飯塚幸三上級国民「このような事故を二度と起こさぬよう、高齢者が安心して車を運転できるよう、トヨタの方々には車の性能を底上げしてもらいたい」

ttps://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3825915.html

 

>飯塚幸三事件

そもそも東京で自家用車を走らせる意味は本当にあるんだろうか? って思うんですけどね。田舎や地方は自家用車がなければ移動することさえも困難な訳ですが、東京の池袋で個人が自家用車を走らせる意味って本当にあるのかな? と思うんですよね。

東京で自家用車を運転する行為は歩きタバコと似たような行為だと思うんですよね。まぁ、名古屋や大阪や横浜なんかもそんな感じがしますけど。

東京のような人口過密地域で80オーバーの高齢者が自動車を運転すれば人身事故のリスクが跳ね上がる予測なんて簡単に出来そうなんですが、それをこの爺さんが出来なかった事を考えると、理数系のエリート人間で物理学者だったような人も老いれば、タダの凡人なんだな、と思うところがあります。

そもそも学歴さえも本当に努力で買ったのかどうかは分からない訳ですしね。

案外、調べてみれば、飯塚容疑者の血筋は貴族や華族の家系かもしれないし、今現在でも戦国時代に活躍した武将の子孫や末裔の本家は東京で暮らしていたり、地方都市の方で大学教授や企業社長や宮内庁勤めだったりする訳です。

日本の制度やシステムが未だにそんな状態の訳なので、飯塚容疑者の事件が警察やらマスコミに黙認されているのも当然だろうし、東京オリンピックの会見で「上級国民」なる身分が定められているのは当然なのかもしれません。

日本史の教科書ではGHQの介入で華族制度が廃止されたような書かれ方をしていますが、徳川宗家以外の大名や公家の子孫連中なんてのは今でも優雅な生活を送っているような事がWikipediaに記されていたりもします。

案外、飯塚先生の家系も大名や公家の末裔なのかもしれません。

そもそも天皇が関与するような勲章を貰えるような人が一般人であるケース自体があまり無かったりしますからね。

手塚治虫でさえも先祖の家系を調べれば、戦国時代の武将だったりする訳です。

 

 

>なぜ、飯塚容疑者はトヨタに責任転嫁したのか?

多分、現在に至るまで誰かに怒られたりとか自分のミスで失敗したような経験がないから、TBSニュースのインタビューのような受け答えが出来るんだろうな、と思います。

こんな事件を起こしても責任転嫁や社会の責任になすり付けるような人なんてのはニートか誰かに怒られた事のない社会人や成人だったりする訳ですから。

大学教授だとか政治家なんかにもそういう人が居た経験がありますが、やっぱり公務員系列の職業みたいなのは、誰かに怒られる経験や体験が異常に少なすぎるような気はします。

一般人と関係するような公務員は別かもしれませんが、一般人と干渉する事のない職業の人は精神的に成長する事は出来ない気はするんですよね。

やっぱり、大人は民間企業に一度でも働いて揉まれた方が良いんじゃないかな、と思います。

普通はあんな事故を起こした後のインタビューで被害者への謝罪よりも自分や同類を庇うようなコメントをしつつメーカーや社会に責任転嫁するような言動は出来ないです。

そんな言動が出来る人間はサイコパスの犯罪者かニートみたいな種族の人間ぐらいじゃないかと思います。

飯塚容疑者の、あの言動を見てると、あの世代の人の中には飯塚容疑者みたいに楽して人生過ごせた人は多かったんだろうなぁ、と思うんですよね。

バブル世代が一番人生が甘い気がするんですが、飯塚容疑者の世代も人生的に恵まれてる人は多いだろうなぁ、と思います。

恵まれてなければ、あんな言動が出来る事もないでしょうから。

しかし、飯塚容疑者みたいな思想の老人なんてのはまだまだゴロゴロ居ると思うんですよね。

あの世代からバブル時代ぐらいまでの日本なんて過ごすにはベリーイージーモードの時代だったでしょうから。

 

 

>安楽死制度と免停制度を導入しろ!!

飯塚容疑者の例のインタビュー動画を見て、やはり、この国は安楽死施設を設けるべきだし、免停制度も導入した方が良いと思いました。

まぁ、安楽死施設を導入したところで、実際に国に殺されるのは下級国民の老人や生活保護受給者のような人たちになる訳で、飯塚容疑者のような上級国民の老人を安楽死施設に送り込むのは不可能だろうな、とは思いますけどね。

安楽死制度は実際には実現不可能だろうな、と思いますが、免停制度は導入した方が良い気はします。

そもそも人口過密地域で公共交通の便で不便する事がない東京で自家用車を走らせる意味自体が意味不明なんですよね。

東京で自家用車やマイホームなんか持ってても重税の対象にされる訳で、金銭的に見れば公共機関の方が圧倒的に楽だろうに、と思うんですけどね。

天皇なんかも皇居内で自家用車を走らせる趣味とか自家用車を所有しているらしいのですが、上級国民が自家用車を走らせるのは完全に趣味だとか暇つぶし感覚なんだろうな、と思います。

インターネットやゲームが子供の時代からあった僕みたいな世代にとっては、ゴルフだとか自動車の趣味はよく分からないんですが、自動車が走る凶器になっている事を自覚している人って、あんまり居ないんですよね。

ゴルフのパタークラブなんかも殺人凶器になり得るかもしれない訳なのですが、金持ちだとか中年の世代ほど自動車やゴルフが好きな人が多いんですよね。

あとは野球とかスポーツとかでしょうか。

野球なんかもバットが殺人凶器になり得る可能性が高い訳なんですが、楽しんでいる人は多い訳です。

まぁ、ゴルフや野球は人を殺す確率の方が低いかもしれませんが、自動車の場合は無意識の内に人間や動物の命を奪う凶器である訳で、人口過密地域の都会で自家用車を走らせる意味は完全に趣味になっていると思うんですよね。

日本政府は煙草とかギャンブルの増税ばかりを行っている訳ですが、実際に重税を課した方が良いのは東京や都会で自家用車を走らせるような人達の気もするんですよね。

まぁ、東京から実家へ帰省する為に自家用車を所有しなければならない家庭もあるのかもしれませんが、飯塚容疑者のように実家自体が東京の人が自家用車を走らせる意味なんて本当にあるんでしょうかね?

私は煙草やらギャンブル、酒の増税の前に東京だとか都会で自家用車をガンガン走らせる人達から重税を行った方がいいんじゃないか、と思うんですよね。

まぁ、それをやると、トヨタやホンダやスズキなんかが困る訳で、日本政府(自民党)は自動車メーカーとズブズブの関係だから、車の規制は煙草や酒の規制ほど厳しくないんでしょう。

しかし、実際には酒やギャンブルや煙草が人に迷惑をかける確率よりは自動車が走っていることの方が歩行者にとっては迷惑に感じている確率の方が遥かに高い訳で、自動車の方が煙草や酒よりも遥かに数多く人を殺している訳です。

名古屋や大阪の道路もマナーの悪いドライバーが相当多い訳ですが、首都高なんかも治安面を考えると、相当荒れている訳です。

ぶっちゃっけ、東京の車は公共機関の車両だけで十分だろ! って思ったりするんですよね。

 

あと、飯塚容疑者が「老人が安心して車を運転できるようにトヨタに性能向上を頑張ってほしい」とか頼んでましたが、プリウスの性能のせいで人を殺してしまったという謎理論なら、それ以上の高性能の自動車は自動運転車両か他人が運転する車しかない気がするんですよね。

運転が下手な人ほど軽自動車だとかそういう物に乗らずに見栄を張ってプリウスだとかレクサスとかGT-Rとかに手を出す訳です。

結局、車の運転なんて運転者の技量とか運動神経で変わってくる訳なので、車のこれ以上の性能の強化を頼むのなら、自動運転車か他人が運転する車しか不可能だと思うんですよね。

そもそも飯塚容疑者は上級国民なんだから、執事だとかメイドを雇ってベンツとかに乗せてもらってればよかったのに、と思うところだったりします。

 

自動車と言えば、ゲームボーイやゲームウォッチ、十字キーの産みの親である横井軍平さんも自動車事故で60になるまでにお亡くなりになられています。

煙草や酒、ギャンブルが重税される度にそれを趣味とする人達がSNSや2ちゃんねるなどで叩かれる光景が当たり前になった訳ですが、人間が自動車を運転する文化なんかも本当は減少させていかなければならない問題だったりする訳です。

20年前の20代や30代の死亡要因の1位は「交通事故」の訳で、自動車は乗り物であると同時に走る凶器の訳です。

そんな凶器を有り難がってメーカーから購入する文化もあり得ない訳だし、その凶器を毎日運転して自転車感覚で走行させているドライバーも数多い訳です。

煙草や酒やギャンブルなんかよりも遥かに他人を数多く殺している凶器なのに、その凶器を未だに人間が運転しなければならず、田舎においてはその凶器がなければまともに生活出来ないという事自体が異常な時代だと私は思うんですよね。

自動車メーカーは自動運転車両に反対したり実現不可能と言い続けているようですが、どんなエリート人間も老いれば凡人以下の性能になる訳で、そういう人達に凶器を売り捌いていく事も危険な事だとは思うんですよね。

私としては凡人以下の性能になる老人よりは人工知能が車両を運転する事が当たり前になる時代の方が望ましいと思うんですよね。

そんな時代が来れば、職業がドライバーだった人も失業するかもしれない訳ですが、そもそもブルーカラーや肉体労働の職業なんてのは本気でやりたいと思って仕事をしている人なんて殆ど居ない訳で、機械に失業させられるリスクが銀行員とドライバーなら、ドライバーが失業していく傾向の方が悲しむ人の数の方が少ないかもしれない訳です。

銀行員と医者なら、どんな人間でも就きたがるでしょうけど、工場作業員だとかドライバーみたいな職業なんてのは、さっさと機械に切り替えた方が喜ぶ人の数の方が多い気がするんですよね。

望んで工場作業員やドライバーみたいな職業に就きたがる人なんてのは、そうは多くないでしょうから。

まぁ、車は人間が運転しない方が幸せだろうな、とは思いますけどね。

そもそも東京で車が必要になる機会なんて、実家への帰省ぐらいしかないと思うんですが、東日本から北海道や西日本へ移動するのなら、JRや飛行機を使った方が速いし安全な場合も多い訳で、ますます自動車に拘る理由がよく分からない訳です。

東京近辺の埼玉・千葉・神奈川・北陸・東北辺りなら自家用車の方が近くなるのかもしれませんが、西日本とか北海道へ帰省する場合はJRか飛行機が定番な気もするんですよね。

まぁ、私は西日本の人間なので、東日本の地理状況に疎いので、東京でも車が必要な場面はあるのかもしれませんが、名古屋とかに比べれば公共機関は恵まれているだろうから、車は必要ない気もするんですよね。

大阪や名古屋に比べれば、工場勤務のパターンも滅多にないでしょうし。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク