新型コロナウイルスで第三次世界大戦が起こり、資本主義は崩壊するだろう。

志村けんさんが亡くなったニュースを聞いて、不謹慎ながら10数年前に流行った「志村けん死亡説」の都市伝説を思い出しました。

なぜ、志村けんが死亡する芸能人の都市伝説に含まれていたのかは謎ですが、今日のニュースを聞いて、またフェイクニュースだろうな、と思いました。

第一報がNHKのニュースだったので、その疑念は晴れる事になりましたが。

 

>新型コロナウイルスはいつ収束するのか?

多分、来年になっても続いてるんじゃないかな、と思います。SARSやMARSの特効薬が完成するのも数年かかりましたからね。

今回のパンデミックがSARSやMARSとレベルが違う点は欧州や欧米、アジア、日本、アフリカなどにまでその勢力を拡大していることでしょうか。

アメリカは今回のコロナウイルスの被害と賠償額を中国に要求する考えがあるらしいですが、その賠償額によっては第二次世界大戦のドイツと同じ流れになるんじゃないかな、と思います。

まぁ、GAFAの台頭や中国の躍進、IT業種の急成長などの影響で資本主義のバランスが崩れて極端な格差社会と超高齢化社会が実現している訳なので、コロナウイルスの登場がなくても2025年頃に起こると言われているAI革命で第三次世界大戦もしくは第二次市民革命的な政治事変は起こっていると思います。

今回のコロナウイルスの影響で東京オリンピックが来年に延期となりましたが、1940年の東京オリンピックは第二次世界大戦の影響で中止になっているんですよね。

それを考えると、来年の今頃には第三次世界大戦が始まっているんではないか、と思います。

WHOは新型コロナウイルスがパンデミックという事を認めましたが、人類史におけるパンデミックは大体戦争か社会システムの崩壊をもたらしているケースが多いんです。

例えば、コレラ菌の流行は江戸幕府が崩壊するきっかけの一因となり、天然痘はマヤ・アステカ文明が崩壊する原因となり、ペストはモンゴル帝国の大侵略の影響でヨーロッパで流行しました。スペインかぜは第一次世界大戦が収束するきっかけの一つにもなりました。

このようにほぼ全てのパンデミックは人類史あるいは日本史に多大な影響を与える事がしばしばあるので、今回のコロナウイルスも第三次世界大戦か資本主義崩壊のきっかけには必ずなるかと思います。

 

 

>コロナウイルスが1年以上流行した場合の世界の影響

・ブルーカラー、非正規、底辺職を中心に大量の人材の解雇・失業。

・輸出入が厳しく管理されるので、欲しい物が手に入らなくなる。

・ガソリンの輸出入が難しくなるので、流通・交通網が制限される。

・若い人も知っている著名人や偉人が次々と亡くなる(志村けんなど)。

・東京オリンピックが中止になる。

・世界で中国批判、中国差別、中国叩きが始まる(中国が発生源)。

・自給自足生活や昆虫食が当たり前になる。

・経済が崩壊する。

 

こんなところですかね・・・・・・。まぁ、コロナウイルスで死ぬ人よりも経済崩壊だとか食糧危機などで死ぬ人の方が多そうな気はします。

コロナウイルスが1年以上続いた場合、日本人の多くがサツマイモやジャガイモ、ゴボウなど根菜類を自家栽培するのが当たり前になるらしいです。

まぁ、ウイルスの影響で人間だけが規制されるのか? と言うと、食料品やエネルギー、工業製品なども同様になるでしょうからね。

日本は第一次産業を徹底的に見下す風潮にあって、それらの産業の年収も安い訳ですが、戦時や経済異常時になった場合は立場が逆転するという訳です。

現代はIT業や理系職、技術職が職業のカースト制における最上位クラスになる訳ですが、土地を持ってる農家や漁船を持ってる漁師、猟銃を保有する猟師など第一次産業に従事する職業の人達とかJA、JFなどの方が職業カースト制における最上位クラスに化ける訳です。

私の予想では、ガソリンやら食料品なんかが自由に輸入出来なくなるだろうな、って思います。

そもそも現段階で中小企業や飲食業は倒産・リストラ・解雇の状況なので、コロナが1年以上も続いた場合は確実に貿易や大企業の経済にも影響してくるでしょうね。

ヨーロッパやアメリカ・・・・というか、白人は確実に今回のコロナウイルスを中国のせいとして、多額の賠償金や損失などを請求する事になるでしょうが、中国がブチ切れて第三次世界大戦の流れじゃないかなぁ、と思っています。

 

まぁ、遅かれ早かれ、第三次世界大戦は起こると思います。

その理由は資本主義の富の多くを保有するのが人口規模の大きい中国になってきており、資本主義の成長見込みのある地域はアフリカや中東のごく一部しかない訳です。

昔は家電や家具、自動車、工業製品なんかが希少価値のある商品として注目されていましたが、中国や韓国がこの分野に加入してからは市場価格は崩壊していますからね。

現代の経済で価値を見出す事の出来る商品はITサービスぐらいな物かと思いますが、ITにしろ金融商品にしろ、万民にとって必要不可欠な商品という訳じゃないし、目に見えない訳だから、大多数の庶民にとってはそんなに価値ある商品に見えない訳です。

あと、ITサービス自体も大体庶民に浸透しきっている訳だから、その商品価値は年々下がる一方で、Appleなんかも没落し始めている感じですしね。

今はARだのVRだので茶を濁している感じがしますが、本格的に庶民が欲しいと思う工業製品はロボットだとか宇宙ロケットだとかタイムマシンレベルの物になるだろうから、ARやらVRもITほどそんなに普及しない感じもする訳です。

まぁ、IT革命が起こってから多くのホワイトカラーやスーツ職が消滅あるいは減少して、先進国の若者の多くが少子化と貧困化に陥っている訳だから、コロナウイルス以前に先進国政府に対して憤りを感じている人は多いでしょうね。

あとは先進国政府とか中国に対して怒りの爆発の怒りをぶつけるきっかけが出来れば良い訳で、そのきっかけがコロナウイルスの経済混乱になるんじゃないか、とは思うんですよね。

 

アメリカでは武器を購入する貧困層が増加し、スペインではスーパーを襲撃する人も出てきているらしいので、近い内には先進国で暴動は起こるでしょうし、賠償金や経済損失を巡ってアメリカと中国は第三次世界大戦を来年ぐらいには始めそうな気もします。

 

 

>戦時や資本主義崩壊時の経済はどうなるのか?

戦時の頃は大体物々交換が主流だったそうです。現代日本では中古品やら転売品がメルカリなどで高価に売れるという状況も起こってきているので、時代的には日本の状況は戦時に近いのかもしれません。

現代はIT業とか理系の人の方が金持ちの訳ですが、コロナが1年ぐらい継続した場合は農家や漁師、猟師の職業カーストが最上位クラスになりそうな気がするんですよね。

日本の食糧事情は殆ど輸出入に頼っているらしいですが、コロナが1年以上続けば、人どころか物やエネルギーの自由移動も出来なくなる気がするんですよね。

あと、バッタの塩焼きだとかアメリカザリガニの味噌汁、ウシガエルのから揚げ、カブトムシの幼虫のクリームパスタなんかも1年後には日本の食卓で当たり前になっているのかもしれません。

 

不謹慎なのかもしれませんが、そういう状況が続く日本になった場合は中国とアメリカで第三次世界大戦とかを始めた方がいいのかもしれません。

 

 

>コロナショックで食糧危機になった時の対策

とりあえず、昆虫採集のスキルとか昆虫養殖の技術とかが必要になるんじゃないですかね?

日本で輸入食品に頼れなくなった時に食べられるたんぱく質と言うと、カエル、魚介類、鳥、昆虫ぐらいしかないでしょうし。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク