プログラミング言語人気ランキング

ttps://news.mynavi.jp/article/20200603-1047841/

プログラミング言語の最新人気ランキング。

1位:C・・・・・・・高級言語、オールマイティ型、めちゃくちゃ難しい

 

2位;Java・・・・・・オブジェクト指向型、業務システム、Android開発関係、Amazonで教本がベストセラー1位

 

3位;Python・・・・・高級言語、Webアプリやデスクトップアプリ開発関係、コーデック業が少ない。

 

4位:C++・・・・・・・・複数のプログラミングパラダイムの特徴を併せ持つ、C言語の拡張言語。

 

5位:C#・・・・・・・・・マルチパラダイムプログラミング言語、C系言語とDelphiの併せ子。

 

6位:VisualBasic(Excel)・・・・・・・・ExcelやAccess、Word、PowerPointなどで起動するマイクロソフトの開発言語。別名「VBA(Visual Basic for Applications)」。基本的にExcelの拡張機能として用いられることが多い。スクリプトを自動化させたりマクロ化させる時などに便利だとされる。

 

7位:JavaScript・・・・・・・・・オブジェクト指向スクリプト型。WebサイトやWebアプリ、デスクトップアプリやブラウザ、モバイルアプリなどの開発に用いられる。ゲーム開発の求人などで「C」系と共によく見かける言語。Javaの特徴とは無関係なので、Javaの内容を活かせる事が無い。ネットの世界ではゲームやFLASHムービー、動画ファイルなどでよく見かける。

 

8位:PHP・・・・・・・・リファレンス実装。このブログやWordPress系は大体PHPで動いている。アフィリエイト広告やWebサイト設計などの開発に必要な事が多い。HTMLやCSSと関係性が深い。

 

9位:R・・・・・・・・ベクトル処理。

10位:SQL・・・・・・・・ドメイン固有言語。SQLそのものはプログラミング言語じゃない(Wikipediaより)。

11位:Swift・・・・・・・・・・Appleの開発言語。Xcodeアプリで開発するのがベースとされるが、iosアプリやMac上でしか動かない上に開発アプリの維持費は年間1万円以上かかるという話がある。

 

 

>本当に人気のあるプログラミング言語とは何なのか?

労働や求人、就職サイト、専門学校などでよく見かけるのはC言語やC系の言語、Java、HTML、CSS、PHP、Ruby、Python、VB、JavaScriptなど。

今回のランキングには含まれていなかったので、プログラミング言語でさえもないのかもしれないが、基本的にプログラミング言語の初級や初心者向けは「HTML」「CSS」「VB」「PHP」とか言われる事が多い。

HTMLやCSSはWebサイトやWebデザイン、アフィリエイトビジネスを開発する上で必須になるが、個人が商用目的でなければ、フリーのブログサーバーが用意されているし、SNSがあるので、昔に比べてHTMLやCSSを独学する人は少なくなった。

2000年代後半まではレンタルサーバーやレンタルブログ、SNSのような物がなかったので、HTMLやCSSを自力で学んでサイトを作る人が多かった。

VBやらマクロはオフィスや事務職、経理の求人でよく見かける事が多い。分かり易く言うと、自動スクリプトを動かすシステムをExcel上で作るプログラミング言語のような物で、鉄道やら工場など毎日何かしらの物や人や金が動く場所では必要になると思う。

私自身、プログラミング経験が殆どないので偉そうなことは言えないが、逆に一番難しいプログラミング言語がCとかC系言語とかJava Scriptだと思う。

あの辺が理解出来ると、OSやシステムの根幹部、AI(人工知能)やらロボットや自動車の駆動システム、ゲームなどまで自力で開発出来る訳なので、使えるプログラマ人口はそう多くない。

多分、CだとかC系言語とかはガチガチの理数系とかじゃないと、本当の意味で理解できないとは思う。

ちなみにプログラミング言語は独学するのに約1000時間以上のじかn

 

プログラミング言語は1970年代のマイコンとかの時代には「BASIC」とか呼ばれるプログラミング言語など、ごくわずかな言語ぐらいしかなかったらしいが、1980年代末期にコンピューターが民間や企業に行き届くようになると、爆発的にその数と使用用途を増やしていった。

その光景は先カンブリア時代に見られる「カンブリア爆発」と同じような物で、人気のあるプログラミング言語は大体1980年代末期~現代に至るまでの言語が多い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク