかありませんね。

2019年現在でもガラケーが人気な理由はiphoneやスマホを電話機以外に使う人が増え出してる事(ゲーム機やビデオカメラなど)とスマホやiphoneよりもガラケーの方が操作性が高い事とバッテリーの持ちがガラケーの方が良い事と物理的に壊れにくい事と基本料金はガラケーの方が安い事と3G回線が2020年以降も廃止される流れになっていないからですね。

あと、片手で操作出来る利便性からブルーカラー職業だとかIT系業種の人とかにも人気なんだとか。

あとはSNS疲れやLINEの鬱陶しさから、キャリアメールやSMSが使えるという事で、ガラケーが人気なんだとかいう話です。

ガラホがあんまり人気がない理由はよく分かりませんが、基本料金がスマホと同じ割にはアプリとかが十分に使えないとかバッテリーの持ちが悪いとかでしょうね。

 

 

>携帯機器でYoutubeとか見れないのか?

現在だとスマホ、ガラホ、ipod touch、タブレットPC、Apple Watch、ニンテンドースイッチなどなら視聴可能なようです。ガラケー、3DS、PS Vitaは現在はブラウザでさえもYoutubeとかHuluを視聴するのは無理っぽいですね。ニコニコ動画だけは何故か3DSでもVitaでも対応してるっぽいので、コメントの質が幼いんだろうな、って思います。

New 3DSシリーズはYoutubeの視聴可能らしいですが、所持していないので、詳細は不明です。

 

>今後は任天堂は携帯機器を販売しないのか?

噂されている情報は任天堂がDeNaを通して新しいスマホを作ってるとか携帯機器に特化したニンテンドースイッチを販売するとかいう噂が立っていますね。

6月にはE3が始まりますし、ポケモンは11月に新作が発売される予定なので、廉価版かつ携帯機に特化したニンテンドースイッチの新しいバージョンはおそらくは今年の11月までには発売されるでしょうね。

気になるのはNew 2DSのオープン価格などですが、過去のDSやGBAの末期にはそれぞれの最新ハードの価格はオープン価格になった途端に大幅に値下げされたので、New 2DSやNew 3DSもおそらくはオープン価格に移行するでしょうね。

DSiやDS Liteは最終的に8000円近くまで値下げされたので、New 2DS LLなどもおそらくは1万円以下の値段でオープン価格で売られる形になるかと思います。

PSPの時は最終的に12000円台まで値下げされましたが、今回はPS Vitaに後継機が存在しない事とVitaの割れも可能になったっぽいので、Amazonでの希望小売価格は何故か25000円まで跳ね上がってますね。

ニンテンドー3DSの場合は一応、携帯機の後釜としても捉える事が出来るニンテンドースイッチシリーズがあるので、今回もオープン価格になるでしょうね。

ってか、最近のNew 2DSLL系は10000円台が普通だったりしてきているので、オープン価格はDS系よりも更に値下がる可能性があります。

DSシリーズの頃はデジタルデータのゲームソフトを遊ぶという事が不可能でしたが、今回のNew 2DSLL系はスーパーファミコンやファミコンなどのレトロゲームのゲームも遊ぶ事が可能なので、仮にニコニコ動画やWi-Fiのサービスなどが切られてもバーチャルコンソール専用機としての使い道が残ってきます。

ファミコンやゲームボーイのソフトは内容的に半永久的に遊ぶソフトは存在しないかもしれませんが、スーパーファミコン系のソフトはPS1のソフトと同じく半永久的に遊べるソフトが現代でも数多いので、バーチャルコンソール専用機としてはPSP並に長持ちする可能性は高いです。

まぁ、スーパーファミコンクラスのゲームになってくると、現在でもグラフィックが安定しているソフトが多いですし、ドット絵時代の黄金期ですし、2Dゲームの時代としては完成期に入る訳なので、PS1よりも遊べるソフトは個人的に多い気がします。

スーパーファミコンはアクションやらRPG系のソフトが多いですが、RPGに強いスクエニが割とバーチャルコンソールで色々なソフトを提供してくれているので、半永久的に遊ぶという意味だと、スーファミのバーチャルコンソールが使えるNew 2DS系はかなり強いでしょうね。

ドラクエ系がないのが残念ですが、ドラクエはスマホとDSのリメイク版でロングセラーになってるって感じはします。

ゲームボーイ系だと、やはり『ポケモン初代』と『ポケモン金銀』なんかが半永久的に遊べるソフトになるんじゃないでしょうかね?

ポケモン廃人のプレイヤーとかだと何周もプレイする人なんかは多いでしょうから、過去のポケモンを遊べる3DS系のバーチャルコンソールはやはり現役って人は多い気がします。

最新作でも過去のポケモンのソフトとかバーチャルコンソールと連動しているのかどうかは知りませんが、第3世代以降は捕まえたポケモンのデータがリセットされるとか最新作と連動しないという状況はなった事がないので、おそらく過去のソフトやバーチャルコンソールや『Pokemon Go』のデータの引き継ぎなんかは最新作も対応しているでしょう。

 

 

>ニンテンドースイッチの携帯機が出たとして、ライバルハードは居ないのか?

謎の多いGoogleの最新ゲーム機とかAppleのipod touch、iphone辺り、Androidのスマホなんかが携帯ゲーム機としての任天堂のライバルでしょうね。

おそらく、Googleの新しいプラットフォームのゲーム機は据え置きゲーム機かVRマシンだとは思うので、携帯ゲーム機ではないでしょう。

ってか、ニンテンドースイッチの携帯ゲーム機が出てこなければ、スマートフォンだとかタブレットPCの圧勝というか、携帯ゲーム機のニッチは携帯電話が占める事になるでしょうね。

ソニーはVitaの後継機を作らないっぽいので、任天堂の携帯ゲーム機のライバルはおそらくはスマホやipod touchぐらいしかないです。ただ、ソシャゲは課金前提なので、買い切り型の多いCSゲームのユーザーと層が被ってる感じもしないので、ライバルと言えるかどうかは分からないですね。

ipod touchは携帯ゲーム機に特化していくらしいのですが、iosはiphoneなどと共通している訳なので、結局はソシャゲのアプリが大半になるような気はしますし、iphoneを持ってるユーザーがipod touchを買うパターンはあまりないでしょうね。

ipod touchは主に携帯音楽プレーヤーとしての用途に使う人が多いらしいのですが、ipod nanoの方が音楽プレーヤーとしては持ち運びに便利でしたし、過去のスマホとかを持ってる人がわざわざ音楽プレーヤーなどを買う理由もないでしょうね。

基本的にipod touchはiphoneの通話やメール機能がない機械みたいなもんなので、未だにガラケーのユーザーだとかipod nanoを買い逃した人とかipod nanoを壊した人なんかが買う場合が多いらしいですが、サイズが中途半端にデカいのと値段の高さからソニーのウォークマンだとかスマホで音楽プレーヤーの用事を済ませる人が多いらしいです。

昔は携帯音楽プレーヤーがMDプレーヤーだとかMP3プレーヤーだった訳なので、無理やりPSPを音楽プレーヤーだとか動画再生機器とかに使ってた人が多かったらしいですが、現在はそういう用途はスマホかipod系が占める具合になってきていますね。

 

iphoneが有名になる前はAppleはipodシリーズなんかで有名で、ipodが現れてからはMP3プレーヤーもMDプレーヤーも淘汰されてデジタルミュージックプレイヤーの一強って具合っぽいです。

 

 

>任天堂は本当にニンテンドースイッチの小型版を出すのだろうか?

ポケモンとかスマブラとかマリカー、スプラトゥーン辺りのゲームは携帯機の方が盛り上がる気がしますし、ポケモンの最新作が出る度に当時のゲームハードのマイナーチェンジ版かつ廉価版が発売される流れだったので、今回もE3辺りで発表されるんじゃないか、とは思います。

ポケモンは基本的に複数台のハード持ち前提になってくるので、ポケモンの新作がスイッチ対応ソフトの場合、新型スイッチが携帯ハードでなければ、ポケモンユーザーの懐がヤバくなる。

株式会社ポケモンの社長の石原さんなんかは携帯ゲーム機にやけに拘ってるっぽいので、任天堂が携帯ゲーム機を出さなければ、スマホ事業を本格的に始めるんじゃないかな、と思います。

噂されているのはDeNaが新しいスマホを作って、任天堂がそのスマホを販売するっていう噂ですね。

任天堂製のスマホが出た場合は3DSの後継機がそれになるので、任天堂の携帯ゲーム機が絶滅した事にはならないです。

 

過去の事例だと、『ポケモンエメラルド』が発売される前後ぐらいにGBA SPが発売され、『ポケモンダイパ』の頃はDS Lite、『ポケモンBW1』の頃はDSi、バーチャルコンソールの『ポケモン初代』の頃は2DSという具合ですね。

まぁ、DSiや2DS辺りはポケモン廃人の視点とかヘビーユーザーから見ると失敗作のハードに当たるかもしれませんが、大体ポケモンの新作が出る頃に併せて当時の最新ゲームのゲームハードのマイナーチェンジ版が発売される流れみたいなのがあります。

ニンテンドースイッチの価格の高さを考えると、全世界に普及させるのは難しいでしょうし、3DS事業も閉鎖するとなれば、尚更新型かつ廉価版かつ小型のニンテンドースイッチは出さざるを得ないでしょうね。

任天堂と違って、価格の底上げなんかを行うのがAppleさんだったりする訳ですが、AppleはPCやスマホのメーカーだし、旧型モデルは新型モデルが発売されるタイミングで値下げしてくるので、Appleも良心的と言えば良心的な方だと思います。

 

私は基本的に携帯ガジェットのヲタなのですが、ニンテンドースイッチとApple Watchを揃えれば、大体の携帯ガジェットは揃うんですよ。

ニンテンドースイッチは価格の高さがネックですね。ソフト1本辺りの価格もべらぼうに高いですし。

まぁ、あれを据え置きゲーム機として見つめても廉価版のPS4よりも高い訳だから、イマイチ食指が動かないって訳です。

まぁ、ipadなんかは持ってませんが、iphone、Androidスマホとタブレット、ガラケー、Vita、3DS、ipod nano、Amazon Fireなんかは持ってるから、大体のメーカーのOSやソフトウェアプログラムは持ってる事になります。

 

 

>新しいニンテンドースイッチはいつ発売されるの?

噂されている時期は8月下旬以降から11月ぐらいらしいです。まぁ、『ポケモン』の最新作の発売前にはハードの方が先に販売されるって流れでしょうね。

現行のスイッチは子供や貧乏人が買えない値段の訳ですし、3DSシリーズもソフト供給が終わるとなったら、スイッチ1本化かスマホ事業への移転しかありませんが、スイッチ1本化の路線の方が現実的だろうから、廉価版スイッチを発売する流れにはなるかと思います。

まぁ、廉価版は画質だとかジョイコンの脱着は不可能になるでしょうし、ドッグはないでしょうし、画面もかなり小さくなるでしょうね。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク