自民党「もっと税金を上げて、自殺者と無職と企業倒産増やしたろwwww」

ttps://news.yahoo.co.jp/articles/691c1a793b2911fa8f716cf9fd7cdc7ec7eefce7

ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012491121000.html

 

・・・・・・・という風にしか聞こえないニュースなんですよね、これ。

TwitterやSNS、2ちゃんねるとかでも話題になっていましたが、税収を無理やり増やそうとしたところで、結果的に税収が落ち込む事になるとは思うんですよね。

まさに一つ目のニュースがそんな感じですからね。

私はコロナのせいじゃなくて、消費税を無理やり10%に引き上げた結果に税収が落ち込んだと思うんですよね。

2年前というと、丁度消費税を10%に引き上げた頃の年かその1年後ぐらいに合致しますからね。

一つ目のニュースは消費税を引き上げた結果に2年ぶりに60兆円の税収が下回ったという訳です。政府はコロナを理由にしていますが、実際には消費税を無理やり引き上げた結果でしょうね。

例えば、100万円の冷蔵庫があったとして、それに支払う総額金額は110万円の訳です。いくら、家電量販店のポイントやメーカーのアフターサービスが付随して、割引金額もあるとしても、大体110万円かかる訳です。

これが1997年当時の金額だと、消費税などを含めて105万円程度で済み、バブル崩壊以前ならほぼほぼ100万円で購入出来た訳です。

1000万円の車であれば、1100万円かかる訳です。

「30年前に比べて、社会が豊かかつ人が幸せになったから、物価が上がって当然だ!」 なんて言う人も居ましたが、日本だけ30年前と平均賃金は変わっていない上に非正規雇用と派遣企業の数は世界一なので、全体的に見ると、貧困な20代~50代は30年前に比べて増えているんです。

消費税は金持ちほど損をする仕組みやシステムですが、実際のところは経費で落としたり、海外に渡航して安く仕入れたり、ギフト券やら特殊なカードなどに切り替えて、それで購入したり、普通のお店で買わないのが普通です。

賢い金持ちは大体そうするんじゃないか、と思います。

まぁ、経費で落とすのは法律に引っかかったりしそうな気はするんですが、個人事業主とか経営者は公私の線引きが曖昧だし、政治家とかエリートサラリーマンとかほどそういうやり方はやってるとは思います。

賢い金持ちは日本で買い物しないだろうし、経費で落としたポイントやマイルなんかはプライベートとかに流用しそうな感じはします。

普通の企業のサラリーマンは法律とかに引っかかりそうな感じはしますが、政治家や著名人、経営者、個人事業主とかはそういう線引きは曖昧だろうなぁ、とは思います。

だから、彼らは日本の事を悪く言うはずがないし、思想的に左翼になる事もない訳です。

その理由は労働は楽な仕事をしていて、買い物なんかも公私の線引きは曖昧な訳で、個人的な人生幸福度は極めて高い訳ですから。

しかし、普通の労働者や学生なんかは個人幸福度はかなり低い訳だから、Youtubeやブログや2ちゃんねるなどでは、日本の悪口や他人へのネガキャンしかしない訳だし、週末はストロングゼロや煙草やギャンブルなどをやるしかない訳です。

肉体労働職に至っては、出張などで息抜きをする事が出来なければ、椅子に座る事さえも出来ず、休憩時間以外に休息を取る事さえも出来ず、労組はほぼほぼ機能していないという具合の訳です。

そして、現実はITや技術革新の影響で、金融や知的労働職の人材削減が進んでいて、派遣企業や工場などが幅を利かして、人を安く雇い入れる訳ですが、その結果に生み出されるのは秋葉原の加藤死刑囚や相模原の介護施設殺傷事件の犯人、京アニ放火事件の青葉死刑囚などのモンスターの誕生という訳です。

結局、ITやら技術革新が進んだところで、理数系や支配者層以外は一切の得をすることはなく、肉体労働職やブルーカラーが無駄に増えるだけで、そこで働く人の賃金は増えず、正社員雇用も増える事はないから、青葉容疑者や加藤死刑囚のような化け物を量産することしかないという訳です。

増税が促進されたところで、金持ちは海外で買い物したり、現金以外の方法で買い物するだけで、普通の世帯以下は食糧の買い物さえも満足出来ずに餓死するか自殺するかの選択を選ぶしかなくなるとは思います。

少子化も加速する結果になるだけでしょう。

栄養も幸福度も足りない野良猫が子供を大量に産むはずがないので、人間も栄養や金が足りなければ、子供を作ろうとするはずがないです。

人生幸福度だとか労働環境が劣悪な人ほど子供を作ろうと考えないだろうし、仮に知的労働職の人が子供を作っても遅産の場合は事務次官の息子がニートになり、娘が自殺したような事例と同じようになるだけでしょう。

 

 

まぁ、ありとあらゆる商品やサービス、工業製品が過去の方が品質や内容が良いはずがありませんが、アメリカやらドイツならば、同じ金額でも日本よりは多少は安い金額で購入出来る訳です。

あと、消耗品だとか食料品は日本のメーカーが意図的に増税便乗やエコを建前にして、内容量を引き下げている事情や画像もSNSやネットで拡散・紹介されている訳です。

まぁ、具体的にはセブンイレブンやカルビーなどの企業なんですけどね。

こういう状況の中で若者や消費者が商品を購入するはずがないでしょうね。

 

>自民党が税金を引き上げる事は予測されていたのか?

2ちゃんねるなどでは定額給付金やアベノマスクの配布段階で気づいていたようです。

やり口は麻生さんが総理をやっていた時代の給付金とかと同じですからね。

自民党はコロナを言い訳にして、更に税金を引き上げようとしていますが、実際にそれをやったら、更に企業は倒産して、失業者が増えて自殺者が増えるでしょうね。

あと、最近になって、10代の身長が低身長化し始めて、日本人の平均カロリー数も戦後以来初めて落ち込んだニュースとかがあった気がしますが、それも消費税を引き上げた結果に食料品などを満足に買う事が出来ない世帯が増えて、栄養失調の人が増えているからでしょう。

10代や若者が低身長化した理由を本人の生活環境だとか自己責任だと決めつけている人も居ましたが、私としては、自民党や財務省が無理やり消費税を引き上げた結果に食糧や消耗品などを満足に買う事が出来ない人が増えて、栄養失調や低身長化が目立つようになったと思うんですよね。

あと、日本企業の大半は増税に便乗して、意図的に内容量を減らしたり、エコを建前に包装材などを増やしたり、商品の値上げなどを行っている訳です。

現在の日本政府や財務省は腐っていますが、実際のところは日本企業の大半も腐っていると思うんですよね。

昔に比べて、品質を劣化させて、内容量を意図的に減らしているメーカーや企業なんかは増えていますから。

そして、販売物価自体は増税に便乗して、更に引き上げているという状況です。

そりゃあ、原材料費や輸入費用の値上げなんかが影響して、商品価格を引き上げざるを得ない企業もあるんでしょうけど、増税になった途端にわざと品質を劣化させて、内容量を引き上げて、販売物価を引き上げている日本企業と日本のメーカーは数多いですからね。

資本主義の世の中なので、過去よりも実績や利益を上げなければならないのは、企業としては当然の訳ですが、国際社会では、日本政府も含めて日本企業の株価や信用も地の底まで堕ち始めているという訳です。

そのくせ、労働者の年収や賃金は引き上がるどころか、非正規者数は過去よりも酷い勢いで増えて、技術革新やITの影響で、肉体労働やブルーカラー、人材派遣企業は無駄に増えまくっているという悪循環な訳です。

肉体労働やらブルーカラーは機械や工場の作業回転率のみを上げて、人の労働賃金は据え置きそのままというのがザラです。

それなら、経営者やその一族だけはブクブクと肥え太り続け、労働者やその世帯は痩せ細って子作りさえもしなくなるのは当然の話です。

嘘に聞こえるのかもしれませんが、大抵の工場とか建設現場なんかはそんな具合だと思います。

過去よりも作業時間と作業回転率だけは無駄に上がり続けて、労働賃金は全く上がらない。

大手企業や肉体労働以外には労組が機能しているのかもしれませんが、中小や派遣企業などにそんな組合が存在する事がなければ、存在したとしても機能している訳がないんですから。

 

たとえ話ですが、人に飼われているハムスターなんかはブクブクと、丸々太って肥えている訳ですが、ドブネズミは基本的に小さくて、スマート過ぎる体型の個体しか居ない訳です。

つまり、栄養環境が良ければ、身長や健康は獲得出来るでしょうけど、そうでなければ、低身長とガリガリ体型は避けられないという訳です。

日本の若者や10代の子供が低身長化したりしているのは、本人が飯を食わない状況や理由もあるのかもしれませんが、私としては、自民党や日本企業が満足に食料品などを普通の世帯が買える状況にさせていない事が原因だと思うんですよね。

そうでなければ、子供食堂など、そういう類の話が話題になる事がなければ、社会問題になる事もないでしょうから。

 

 

 

>自民党が更に消費税を引き上げたら、日本はどうなるのか?

少子化が加速して、企業倒産が現在よりも更に悪化して、非正規切りとリストラで無職と失業者が大量に増えて、凶悪犯罪と自殺も目立つようになるんじゃないかな、とは思います。

子供や若者の栄養失調もおそらくもっと酷い事にはなるでしょうね。

消費税は食料品や一部の消耗品に対しては8%らしいですが、8%の税率なんかも生活はかなり苦しいですからね。

 

>2ちゃんねるやTwitterの反応

「絶対に自民党には投票しない!」と意気込んでいた人が多かったんですが、現実には自民党が当選するでしょうね。

まず、高齢者の母数が圧倒的過ぎるし、政治家や官僚、大臣自体が高齢者ばかりですからね。

 仮に私が政治家だったら、安楽死施設の導入だとか高齢者や無職、外国人や移民、日本以外で暮らす日本人の参政権を全て無効にする法案、即時性の高い死刑設備などを作ると思いますが、総理大臣や官僚、各省の大臣、県知事などが60歳オーバーの高齢者ばかりだから、絶対に反対されるでしょうね。

共産党を当選させる案なんかもありましたが、現実的に考えて共産党が当選するはずがないし、当選したとしても、日本が内乱状態になるだけでしょうね。

まぁ、私は新型コロナウイルスの影響で、第三次世界大戦が起こって、資本主義が崩壊して、大勢の若者などが戦争で死ぬ事を予測していたんですが、まだその段階には入っていないんですよ。

よく戦争を熱望する若者がネット上で散見出来るんですが、実際に戦争で死ぬのは女子供や老人よりも若い男なんですよね。

だから、ナポレオン戦争以降のフランスには数世代の男は居なかった訳で、現在のフランスは大半を移民で穴埋めしている状況という訳です。

第一次世界大戦後はヨーロッパ全体がそういう感じになって、働き手がなくなった事で移民を招集した訳ですが、その結果が現在騒がれている移民の騒動という具合です。

アメリカなんかは開拓時点で色々な文化や思想、人種などが織り混ざっている訳なので、そこに独自の国家カラーがあるはずがなく、歴史や文化、思想、価値観などが統一出来てるはずがないですからね。

だから、未だに白人と黒人で人種差別をやっていて、内乱に入る一触即発の状況なんだとは思います。

アメリカが今までどうにかやってこれたのは、戦争と資本主義経済でとりあえずは国民の気持ちを統一させる事で、国家維持させる狙いがあったんでしょうけど、IT革命と派遣労働システムが生まれてからは、資本主義経済も歪な形になったし、ベトナム戦争以後は平和主義の理想と主張も発展して、アメリカも一枚岩の状態には行かなくなった訳です。

 

私が予見したように、アメリカで内乱(第二次南北戦争)的なものは始まりそうな空気にはなっているので、アメリカや香港で本格的に内乱が始まれば、ヨーロッパや日本でも内乱が同時に起こり、その内乱の怒りの矛先はやがて、中国に向いて、第三次世界大戦は起こるでしょう。

まぁ、自民党が当選しようが当選しまいが、近い内に日本でも内乱や治安悪化、要人の暗殺とクーデターは当たり前になると思います。

これ以上税金を上げられても、大体の人は生活出来ないだろうし、企業倒産と自殺者が今よりも更に増えるでしょうから。

インターネットが生まれてから、自己中心的な日本人も増えているので、自殺者が増えるよりも犯罪者が増える事の方が当たり前になると思いますし、共産主義をマンセーする若者も増えていくとは思います。

というか、世界全体がそういう風潮になりつつありますね。

まぁ、資本主義だの現在の権力層を一掃するには、結局は戦争や内乱や革命しか手段はない訳なので、近い内に戦争は始まるでしょうし、アメリカでも日本でも共産主義がマシという風潮にはなっていくでしょう。

歴史や知識のない若者が増え、過去の共産主義や冷戦、第二次世界大戦が風化しつつあることも共産主義思想に呑まれる人が増えてきている理由の一つだとは思います。

あとはITや技術革新の影響で、知的労働職が減少して肉体労働職やブルーカラーが増えて、それの作業量と作業回転率は上がり続ける一方で、労組などはホワイトカラー以外で機能していない事も共産主義の方がマシだと考えている人が増えている背景だとは思います。

まぁ、本当に資本主義よりも共産主義の方がマシだと考えている人が増えているのかどうかは分かりませんが、世界全体は共産主義の思想に呑まれていくでしょうし、世界各地で内乱が起こるようになり、コロナを初めとする諸々の問題は中国に訴える事になり、アメリカと中国を中心に第三次世界大戦は始まる流れになるかとは思います。

国家における借金だとか負の遺産をどういう風に帳消しにするのか? と言うと、戦争や内乱を起こして人の数を削ったり、革命を起こして既存政府や権力層を蹴落とすしかやり方はない訳です。

まぁ、他国と戦争をして、戦争での賠償金を請求するのが一番だとは思いますね。

アメリカは近い内に中国に対して戦争を仕掛ける状況にはなるとは思います。

内乱が起こる段階に入るぐらいなら、中国と戦争をした方がおそらくはマシでしょうから。

日本も中国と戦争して、中国との戦争に勝利出来れば、今騒がれている国の借金とやらを帳消しに出来るのかもしれません。

まぁ、真っ先に戦場に送り込まれるのは、私のような独身だとか理数系や権力層以外の肉体労働者や無職などでしょうね。

第二次世界大戦の頃は作家や画家などが最優先に戦場に送り込まれる事はあまりなかったそうですが、第三次世界大戦では理数系以外の文系ほぼ全ては戦争の兵士になるだろうな、とは思います。

それこそ、画家や作家などの職業も関係はなくなるでしょう。

 

 

>戦争や内乱は始めた方がいいのか?

私は戦争主義者じゃありませんが、現代は第三次世界大戦を行わざるを得ない状況になっているとは思います。

まず、資本主義と現代の労働システムが限界になってきているし、IT革命以降は中流層というものが消滅して、人の人生は二極化した訳です。

インターネットの影響で個人の思想と価値観が自己中心的な物に切り替わり、宗教だとか道徳による洗脳という奴も金持ちや有能者を中心に通用しなくなり、経済の流通や生活困窮者の救済も20世紀ほど進まなくもなった気がするんですよね。

これは企業や著名人なんかも同様で、世界中のほぼ全ての人が「己の為」だとか「自分の為」だけに生活と人生を楽しむようにもなったようにも見える訳です。

だから、少子化も世界全体で加速しているという気もします。

まぁ、「お金や出会いがない」というのが一番の理由かもしれませんが、大体の人が自分の為に生きる事しか出来なくなった気はしています。

今の時代はインターネットという精神のガス抜きが出来る環境と場所が賢い人達のおかげで提供されている訳ですが、そういう状況もいつまでも続く事はないとは思うんですよね。

今の時代は新型コロナウイルスの影響で戦争が始まりそうな状況にはなっていますが、ウイルスが流行してようが流行してまいが、戦争が起こりそうな空気にはなっていたと思います。

経済格差が二極化している事と資本主義が限界に来ていて、人間の価値や労働の価値を引き落とす事でしか、経済が維持できない状況にはなっていますからね。

工業製品が発展途上国も含めて流通し過ぎて、経済として売れる商品が「サービス」しかなくなった事も経済が行き詰った理由だとは思います。

おそらく、人間が欲しがる工業製品や生活用品は「ロボット」や「人工知能」ぐらいしかなくなってくるでしょうが、そうなると、本格的に人間が労働で必要とされる事はなくなるので、無能者は餓死や自殺を選択せざるを得なくなるでしょうね。

だから、どの道、戦争やら内乱が起こりそうな空気や情勢は出来上がっていたとは思います。

いつの時代も戦争が起こるメカニズムは経済的な格差と時の権力層が自制と浄化を行えない事と経済的に貧しかった国が急速に世界一の権力国家を脅かす存在になる時なんです。

それで、今は中国の脅威もある訳だから、アメリカと中国の間で戦争は近い内に起こるとは思うんですよね。

多分、アメリカが内乱で分裂しそうな状況になった時はアメリカから中国に戦争を仕掛けて内乱を避けようとするとは思うんですよ。

今は黒人と白人が分裂状態にあって、アメリカが内乱しそうな空気になっていて、黒人を優遇する企業と政府で蠢いていますが、結果的に白人至上主義の人達の感情に触れる事にはなるでしょうね。

 

アメリカ内乱と第三次世界大戦はどちらが先になるのかは分かりませんが、資本主義はいずれにしろ、次の戦争の結果で終わる事にはなるでしょうね。

 

 

>理数系や有能な人物以外は子孫を残すべきではない

これも私の持論で、次回以降の記事の内容に関連する事ですが、理数系知識やその技術を持つ正社員や権力者層の一族以外は日本で子供を作るべきじゃないと思っています。

 まず、貧困層や無能の間から子供が生まれても、優秀な遺伝子を持っている確率は限りなく低いし、教育や生活環境は高確率で劣悪な訳なので、低学歴だとか無能だとか貧困の夫婦の間から子供が生まれても、その子供は100%不幸になるでしょうね。

現代は新卒以外の大卒でさえも工場や建設やITなどで非正規雇用だとか客先常駐雇用の正社員という派遣企業の正社員雇用が当たり前になっている訳です。

理数系の技術者や科学者、医者、エンジニアなどの子供や公務員以外は間違いなく、今の日本で生まれても自殺か犯罪者になる確率が高くなるだけかと思います。

公務員と理数系知識を要求する職業以外は肉体労働やブルーカラー、それにまつわる非正規雇用や派遣企業しか求人がないのが現実で、IT革命以降は着実に知的労働職だとかホワイトカラー職業が減少し、文系の社会的価値や労働的価値は皆無な訳です。

この状態でAIやらロボットが労働市場に進出してくれば、並の理数系や芸術家、創作作家なんかでさえも失業や非正規化されていくのは目に見えているので、権力者層の一族や数学などに長けた人物以外は子供を産むべきではないでしょう。

仮に貧困層や低学歴が若い内に子供を産んだところで、親と同じく権力者層や派遣企業の奴隷や肉体労働者にされるのがオチであり、将来の日本は非正規雇用どころか、日雇いやら外国への出稼ぎが当たり前になっているでしょうから。

だから、子供は特殊な能力を持つ高学歴の人間か権力者層の一族以外は今の日本で産むべきじゃないし、作るべきではないと考えています。

 

まぁ、AIやロボットが労働市場で活躍する時代になってくると、流石に先進国でも資本主義に対する内乱や富裕層と権力者層に対するクーデターは起こるとは思うんですけどね。

今の新型コロナウイルスなんかが、まさに資本主義の存在価値を揺るがす非常事態になりつつありますからね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク